ランカン尾根から笊ヶ岳へ

2020.09.13(日) 2 DAYS

活動データ

タイム

22:09

距離

20.4km

上り

3293m

下り

3295m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
11 時間 59
休憩時間
1 時間 23
距離
8.4 km
上り / 下り
2177 / 290 m
DAY 2
合計時間
10 時間 10
休憩時間
1 時間 4
距離
12.0 km
上り / 下り
1109 / 3005 m
1 2
4 57
1

活動詳細

すべて見る

いつか辿ってみたいと思っていたランカン尾根に挑戦してきました。 山梨県笊ヶ岳周辺(早川町)の天気予報に晴れマークが13日~15日が続きました。そんな訳で前日入り車中泊しました。やっと車中泊できる気候となりました。(^_^) 13日05:20 老平を出発し硯の里キャンプ場からランカン尾根に取付きました。取付き早々クマ捕獲用の箱罠が設置されています。挑戦する前にヤマップでこの尾根を辿ったヤマッパの活動日記を見ていましたら罠にかかったクマが撮影されていましたがこの箱罠なんでしょう。尾根筋にはミズナラが多く葉の付いたドングリがいっぱい落ちているのでクマの気配をヒシヒシと感じながら登っていきます。また、ミズナラを観察するとクマの爪痕がいっぱい付いています。鈴(3コ)をリュック下に取り付け歩く度にジャランジャランと鳴らし、時々大きな声で「お~~~い船方さんよ~船方さん~よ~ こらショ」と叫びながら登っていきます。 880m付近から勾配が緩やかとなり植林地を北上して行きますが除間伐された木が残置されていてとても歩きにくく際を進んで行きます。ヤレヤレと思っているとアセビの幼木密集帯に突入し苦労させられました。ブナやミズナラは全体的に多くシラビソやコメツガも目立ちます。ミズナラ下にはドングリが落ちているので大声を時たま上げ・・・勇気と気合いを入れ登っています。 今回水場のないコースなので水を沢山飲む私は6.5㍑担いでいるのでリュックが重くヒ~ヒと挫けそう!1300m付近では追い打ちをかけるように雨にも降られました。雨は1時間ほどで止みましたが挫折しそうでした。挫折を思いとどめさせたのは振り向いたときの急勾配でした。(>_<) 1828.4m手前の200mほどの急勾配にも苦しめられました。三角点に到着したのは正午前の11:47でした。ここから笊ヶ岳山頂までの比高800mです。 ここでエネルギ補給し西側に50mほど下って120mほど登った1948m高点直下の北側にはルンゼが食い込み、その先端に大岩が尾根を塞ぐように立っています。ここを左側から巻ききつい登りを登っていきます。 もちろん、大声を時たま上げ「お~~~い船方さんよ~船方さん~よ~ こらショ」を叫びます。(^_^) 2125mピークではテント場に良いですが先を急ぎます。 ここから激しい倒木帯を下りギャップへ出ます。ガレが尾根筋まで浸食しています。ここからは南側の山々を望むことが出来るのでしょうが雲に覆われ見ることができませんでした。ガレ縁の急な登りは倒木とブッシュの藪漕ぎでヘロヘロの体力を消耗させられました。 2261m高点を過ぎると痩せ尾根となり小さな起伏を越えながら高度を上げていきます。 この分だと笊ヶ岳山頂に到達するのは無理そうなのでテントの設営できる場所を探しながら登っていきます。日没は本日18時なのでギリギリ進としても17時30分がタイムアウトです。気持はヘッデン点けてでも進みたかったのですが岩稜帯が出現したらヤバいので安全を考慮し無理するのを止めました。 で、テント設営は http://maps.gsi.go.jp/#15/35.422367/138.269334/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j1h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0 でした。 直ぐさまテントを設営しラジオで相撲初日を聞きながらコーヒを飲みささやかな夕食を食べ横になりましたが疲れすぎたせいかなかなか眠れません。 夜中樹幹越しに天を仰ぐと星が輝いていましたので明日晴れ(^_^)にな~れ。 ※活動データ DAY 1 の記録が変です。写真の時間を参考にしてください。 14日05:10行動開始 03:50起床し紅茶とクリームパンを食べ行動食に食欲そそるガーリックリゾット お湯で3分を作りました。 テント撤収しヘッデンを点け出発していきます。 笊ヶ岳山頂から陽の出を見たかったのですが樹幹越しの陽の出となってしまいました。ならば小笊ヶ岳と富士山を撮る・・・撮れることを祈り快調に進みましたが小笊ヶ岳着が06:17、大笊ヶ岳着が06:45分でした。 富士山も見えているし360度パノラマでした。ヽ(^o^)丿富士山周辺の雲は荒れていますが西側方向は雲一つなくヽ(^o^)丿 良かったです。疲れが一瞬にしてとび充実感をヒシヒシと感じます。 40分ほど南アルプスのいつもの光景を楽しみ布引山へ出発。 登山道歩きはとても歩きやすい。♪ 布引山山頂南側のガレからは以前辿った稻又山や青薙山や青枯山、山伏しの稜線がよく見えていました。 布引山からの広河原までの間に5名の方々とすれ違いました。1名は布引山山頂でテント泊するそうです。この下りでは登山道を大木が塞いでいるところが多かったです。広河原ではなんとか靴を脱がずに渡渉しようと思い20分ほどうろうろしましたが叶わず靴を脱ぎ渡渉しました。ここからはほぼほぼ水平道ですがここも結構荒れていました。最後は足爪先も痛くなりヘロヘロな状体で出発点へと到着し下山届をポストに投函し今回の山旅を終了(^_^)やった~ ヴィラ雨畑で至福の湯に浸かり無事帰宅しました。 写真コメントはボチボチ入力していきます(^_^) 以前の記録:https://blog.goo.ne.jp/nanzunoyama/e/7eef30ec9d485cbd40a6ce89608aa299      :https://blog.goo.ne.jp/nanzunoyama/e/645ff749121240e9bc87cff7f8dd89e9

笊ヶ岳・布引山・生木割山 笊ヶ岳ふもと静岡市葵区の天気予報
笊ヶ岳ふもと静岡市葵区の天気予報
笊ヶ岳・布引山・生木割山 てんくらの気象情報 早川町
てんくらの気象情報 早川町
笊ヶ岳・布引山・生木割山 日の出日の入り時間
日の出日の入り時間
笊ヶ岳・布引山・生木割山 蔵出し味噌千代商店で
蔵出し味噌千代商店で
笊ヶ岳・布引山・生木割山 今回は信州味噌の炙り味噌ラーメンを食した。
感想は北海道味噌の方が美味しい。
今回は信州味噌の炙り味噌ラーメンを食した。 感想は北海道味噌の方が美味しい。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 雨畑に到着し秋の雲、巻積雲
気流の変化が激しいときにできる。ひとつひとつの塊が大きくなって高度が低くなってくるようだと注意
雨畑に到着し秋の雲、巻積雲 気流の変化が激しいときにできる。ひとつひとつの塊が大きくなって高度が低くなってくるようだと注意
笊ヶ岳・布引山・生木割山 登山届の投函ポストがあるゲート
登山届の投函ポストがあるゲート
笊ヶ岳・布引山・生木割山 雨畑の駐車場
私の車を含め2台駐車
1台は渓流釣のようです。
雨畑の駐車場 私の車を含め2台駐車 1台は渓流釣のようです。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 硯の里キャンプ場を登っていきます。
硯の里キャンプ場を登っていきます。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 老平(おいだいら)集落の光景
老平(おいだいら)集落の光景
笊ヶ岳・布引山・生木割山 クマ捕獲用箱罠
クマ捕獲用箱罠
笊ヶ岳・布引山・生木割山 植林地
除間伐された木が残置され歩きにくい。
右際を歩きます。
植林地 除間伐された木が残置され歩きにくい。 右際を歩きます。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 布引山でしょうか。
布引山でしょうか。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 唐松でしょうか。
唐松でしょうか。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 ミズナラをよく見てください。
クマがドングリを食べるために登った時に付いたクマの爪痕がいっぱい付いています。
ミズナラをよく見てください。 クマがドングリを食べるために登った時に付いたクマの爪痕がいっぱい付いています。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 明治末期、山梨県に下賜された山梨県内の元御料林の通称。現在は県有林で、管理の一部を恩賜県有財産保護組合が行っている。
明治末期、山梨県に下賜された山梨県内の元御料林の通称。現在は県有林で、管理の一部を恩賜県有財産保護組合が行っている。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 イワカガミがいっぱい群生している。
イワカガミがいっぱい群生している。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 薄くトレースが付いているところもある。
薄くトレースが付いているところもある。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 良い感じで登っていきます。
良い感じで登っていきます。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 倒木帯を進む。
倒木帯を進む。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 ガスが少しで始める。
ガスが少しで始める。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 ピンぼけだけど瑞々しい苔
この辺一帯苔生していて幻想的
ピンぼけだけど瑞々しい苔 この辺一帯苔生していて幻想的
笊ヶ岳・布引山・生木割山 トレースが分かる。
トレースが分かる。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 1828.4m三角点手前にいたゲロゲロ
ガマガエルでしょう。
1828.4m三角点手前にいたゲロゲロ ガマガエルでしょう。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 ウシシ・・・タイマー10秒
ちょっとタイミング遅かった!
ウシシ・・・タイマー10秒 ちょっとタイミング遅かった!
笊ヶ岳・布引山・生木割山 で、再度10秒タイマー
パチ
で、再度10秒タイマー パチ
笊ヶ岳・布引山・生木割山 1828.4m三角点には、静大ワンダと記された板が転がっていた。
1828.4m三角点には、静大ワンダと記された板が転がっていた。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 ミズナラの大木が多い。
ミズナラの大木が多い。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 1948m高点直下にはルンゼが食い込み、その先端に大岩が尾根を塞ぐように立っています。
1948m高点直下にはルンゼが食い込み、その先端に大岩が尾根を塞ぐように立っています。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 ここは左側から巻き上がって行く。
ここは左側から巻き上がって行く。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 地形図ではこんな大岩が塞いでいるなんて想像できない。
等高線が詰まっているような地点は要注意だ。
地形図ではこんな大岩が塞いでいるなんて想像できない。 等高線が詰まっているような地点は要注意だ。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 目立っていたので撮ってみたが名前は不明。
目立っていたので撮ってみたが名前は不明。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 南側に雲間から尾根が見えていた。
南側に雲間から尾根が見えていた。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 左側へ倒木を避けるように進む。
左側へ倒木を避けるように進む。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 マーキングが付く。
ここも岩場をよじ登ったが踏ん張りすぎて太腿辺りが痙攣しはじめて焦った。もちろんあれを服用した。
その後、だましだまし登っていく。
マーキングが付く。 ここも岩場をよじ登ったが踏ん張りすぎて太腿辺りが痙攣しはじめて焦った。もちろんあれを服用した。 その後、だましだまし登っていく。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 苔生した林床にはトレースが確り付いてる。
苔生した林床にはトレースが確り付いてる。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 赤岳らしい・・・いえいえアカタケ
赤岳らしい・・・いえいえアカタケ
笊ヶ岳・布引山・生木割山 背の低いシャクナゲ
背の低いシャクナゲ
笊ヶ岳・布引山・生木割山 1948m高点から大岩が点在し出現する度に緊張します。
1948m高点から大岩が点在し出現する度に緊張します。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 倒木を避け右左へと
倒木を避け右左へと
笊ヶ岳・布引山・生木割山 このピンク色のガムては見たところ新しかった。粘着力が真新しく感じた。
このピンク色のガムては見たところ新しかった。粘着力が真新しく感じた。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 登山道かと思うぐらい見間違えた。
登山道かと思うぐらい見間違えた。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 このピークは平で快適なテン泊できそう。
このピークは平で快適なテン泊できそう。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 天気予報では晴でしたが雨にも降られたし雲が荒れ出しています。
天気予報では晴でしたが雨にも降られたし雲が荒れ出しています。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 15:06
15:06
笊ヶ岳・布引山・生木割山 行動時間が少なくなってきて
行動時間が少なくなってきて
笊ヶ岳・布引山・生木割山 早足で進むも本日は笊ヶ岳山頂は無理と判断し
早足で進むも本日は笊ヶ岳山頂は無理と判断し
笊ヶ岳・布引山・生木割山 17:25タイムアウトでこの地点にテントを張ることにしました。
テント設営後ラジオで相撲を聞きながらささやかな夕食をとる。
17:25タイムアウトでこの地点にテントを張ることにしました。 テント設営後ラジオで相撲を聞きながらささやかな夕食をとる。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 03:45起床し紅茶とクリームパンを食べ、テント撤収し05:10行動開始する。
03:45起床し紅茶とクリームパンを食べ、テント撤収し05:10行動開始する。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 05:24大分明るくなってきました。
05:24大分明るくなってきました。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 北岳が見えています。♪
北岳が見えています。♪
笊ヶ岳・布引山・生木割山 陽が上がり
陽が上がり
笊ヶ岳・布引山・生木割山 空色が刻々と変化を繰り返しています。
空色が刻々と変化を繰り返しています。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 北岳右側は鳳凰三山でしょうか?
北岳右側は鳳凰三山でしょうか?
笊ヶ岳・布引山・生木割山 陽がランカン尾根を射し始め
陽がランカン尾根を射し始め
笊ヶ岳・布引山・生木割山 張りつめていた気持に余裕が出てきました。
張りつめていた気持に余裕が出てきました。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 小笊ヶ岳がやっと見えてきました。
小笊ヶ岳がやっと見えてきました。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 で、小笊ピークから振り向くと帽子を被った富士山が見えヽ(^o^)丿
で、小笊ピークから振り向くと帽子を被った富士山が見えヽ(^o^)丿
笊ヶ岳・布引山・生木割山 雲が暴れています。
雲が暴れています。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 でも、きれいだ~。
でも、きれいだ~。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 布引山の山容です。
布引山の山容です。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 富士山が帽子を脱いだ(^_^)
富士山が帽子を脱いだ(^_^)
笊ヶ岳・布引山・生木割山 この雲の名は
乱層雲でしょうか?
この雲の名は 乱層雲でしょうか?
笊ヶ岳・布引山・生木割山 お~
中央に大好きな信濃俣がどで~んと見えている。ヽ(^o^)丿
お~ 中央に大好きな信濃俣がどで~んと見えている。ヽ(^o^)丿
笊ヶ岳・布引山・生木割山 自然の営みに感動しています。
自然の営みに感動しています。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 初めて笊ヶ岳へ登った時小笊ヶ岳へ行ったがこんな感じだったけかな。
初めて笊ヶ岳へ登った時小笊ヶ岳へ行ったがこんな感じだったけかな。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 良い。
良い。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 深南部の山ヤマが見えている。
左から大無間山、大根沢山、信濃俣良い稜線です。
深南部の山ヤマが見えている。 左から大無間山、大根沢山、信濃俣良い稜線です。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 小笊ヶ岳から大笊ヶ岳を見ています。
小笊ヶ岳から大笊ヶ岳を見ています。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 奥は赤石岳、荒川岳、悪沢岳
奥は赤石岳、荒川岳、悪沢岳
笊ヶ岳・布引山・生木割山 いつ来てもこの光景は素敵だ。
いつ来てもこの光景は素敵だ。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 NHKの富士山大好きに応募しよう。
NHKの富士山大好きに応募しよう。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 左山裾に千枚小屋が見えています。
中央の仙丈ヶ岳のような山は塩見岳で右側に蝙蝠岳が見えています。その右は言わずしれた北岳!
左山裾に千枚小屋が見えています。 中央の仙丈ヶ岳のような山は塩見岳で右側に蝙蝠岳が見えています。その右は言わずしれた北岳!
笊ヶ岳・布引山・生木割山 良い。ヽ(^o^)丿
良い。ヽ(^o^)丿
笊ヶ岳・布引山・生木割山 笊ヶ岳標柱
笊ヶ岳標柱
笊ヶ岳・布引山・生木割山 疲れ顔の私(^_^)
疲れ顔の私(^_^)
笊ヶ岳・布引山・生木割山 手前左側が生木割山でがれ右側の山は這松尾で大黒尾根となります。
手前左側が生木割山でがれ右側の山は這松尾で大黒尾根となります。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 ヽ(^o^)丿
ヽ(^o^)丿
笊ヶ岳・布引山・生木割山 上河内岳と聖岳
そして赤石ダムが見えています。
上河内岳と聖岳 そして赤石ダムが見えています。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 大無間山、大根沢山、信濃俣
奥に朝日岳が見える。
大無間山、大根沢山、信濃俣 奥に朝日岳が見える。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 塩見岳と北岳の間には仙丈ヶ岳が見える。
塩見岳と北岳の間には仙丈ヶ岳が見える。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 南アルプス深南部の山が良い。
ヽ(^o^)丿
南アルプス深南部の山が良い。 ヽ(^o^)丿
笊ヶ岳・布引山・生木割山 とても良い。
今年、聖にも行きた~い。
とても良い。 今年、聖にも行きた~い。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 右側に千枚小屋が見えます。
右側に千枚小屋が見えます。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 ヽ(^o^)丿
ヽ(^o^)丿
笊ヶ岳・布引山・生木割山 ヽ(^o^)丿
ヽ(^o^)丿
笊ヶ岳・布引山・生木割山 ここから見た北岳は鬼の角のようです。
ここから見た北岳は鬼の角のようです。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 雲の様子が良い。
雲の様子が良い。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 この光景を
この光景を
笊ヶ岳・布引山・生木割山 見られて良かった。
見られて良かった。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 二等三角点 笊ヶ岳
ハイマツとシャクナゲに囲まれ注意していないと見落とします。
二等三角点 笊ヶ岳 ハイマツとシャクナゲに囲まれ注意していないと見落とします。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 何度も
何度も
笊ヶ岳・布引山・生木割山 何度も
何度も
笊ヶ岳・布引山・生木割山 周囲の山々を
周囲の山々を
笊ヶ岳・布引山・生木割山 飽きもせず眺める。
飽きもせず眺める。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 西側の山見を見ていたら笊ヶ岳を一瞬にして雲が奪い去った。
西側の山見を見ていたら笊ヶ岳を一瞬にして雲が奪い去った。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 山裾の影が良い。
山裾の影が良い。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 奪い去った雲がす~っと消え、再び小笊ヶ岳を見せてくれた。
奪い去った雲がす~っと消え、再び小笊ヶ岳を見せてくれた。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 青空一色も良いが荒れた雲も良い。
青空一色も良いが荒れた雲も良い。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 聖岳の東尾根にも以前挑戦した。その東尾根を望む。ヽ(^o^)丿
https://blog.goo.ne.jp/nanzunoyama/e/82a8870247e8e54900821451eada3663
聖岳の東尾根にも以前挑戦した。その東尾根を望む。ヽ(^o^)丿 https://blog.goo.ne.jp/nanzunoyama/e/82a8870247e8e54900821451eada3663
笊ヶ岳・布引山・生木割山 秋の気配を感じさせる雲です。
秋の気配を感じさせる雲です。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 布引山の山容も大きいな!
布引山の山容も大きいな!
笊ヶ岳・布引山・生木割山 布引山へ下っていきます。
布引山へ下っていきます。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 その途中からも富士山が
ヽ(^o^)丿
その途中からも富士山が ヽ(^o^)丿
笊ヶ岳・布引山・生木割山 良い。
良い。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 下って登って・・・以外と長かった布引山への道。
布引山山頂
下って登って・・・以外と長かった布引山への道。 布引山山頂
笊ヶ岳・布引山・生木割山 ここから老平へ下ります。
ここから老平へ下ります。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 山頂傍にテントが設営できる平らな箇所あり。
山頂傍にテントが設営できる平らな箇所あり。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 それでは下山開始します。
それでは下山開始します。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 青薙山や稻又、南南西方向
青薙山や稻又、南南西方向
笊ヶ岳・布引山・生木割山 布引山南側の大ガレ
布引山南側の大ガレ
笊ヶ岳・布引山・生木割山 所の沢越はこのガレ際を下りますがコンパスを南西方向に当てて下らないとガレの支尾根に入り込むので要注意!
所の沢越はこのガレ際を下りますがコンパスを南西方向に当てて下らないとガレの支尾根に入り込むので要注意!
笊ヶ岳・布引山・生木割山 雲も絵になります。
雲も絵になります。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 大ガレの縁南南東へ進んで行きます。
大ガレの縁南南東へ進んで行きます。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 樹林帯へ下って
樹林帯へ下って
笊ヶ岳・布引山・生木割山 行きますが登山道に風倒木が至るところで塞ぎ疲労困憊(>_<)
行きますが登山道に風倒木が至るところで塞ぎ疲労困憊(>_<)
笊ヶ岳・布引山・生木割山 潜れないので跨ぎ越えていきますがとても疲れる。
潜れないので跨ぎ越えていきますがとても疲れる。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 桧横手山2021m
以前ここでテントを張り翌日笊ヶ岳を目指しました。
桧横手山2021m 以前ここでテントを張り翌日笊ヶ岳を目指しました。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 ?
笊ヶ岳・布引山・生木割山 索道用のワイヤロープが残置されています。
索道用のワイヤロープが残置されています。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 その残骸
その残骸
笊ヶ岳・布引山・生木割山 以前伐採に使用したのでしょう。
以前伐採に使用したのでしょう。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 いろんな装置が残置されています。
いろんな装置が残置されています。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 雲間に富士山が見えています。
雲間に富士山が見えています。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 山神様の祠
山神様の祠
笊ヶ岳・布引山・生木割山 で、広河原に下りてきましたが靴を履いたまま渡渉不可で浅瀬を渡渉
で、広河原に下りてきましたが靴を履いたまま渡渉不可で浅瀬を渡渉
笊ヶ岳・布引山・生木割山 渡渉地点
渡渉地点
笊ヶ岳・布引山・生木割山 広河原の様子
広河原の様子
笊ヶ岳・布引山・生木割山 広河原を渡渉し水平歩道を進みますが
広河原を渡渉し水平歩道を進みますが
笊ヶ岳・布引山・生木割山 森林鉄道でもあったような感じの水平道
森林鉄道でもあったような感じの水平道
笊ヶ岳・布引山・生木割山 進行方向右側は断崖絶壁です。上から滝のように水が落下してきています。
進行方向右側は断崖絶壁です。上から滝のように水が落下してきています。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 こんな吊り橋あったけっかと思いながら渡ります。
こんな吊り橋あったけっかと思いながら渡ります。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 廃屋があった辺から疲労困憊
足裏が痛かった。
廃屋があった辺から疲労困憊 足裏が痛かった。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 老平の出発点へと下ってきました。
老平の出発点へと下ってきました。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 ここがゲート
下山届投函
ここがゲート 下山届投函
笊ヶ岳・布引山・生木割山 駐車場の様子です。
駐車場の様子です。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 で、ヴィラ雨畑により
で、ヴィラ雨畑により
笊ヶ岳・布引山・生木割山 温泉で汗を流していきます。
温泉で汗を流していきます。
笊ヶ岳・布引山・生木割山 ランカン尾根を辿ったことで幸せな気分に浸り
ランカン尾根を辿ったことで幸せな気分に浸り
笊ヶ岳・布引山・生木割山 温泉が気持よいヽ(^o^)丿
温泉が気持よいヽ(^o^)丿
笊ヶ岳・布引山・生木割山 汗流し帰宅の途につきました。
ヽ(^o^)丿
汗流し帰宅の途につきました。 ヽ(^o^)丿
笊ヶ岳・布引山・生木割山 温泉分析所
温泉分析所

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。