七倉岳・北葛岳

2020.09.12(土) 日帰り
いち
いち

活動データ

タイム

07:44

距離

12.2km

上り

1905m

下り

1906m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

天気予報が良くなり、登山しました。 行先は以前より気になっていましたが初めて行く高瀬ダム上の2500mを超える山々! 初めに起点となる七倉山荘から近い七倉岳を目指しました。 東京電力管理道路(工事用道路)の入口、山の神トンネルの入口手前を右に折れて登山道に入ります。 しばらく七倉沢に沿って広い道を進みますが、直ぐにつづら折りの急な登りとなりました。 途中、小さなヘビを踏みそうになりビックリ! 道は尾根に沿った道となりましたが相変わらず急登で汗が止まりません💦 鼻突き八丁の看板が現れさらに急登となる、木製のはしごは登ることを助けてくれる、ありがたい 天狗の庭、標高2300mに到着 アルプスの主要な山々が見渡せるはずが、ガスで今ひとつ、とりあえずベンチで休憩! 2000mを超えても、蒸し暑く感じる、もう9月の半ばなのに、高原の爽やかな風は何処へ… しばらく登ると森林限界を超えた見晴らし良い平坦な道へ、程なく船窪小屋が現れました。 小屋主と会話するが、朝よりこれまで人と会って無い事を改めて思い聞いてみると、先行の2人組がいるようです、少し安堵! まだ降りるには早いので、七倉岳山頂と北倉岳山頂を目指してスタートしました。 地図の上では近く感じるがコースタイムは片道2時間、往復4時間  そんなにかかる? 行ってみると200m程標高を落とし、北葛岳へまた登り返す、途中に小さなアップダウンがありとても疲れました。 途中、猿のウンチ?が沢山あり何度も踏みそうになり怖かった、急な登りで手をつく所にうんち、怖! 船窪小屋に着いて昼休憩、先行していた2人組は地元長野県の女性2人組でかなり登山慣れしていて、しばらくの会話は楽しい時間でした。 下山前に船窪小屋の主人にお礼をしに行くと 先の2人にした様に、小山前の鐘を鳴らして(お気をつけて)の言葉、本日にありがとうございます😊 登山道崩壊とコロナ?の影響で縦走路が繋がらずに孤立している山域へ登山してみて、登山者の少なさに驚き、少ない出会いに喜びを感じた登山でした。 下山途中に登ってきた人が一人いました、船窪テン場に泊まるとの事、貸し切り間違い無し❗️

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす