【奥穂南稜】アルプス初バリの洗礼⛰

2020.09.08(火) 日帰り
kor
kor

活動データ

タイム

11:05

距離

5.6km

上り

1820m

下り

356m

活動詳細

もっと見る

近代登山史に名を刻む ウォルター・ウェストンと上條嘉門次が、初登頂したという奥穂南稜ルート。歴史好きな私としてはなんとも魅力のあるクラシックルート…アルプス初のバリエーションルートに挑む 岳沢小屋から雪渓を歩き岸壁の麓へ進み、取り付いた。 奥壁に取り付くまでほぼ崖を登り続ける。 やっとの思いで奥壁下部へ取りついたが、たった1ピッチ技術・体力不足で登りきれず。二子山でお師匠殿に習った事が何も活かせなかった事を猛反省⤵️ あとの行程、自身のキャパを踏まえてもっと早く決断しなければいけなかった屈辱のロワーダウン⤵️ 降りたとはいえ降るには危険なので 懸垂降下で別ルートへ復帰しトリコニー岩峰を目指す。 先ほどのクライミングで腕力も時間もかなりロス。天候もガスに包まれ視界が狭い。スピード感を持って進みたいのに気持ちと身体がバラバラだった。 私の戦闘能力の低さ。 コレは日々の努力で備えられた事だった。 要するにトレーニング不足😖 さらに時間だけが進み、状況は悪化。暗くなり始めルートロスト。強風が壁に吹き付け落石音も轟く中迫られる決断。ビバークも覚悟したが、急峻な吹き曝しのこの場所には立っていることさえもやっとで長くはいられない。降りるにもどこまで降りれば安全な場所?ここを降りる?踏み跡も見えなくなってる中でそんなの無理だ… クライムダウン⤵️のリスクよりあと少しの稜線へ出るほうがわずかばかり安全と判断。もう12時間以上歩き続け体力も限界に来ている。焦るヤスくんの動揺も伝わるが、私には歩き続ける事しかできなかった。ただ、行動不能にならないようにそれだけを考え、行動食を口にした。 小屋で待つゆりっぺも、小屋番の方も心配しているLINEが入る。必ず小屋までたどり着きます。と、現在地を報告した。電波が入る場所で本当に良かったと思う。 南陵の頭に着き、看板を確認した瞬間に 『やっと来た…』 涙まじりに声が出たが、 泣くのはまだ早いよ💦って。 そうだ。。ここがゴールではない 強風が吹き付ける稜線を越えて、小屋まで少しでもスピードを上げたいが一歩一歩すすむのがやっと。足の疲労もあり風に煽られてよろけていたが、小屋に辿り着く最後の最後まで声をかけ続けてくれた。 頑張れ‼️あとちょっと‼️‼️ 霧で視界が閉ざされた中、前を行くヘッドランプのわずかな明かりを追いかけ、励まされる声に導かれようやく眼下に小屋の明かりが見えた。梯子を踏み外さないように慎重に降り、土を踏み締めた安堵感。 長い1日がおわった… 暗がりの寒い小屋の前で迎えてくれたゆりっぺ、長い時間お待たせしてしまったね。心細かったよね。楽しいはずの夕食も1人で食べのは寂しかっただろうし、ホントにごめんね🙇‍♀️ 何を置いても、私よりももっと重圧やもどかしさを感じながら小屋までの道を歩いていたはずなのに、心身共に不甲斐ない相方を引っ張り続けてくれた、ヤスくんのおかげで頑張れた。いつものグータッチ🤜🤛お疲れさまでした。 覚悟はしていたものの、崖登りは険しく、いくら地図やルート概念図🗾文献を見たところで現場で体感するそれとは異なることもある。 安易に立ち入れないぶん、そこに行ったものだけが味わえる素晴らしい感動を得るためにまた、山へ行く。 厳しい世界に足を踏み入れてしまったのかもしれないが、こんな冒険が出来ることを幸せに思う。 ならば、もっと強くならないと。 たくさん心配や迷惑をかけてしまったことはしっかりと反省しなければいけない。私の力不足により相方に苦い黒歴史をつけてしまったが、大惨事に至らず怪我なく下山。ここでこの様な山への警告体験をし、正直ダメージは大きかったが、今だからこそ自らに喝を入れられて良かったのだと前向きに捉えたい。やるべき事はやり、必ずまた記憶と、記録のアップデートをしに共に行きませう😌 ※諸々あって、ログを切ってしまったので1日目終了。 2日目へ続く。

槍ヶ岳・穂高岳・上高地 タクシーはGATEの開門待ち😂
タクシーはGATEの開門待ち😂
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 ひともまばらな静かな河童橋
レアだ…。
ひともまばらな静かな河童橋 レアだ…。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 1番乗りで上高地入り
1番乗りで上高地入り
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 3人揃って出発😊
3人揃って出発😊
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 焼岳
焼岳
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 静かな朝
静かな朝
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 モフモフ
モフモフ
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 岳沢小屋到着
岳沢小屋到着
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 ここからはそれぞれのルートへ。
ゆりっぺは吊り尾根経由で奥穂高岳を目指す⛰
お互いにファイト‼️
ここからはそれぞれのルートへ。 ゆりっぺは吊り尾根経由で奥穂高岳を目指す⛰ お互いにファイト‼️
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 ゲート入場。
ゲート入場。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 目指すはてっぺんの3つのコブ
右からトリコニーI、II、III峰
目指すはてっぺんの3つのコブ 右からトリコニーI、II、III峰
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 取り付きまで雪渓歩き
取り付きまで雪渓歩き
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 チェーンスパイク装着
チェーンスパイク装着
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 柱状節理の大岸壁
凄い迫力だ……
柱状節理の大岸壁 凄い迫力だ……
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 雪の下を歩きたかったそうで…
雪の下を歩きたかったそうで…
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 岸壁の下にシュルンド
不思議な景色
岸壁の下にシュルンド 不思議な景色
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 登攀開始
登攀開始
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 先は長いぞ‼️
取り付いたばかりなので元気だね💦
先は長いぞ‼️ 取り付いたばかりなので元気だね💦
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 コンテで
コンテで
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 見慣れてきた光景😅
見慣れてきた光景😅
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 相変わらずアザミに泣かされる草付きルンゼ。
濡れてるし滑る💦
相変わらずアザミに泣かされる草付きルンゼ。 濡れてるし滑る💦
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 眼下に雪渓
結構上がってきた
眼下に雪渓 結構上がってきた
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 濡れた苔付きの岩場がいやらしい
一歩一歩を慎重に
濡れた苔付きの岩場がいやらしい 一歩一歩を慎重に
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 奥壁に到着
奥壁に到着
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 どっちに行こうか…
凹角か、右のクラックか…私にはどちらも厳しそうだが、ロープがあるから行けるだろうと思ってしまった
技量見誤り反省ポイント。
どっちに行こうか… 凹角か、右のクラックか…私にはどちらも厳しそうだが、ロープがあるから行けるだろうと思ってしまった 技量見誤り反省ポイント。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 この1ピッチが……上部のあと一手が上がれず苦戦
何がなんでも登らなきゃ行けない所‼️なんでクライミングシューズ持って来んかった…😖
反省ポイント。
この1ピッチが……上部のあと一手が上がれず苦戦 何がなんでも登らなきゃ行けない所‼️なんでクライミングシューズ持って来んかった…😖 反省ポイント。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 随分と時間が経過した。
右ルンゼのルートに復帰するため懸垂で降りる
随分と時間が経過した。 右ルンゼのルートに復帰するため懸垂で降りる
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 なかなかの斜面をロープいっぱい
せっかく登ってきたのに悔しい……
力不足を痛感し、申し訳ない気持ちでいっぱい
なかなかの斜面をロープいっぱい せっかく登ってきたのに悔しい…… 力不足を痛感し、申し訳ない気持ちでいっぱい
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 もう、上がるしかない‼️
タイムリミットも近づくし、小屋ではゆりっぺが待ってる。急がねば…気は焦るが、慎重に
もう、上がるしかない‼️ タイムリミットも近づくし、小屋ではゆりっぺが待ってる。急がねば…気は焦るが、慎重に
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 いきなりスッパリ開けた💦
足場もホールドもしっかり、木まで行けば安定。
高度2,600㍍の恐怖との葛藤…
たった2㍍進むのにロープ出してもらう😢
いきなりスッパリ開けた💦 足場もホールドもしっかり、木まで行けば安定。 高度2,600㍍の恐怖との葛藤… たった2㍍進むのにロープ出してもらう😢
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 この岩峰は…
この岩峰は…
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 モノリス岩までやっと来た
ガスでどんどん視界が狭くなる。このあとから写真撮る余裕なし
モノリス岩までやっと来た ガスでどんどん視界が狭くなる。このあとから写真撮る余裕なし
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 やっと稜線に出た事をゆりっぺに知らせる
やっと稜線に出た事をゆりっぺに知らせる
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 続。現在地のお知らせ📢
続。現在地のお知らせ📢
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 小屋に到着し、温かい食事をいただく。
小屋番さん、ホントにすいませんでした。
ゆりっぺ手続き諸々ありがとう。
小屋に到着し、温かい食事をいただく。 小屋番さん、ホントにすいませんでした。 ゆりっぺ手続き諸々ありがとう。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 ぶっ飛びまして
前日、やっとの思いで通過した南陵の頭の看板
悔しさも反省点も残るが、挫けずまた頑張ろう
ぶっ飛びまして 前日、やっとの思いで通過した南陵の頭の看板 悔しさも反省点も残るが、挫けずまた頑張ろう
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 登ってきた事実を俯瞰する
貴重な経験をさせてくれた奥穂南稜ありがとうございました✨つづく。
登ってきた事実を俯瞰する 貴重な経験をさせてくれた奥穂南稜ありがとうございました✨つづく。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 ロワーダウン⤵️した奥壁
ロワーダウン⤵️した奥壁

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす