南アルプス 間ノ岳 日帰りピストン

2020.09.14(月) 日帰り
えーじ
えーじ

活動データ

タイム

12:27

距離

30.3km

上り

3437m

下り

3434m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

9月14日 平日に時間ができた。 天気も良さそうということで、間ノ岳に行ってきました。 本当なら泊で北岳まで行きたいところですが、今年は北岳はへの登山道は通行止め。とても残念です。 4時頃に奈良田温泉に到着。広河原へのバス発着場となっていた駐車場に行ってみるも、工事の資材置き場となっており閉鎖中。 しばらく、駐車場所で右往左往するも、最適な場所が無く、奈良田温泉の駐車場の隅に置かせてもらう。 (利用者用駐車場だけど、降りてきたら利用すると言うことでご容赦) 週末だったらダメだったかも。 4時半にスタートし、大門沢から登頂開始。 やはり、登山者が少ないのか、若干踏み跡が弱く、多少分かりにくいところもありますが、落ち着いてピンクテープを探せば間違うことは無さそう。 大門沢小屋は営業していませんが、水場場利用できました。 大門沢分岐までの登りは暑くて、かなり汗をかきましたが、稜線に出たところで冷たく強い風が吹き付けて、涼しいから一気に寒い!に変化。 上着を着るか、とも思ったが、汗だくのシャツの上に羽織りたく無くて、運動強度を上げて様子見。 農鳥岳から間ノ岳、塩見岳、さらにその南側の山々がよく見えました。 農鳥小屋も今年の営業は無し。 水場の場所が分からなかったので、出ているかは未確認。確か、ちょっと降りるんだったよなーと思いましたが、案内の表示もちょっと見た範囲では見当たらず、でした。 間ノ岳まで300mくらいの標高差なので、もう一踏ん張り。 かろうじて、午前中の11時50分くらいに到着。 今年は山行が少ないせいか、まだ半分なのに結構しんどい。 甲斐駒、鳳凰は雲に隠れてましたが、仙丈ヶ岳がよく見えました。 北岳への稜線に導かれるまま進みたい。でも今年はダメ! 来年はまた行きたいねー あとは来た道を戻るだけ。 新しい景色も無いので、やや消化試合的な感じではあるが。 農鳥岳の登り返しと、西農鳥までのアップダウンが疲れた体にこたえたが、下降点が見えたので、元気が出ました。 ここから一気に2000メートルの下り。 大門沢小屋あたりから、徹夜のせいで眠気が出て、時々意識が飛びましたが何とか無事に明るいうちに下山できました。 登山道の入口に、いくつか掲示があり、北岳閉鎖のほかに、早川町から、白峰三山登山を控えて欲しい旨の記載がありました。 行きは夜明け前で暗かったので気付かなかった。ごめんなさい。だから駐車場もないんですね。 来年は、もっと早く出て多少の夜間行動をすれば、北岳ピストンできるか? いやいや、来年は広河原からだよね。 北岳山荘も泊まりたいし。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす