いつもの三嶺

2020.09.15(火) 日帰り
sanrei30
sanrei30

活動詳細

もっと見る

秋雨前線や湿った空気の影響ですっきりしない天気の日が続く中、14日から15日にかけては高気圧の圏内に入りまずまずの天気となった。 そんな15日は平日でもあり、登山者はいないかと思ったら、光石登山口には先行1台、後から3台来たようで、4組中2組4人と名頃からの1人には山頂周辺で会うことができた。 今回は、(*1)ミヤマクマザサとコメツツジ群落の様子を確認するのが目的で、関係者を案内して光石から西熊山経由の時計回りでゆっくり周回した。 県境主稜線の南側(高知県側)からは絶え間なくガスが上がってきたが、北側の祖谷・瀬戸内方面中心に青空も広がって、落合集落と落合峠を挟んだ祖谷山系、吉野川沿いの美馬市付近の市街地などを望むことができだ。 *1 三嶺・天狗塚のミヤマクマザサ及びコメツツジ群落(国指定 天然記念物) ■行先・位置 西熊山(三等三角点 [西熊山] 1816.00m) 高知県香美市・徳島県三好市、北緯33度50分06秒・東経133度57分50秒 三嶺(二等三角点 [三嶺] 1893.63m) 高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分22秒・東経133度59分16秒 ■コースタイム 光石登山口 8:03(18分)→ 堂床分岐 8:21(30分)→ 八丁 8:51/8:57(27分)→ 渡渉点 9:24/9:26(1時間27分)→ おかめ岩避難小屋 10:53/11:09(4分)→ お亀岩 11:13/11:16(36分)→ 西熊山 11:52/11:57(24分)→ 大タオ 12:21/12:23(58分)→ 三嶺 13:21(昼食)/13:58(10分)→ 三嶺の池 14:08/14:09(2分)→ 三嶺ヒュッテ周辺 14:11/14:17(9分)→ 三嶺 14:26/14:31(40分)→ カヤハゲ 15:11/15:16(1時間02分)→ さおりが原 16:18/16:21(30分)→ 堂床分岐 16:51(17分)→ 光石登山口 17:08 【(*2)三嶺ヒュッテ周辺まで 往路 4時間56分 復路 2時間38分 計 7時間34分】 *2 コースタイムポイント(/あり)での休憩時間などは含まない ■コース水平距離:16.5㎞ ■天気:曇り時々晴れ ■楽しさ:★★★★★(満点!)

活動の装備

  • ストラトス 26(ワンサイズ ビートレッド)
    オスプレイ(OSPREY)
  • trango guide evo goretex
    スポルティバ(LA SPORTIVA)

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。