2019/07/28-07/29_富士山 富士宮ルート

2019.07.28(日) 2 DAYS
マラカスメガネ
マラカスメガネ

活動データ

タイム

23:00

距離

9.1km

上り

1294m

下り

1530m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

※GPSロガーのログを変換して作成したので時間が正確ではありません。あしからず。 仕事の同期と共に関西発のバスツアー(ガイド無し、フリープラン、山小屋泊付)で参加しました。 富士山に登るのはこれが2回目で、強風で山頂まで行けなかった1回目のリベンジとなります。 大阪からバスに乗り、お昼前に5合目に到着し、そのまま登山スタート。 ひたすら岩の斜面を登り、すれ違う方と挨拶の連呼。 へろへろになりながら、なんとか9.5合目の胸突山荘まで到着。 2日目に山頂に登る予定でしたが、時間に余裕があったので9.5合目から山頂へ。 山頂の神社で御朱印をいただき、馬の背を登り、日本一高い場所へ。 もうちょっと居たかったですが、何かそろそろ降りなきゃいけない気がして山小屋まで下山。 山頂から9.5合目の山小屋に降りて10分後くらいに、急に大雨が降りはじめて 濡れた人たちが続々と山小屋に駆け込んできました。 自分たちは奇跡的に濡れずに済んだのでギリギリセーフ。 その後、外のトイレに行った際に、山頂側から大声で「人が倒れたため山小屋の人を呼んでくれ」との頼みがあったため、山小屋の方に伝えました。 倒れた方はどうも雨に濡れて体温が下がり低体温症になったみたいでした。 運ばれてきた際には声掛けにも返答せず、意識があるのか判らないようでしたが、 山小屋の方たちが初期対応をし、1時間くらいしてから救助隊の方たちが複数人で登ってこられ、 倒れた方を運んでいきました。 新聞やニュースで報道されていないので多分助かったのだと思います。 次の日のご来光を見るために寝ようとしましたが、同期とともに高山病にかかり頭痛でダウン、 山頂への登山は諦めゆっくりすることに決定。 夜は強い頭痛で眠れずずっと外で星を眺めてました。大台ケ原並みではないですがとても綺麗でしたね。 次の日は下山して温泉&ビュッフェ、ワイナリーでの試飲をし大阪までバスで帰りました。 ひたすら辛いのでもう行くことはないと思いますが、いい思い出です。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす