越前 荒島岳勝原コース 残雪を求めて

2017.03.28 2 DAYS

活動詳細

もっと見る

残雪豊富な越前荒島岳に勝原登山口から頂上往復してきました。前日の夕方から天気が悪く降雪を期待していましたが、麓には雪は無く登山道の雪も締まっていて壺足で登山開始。 リフト頂上付近から経ヶ岳や越前甲などの加越国境稜線の山々、東の方向には野伏ヶ岳や美濃禅定道の山々が青空をバックにその姿を見せてくれる。更に高度を上げると白山別山も真っ白な姿を現す。 予定を一日ずらした甲斐があって大パノラマを満喫、同行者からは何度も歓声が上がった。深谷の頭を過ぎると行く手には雪を被ったもちが壁が山毛欅の梢越しに迫力のある姿を見上げる。トトロの木を過ぎシャクナゲ平への尾根を登りもちが壁手前コルへのトラバースルートを経て尾根に出ると、朝6時半に出発したという若者二人とすれ違う。 山頂の状況を尋ねると大パノラマで風も無いとの事、期待を膨らませもちが壁に取り付く。この辺りから前日に降った雪が踏み固めた雪の上に覆いかぶさる。 先行者の踏み跡を追い斜面を斜めトラバースで一段上がりその後は稜線を忠実に辿る。高度が上がるにつれ南側の越美国境稜線の山々も姿を現す。前荒島岳を過ぎ最後の斜面を登り切ると山頂へ到着。 残念なが雲も多くなり青空の大パノラマは見られなかったが、山頂で記念の写真を撮りノンビリする積りでしたが、天候悪化の予兆で長居は出来ない。地元の登山者からの助言もあったので、もちが壁を降った後の食事に変更してすぐに下山開始。 急な斜面の下降を慎重にもちが壁を降り、シャクナゲ平からの尾根を少し下った風を避けた場所で遅い昼食を摂る。 食事を終えた頃から突然ガスに包まれ雪が降り始める。一旦止みかけたが本格的に振り出したので急いで尾根を降る。先行者の足跡やヒップそりの跡を追い一目散に尾根を駆け下る。 リフト頂上付近まで降ると雪雲を抜けた様で視界も回復。少し休んで斜面を降るが、朝と違って雪が腐って歩き難く難儀しながら無事駐車場まで戻ってきました。 予定した時間で往復出来ましたが、思ったいたより厳しいコースでした。同行の皆さんお疲れさまでした。

メンバー

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。