瑞牆山(カンマンボロンから不動滝へ)

2020.08.29(土) 日帰り
ルシアン
ルシアン

活動データ

タイム

06:42

距離

9.9km

上り

1237m

下り

1179m

活動詳細

もっと見る

瑞牆山! 無数の花崗岩の岩峰が屹立するその特異な山の姿は、一度見たら忘れられるものではありません 初めての瑞牆山は学生の頃、富士見平に荷物をデポし、身軽に楽しく往復した記憶があります😌 数十年ぶりに再訪する今回は、弘法大師が岩壁に梵字を刻んだという伝説のカンマンボロンを訪ねて、山頂に立った後、下山は不動滝コースを辿りました カンマンボロンのコースは一般登山道ではなく、足元の不安定なところや急登、岩場のロープ場などもありますので、経験の浅い方だけで入るのはお勧めできないと思います ただ、目印が多く道はかなり明瞭ですので、バリエーションをよく歩くような山慣れた方であれば、比較的容易に歩けるのではないかと思われます スタート地点までは韮崎からタクシーを利用しました🚕 朝のうちはよく晴れ☀️カンマンボロンにも迷わず到達でき🧭素敵なひと時を過ごすことができました✨ お昼前からは予報通り雲が広がり、山頂からの遠望はガスに阻まれてしまいちょっと残念でした🌥 奇岩岩峰群の眺めに驚嘆しつつ、百名山らしく人の溢れる山頂は早々に辞して、比較的静かな不動滝コースを下りました 不動滝コースは、富士見平からの岩が累々と重なる道とは対照的に、苔生した道で、途中に名のある大岩がいくつもあります 途中少しパラパラと雨が落ちてきたものの☂️大きく降られることもなく、みずがき山自然公園を経由して瑞牆山荘まで歩き、バスで韮崎へ戻りました🚌 カンマンボロンはあまり知られていない地味なところかと思いますが、TVやネットで情報が広がり、歩く人もそれなりにあるのですね(実は、自分もそんなひとりなんですが😅) 瑞牆山にお誘い頂きコースとしてカンマンボロンの提案に関心を持ってくださったたかおーさんに感謝です こんな風に、よく歩かれている登山道からちょっと外れた地味めなルートで、以前から気になっているところがまだいくつもあります(減らないんだな、これがまた😆)状況に合わせて無理せず、少しずつでも楽しめたらいいなと思っています😊

瑞牆山・金峰山 みずがき山自然公園の手前、天鳥川を渡って少し行った左側に駐車スペースがあります
右側に倒れた看板があり、その脇から続いている道に入ります
みずがき山自然公園の手前、天鳥川を渡って少し行った左側に駐車スペースがあります 右側に倒れた看板があり、その脇から続いている道に入ります
瑞牆山・金峰山 古地図のような風情の倒れた看板、、、
上部真ん中にカンマンボロンが書かれています
古地図のような風情の倒れた看板、、、 上部真ん中にカンマンボロンが書かれています
瑞牆山・金峰山 マルバダケブキ咲く朝の落葉松林
入口からすぐの二又は右へ、その後は真っ直ぐ進みます。途中分岐がいくつかありますが、真ん中の道が一番はっきりしていますので、迷うことはなさそうです。
マルバダケブキ咲く朝の落葉松林 入口からすぐの二又は右へ、その後は真っ直ぐ進みます。途中分岐がいくつかありますが、真ん中の道が一番はっきりしていますので、迷うことはなさそうです。
瑞牆山・金峰山 はじめは、気持ちの良いハイキングコース、といった感じです
はじめは、気持ちの良いハイキングコース、といった感じです
瑞牆山・金峰山 途中の大岩
天鳥川の水音が聞こえ、道はまもなく登り始めます
途中の大岩 天鳥川の水音が聞こえ、道はまもなく登り始めます
瑞牆山・金峰山 苔の上に可愛いケルン
この辺りで、桃太郎岩経由で瑞牆に登るつもりのお二人にお会いしました。桃太郎岩は富士見平からのコースですので、ここから登るコースとは違います。お話したところ、戻って行かれました
苔の上に可愛いケルン この辺りで、桃太郎岩経由で瑞牆に登るつもりのお二人にお会いしました。桃太郎岩は富士見平からのコースですので、ここから登るコースとは違います。お話したところ、戻って行かれました
瑞牆山・金峰山 木々の向こうに岩山が見えました
青空です♪
メボソムシクイの元気な声を聞きながら登っていきます
木々の向こうに岩山が見えました 青空です♪ メボソムシクイの元気な声を聞きながら登っていきます
瑞牆山・金峰山 やがて道は急な登りになり、トラバース気味になるところで横の大岩に案内板があります
やがて道は急な登りになり、トラバース気味になるところで横の大岩に案内板があります
瑞牆山・金峰山 しばらく行くとこの木
道は先に続いていますが、ここから道を離れて上に登ってみました。踏み跡はありました。石を落とさないよう注意です。
なお、ここから道をもう少し進んだところから登ることもできます(カンマンボロンから戻る時は、そちらへ自然に下りました)
しばらく行くとこの木 道は先に続いていますが、ここから道を離れて上に登ってみました。踏み跡はありました。石を落とさないよう注意です。 なお、ここから道をもう少し進んだところから登ることもできます(カンマンボロンから戻る時は、そちらへ自然に下りました)
瑞牆山・金峰山 上を見上げて、この庇のような岩がポイントです
ルートは明瞭で赤ペンキやピンクテープも頻繁にあり、入口から迷うことなく到着しました
上を見上げて、この庇のような岩がポイントです ルートは明瞭で赤ペンキやピンクテープも頻繁にあり、入口から迷うことなく到着しました
瑞牆山・金峰山 カンマンボロンの入口
ザックはデポして、狭い岩の間を通ります
中のテラスも狭そうです
先行パーティがいたので外で待っていたら、声をかけて頂きお言葉に甘えて入りました
カンマンボロンの入口 ザックはデポして、狭い岩の間を通ります 中のテラスも狭そうです 先行パーティがいたので外で待っていたら、声をかけて頂きお言葉に甘えて入りました
瑞牆山・金峰山 カンマンボロン
梵字で大日如来の意味、弘法大師が彫ったという言伝えがあるそうです
カンマンボロン 梵字で大日如来の意味、弘法大師が彫ったという言伝えがあるそうです
瑞牆山・金峰山 カンマンボロン
増富小学校の「増富歴史探検隊」の調査発表に、瑞牆山やカンマンボロンについて書かれていました
http://www.masutomi.city-hokuto.ed.jp/2005/class2005/2005class6-rekishi01.htm
カンマンボロン 増富小学校の「増富歴史探検隊」の調査発表に、瑞牆山やカンマンボロンについて書かれていました http://www.masutomi.city-hokuto.ed.jp/2005/class2005/2005class6-rekishi01.htm
瑞牆山・金峰山 岩に寝転び見上げます
不思議な空間です
すっぽり包まれて居心地の良ささえ感じます
岩に寝転び見上げます 不思議な空間です すっぽり包まれて居心地の良ささえ感じます
瑞牆山・金峰山 カンマンボロンからの景色
遠くに南アルプス
カンマンボロンからの景色 遠くに南アルプス
瑞牆山・金峰山 カンマンボロンからの景色
北岳のようです
カンマンボロンからの景色 北岳のようです
瑞牆山・金峰山 カンマンボロン、今日一番来たかったところです
来られてうれしかったです♪
そろそろおいとまします
カンマンボロン、今日一番来たかったところです 来られてうれしかったです♪ そろそろおいとまします
瑞牆山・金峰山 道に戻って先へ進みます
コースは相変わらず明瞭で、赤ペンキやピンクテープの目印は豊富です
目印まで来ると、次の目印が見えるくらいの間隔で続いていますので、不明瞭になったり目印がなくなったらコースを外した可能性があります
道に戻って先へ進みます コースは相変わらず明瞭で、赤ペンキやピンクテープの目印は豊富です 目印まで来ると、次の目印が見えるくらいの間隔で続いていますので、不明瞭になったり目印がなくなったらコースを外した可能性があります
瑞牆山・金峰山 シャクナゲ帯を登ります
シャクナゲ帯を登ります
瑞牆山・金峰山 展望のない林を登っていきます
展望のない林を登っていきます
瑞牆山・金峰山 急登やトラバースにロープ場が何ヶ所かあります
先行パーティに近づいたので、少し間隔を開けて登ります
ロープは古いですが気をつけて使わせてもらいました
急登やトラバースにロープ場が何ヶ所かあります 先行パーティに近づいたので、少し間隔を開けて登ります ロープは古いですが気をつけて使わせてもらいました
瑞牆山・金峰山 岩から生えている木
先行パーティはこの下の岩の窪みでボルダリング?してました
岩から生えている木 先行パーティはこの下の岩の窪みでボルダリング?してました
瑞牆山・金峰山 向こう側に岩峰
向こう側に岩峰
瑞牆山・金峰山 また案内板がありました
また案内板がありました
瑞牆山・金峰山 このようなところを歩いていきます
向こうにピンクテープが見えてます
常にこのような目印がありました
このようなところを歩いていきます 向こうにピンクテープが見えてます 常にこのような目印がありました
瑞牆山・金峰山 登り上げて、岩峰群が見えるところで小休止
登り上げて、岩峰群が見えるところで小休止
瑞牆山・金峰山 青空に映える岩峰
青空に映える岩峰
瑞牆山・金峰山 とても大きい岩です
とても大きい岩です
瑞牆山・金峰山 ガレた沢が見えます
少し下り、道はこの左側を登っていくようについています
ガレた沢が見えます 少し下り、道はこの左側を登っていくようについています
瑞牆山・金峰山 立派な岩峰
これが大ヤスリ岩かと思いましたが、前衛でしたね
大ヤスリ岩はもっと大きいのです
この岩にも名前があるのだろうか
立派な岩峰 これが大ヤスリ岩かと思いましたが、前衛でしたね 大ヤスリ岩はもっと大きいのです この岩にも名前があるのだろうか
瑞牆山・金峰山 立派な岩峰
立派な岩峰
瑞牆山・金峰山 可愛い(ミヤマ?)ダイモンジソウ
たくさん咲いていました
可愛い(ミヤマ?)ダイモンジソウ たくさん咲いていました
瑞牆山・金峰山 案内プレート
案内プレート
瑞牆山・金峰山 このキノコ多かったです
このキノコ多かったです
瑞牆山・金峰山 下からも失礼して、、
下からも失礼して、、
瑞牆山・金峰山 シャクナゲに虫こぶ
白い風船がぶら下がったような瘤がたくさんありました
シャクナゲに虫こぶ 白い風船がぶら下がったような瘤がたくさんありました
瑞牆山・金峰山 大きな岩壁が見えてきました
大きな岩壁が見えてきました
瑞牆山・金峰山 パンケーキのような大きなキノコ
これもたくさんありました
パンケーキのような大きなキノコ これもたくさんありました
瑞牆山・金峰山 これが大ヤスリ岩なんでしょうね、大きい!
これが大ヤスリ岩なんでしょうね、大きい!
瑞牆山・金峰山 大ヤスリ岩を見上げて
迫力があります
大ヤスリ岩を見上げて 迫力があります
瑞牆山・金峰山 大ヤスリ岩の基部を通ります
大ヤスリ岩の基部を通ります
瑞牆山・金峰山 大ヤスリ岩
ここから少し下ると、富士見平からの一般登山道に合流します。合流点には、こちら側に入り込まないように、ロープが設置されていました
登山道ではひっきりなしに大勢のハイカーが行き交っています
大ヤスリ岩 ここから少し下ると、富士見平からの一般登山道に合流します。合流点には、こちら側に入り込まないように、ロープが設置されていました 登山道ではひっきりなしに大勢のハイカーが行き交っています
瑞牆山・金峰山 頂上への分岐の少し手前を左側に入ると、岩峰の前にちょっとした広場があります
訪れる人は少なく、静かで休憩にオススメです
向こうに瑞牆山の山頂が見えています
頂上への分岐の少し手前を左側に入ると、岩峰の前にちょっとした広場があります 訪れる人は少なく、静かで休憩にオススメです 向こうに瑞牆山の山頂が見えています
瑞牆山・金峰山 ガスに浮かぶ大ヤスリ岩
ガスに浮かぶ大ヤスリ岩
瑞牆山・金峰山 ガスが切れて、大ヤスリ岩がくっきり
何とも不思議な形です
ガスが切れて、大ヤスリ岩がくっきり 何とも不思議な形です
瑞牆山・金峰山 瑞牆山の岩峰群
瑞牆山の岩峰群
瑞牆山・金峰山 瑞牆山山頂から賑やかな声が聞こえてきます
瑞牆山山頂から賑やかな声が聞こえてきます
瑞牆山・金峰山 こちらは誰もおらず静かです
岩場はこの辺から登れそうです
こちらは誰もおらず静かです 岩場はこの辺から登れそうです
瑞牆山・金峰山 登ってる人いましたよ♪
登ってる人いましたよ♪
瑞牆山・金峰山 大ヤスリ岩
大ヤスリ岩
瑞牆山・金峰山 可愛いピンク色のホツツジ💕
可愛いピンク色のホツツジ💕
瑞牆山・金峰山 飯盛山と、その右奥に頭を出しているのは鷹見岩
金峰山の方はチラと見えましたがガスが取れそうにありません
ゆっくり休んだら山頂へ行ってみましょう
飯盛山と、その右奥に頭を出しているのは鷹見岩 金峰山の方はチラと見えましたがガスが取れそうにありません ゆっくり休んだら山頂へ行ってみましょう
瑞牆山・金峰山 瑞牆山山頂
瑞牆山山頂
瑞牆山・金峰山 瑞牆山山頂の様子
さすがに百名山、大勢のハイカーで溢れていました
早々に失礼します
瑞牆山山頂の様子 さすがに百名山、大勢のハイカーで溢れていました 早々に失礼します
瑞牆山・金峰山 分岐まで戻り、不動滝方面へ下ります
分岐まで戻り、不動滝方面へ下ります
瑞牆山・金峰山 じきにクーラー岩の看板
じきにクーラー岩の看板
瑞牆山・金峰山 クーラー岩は看板の反対側、岩の下部の隙間から涼しい風が出ています
クーラー岩は看板の反対側、岩の下部の隙間から涼しい風が出ています
瑞牆山・金峰山 弁天岩
名前のプレートが置いてありました
道々、名のある岩がいくつもありました
弁天岩 名前のプレートが置いてありました 道々、名のある岩がいくつもありました
瑞牆山・金峰山 円盤のような岩🛸
円盤のような岩🛸
瑞牆山・金峰山 おむすびのような岩🍙
おむすびのような岩🍙
瑞牆山・金峰山 夫婦岩
夫婦岩
瑞牆山・金峰山 不動滝
不動滝
瑞牆山・金峰山 不動滝
不動滝
瑞牆山・金峰山 不動滝
不動滝
瑞牆山・金峰山 このような鎖の手すりがついた橋がいくつかありました
このような鎖の手すりがついた橋がいくつかありました
瑞牆山・金峰山 徒渉ポイント
水量少なく問題ありませんでした
徒渉ポイント 水量少なく問題ありませんでした
瑞牆山・金峰山 この岩壁には、クライミングのパーティが取り付いていました
この岩壁には、クライミングのパーティが取り付いていました
瑞牆山・金峰山 林道終点からは遊歩道の方を歩きました
微妙に上り坂ですが、落葉松林の中のよく整備された気持ちの良い道です
林道終点からは遊歩道の方を歩きました 微妙に上り坂ですが、落葉松林の中のよく整備された気持ちの良い道です
瑞牆山・金峰山 みずがき山自然公園から、瑞牆山
駐車場は車がいっぱい、キャンプや登山、クライミングを楽しむ人々
みずがき山自然公園から、瑞牆山 駐車場は車がいっぱい、キャンプや登山、クライミングを楽しむ人々
瑞牆山・金峰山 みずがき山自然公園から、瑞牆山
みずがき山自然公園から、瑞牆山
瑞牆山・金峰山 みずがき山自然公園からは車道歩き、後半は地味に登り返しがキツかったです、、
雨がポツポツ降り始めた中、瑞牆山荘に到着!
この後激しい通り雨に☔️
今日も無事楽しい山遊び、ありがとうございました
みずがき山自然公園からは車道歩き、後半は地味に登り返しがキツかったです、、 雨がポツポツ降り始めた中、瑞牆山荘に到着! この後激しい通り雨に☔️ 今日も無事楽しい山遊び、ありがとうございました

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす