2020_09 瀞台(北三号口→自衛隊周回コース)

2020.09.06(日) 日帰り
TOM
TOM

活動データ

タイム

02:06

距離

6.6km

上り

410m

下り

413m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

午後から用事があるので午前中で戻ってこれる馬追に向かう。 冬にしか歩いたことが無い瀞台に決める。 瀞台は2016年2月以来となる。 ミッション1:馬追の名水で珈琲用の水を汲む。 ミッション2:未踏のルートを少しでも潰す。 【記録・メモ】 ■駐車場には3台ほどが停まっている。先に水を汲み8:20北三号口を出発。 ■登山口から少し歩いたところに「ESCの森」という看板が目につく、こんな看板あったけ? ■まずは前回と同じ最短ルートで瀞台に向かう。 ■名物のコルゲート管でできたトンネルをくぐった後、階段道の急な登りとなる。前回は緩やかに登った記憶だったが意外と傾斜があり、じわり汗が出て来る。 ■冬だとわからなかったが遊歩道と林道が並列して走っている区間がある。林道を交差して往路は遊歩道を使う。 ■再び林道と交差して尾根に取りつく。 ■コンタ250mあたりに西側に下る獣道のような細い道がありピンテで通行禁止となっている。人工的に整備されている形跡があり、どうやら自衛隊への連絡路らしい。 ■見覚えのあるフェンスが見えて来る。9:12瀞台到着。 ■未踏区間の瀞台~札幌夕張線の区間を潰す計画だったが計画を変更して自衛隊を周回して戻るルートに変更する。 ■10分ほど休憩して来た道を引き返す。 ■下山は林道を辿る。遊歩道との交差箇所をそのまま林道成りに進む。 ■このルートは人通りが少ないようでこの時期でもトリカブトなど、まだ花をつけている植物も多い。遊歩道より植物の種類多く繁茂している。 ■道路脇に咲いているツルニンジンを見つける。清楚で可憐な感じがして好きな花だ。これでテンション上がる。 ■林道は自衛隊の辺りまで来ると林道は途切れ細い道に変わり、道は自衛隊のフェンス沿いを通るルートとなる。 ■しばらくフェンス沿いを進み尾根にぶつかり進路は南へと折れ夕張長沼線に向かって伸びていく。 ■尾根を南に下ると間もなく10:06北三号線へと向かう分岐が現れるので北三号線の登山口に向かって階段を下る。 ■分岐から下るルートは勾配があるので基本的に人口丸太の階段で整備されており一部ザレっぽい箇所もあるが苔むしており滑りやすい。コケないように注意して下る。 ■10:18往路で通った遊歩道と合流。これで自衛隊周回となる。 ■登山口に向かって下っているとトレランの女子二人組がスタスタ颯爽と下って行った。自分だと転びそうでとてもマネできない。 ■10:26下山、この時間になると水汲み場が混みあっている。 ■まだ時間に余裕があるので文学碑へ車で向かう。 ■文学碑に着くと車が1台停まっておりアンテナを立て無線で通信をやっている。いつもは静かな場所だが無線で会話しておりあずましくない。早々に撤退しスキー場に向かう。 ■スキー場に移動し一服した後、帰路に就く。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす