大源太山周回 2020年9月15日(火)

2020.09.15(火) 日帰り
mikan
mikan

活動データ

タイム

07:19

距離

10.9km

上り

1306m

下り

1306m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

今日はSさんと大源太山を周回。ピストンはしたことあったんですが、周回は初めて。 天くらAでも小雨&ガス。あてにしてはいけないけど、してしまう。 山頂からは晴れました。もう下山ですけど・・。 駐車場に6時前に付き、小雨。さすがに誰もいない。下山時は他に1台、すれちがった二人組の車が。 今回は半時計回り。周回するなら個人的にはこちらを推奨。大源太山頂手前の急登は、こちらからとりついた方が良い気がします。 シシゴヤノ頭まで樹帯林を登り、七ツ小屋山から大源太山頂までの道のり、笹薮がすごいというかヒドイ★ 時には胸上くらいまで、一瞬ルートを見失いそうになった場所も。 手前で雨具上下を着て正解でした。露がすごい☆ ビショビショ。 大源太山頂手前の鎖場、三点支持で登れば問題ないと思います。 でも下りで通りたくないなーと思いました。 もっと天気が良ければ絶景だったんでしょうに残念。 でも360度のパノラマは見事でした! ガスがとれた瞬間は"わ~!"と声が出ます。 今日のハイライトは川の徒渉。 往復とも川を徒渉しないといけなくて、雨のせいで川が増水していました。 まず往路、私は裸足になって渡りました。靴は手に持って。 Sさんはそのまま渡り、靴の中に水が入りました☆ 復路。Sさん、最後のステップで滑り、水につかったー!と思ったら亀のごとく背中のザックから全身 川につかり、 全力でロープにつかまり なんとか岩場へ上がりました。 流れも速く、見ていて水力すごいんだなと思いました。 流される人の気持ちがわかったと言っていました。 帰るだけだし私もそのまま渡ろうと思っていたんですが、Sさんに靴を脱いで渡った方が良いと言われ、靴はビニール袋に入れました。往路は靴のかかとを持って歩いたんですが、バランスを崩したら落とすなと悟ったので。 で、最後の石に乗る前にビニール袋の靴をSさんに渡し、無事 渡渉しました。 見た目たいしたことないように見えるし、そんなに危険水域ではなかったと思いますが勉強になりました。 下山後は温泉(駒子の湯)であったまって帰途へ。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす