蒜場山(再)

2020.08.30(日) 日帰り
らくたろう
らくたろう

前週撤退した蒜場山へ、再挑戦を敢行して参りました。 当初お隣の俎倉山のつもりで向かっていたところが近付くにつれモヤモヤが膨らんでしまい、結局駐車場をスルーしてそのまま加治川治水ダムへ。 登山道濡れてるし~ まだぜんぜん涼しくないし~ 雨降ったら烏帽子岩登れないし~ 太ってるし〜 と、口々に不平を並べる脳内女子高生。 新発田に入って降り出した雨も、いったん止んでいる状況。 もし烏帽子岩がツルツル滑るようなら最悪2度目の撤退 くらいなつもりで、すがる女子高生を振り払って突入。 葉っぱの雨露をシャツとズボンと靴がもれなく吸収し、ものの10分で全身ズブ濡れ^^; まあ雨具を着ても結局汗でズブ濡れになるわけなので、多少涼しいだけマシとする。 前回の反省を踏まえて休憩少なめ(代わりにペース遅め)で進み、第一チェックポインツの岩岳通過。帰りにここを登り返して来たところが、本日の真のゴールでございます。 問題の烏帽子岩到達。前回より約30分巻き。 休憩少なめの効果か、はたまた暑さ的にずいぶんマシだったせいかは分かりませんが、今のところまあまあ余力ありな感じ。ここさえクリアできれば行けるかしら? とか思ってたら、絶妙としか言いようのないタイミングで嫁からのライン。念のため設定を確認するも、見守り機能はやはりオフ。すいませんヤマップさんこれ壊れてます。 恐る恐る開けてみたら、「涼しい部屋でチビとDVD見てるよー」とのご報告。やかましいわ。 ポールをいったん縮めてザックにくくりつけ、念仏を称えていざ突撃・・ って あれ この一週間ひたすら写真とにらめっこしながらイメトレしていたせいだと思われますが、手汗はおろかほとんど心も動かさずに通過できてしまいました。成功体験って大事ですね。 いやひょっとしたらすでに、高所恐怖症なんてとうに克服済みのスーパーサイヤ人に進化しているのでは? という天の声がふと聞こえ、逆サイドの垂直に切れ落ちてる方をためしに覗き込んでみる。 秒速で放尿。知ってました。 さてパンツを濡らしてる場合でなく、ここからは残り1/3強の未体験ゾーン。 ガレ岩の細尾根(そんなに細くもない)をいくつか過ぎると、「兎戻し」の標示の付いた4〜5mくらいの垂直登攀。これはまあ楽勝。 その先には片側が豪快に崩落した感じのポイントが連続でやって来るが、これもロープなり木なりの掴みどころがあるため無問題。 アスレチックゾーンを越え、残り300mの登りへ。 脳内では粟ヶ岳の避難小屋〜頂上までの区間をなんとなくイメージしていたのですが、まったくの別物でした・・ あえて文字で表現してみると、 ↗↗→↗↗↗→↗↗↗→↗↗→以下略 てな感じ。 30〜40m前後くらいのやや急な登り↗↗が断続的に続くわけですが、それぞれの道中からは → の先が見えず、登った向こうに覗き見えるのは常にお空。つまり、 ①ここさえ越えればきっときっと(ゼーハーもたもた) ↓ ②まだまだでーす残念でしたバーカバーカ の果てしない繰り返しと、そのたびにポキポキ折れていくハート。 いや終わってみれば300mならこんなもんか?くらいのボリュームだったのですが、メンタル的にはとても非常に大変に厳しゅうございました。 これだけハードな責めを繰り出せる女王様なら、行くとこへ行けばたちまち売れっ子になっているに違いありません。 僕は指名しませんが。 へろへろで山伏峠を越え、あとは頂上を残すのみ。 いくらか足取りも軽くなったその先には、流れる雲の中からダメ押しとばかりに姿を現すラストのピーク。やめて。 で、登頂。 平成20年 と刻まれた真新しい標柱と、その前に転がっているかつての立て看。 周囲は完全に雲の中。晴れていたらとんでもない眺望が広がってるのであろうと思われますが、本日はもうどうでもいいです^^; やりとげた感をオカズに昼飯食えます。 いっそシート広げて寝てやろうか などと考えつつアブとの距離感を測っていると、鈴の音とともに登頂して来られたお父さん。 開口一番の「いやしんどかったー」とのお言葉に、瞬時に芽生える友情。ただ聞くと僕より一時間遅く出発されたとのことで、少しだけしぼむ友情。 お話が盛り上がり、下りは少々苦手で とおっしゃるお父さんと下まで同行させて頂くことに。 相変わらずの雲の中を帰路へ。 苦手などとおっしゃっておられるのも今のうち、デブの遅さに震えて眠るがよい と勝利を確信していたらそうでもございませんで、お話しながらのんびりと下る。 バイクに自転車にと大変アクティブに活動されてらっしゃるとのことで、山の日は蝦夷地へ行かれてたそう。エリート側のお方じゃありませんか^^; 嫁の取り扱いから仕事の話まで、人生の指標になりそうな多数の金言を頂戴する。ありがたき幸せ。 顔を紫色にしながら岩岳への登り返しを越え、真の山頂到達。 もはやへろへろを通り越し、例えるなら今ここで石田ゆり子に求婚されようとも「ごめん、明日で」となんの躊躇もなく待たせられるレベル。 お父さんもずいぶんやられている様子で、藤あや子に迫られても爽やかに拒否できそうな風情。 傾き始めた陽射しに照らされる烏帽子岩を眺め、お互いしばしの絶句。なおやはりと言うか、登りはお父さんの方が早かったです。保たれるデブの面目。 あとは下るのみ、ということで再度わやわやとお話をさせて頂きながらの行程。まあ話題の尽きないお父さんでございました笑 おかげさまで、はよ着けーいま着けーと毎度念仏を唱えながらの下りだったところを大変楽しく過ごさせて頂きました次第。感謝でございますm(__)m 夕暮れの気配の中、驚異の9.5h超えで加治川治水ダムへ到着。 またどっかで会いましょう と名残りを惜しむまでもなく、油断してると生活圏がかぶりかねないご近所にお住まいでおられました笑 もうギブなのでまっすぐ帰って風呂入る と家に一報入れたところ、「くっさいまんまで敷居を跨ぐことは相まかりならぬ」との嫁からの厳命。 いや確かに生ゴミと昆虫を足して2を掛けたような状態ですけども、ねえ。 あやめの湯で汗を流してお着替えののち、やっとやっとで帰宅。 石田ゆり子への返答を思案しつつ無事死亡致しました。

五十公野のセブン。お外は雨
何時に目が覚めようとも、必ず現地着は7時過ぎになるという謎の法則に首をかしげながら納豆巻きをもぐもぐ
たしか今日は3時台だったような

五十公野のセブン。お外は雨 何時に目が覚めようとも、必ず現地着は7時過ぎになるという謎の法則に首をかしげながら納豆巻きをもぐもぐ たしか今日は3時台だったような

五十公野のセブン。お外は雨 何時に目が覚めようとも、必ず現地着は7時過ぎになるという謎の法則に首をかしげながら納豆巻きをもぐもぐ たしか今日は3時台だったような

あれこれ考えてるうち加治川ダムへ来てしまったらく子に
ここまで来たんだからお前もその気だったんだろぐへへ、と迫り来る蒜場山

あれこれ考えてるうち加治川ダムへ来てしまったらく子に ここまで来たんだからお前もその気だったんだろぐへへ、と迫り来る蒜場山

あれこれ考えてるうち加治川ダムへ来てしまったらく子に ここまで来たんだからお前もその気だったんだろぐへへ、と迫り来る蒜場山

雨こそ止んでるものの、左右の葉っぱがふんだんに水分を供給してくださいまして
バケツで水かぶったのと大して変わらぬ状態に

雨こそ止んでるものの、左右の葉っぱがふんだんに水分を供給してくださいまして バケツで水かぶったのと大して変わらぬ状態に

雨こそ止んでるものの、左右の葉っぱがふんだんに水分を供給してくださいまして バケツで水かぶったのと大して変わらぬ状態に

ズブ濡れとかボカシがかかってるとか、
安易にシモに逃げてはいけませんと自らを戒める

ズブ濡れとかボカシがかかってるとか、 安易にシモに逃げてはいけませんと自らを戒める

ズブ濡れとかボカシがかかってるとか、 安易にシモに逃げてはいけませんと自らを戒める

倉見平
この前後からアブに絡まれはじめ、怪しげな舞いで周囲のMPを削りながら登る

倉見平 この前後からアブに絡まれはじめ、怪しげな舞いで周囲のMPを削りながら登る

倉見平 この前後からアブに絡まれはじめ、怪しげな舞いで周囲のMPを削りながら登る

俎倉さん・・・あなたが私をもっと強く引き留めてくれていたら

俎倉さん・・・あなたが私をもっと強く引き留めてくれていたら

俎倉さん・・・あなたが私をもっと強く引き留めてくれていたら

まあごりっぱ(自戒失敗

まあごりっぱ(自戒失敗

まあごりっぱ(自戒失敗

ひとまず岩岳到着
前回はここで大休憩+シャーベット食い散らかして盛大にスイッチ切ってました

ひとまず岩岳到着 前回はここで大休憩+シャーベット食い散らかして盛大にスイッチ切ってました

ひとまず岩岳到着 前回はここで大休憩+シャーベット食い散らかして盛大にスイッチ切ってました

びったんびったんに濡れたおズボンとお靴
身体が冷えたりしたらいいなあ などと淡い期待を抱くも、雪中をTシャツで登るデブであることを全く忘れているデブ

びったんびったんに濡れたおズボンとお靴 身体が冷えたりしたらいいなあ などと淡い期待を抱くも、雪中をTシャツで登るデブであることを全く忘れているデブ

びったんびったんに濡れたおズボンとお靴 身体が冷えたりしたらいいなあ などと淡い期待を抱くも、雪中をTシャツで登るデブであることを全く忘れているデブ

稼いだ標高を出し渋りながらいったん下りへ

稼いだ標高を出し渋りながらいったん下りへ

稼いだ標高を出し渋りながらいったん下りへ

どんでんどんでんどんでん(効果音
と立ちはだかる烏帽子岩に

どんでんどんでんどんでん(効果音 と立ちはだかる烏帽子岩に

どんでんどんでんどんでん(効果音 と立ちはだかる烏帽子岩に

到着
1ミリの言い訳の余地もないくらい乾いてます

どんぴしゃで届く嫁からのラインに恐怖しつつ
ポールをたたみ、覚悟を決めて

到着 1ミリの言い訳の余地もないくらい乾いてます どんぴしゃで届く嫁からのラインに恐怖しつつ ポールをたたみ、覚悟を決めて

到着 1ミリの言い訳の余地もないくらい乾いてます どんぴしゃで届く嫁からのラインに恐怖しつつ ポールをたたみ、覚悟を決めて

いるヒマもなく

いるヒマもなく

いるヒマもなく

踏破してしまう。いやそんなにメンタル強い子に育てた覚えはないのですが

一度は登れた場所だという事実を差し引いても克服するにはちと早すぎるので、
むしろ前回は気持ち自体が相当後ろ向きだったのではなかろうかと思えてくる

踏破してしまう。いやそんなにメンタル強い子に育てた覚えはないのですが 一度は登れた場所だという事実を差し引いても克服するにはちと早すぎるので、 むしろ前回は気持ち自体が相当後ろ向きだったのではなかろうかと思えてくる

踏破してしまう。いやそんなにメンタル強い子に育てた覚えはないのですが 一度は登れた場所だという事実を差し引いても克服するにはちと早すぎるので、 むしろ前回は気持ち自体が相当後ろ向きだったのではなかろうかと思えてくる

前向きな子なので後半戦へ

前向きな子なので後半戦へ

前向きな子なので後半戦へ

細尾根
左右が緩やかなので楽勝

細尾根 左右が緩やかなので楽勝

細尾根 左右が緩やかなので楽勝

右側が崩れてます。がロープ有り

右側が崩れてます。がロープ有り

右側が崩れてます。がロープ有り

ラビットは戻せてもピグレットは戻せまい

ラビットは戻せてもピグレットは戻せまい

ラビットは戻せてもピグレットは戻せまい

たしか後者の方ががっぱり切れ落ちてたような

たしか後者の方ががっぱり切れ落ちてたような

たしか後者の方ががっぱり切れ落ちてたような

アスレチックおしまい。普通の山登りへ

アスレチックおしまい。普通の山登りへ

アスレチックおしまい。普通の山登りへ

登っても登っても眼前には次のピーク

初めて盛岡に食いに行ったわんこそばの、あのいかにも他人事ですからと言いたげなトーンの「は〜いはい」「まだまだで〜すよ」の投げやりな合いの手がなぜか脳裏をよぎって
10年越しで湧き出す怒り。あの時のお姉さんごめんなさい

登っても登っても眼前には次のピーク 初めて盛岡に食いに行ったわんこそばの、あのいかにも他人事ですからと言いたげなトーンの「は〜いはい」「まだまだで〜すよ」の投げやりな合いの手がなぜか脳裏をよぎって 10年越しで湧き出す怒り。あの時のお姉さんごめんなさい

登っても登っても眼前には次のピーク 初めて盛岡に食いに行ったわんこそばの、あのいかにも他人事ですからと言いたげなトーンの「は〜いはい」「まだまだで〜すよ」の投げやりな合いの手がなぜか脳裏をよぎって 10年越しで湧き出す怒り。あの時のお姉さんごめんなさい

せめて地図でも見りゃ諦めもつきそうなもんですが、
当たらないパチンコ台に座るオヤジのごとく
もうすぐだよな? 信じてるよ? と
うわ言を繰り返すデブ

せめて地図でも見りゃ諦めもつきそうなもんですが、 当たらないパチンコ台に座るオヤジのごとく もうすぐだよな? 信じてるよ? と うわ言を繰り返すデブ

せめて地図でも見りゃ諦めもつきそうなもんですが、 当たらないパチンコ台に座るオヤジのごとく もうすぐだよな? 信じてるよ? と うわ言を繰り返すデブ

佐渡金山

いえ、割れてるだけです

佐渡金山 いえ、割れてるだけです

佐渡金山 いえ、割れてるだけです

山伏峠到着ううううう

本によればあとは緩やかな稜線のみとのことですが

山伏峠到着ううううう 本によればあとは緩やかな稜線のみとのことですが

山伏峠到着ううううう 本によればあとは緩やかな稜線のみとのことですが

なんかそれっぽいピークが

なんかそれっぽいピークが

なんかそれっぽいピークが

背中(阿賀町)側の雲が一瞬晴れる

背中(阿賀町)側の雲が一瞬晴れる

背中(阿賀町)側の雲が一瞬晴れる

頂上か?頂上なのか?

頂上か?頂上なのか?

頂上か?頂上なのか?

_(:3」∠)_

_(:3」∠)_

_(:3」∠)_

そしてまさかの下り
いや等高線見てうすうす気づいてはいましたが

そしてまさかの下り いや等高線見てうすうす気づいてはいましたが

そしてまさかの下り いや等高線見てうすうす気づいてはいましたが

佐渡金山NEO

佐渡金山NEO

佐渡金山NEO

雲の向こうになにやら不穏な地形が見え隠れしているような気がするのですが、
錯覚ですよねそうですよねあっはっは
あ、ひょっとして飯豊山? 行きたいですよねーうんうんいつかね

雲の向こうになにやら不穏な地形が見え隠れしているような気がするのですが、 錯覚ですよねそうですよねあっはっは あ、ひょっとして飯豊山? 行きたいですよねーうんうんいつかね

雲の向こうになにやら不穏な地形が見え隠れしているような気がするのですが、 錯覚ですよねそうですよねあっはっは あ、ひょっとして飯豊山? 行きたいですよねーうんうんいつかね

御開帳とばかりに流れる雲笑笑笑笑笑笑

御開帳とばかりに流れる雲笑笑笑笑笑笑

御開帳とばかりに流れる雲笑笑笑笑笑笑

なんか見えますが
どうせ通行注意とか殉難の碑とかハズレとか

なんか見えますが どうせ通行注意とか殉難の碑とかハズレとか

なんか見えますが どうせ通行注意とか殉難の碑とかハズレとか

あたりもう一本

あたりもう一本

あたりもう一本

用済みとばかりに無残に倒された卒塔婆、ではなく

用済みとばかりに無残に倒された卒塔婆、ではなく

用済みとばかりに無残に倒された卒塔婆、ではなく

四方とも清々しいばかりの眺望

四方とも清々しいばかりの眺望

四方とも清々しいばかりの眺望

お父さんと連れ立っての下山開始

お父さんと連れ立っての下山開始

お父さんと連れ立っての下山開始

烏帽子岩を裏から
けっこうエグい切れ落ち方だったはずですが、毎度なにひとつ伝わらない撮影技術。むしろこのテクを生かせる市場さえ存在しそうな気がしてきます

入口にスタッフの顔写真が並んでるようなお店とか

烏帽子岩を裏から けっこうエグい切れ落ち方だったはずですが、毎度なにひとつ伝わらない撮影技術。むしろこのテクを生かせる市場さえ存在しそうな気がしてきます 入口にスタッフの顔写真が並んでるようなお店とか

烏帽子岩を裏から けっこうエグい切れ落ち方だったはずですが、毎度なにひとつ伝わらない撮影技術。むしろこのテクを生かせる市場さえ存在しそうな気がしてきます 入口にスタッフの顔写真が並んでるようなお店とか

その烏帽子岩も

その烏帽子岩も

その烏帽子岩も

難なくパスするが、
お父さんはなんとあそこをポール使ってまっすぐ降りて来られる。いや絶対おかしいっす^^;

難なくパスするが、 お父さんはなんとあそこをポール使ってまっすぐ降りて来られる。いや絶対おかしいっす^^;

難なくパスするが、 お父さんはなんとあそこをポール使ってまっすぐ降りて来られる。いや絶対おかしいっす^^;

ここにもし強力さんがおらっしゃったら
おいくら万円までなら支払えるか真剣に考察

ここにもし強力さんがおらっしゃったら おいくら万円までなら支払えるか真剣に考察

ここにもし強力さんがおらっしゃったら おいくら万円までなら支払えるか真剣に考察

真の山頂到達
またもハミ出た脂肪が写り込むが撮り直す気力なし

真の山頂到達 またもハミ出た脂肪が写り込むが撮り直す気力なし

真の山頂到達 またもハミ出た脂肪が写り込むが撮り直す気力なし

山頂だけは晴らすまいとする気概を見せつけられつつ
しばしの放心

山頂だけは晴らすまいとする気概を見せつけられつつ しばしの放心

山頂だけは晴らすまいとする気概を見せつけられつつ しばしの放心

俎倉さん・・・あなたが(略

俎倉さん・・・あなたが(略

俎倉さん・・・あなたが(略

同じ風景を撮りながら
当分来ないぞ、とのお父さんの弁に
静かに頷くデブ

同じ風景を撮りながら 当分来ないぞ、とのお父さんの弁に 静かに頷くデブ

同じ風景を撮りながら 当分来ないぞ、とのお父さんの弁に 静かに頷くデブ

大変お疲れ様でございました、と
雄々しき背中に一礼

の数秒後、駐車場までまたおしゃべり笑

大変お疲れ様でございました、と 雄々しき背中に一礼 の数秒後、駐車場までまたおしゃべり笑

大変お疲れ様でございました、と 雄々しき背中に一礼 の数秒後、駐車場までまたおしゃべり笑

[追記]
翌週、俎倉山へ行った際に出てた案内板
9/14〜10/末までの日祝以外、日中はダムへの道を通行止めますよとのことでした

[追記] 翌週、俎倉山へ行った際に出てた案内板 9/14〜10/末までの日祝以外、日中はダムへの道を通行止めますよとのことでした

[追記] 翌週、俎倉山へ行った際に出てた案内板 9/14〜10/末までの日祝以外、日中はダムへの道を通行止めますよとのことでした

五十公野のセブン。お外は雨 何時に目が覚めようとも、必ず現地着は7時過ぎになるという謎の法則に首をかしげながら納豆巻きをもぐもぐ たしか今日は3時台だったような

あれこれ考えてるうち加治川ダムへ来てしまったらく子に ここまで来たんだからお前もその気だったんだろぐへへ、と迫り来る蒜場山

雨こそ止んでるものの、左右の葉っぱがふんだんに水分を供給してくださいまして バケツで水かぶったのと大して変わらぬ状態に

ズブ濡れとかボカシがかかってるとか、 安易にシモに逃げてはいけませんと自らを戒める

倉見平 この前後からアブに絡まれはじめ、怪しげな舞いで周囲のMPを削りながら登る

俎倉さん・・・あなたが私をもっと強く引き留めてくれていたら

まあごりっぱ(自戒失敗

ひとまず岩岳到着 前回はここで大休憩+シャーベット食い散らかして盛大にスイッチ切ってました

びったんびったんに濡れたおズボンとお靴 身体が冷えたりしたらいいなあ などと淡い期待を抱くも、雪中をTシャツで登るデブであることを全く忘れているデブ

稼いだ標高を出し渋りながらいったん下りへ

どんでんどんでんどんでん(効果音 と立ちはだかる烏帽子岩に

到着 1ミリの言い訳の余地もないくらい乾いてます どんぴしゃで届く嫁からのラインに恐怖しつつ ポールをたたみ、覚悟を決めて

いるヒマもなく

踏破してしまう。いやそんなにメンタル強い子に育てた覚えはないのですが 一度は登れた場所だという事実を差し引いても克服するにはちと早すぎるので、 むしろ前回は気持ち自体が相当後ろ向きだったのではなかろうかと思えてくる

前向きな子なので後半戦へ

細尾根 左右が緩やかなので楽勝

右側が崩れてます。がロープ有り

ラビットは戻せてもピグレットは戻せまい

たしか後者の方ががっぱり切れ落ちてたような

アスレチックおしまい。普通の山登りへ

登っても登っても眼前には次のピーク 初めて盛岡に食いに行ったわんこそばの、あのいかにも他人事ですからと言いたげなトーンの「は〜いはい」「まだまだで〜すよ」の投げやりな合いの手がなぜか脳裏をよぎって 10年越しで湧き出す怒り。あの時のお姉さんごめんなさい

せめて地図でも見りゃ諦めもつきそうなもんですが、 当たらないパチンコ台に座るオヤジのごとく もうすぐだよな? 信じてるよ? と うわ言を繰り返すデブ

佐渡金山 いえ、割れてるだけです

山伏峠到着ううううう 本によればあとは緩やかな稜線のみとのことですが

なんかそれっぽいピークが

背中(阿賀町)側の雲が一瞬晴れる

頂上か?頂上なのか?

_(:3」∠)_

そしてまさかの下り いや等高線見てうすうす気づいてはいましたが

佐渡金山NEO

雲の向こうになにやら不穏な地形が見え隠れしているような気がするのですが、 錯覚ですよねそうですよねあっはっは あ、ひょっとして飯豊山? 行きたいですよねーうんうんいつかね

御開帳とばかりに流れる雲笑笑笑笑笑笑

なんか見えますが どうせ通行注意とか殉難の碑とかハズレとか

あたりもう一本

用済みとばかりに無残に倒された卒塔婆、ではなく

四方とも清々しいばかりの眺望

お父さんと連れ立っての下山開始

烏帽子岩を裏から けっこうエグい切れ落ち方だったはずですが、毎度なにひとつ伝わらない撮影技術。むしろこのテクを生かせる市場さえ存在しそうな気がしてきます 入口にスタッフの顔写真が並んでるようなお店とか

その烏帽子岩も

難なくパスするが、 お父さんはなんとあそこをポール使ってまっすぐ降りて来られる。いや絶対おかしいっす^^;

ここにもし強力さんがおらっしゃったら おいくら万円までなら支払えるか真剣に考察

真の山頂到達 またもハミ出た脂肪が写り込むが撮り直す気力なし

山頂だけは晴らすまいとする気概を見せつけられつつ しばしの放心

俎倉さん・・・あなたが(略

同じ風景を撮りながら 当分来ないぞ、とのお父さんの弁に 静かに頷くデブ

大変お疲れ様でございました、と 雄々しき背中に一礼 の数秒後、駐車場までまたおしゃべり笑

[追記] 翌週、俎倉山へ行った際に出てた案内板 9/14〜10/末までの日祝以外、日中はダムへの道を通行止めますよとのことでした

類似するルートを通った活動日記