激流の釜川右俣〜癒しのヤド沢

2020.09.12(土) 日帰り
takuya
takuya

活動データ

タイム

11:33

距離

14.2km

上り

810m

下り

809m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

釜川のヤド沢に行って来ました。 入渓してすぐ水量が多いことに気が付く。 ヤド沢手前まで釜が続き、下手に奥まで行くと撤退も面倒になってくるな〜とかいろいろ考えたが、まぁ〜行ける所まで行ってみっかと歩みを進めました。体が持っていかれそうになるところもあったが慎重に進めば特に問題はない。 数回?お助け紐をパートナーに出しました。 落ちたら絶対に助からないほどの激流の高巻きもあったので慎重に進みます。無事に三つ釜に辿り着きほっとする。三釜の絶景を楽しみながらヤド沢の遡行に入ります。最初に現れる25m??の滝を左岸からトライしてみるが抜け口付近が非常に悪くホールドもスタンスも乏しいしおまけに滑っている。粘ってもしょうがないので、5mクライムダウンして藪に逃げてそのまま巻きました。悔しーー! 次に美滝が現れますが追い越して行ったパーティーの様子がなんだかおかしく、訪ねてみるとメンバーの1人が高巻き中に滑落して動けなくなったとの事。電波も入らず、ここは自分達が先に下山して救助を要請する事にしました。焦ってこちらも事故を起こしたら大変なので自分達のペースを保ちながら少しでも早くと慎重に進みました。 16時に登山道に抜け、不安定な電波を頼りになんとか救助を要請することができ、とりあえず一安心。駐車場に着くとレスキューやら警察やらがワラワラいて事情聴取されました。 もう聴取も終わったかなと思いウェットスーツのズボンを脱いでフル◯ンだった所に女性警察官が、 もう一度確認したい事があるのですがと近寄ってきたのでちょっと待ってー💦と、急いでパンツだけ履いてパンツ一丁で再び質問を受けることに...💦 お陰でYAMAPのログを切り忘れました😅 まぁ〜何はともあれ、被災した方が無事にヘリにピックアップされてよかったです☺️翌日パーティーの1人から連絡があり骨盤に数カ所ヒビが入ったみたいだが本人は元気で食欲もあると知らされとりあえず無事で良かった❗️ やはりロープの出し惜しみは危険だなと改めて思いました。自分達も気を引き締めて山で遊びたいなと思います!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす