暇な休みに阿武山へ

2017.04.02(日) 日帰り
おっち
おっち

活動データ

タイム

07:38

距離

21.5km

上り

539m

下り

539m

活動詳細

もっと見る

年度末の忙しさで疲れてゆっくり寝ていた友人の目覚めを待ち当初、岩湧山に登山予定を近場の阿武山に変更(笑) 富田駅付近に先ず出て遅がけの昼食をなか卯でプレミアムビーフカツカレーを食して出発。目印の京都大学地震研究所に向けて北上開始。母校の阿武野高校を久し振りに訪れて「ん~!オレも歳とったなぁ~(>_<)」と思いつつも未だ独身で、好きことやってる自分はあの頃と差ほど変わっていない(-_-;) 阿武山には大化の改新で活躍した藤原鎌足が葬られていると云われている古墳が奇跡的に昭和初期に見つかっており、保存状態が千何百年とは思えないくらい良好なミイラ状態で玉枕と大織冠を副葬した藤原鎌足とおもえる亡骸が薄葬令が出て質素な石棺と共に見つかった歴史ある山です。山頂からの展望も良く好きな山のひとつです。山頂を越え萩谷方面へ下り、残念な感じの産業廃棄物処理の為に無惨な光景な造成された場所を越え萩谷発電所横に。そこから月見台を経て摂津峡方面に降り、まだまだ蕾ばかりのソメイヨシノの桜公園を通り、夕飯を食べるため高槻駅を目指します。今夜のお店はビルの四階ながらセンスの良いつくりの割にはリーズナブルな居酒屋「へそ」へ。飲み放題を堪能した後、〆にラーメン鱗で塩ラーメンを食べ帰路に。 近場の里山を堪能出来た一日でした‼

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。