日晩山(ひぐらしやま) ロードバイク&登山

2017.03.25(土) 08:36 - 2017.03.25(土) 15:04
Higurashiyama (Shimane)
 日晩山の地図がなかったので、とりあえず、近くの安蔵寺山の地図から活動日記を作成。  ロードバイクで、登山口まで行き、そこから登山というパターン。今回は、益田市の日晩山(ひぐらしやま)743m。  益田川ダムに沿った道をロードバイクで進んでいると、タヌキ3匹と遭遇。そのうち2匹はすぐに逃げたが、あと1匹は逃げ遅れたと思ったのか、タヌキ寝入り?じっとしていた。写真を何枚か撮ったりしたが、気の毒になり、そのまま先へ進む。  14.3キロロードバイクで進み、真砂公民館に到着。ここから登山スタート。登山口は2つあり、神社方面からと、蛇滝方面。今回は、神社から行き、蛇滝へ下りてて行くというコースを選択。トイレは、波田八幡宮、波田天満宮の神楽殿のトイレを利用できる。ここの神社は、同じ境内に二つの神社がある。  登山道はとてもよく整備されていて、親子連れなどにもいい。神社側から行くと、頂上まで4キロ、蛇滝側から行くと、頂上まで3.5キロと割りと距離はある。神社側から行くと20分ぐらい行ったところにトイレがある。  登山口から1.6キロ、標高500mに日晩峠の休憩所と展望所がある。ここからの眺めもなかなかいい。  後半は尾根伝いの道となり、こまかなアップダウンを繰り返し、第2展望所。736m。ここからの眺めもいい。一旦下って、再び登ると、日晩山山頂743m。以前来た時より、山頂が整備されているように感じた。今日は、風も無く、空気も澄んでいて、遠くまで見える。どの方向に何の山が見えるのかという案内板も設置されていて、先週登った青野山などを確認。山頂で、ランチタイム。いつものことだが、この時間が本当にいい。  下山は、蛇滝方面へ。ここは、沢に沿った道で、また表情が違って面白い。ところどころに小さな滝があり、目を楽しませてくれる。蛇滝にも寄ってみたが、雰囲気のあるパワースポットのようだが、滝の水量自体は少ない。  蛇滝広場に到着。ここにもトイレがある。ここからは舗装路で、スタート地点の公民館まで歩くことになる。  公民館到着。まだ余力があったので、ここからロードバイクで峠を越え、美都町へ。そこから益田川沿いを進み、ゴール。  天気もよく、とても気持ちいいロードバイク&登山となった。  

写真

タヌキとの遭遇

タヌキとの遭遇

逃げ遅れた1匹は、死んだふり?

逃げ遅れた1匹は、死んだふり?

笹倉ダム。

笹倉ダム。

真砂公民館から登山スタート。

真砂公民館から登山スタート。

波田八幡宮、波田天満宮。

波田八幡宮、波田天満宮。

猿田彦神社。

猿田彦神社。

途中にトイレがある。

途中にトイレがある。

日晩峠

日晩峠

日晩峠からの眺め。

日晩峠からの眺め。

第2展望所

第2展望所

第2展望所からの眺め。

第2展望所からの眺め。

こちらも第2展望所から。

こちらも第2展望所から。

第2展望所で自撮

第2展望所で自撮

第1展望所(山頂)

第1展望所(山頂)

山頂からの眺め。恐羅漢山なども見える。

山頂からの眺め。恐羅漢山なども見える。

こちらは左に見えるのが、先週登った青野山。

こちらは左に見えるのが、先週登った青野山。

高津川河口方面。

高津川河口方面。

山頂も整備されていて、気持ちいい。

山頂も整備されていて、気持ちいい。

この時間がいい。

この時間がいい。

山頂でのコーヒーもいい。

山頂でのコーヒーもいい。

蛇滝側の登山路は、沢伝いの道で、ところどころに滝がある。

蛇滝側の登山路は、沢伝いの道で、ところどころに滝がある。

蛇滝。パワースポット。

蛇滝。パワースポット。

オオイヌノフグリ どこにでもある花だけれど、こうしてよく見ると、かわいい。

オオイヌノフグリ どこにでもある花だけれど、こうしてよく見ると、かわいい。

野草がかわいい。

野草がかわいい。

野草

野草

こんなのもあった。何という花?

こんなのもあった。何という花?

帰り、美都町にはこんな場所が・・・。思わず止まって撮影。

帰り、美都町にはこんな場所が・・・。思わず止まって撮影。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。