福寿草鑑賞

2020.02.27(木) 日帰り

活動データ

タイム

05:01

距離

0m

上り

0m

下り

0m

活動詳細

すべて見る

■コースタイム           天神日銀前発6:45→都市高速→大宰府IC→宇城・氷川IC→国道443号→県道25号→ 元井谷橋 →元井谷第二登山口着9:36~仏石・山頂分岐10:21/24~元井谷・山頂分岐10:46/50~風穴11:08/11~迎鳥帽子山(昼食)11:43/12:12~兎群石山分岐12:13~兎群石山12:20/24~兎群石山分岐12:32~ 展望台分岐12:40/42~元井谷・山頂分岐13:06/10~仏石(福寿草観賞)13:18/28~仏石・山頂分岐 14:04/08~元井谷第二登山口着14:37 ■歩行時間  元井谷第二登山口(31分)仏石・山頂分岐(22分)元井谷・山頂分岐(18分)風穴(32分)迎鳥帽子山 (1分)分岐(7分)兎群石山(8分)分岐(8分)展望台分岐(24分)元井谷・山頂分岐(8分)仏石(36分) 仏石・山頂分岐(29分)元井谷第二登山口 ■正味歩行時間(休憩含まない)     3時間44分    ■行動時間(休憩含む全行動時間)   4時間47分    ■距離  約9.3km  GPS沿面距離9.299km    ■累計標高差  約±540m 【コメント】                      福寿草観賞山行、昨年はやくし山で期待外れだったので、今回は仰烏帽子山とした。参加者は4人で少し寂しい山行だった。出発の時、福岡地方は小雨だったが、現地に着く頃は晴れ間が出て、午後からは快晴の福寿草日和となった。積雪を予想して、タイヤチェーンやアイゼンを用意していたが凍結や積雪は無く不要だった。また、何時もはぬかるみ状態で滑り易くなる登山道も、予想外に乾いていて助かった。元井谷第二登山口の駐車場は、平日にもかかわらず満車状態だったのにはビックリした。ルートは鞍部の福寿草/山頂分岐点から、まず山頂に登り、下山路で福寿草を鑑賞した。山頂からは市房山・白髪岳・国見山、遠くに高千穂の峰も望めた。気になっていた「兎群石山」、増﨑さんの案内で、今回初めて訪れることが出来たのはラッキーだった。山頂では平尾台の羊群原を少し小さくしたような石灰岩の石群が見られた。目的の福寿草、仏石には登らないで時間を作り観賞した。暖冬で見頃には少し遅いのではと思っていたが、ジャストタイミングだった。仏石周辺の群生は、太陽に照らされ花は満開状態で何度見ても感動する。仏石から鞍部間も今まで以上に広範囲に咲いていた。また、鞍部を過ぎてからも、往路では確認できなかった花が多く咲いていて驚いた。 福寿草!仰烏帽子山はやはり素晴らしい!!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。