20200906飛生川

2020.09.06(日) 日帰り
ゆゆゆ
ゆゆゆ

活動データ

行動時間

04:06

距離

8.0km

上り

575m

下り

537m

活動詳細

もっと見る

全道的に北の方は暑くて天気がよかったみたいなのに、なぜか我々は天気が悪く気温の低い白老へ。なぜなら今年の課題である飛生川遡行のためなのだ。 滝こそないけど、水量と水勢、沢の幅などの様々な条件から、先日行った電気の沢よりも厳しいと感じた。 男子二人にまるっきりロープで引っ張りあげてもらうような局面もあったが、なんとか無事生還した。 脚絆が脱げそうになったり、ヘルメットがぶっ飛ばされそうになる圧だった。 みんなそれぞれに防寒対策をし、水に濡れすぎないように細心の注意を払ってへつったが、やはり頭から水をかぶったりして予定のコースを途中から離脱、でもお腹いっぱいの沢行だった。 今年はもうこの沢は無理だけど、来年は今回行ったところの先を探検したい。 今回忙しくて写真があまり撮れなかったから、写真もたくさん撮りたいです。

白老町  ゲートは開いてませんでした
今日のメンバーは、MG‐R氏、shinn-5氏、しずく氏と私の四名
ゲートは開いてませんでした 今日のメンバーは、MG‐R氏、shinn-5氏、しずく氏と私の四名
白老町  橋の袂から入渓した
橋の袂から入渓した
白老町  最初は平凡な感じ
最初は平凡な感じ
白老町  縄ばしごやフィクスロープが設置されているところが多数
釣り人が残置していったのだろうか
縄ばしごやフィクスロープが設置されているところが多数 釣り人が残置していったのだろうか
白老町  結構水量ある
結構水量ある
白老町  ほんとにゴルジュがでてくるのかなぁ
ほんとにゴルジュがでてくるのかなぁ
白老町  なんとなく思っていた感じの雰囲気になりつつ
なんとなく思っていた感じの雰囲気になりつつ
白老町  この滑らかな岩肌はゴルジュのところでよく見る
この滑らかな岩肌はゴルジュのところでよく見る
白老町  まだ沢幅は広い
まだ沢幅は広い
白老町  蜘蛛の巣が雨に濡れて白い花が咲いているかのよう
蜘蛛の巣が雨に濡れて白い花が咲いているかのよう
白老町  この滝が入り口
この滝が入り口
白老町  リードのMG‐R氏は岩と岩の間を抜けた
リードのMG‐R氏は岩と岩の間を抜けた
白老町  後続は右側からへつる
後続は右側からへつる
白老町  滝状の水の流れに癒やされる
滝状の水の流れに癒やされる
白老町  水勢が強いので、釜っぽいところは全部ロープ使う
水勢が強いので、釜っぽいところは全部ロープ使う
白老町  へつれるところはなるべく水に入らないように、体力温存
へつれるところはなるべく水に入らないように、体力温存
白老町  左岸から飛び移って突破
左岸から飛び移って突破
白老町  位置について用意…
位置について用意…
白老町  ジャンプ!
ジャンプ!
白老町  会心のガッツポーズ
会心のガッツポーズ
白老町  へつる
へつる
白老町  そして泳ぐ
そして泳ぐ
白老町  後続はロープで引き寄せお願いします
後続はロープで引き寄せお願いします
白老町  ギリギリまでへつり、重力を無視して岩壁を走る
ギリギリまでへつり、重力を無視して岩壁を走る
白老町  走る
走る
白老町  ジャンプ!
ジャンプ!
白老町  タッチダウン!!
タッチダウン!!
白老町  トップ画像
トップ画像
白老町  ロープで引っ張ってもらうにしてもこの水勢なので正直辛い
ロープで引っ張ってもらうにしてもこの水勢なので正直辛い
白老町  慎重に
慎重に
白老町  最後が難しく、私もここでこけて危うく流されるところでした
最後が難しく、私もここでこけて危うく流されるところでした
白老町  寒くて力尽きたので、枝沢からエスケープ
涸れ沢みたいなんだけど、つるっとした滝状の地形のところの右岸に尾根が張り出していて、そこから登って行けた
寒くて力尽きたので、枝沢からエスケープ 涸れ沢みたいなんだけど、つるっとした滝状の地形のところの右岸に尾根が張り出していて、そこから登って行けた
白老町  滝地形は二段になっていて、これは二段目
上からトラロープがさがっていたが、垂直な壁だし、まずトラロープに届くところまで行けなかったみたいです
滝地形は二段になっていて、これは二段目 上からトラロープがさがっていたが、垂直な壁だし、まずトラロープに届くところまで行けなかったみたいです
白老町  上から見たところ、トラロープ残置あり
上から見たところ、トラロープ残置あり
白老町  滝地形の上は楓沢のような、岩盤に苔の貼り付いた涸れ沢になっている
滝地形の上は楓沢のような、岩盤に苔の貼り付いた涸れ沢になっている
白老町  先ほどまでの激流が嘘のようです
先ほどまでの激流が嘘のようです
白老町  これくらいの沢で十分でしたよ…
これくらいの沢で十分でしたよ…
白老町  沢を詰めていくと林道に合流、土嚢でできた壁みたいになっている
沢を詰めていくと林道に合流、土嚢でできた壁みたいになっている
白老町  林道は地図のとおり、実線なので車も通れるくらいの道だった
林道は地図のとおり、実線なので車も通れるくらいの道だった
白老町  破線の林道への分岐
破線の林道への分岐
白老町  しばらくは歩きやすい
しばらくは歩きやすい
白老町  しばらく行くと藪がちになり、どうやら地図の破線と離れていく
しばらく行くと藪がちになり、どうやら地図の破線と離れていく
白老町  道がよくわからないので戻り、沢型に入る
道がよくわからないので戻り、沢型に入る
白老町  沢筋に作業道の残骸のようなものがあったので、おそらくもともとあった作業道はなくなってしまったものと思われる
チョウチョが葉っぱにとまったので近付いていくと、羽が見えるように向きを変えてくれた
沢筋に作業道の残骸のようなものがあったので、おそらくもともとあった作業道はなくなってしまったものと思われる チョウチョが葉っぱにとまったので近付いていくと、羽が見えるように向きを変えてくれた
白老町  結局ずっと沢を下降して元の林道にもどった
結局ずっと沢を下降して元の林道にもどった
白老町  意外と時間がかかりました
意外と時間がかかりました

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす