奥穂高岳 2日目 横尾山荘〜涸沢〜穂高岳山荘

2020.09.04(金) 日帰り
ひとみん
ひとみん

活動データ

タイム

07:22

距離

7.2km

上り

1515m

下り

149m

活動詳細

もっと見る

AM6時30分、横尾山荘を出発し涸沢カールを経て穂高岳山荘を目指します。 昨夜の雨はすっかり上がり天気は上々。左手にそびえる屏風岩を仰ぎ見ながら歩くのですが、そのダイナミックな姿に圧倒されっぱなしでした。 ここをクライミングする強者がいると聞きますが、どうやって登るんですか!? 涸沢小屋に着いたところで雨が降り出しました。🍙食べながらしばらく雨宿り。止む気配無し…。 カッパ来て足を進めます。 本日の難所、ザイテングラート。『山頂から横に張り出す岩尾根(岩壁の支尾根)のこと。語源はドイツ語Seitengrat』 岩の塊を掴んでは乗り越え掴んでは上りを繰り返します。雨の中、滑るし視界は悪い。ペースは上がらず。しかし確実に一歩一歩を進めるしか無いので、これまた必死のパッチで穂高岳山荘を目指しました。 ビショビショで到着してチェックイン、荷物を部屋に入れたら濡れた物全て乾燥室で乾かしましょう! 既にスペースの半分位はカッパやタオル、ウェア、靴、ザックで埋まっていました。 雨の日だけ、乾燥室は稼働するそうです。(よう乾いて有難かったのなんの。穂高岳山荘乾燥室最強!!) 夕食までのんびり過ごし、夕焼けに染まる北アルプスの峰々を楽しみ、小屋飯で腹を満たし。そして山小屋の消灯はやはり21時。 容赦無く明かりが落ちます。そして明日の奥穂高岳アタック、続く吊尾根歩きを初めてなりにイメージしながら浅い眠りを渡ります。 (3日目に続く)

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。