石ノ塔&矢立峠

2020.09.17(木) 日帰り
ジーナ
ジーナ

活動データ

タイム

04:03

距離

28.4km

上り

571m

下り

601m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

チームは津軽・秋田県との県境の石の塔と矢立峠へ 石の塔は高さ24m、周囲74mの巨岩「見ないうちはデッカイこと言えないヨ」と昔から言われる、 秋田県大館市と青森県大鰐町の境、標高500m、碇ヶ関関所の裏街道と言う、 ハイキング気分のツモリが山頂下からが結構な急登続き、侮れなかったヨ~、 この祠は眼病に霊験あらたかであるとされる、 石の塔の山頂祠を回り込んだ時メンバーのストックが知らずにハチの巣を突っついたようで 一人だけ足に2カ所、腕に1カ所攻撃を受け早々に下山、安心のため近い大鰐町立病院へ、 登山道わきに巣があるなんて!、騒ぐなと言われても刺されりゃネ~!、ご愁傷様!!、 昼の休憩だったが「救急です」とスグ診てもらい事なきを得た、点滴したという、 吸い出し器リムーバー持ってるけどワスレてたー!、マズかった~!、反省、 ハチ毒は水溶性で爪で絞り出し針を取り出し真水で洗う、ペットボトルに1つ持ってた、 矢立峠は国道7号線羽州街道の秋田・津軽藩の境界にあり、歴史ある道、 ここに生える巨大な秋田杉を世界を旅した英国婦人・イザベラ・バードは142年前 「その巨大な杉は船のマストのように真っすぐで、光を求めて遥か高くまでその先端を 延ばしている・・・、私は今まで見たどの峠よりもこの峠を褒めたたえたい」と言っている、 遊歩道にも杉の巨木が立ち並び、サスガ秋田杉の本場の観、

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす