野坂岳に台風被害無し✨

2020.09.08(火) 日帰り
ヘタレおやじ
ヘタレおやじ

10日の小学校登山を控え、この台風による倒木や落枝の有無、ススキ等の草が登山道を塞いでいないかの確認と訓練も兼ね、ノコギリと家の生け垣用剪定鋏を持って登って来ました。 杉林の中は風も少く暑い❗暑い❗ でも、杉林を抜けると風もあり暑さを忘れます。 登山道は台風により被害は見られずひと安心、山頂を目指します。  山頂は風が強めで寒い為避難小屋でコーヒー☕タイム。ゆっくり☕を飲んで下山しましょう。  せっかく剪定鋏を持って来たので、草が伸びている所や木の枝が伸びた所を刈って下ろうと思います。 下山時、小さく可愛い先生が、足が治って良かったね~😊って声を掛けて頂きました。 山の会の長老も登って来られ下山時に、沢の整備をされるとの事。 適当に草を刈りながら下山していると長老に抜かれ、沢にいるよとの事。 沢に着くと長老が小石を並べています。防水機能の無い運動靴を履いた小学生が渡り易い様にとの事。いつも頭が下がります。 一番目の沢では私も長老から指示を貰いお手伝い。 雨が降ると流れてしまうのは仕方がないと長老。 当日は晴れだった予報が☁☔マークに変わっており、小学生の中には☔降れって思っている子もいるだろうな?果して当日は? ルートは山頂で一時停止のまま下山で終了してしまいました。

敦賀湾と市街地、手前の田んぼはコシヒカリかな?。刈り入れを待ってます。

敦賀湾と市街地、手前の田んぼはコシヒカリかな?。刈り入れを待ってます。

敦賀湾と市街地、手前の田んぼはコシヒカリかな?。刈り入れを待ってます。

朝陽が差し込む杉林。暑い❗

朝陽が差し込む杉林。暑い❗

朝陽が差し込む杉林。暑い❗

ここで風を感じでました。

ここで風を感じでました。

ここで風を感じでました。

一の岳手前のトリカブト

一の岳手前のトリカブト

一の岳手前のトリカブト

アップ

アップ

アップ

一の岳到着

一の岳到着

一の岳到着

一の岳からの眺望

一の岳からの眺望

一の岳からの眺望

涼しい散歩道

涼しい散歩道

涼しい散歩道

二の岳から三の岳に向かうブナ林。ここも風が吹いています。

二の岳から三の岳に向かうブナ林。ここも風が吹いています。

二の岳から三の岳に向かうブナ林。ここも風が吹いています。

三の岳を過ぎれば山頂

三の岳を過ぎれば山頂

三の岳を過ぎれば山頂

避難小屋到着。登りで追い抜かれた常連さん休憩中。

避難小屋到着。登りで追い抜かれた常連さん休憩中。

避難小屋到着。登りで追い抜かれた常連さん休憩中。

山頂到着。

山頂到着。

山頂到着。

独り占めの山頂。風が強めです。

独り占めの山頂。風が強めです。

独り占めの山頂。風が強めです。

若狭湾、小浜市方面

若狭湾、小浜市方面

若狭湾、小浜市方面

琵琶湖はほんのウッスラしか見えません

琵琶湖はほんのウッスラしか見えません

琵琶湖はほんのウッスラしか見えません

敦賀湾と敦賀市街地

敦賀湾と敦賀市街地

敦賀湾と敦賀市街地

一人になった避難小屋でのモーニングコーヒー☕
今日はUCC金沢編と定番のサクッとマカロン

一人になった避難小屋でのモーニングコーヒー☕ 今日はUCC金沢編と定番のサクッとマカロン

一人になった避難小屋でのモーニングコーヒー☕ 今日はUCC金沢編と定番のサクッとマカロン

もう一杯のコーヒー☕は博多編

もう一杯のコーヒー☕は博多編

もう一杯のコーヒー☕は博多編

下山時の散歩道

下山時の散歩道

下山時の散歩道

栃ノ木地蔵の水場で長老が登山道を整備中

栃ノ木地蔵の水場で長老が登山道を整備中

栃ノ木地蔵の水場で長老が登山道を整備中

同じく

同じく

同じく

一番最初の水場。これで靴が濡れずに小学生も渡れる。

一番最初の水場。これで靴が濡れずに小学生も渡れる。

一番最初の水場。これで靴が濡れずに小学生も渡れる。

敦賀湾と市街地、手前の田んぼはコシヒカリかな?。刈り入れを待ってます。

朝陽が差し込む杉林。暑い❗

ここで風を感じでました。

一の岳手前のトリカブト

アップ

一の岳到着

一の岳からの眺望

涼しい散歩道

二の岳から三の岳に向かうブナ林。ここも風が吹いています。

三の岳を過ぎれば山頂

避難小屋到着。登りで追い抜かれた常連さん休憩中。

山頂到着。

独り占めの山頂。風が強めです。

若狭湾、小浜市方面

琵琶湖はほんのウッスラしか見えません

敦賀湾と敦賀市街地

一人になった避難小屋でのモーニングコーヒー☕ 今日はUCC金沢編と定番のサクッとマカロン

もう一杯のコーヒー☕は博多編

下山時の散歩道

栃ノ木地蔵の水場で長老が登山道を整備中

同じく

一番最初の水場。これで靴が濡れずに小学生も渡れる。

類似するルートを通った活動日記