大普賢岳周回コース

2020.08.30(日) 日帰り
はつ
はつ

今回のテーマは「世界遺産「大峯奥駈道」をゆき修験者となりて日ごろの邪念を払う」。さて、邪念は払えたのでしょうか。それは各々のみぞ知るワケです。あっ、僕は払いきれませんでしたよ。 と言うのはただの建前で、本当の目的は奈良へ転職してしまった仲間に会うことが目的です。名古屋からは実に遠かったです。というワケで前夜泊で現地入り。和佐又山ヒュッテ手前の駐車場で車中泊。 前日は明るいうちに現地入りして下山されてきた皆さんの情報を聞いたり(渡渉があるので沢の状態を確認)、トイレの確認を行いました。現在和佐又山ヒュッテとキャンプ場は廃止となり取り壊されている最中ですが、上北山村のホームページによるとトイレは使えるとのこと。ほんとか〜?と思いながら駐車場から5分ほど歩いたところにあるトイレへ行ってみる。すると、入口のシャッターを自分で開け閉めしながら使用できるようになっていました。しかもキレイ。ナイス👍上北山村のみなさんありがとうございます😊 さあ、やることやってしまったらもうやることは一つしかありません。徐々に集まってきた仲間たちと一緒に酒盛りスタート。ほぼキャンプ状態。宴は夜の9時ごろまで続くのでした。一説ではこれが一番楽しかったとか。 早朝は順調にスタートできましたが、この山域は雨が多いこととメンバーの体調を考慮して、大普賢岳に計画通りの時間に辿りつけなかったらピストンに計画を変更する予定。 大普賢岳へは予定より早く順調に到着。いいペースです。当初の予定通り周回コースを進みます。それにしても鎖場、はしごを含めた危険箇所の多いコース。雨が降っていたら来たくないところです。ほんとに。 国見岳を超えたあたりで振り返って大普賢岳を見ると、小普賢岳と寄り添ったシルエットがなんかいい感じの山ですね。 このコースで一番良かったポイントは国見岳から七曜岳の途中にある苔むしたところかな。北八ヶ岳へ行きたくなっちゃいました。 そして一番アカンポイントは七曜岳からの激下りアンドそこからの登り返し。暑い、つまらん、苦しい、長い、危険、帰りたい、の6拍子が揃っています。激下りの先にある無双洞はオアシスです。ここで生き返る人は多い筈。水も美味しくいただきました。しかしここからの登り返しは疲労と緊張感に身体が支配されます。岩場の登りを見た時は一瞬躊躇してしまいました。「マジ?」と、まさか垂直に近いように見えちゃう岩場の激登りがあるとは・・・。嫌いでは無いのですが、下りで心を折られてからはありがたくないワケで・・・。気力を振り絞って、落石に注意しながら慎重に進みました。 全員無事下山できたことにホッとして、全員家まで安全にゆっくり帰るのでした。

解体中の和佐又山ヒュッテ

解体中の和佐又山ヒュッテ

解体中の和佐又山ヒュッテ

駐車場の端っこで宴会スタート。翌日の為に栄養補給です。

駐車場の端っこで宴会スタート。翌日の為に栄養補給です。

駐車場の端っこで宴会スタート。翌日の為に栄養補給です。

トイレの手前の登山口からスタートです。

トイレの手前の登山口からスタートです。

トイレの手前の登山口からスタートです。

早朝は気持ちいい。

早朝は気持ちいい。

早朝は気持ちいい。

今日はいい天気です。でも油断は禁物です。

今日はいい天気です。でも油断は禁物です。

今日はいい天気です。でも油断は禁物です。

きのこが群生

きのこが群生

きのこが群生

こんなのが何個も出てきます。

こんなのが何個も出てきます。

こんなのが何個も出てきます。

デカイ岩ですね〜

デカイ岩ですね〜

デカイ岩ですね〜

先ほどより立派な感じ

先ほどより立派な感じ

先ほどより立派な感じ

邪念だらけの僕はお参りもせず先に進みます。

邪念だらけの僕はお参りもせず先に進みます。

邪念だらけの僕はお参りもせず先に進みます。

何やら悲しげなことが書いてある。つまり、あまり意味を分かっておりません💦

何やら悲しげなことが書いてある。つまり、あまり意味を分かっておりません💦

何やら悲しげなことが書いてある。つまり、あまり意味を分かっておりません💦

きたきた梯子〜♪

きたきた梯子〜♪

きたきた梯子〜♪

おぉ〜いいね👍

おぉ〜いいね👍

おぉ〜いいね👍

小普賢を超えました。あと少しで大普賢。

小普賢を超えました。あと少しで大普賢。

小普賢を超えました。あと少しで大普賢。

おぉ〜いいよいいよ〜👍

おぉ〜いいよいいよ〜👍

おぉ〜いいよいいよ〜👍

前の二人はお腹がポヨンポヨンしてます。そろそろダイエットしなくては。来週から頑張ります。

前の二人はお腹がポヨンポヨンしてます。そろそろダイエットしなくては。来週から頑張ります。

前の二人はお腹がポヨンポヨンしてます。そろそろダイエットしなくては。来週から頑張ります。

ずいぶん山深いところまで来てしまいましたね。

ずいぶん山深いところまで来てしまいましたね。

ずいぶん山深いところまで来てしまいましたね。

秋が始まりかけてます。

秋が始まりかけてます。

秋が始まりかけてます。

さあ、かなり順調にきてますから計画通り周回コースを行きます。

さあ、かなり順調にきてますから計画通り周回コースを行きます。

さあ、かなり順調にきてますから計画通り周回コースを行きます。

萌える〜

萌える〜

萌える〜

下って登るがしばらく続きますが大したことはないので気楽に楽しめます。

下って登るがしばらく続きますが大したことはないので気楽に楽しめます。

下って登るがしばらく続きますが大したことはないので気楽に楽しめます。

小普賢!何かしらコミカル。

小普賢!何かしらコミカル。

小普賢!何かしらコミカル。

大普賢!ほぼ普通の山。

大普賢!ほぼ普通の山。

大普賢!ほぼ普通の山。

ここからの景色も素晴らしい。

ここからの景色も素晴らしい。

ここからの景色も素晴らしい。

怖くてこれ以上前に行けなかったのですが、この先は断崖絶壁💦

怖くてこれ以上前に行けなかったのですが、この先は断崖絶壁💦

怖くてこれ以上前に行けなかったのですが、この先は断崖絶壁💦

ここはスルーすれば良かった。アブだらけの弥勒岳。

ここはスルーすれば良かった。アブだらけの弥勒岳。

ここはスルーすれば良かった。アブだらけの弥勒岳。

スルーしました✌️

スルーしました✌️

スルーしました✌️

国見岳を超えると苔むした世界が増えてきます。

国見岳を超えると苔むした世界が増えてきます。

国見岳を超えると苔むした世界が増えてきます。

国見岳から七曜岳の間が一番気持ち良く歩けましたよ。

国見岳から七曜岳の間が一番気持ち良く歩けましたよ。

国見岳から七曜岳の間が一番気持ち良く歩けましたよ。

コミカルな山と普通の山のツーショット。

コミカルな山と普通の山のツーショット。

コミカルな山と普通の山のツーショット。

このあたりを歩いていると北八ヶ岳へ行きたい気持ちにさせられます。

このあたりを歩いていると北八ヶ岳へ行きたい気持ちにさせられます。

このあたりを歩いていると北八ヶ岳へ行きたい気持ちにさせられます。

癒しゾーンもそろそろ終わり。

癒しゾーンもそろそろ終わり。

癒しゾーンもそろそろ終わり。

この先に池がありますが水は無し。

この先に池がありますが水は無し。

この先に池がありますが水は無し。

ほらね。

ほらね。

ほらね。

七曜岳到着。邪念は取りきれず✌️

七曜岳到着。邪念は取りきれず✌️

七曜岳到着。邪念は取りきれず✌️

この時の我々は地獄が始まっていることをまだ知らない。1時間以上も単調な激下りが続くことを。

この時の我々は地獄が始まっていることをまだ知らない。1時間以上も単調な激下りが続くことを。

この時の我々は地獄が始まっていることをまだ知らない。1時間以上も単調な激下りが続くことを。

途中からこんな景色ばかりの永遠すら感じさせる激下りゾーン。気持ちをヘシ折られました。

途中からこんな景色ばかりの永遠すら感じさせる激下りゾーン。気持ちをヘシ折られました。

途中からこんな景色ばかりの永遠すら感じさせる激下りゾーン。気持ちをヘシ折られました。

オアシス無双洞です。ここの水は美味しくて気持ち良かった。ちょっぴりが気力回復。

オアシス無双洞です。ここの水は美味しくて気持ち良かった。ちょっぴりが気力回復。

オアシス無双洞です。ここの水は美味しくて気持ち良かった。ちょっぴりが気力回復。

そろそろここもオサラバ✋

そろそろここもオサラバ✋

そろそろここもオサラバ✋

地獄パートⅡが始まりました。登り返しスタート。しかも長い💦

地獄パートⅡが始まりました。登り返しスタート。しかも長い💦

地獄パートⅡが始まりました。登り返しスタート。しかも長い💦

嗚呼・・どこまで登り返すんすかぁと頭の中で連呼する。

嗚呼・・どこまで登り返すんすかぁと頭の中で連呼する。

嗚呼・・どこまで登り返すんすかぁと頭の中で連呼する。

岩場の急登。しかも長い💦落石に注意しながら緊張感は超アップ中。

岩場の急登。しかも長い💦落石に注意しながら緊張感は超アップ中。

岩場の急登。しかも長い💦落石に注意しながら緊張感は超アップ中。

ここまで来ると緊張感から解放されホッとします。

ここまで来ると緊張感から解放されホッとします。

ここまで来ると緊張感から解放されホッとします。

解体中の和佐又山ヒュッテ

駐車場の端っこで宴会スタート。翌日の為に栄養補給です。

トイレの手前の登山口からスタートです。

早朝は気持ちいい。

今日はいい天気です。でも油断は禁物です。

きのこが群生

こんなのが何個も出てきます。

デカイ岩ですね〜

先ほどより立派な感じ

邪念だらけの僕はお参りもせず先に進みます。

何やら悲しげなことが書いてある。つまり、あまり意味を分かっておりません💦

きたきた梯子〜♪

おぉ〜いいね👍

小普賢を超えました。あと少しで大普賢。

おぉ〜いいよいいよ〜👍

前の二人はお腹がポヨンポヨンしてます。そろそろダイエットしなくては。来週から頑張ります。

ずいぶん山深いところまで来てしまいましたね。

秋が始まりかけてます。

さあ、かなり順調にきてますから計画通り周回コースを行きます。

萌える〜

下って登るがしばらく続きますが大したことはないので気楽に楽しめます。

小普賢!何かしらコミカル。

大普賢!ほぼ普通の山。

ここからの景色も素晴らしい。

怖くてこれ以上前に行けなかったのですが、この先は断崖絶壁💦

ここはスルーすれば良かった。アブだらけの弥勒岳。

スルーしました✌️

国見岳を超えると苔むした世界が増えてきます。

国見岳から七曜岳の間が一番気持ち良く歩けましたよ。

コミカルな山と普通の山のツーショット。

このあたりを歩いていると北八ヶ岳へ行きたい気持ちにさせられます。

癒しゾーンもそろそろ終わり。

この先に池がありますが水は無し。

ほらね。

七曜岳到着。邪念は取りきれず✌️

この時の我々は地獄が始まっていることをまだ知らない。1時間以上も単調な激下りが続くことを。

途中からこんな景色ばかりの永遠すら感じさせる激下りゾーン。気持ちをヘシ折られました。

オアシス無双洞です。ここの水は美味しくて気持ち良かった。ちょっぴりが気力回復。

そろそろここもオサラバ✋

地獄パートⅡが始まりました。登り返しスタート。しかも長い💦

嗚呼・・どこまで登り返すんすかぁと頭の中で連呼する。

岩場の急登。しかも長い💦落石に注意しながら緊張感は超アップ中。

ここまで来ると緊張感から解放されホッとします。

類似するルートを通った活動日記