美濃戸中山で苔まみれ

2020.09.15(火) 日帰り
へろ助
へろ助

活動データ

行動時間

09:33

距離

14.2km

上り

1615m

下り

1614m

活動詳細

もっと見る

うーん、人気がなくほとんど人がいない山を見つけると行ってみなくなる。これは病気か? 今回は美濃戸中山だ! 赤岳山荘駐車場からスタート! 駐車場は平日なので、日の出時間よりも遅い到着で大丈夫だって言ったの誰だ?誰も言っていない。どこにこんなに車がいたの?ってくらい車が停まっているwわぉ!1,000円お支払い。 今回はひたすら尾根を進む計画だ!人がほとんど行っていないため、一旦尾根を外れると復帰に苦労するだろうから、どんな障害があろうと常に尾根を進むぞ!いえい 前半戦は、計画通り歩きやすい尾根道?を不安があるもののズンズン進む。案外楽じゃね?と思い始める。 中盤戦は、藪漕ぎならぬ樹木漕ぎを初体験。パワープレイを発動! 後半戦は、寂しくて寂しくて死んじゃうかと思いました。 無事、美濃戸中山に到着したら、あると思ってなかった標識テープに感激♪ うん。きっと美濃戸中山は有雪期にいったほうがいい。 そのあと、せっかくなので赤岳まで行ってきました。

八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) よし青空になってきた!
駐車場までの車の中からは、空は真っ白、進行方向も霧で真っ白...。目的地を変更しようか迷ったのは何だったのか?
よし青空になってきた! 駐車場までの車の中からは、空は真っ白、進行方向も霧で真っ白...。目的地を変更しようか迷ったのは何だったのか?
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) よし!これが美濃戸中山への尾根道だな♪
⇒違った^^;すぐに林道に戻る。
よし!これが美濃戸中山への尾根道だな♪ ⇒違った^^;すぐに林道に戻る。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) よし!ここだ!
よし!ここだ!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 雲が朝日に照らされ始める。
雲が朝日に照らされ始める。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) こんな道で淡々と進める。
こんな道で淡々と進める。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 木々の間から差し込む朝日
木々の間から差し込む朝日
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 少し苔ってきました。
少し苔ってきました。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ギャー!歩く隙間がない!藪漕ぎではなく、樹木漕ぎだ(泣)
枝を避けて進む⇒そんなスペースない。枝を手でよけて進む⇒日が暮れちゃう。よって顔だけガードし、お構いなしにズンズン進むことに。
この時はまだ元気です。
ギャー!歩く隙間がない!藪漕ぎではなく、樹木漕ぎだ(泣) 枝を避けて進む⇒そんなスペースない。枝を手でよけて進む⇒日が暮れちゃう。よって顔だけガードし、お構いなしにズンズン進むことに。 この時はまだ元気です。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 上を見上げるとたまにはこんな感じに見えるところも。
低木が密集しています。
上を見上げるとたまにはこんな感じに見えるところも。 低木が密集しています。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 苔がすごいことに...。地面はベットのようにふわふわ。腐って苔生した倒木をどれだけ跨いだのだろう。
苔がすごいことに...。地面はベットのようにふわふわ。腐って苔生した倒木をどれだけ跨いだのだろう。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) お!こんなところにベンチ発見!休憩♪
ひたすら苔コーナーが続き、休憩するところがない。
お!こんなところにベンチ発見!休憩♪ ひたすら苔コーナーが続き、休憩するところがない。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 苔苔苔。どこ進めってんだ!ってのが360度。人気のない山中に一人っきり感がすごいです。
苔苔苔。どこ進めってんだ!ってのが360度。人気のない山中に一人っきり感がすごいです。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) しかも結構急なんです。ここを右から回るとかじゃないんです。まっすぐ乗り越えるんです!
そろそろ寂しくなってきた。
しかも結構急なんです。ここを右から回るとかじゃないんです。まっすぐ乗り越えるんです! そろそろ寂しくなってきた。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 陥没しないか慎重に進みます。
精神がコワレソウ...。
陥没しないか慎重に進みます。 精神がコワレソウ...。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 熊鈴の音しか聞こえません。
寂しくて死んじゃいそうです。ウサギの気持ちがわかります。
熊鈴の音しか聞こえません。 寂しくて死んじゃいそうです。ウサギの気持ちがわかります。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) これ進むんです。
これ進むんです。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) これ越えたら休憩だ!って休憩スペースなんてないです。ずーっとこうです。
これ越えたら休憩だ!って休憩スペースなんてないです。ずーっとこうです。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 着いたー!山頂の標識なんかないと思っていたのに。今までの山頂で一番の感動だ!
って、これで終わりじゃないです。同じようなルートがまだまだ続きます。
着いたー!山頂の標識なんかないと思っていたのに。今までの山頂で一番の感動だ! って、これで終わりじゃないです。同じようなルートがまだまだ続きます。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 初めてのピンクテープ♪10年ぶりに家族に会ったようだ。
結果このピンクテープは南沢ルートまで続くのだが、南沢ルート~美濃戸中山は往来があるのだろうか?
初めてのピンクテープ♪10年ぶりに家族に会ったようだ。 結果このピンクテープは南沢ルートまで続くのだが、南沢ルート~美濃戸中山は往来があるのだろうか?
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 久々のベンチ発見!休憩♪
このあたりは平坦な場所です。
久々のベンチ発見!休憩♪ このあたりは平坦な場所です。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ピンクテープは南沢ルート方面に続いていそうだ。でもそっちにはいかない。中山乗越展望台へ行く予定だよ!
⇒寂しさに負けた。南沢ルート方面へ。
ピンクテープは南沢ルート方面に続いていそうだ。でもそっちにはいかない。中山乗越展望台へ行く予定だよ! ⇒寂しさに負けた。南沢ルート方面へ。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) やた!南沢ルートに出た♪
やた!南沢ルートに出た♪
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) いい天気!
いい天気!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 行者小屋到着。まともに休憩できる♪
行者小屋到着。まともに休憩できる♪
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) うーん、うーん、うーん。どっち?阿弥陀岳に向かう。
うーん、うーん、うーん。どっち?阿弥陀岳に向かう。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ガレガレ
ガレガレ
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) あれが大同心?
あれが大同心?
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ロープ場もあり。雨の時用?
ロープ場もあり。雨の時用?
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 雲が尾根を乗り越えられないでいる。
雲が尾根を乗り越えられないでいる。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 阿弥陀岳。みんな頑張ってるね!往復40分超。時間的に行けないか...。
降りてきた人と話し込む。行者小屋横にテント泊するそうだ。
俺みたいな素人は、時間的に赤岳より先の尾根道は行かないほうがいいですかね?と相談してみる。
阿弥陀岳。みんな頑張ってるね!往復40分超。時間的に行けないか...。 降りてきた人と話し込む。行者小屋横にテント泊するそうだ。 俺みたいな素人は、時間的に赤岳より先の尾根道は行かないほうがいいですかね?と相談してみる。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 今度は70代の人が下りてくる。先に話していた人によるとかなりのスピードでピストンしたらしい。
本人曰く、50代より60代、60代より70代のほうが体力ある!と
今度は70代の人が下りてくる。先に話していた人によるとかなりのスピードでピストンしたらしい。 本人曰く、50代より60代、60代より70代のほうが体力ある!と
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 中岳
中岳
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 赤岳へ
赤岳へ
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ガレガレ
ここで転び両手をつく。両手とも激痛が...。左手がひどい。(1日たって手首がいまだ激痛で、全く動かせない)
ガレガレ ここで転び両手をつく。両手とも激痛が...。左手がひどい。(1日たって手首がいまだ激痛で、全く動かせない)
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 頂上下は岩場だ。それほど厳しい岩場ではないのだが、左手が使えません^^;基本足のみで進みます。(登りだったからよかったけど、下りだったら左手なしじゃ厳しかった)
頂上下は岩場だ。それほど厳しい岩場ではないのだが、左手が使えません^^;基本足のみで進みます。(登りだったからよかったけど、下りだったら左手なしじゃ厳しかった)
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 岩場は続く。
降りてきた人も結構いました。
岩場は続く。 降りてきた人も結構いました。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 北側の絶景です♪
北側の絶景です♪
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 赤岳着いた。
一気にガスガスに。さすがオレ!持ってる。
赤岳着いた。 一気にガスガスに。さすがオレ!持ってる。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 赤岳天望荘
赤岳天望荘
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 赤岳天望荘でコーラ買った。
山荘の人と話してみる。
こっから先はさらに強風になるよと。
赤岳天望荘でコーラ買った。 山荘の人と話してみる。 こっから先はさらに強風になるよと。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 振り返って赤岳
振り返って赤岳
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) みなさんの助言を受けて、ここ地蔵の頭から下り、行者小屋へ戻るルートを選択。
みなさんの助言を受けて、ここ地蔵の頭から下り、行者小屋へ戻るルートを選択。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 色々整備されてます。ありがとうございます。
色々整備されてます。ありがとうございます。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) これがクッション利いてて歩きやすい。ポンポン進めます♪
これがクッション利いてて歩きやすい。ポンポン進めます♪
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 行者小屋に戻ってきた。
行者小屋に戻ってきた。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 赤岳鉱泉方面へ
赤岳鉱泉方面へ
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 中山乗越展望台へ寄り道。
美濃戸中山から来る予定だった所です。
中山乗越展望台へ寄り道。 美濃戸中山から来る予定だった所です。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 北沢ルートで帰ります。
北沢ルートで帰ります。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) うーん、ジャリジャリ。
うーん、ジャリジャリ。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす