当野石山・天神丸~飢えた獣は鹿を欲する

2020.08.29(土) 日帰り
バンビ
バンビ

活動詳細

もっと見る

肉食女子の「鹿肉を喰いたい」から始まったのではあるまいか(違) スーパー林道からの、ファガスの森周辺の山々を登るの巻、第二巻。 冬に林道が閉鎖される前にと、本年中、三回の計画があるらしく、あと一回来るということか。 ぶっちゃけ、行きたい山を挙げても却下され、相方の野生の勘で良い山を見つけるものだから、今後は文句を言わないようにする。 で、今回は若干、高所恐怖症にはキツいお山。 右見たら崖、前を覗いたら崖。 朝露で湿ったすべりやすい土、大量の倒木、ザレ、ガレ、藪漕ぎ、一部判然としない道、登山道にまき散らされた鹿や雑食動物のウンチ……。 いや、お山を登っていたら、フツーに遭遇するシチュエーションばかりなんだけど、今回のような「全部盛り」ってのも珍しい。 そして、午後からは天気が崩れる予報なので、なんとしても正午ごろには下山が望ましい。 最後の天神丸は、歩きにくい縦走をしてきた脚には、まあまあ堪える急登。 しかしながら、北西に臨む一ノ森は最高の眺めでございました。 脳内に、どこからともなく「燻製燻製燻製燻製燻製燻製カレー燻製」と、念仏のようなテレパシーを感じつつ、下山からの、ダラダラと長いスーパー林道歩き。 いやさ、ピストンするには少々、平日に体力を使いすぎてるわけで。 多分、スーパー林道に下りてなかったら、体力尽きて遭難だったわ(若干、話盛り。雨の方が怖かった)。 結果的に、雨は降らず、太陽がさんさんと降り注ぐ荒野を落石におびえながら進むこと1時間20分。 何とか駐車スペースに到着し、さっさと着替えてファガスの森へ。 地下足袋王子特製の燻製ラーメンとミニ鹿カレーのセット(1,000円!採算取れてるのか?)を堪能したのでありました。 地下足袋王子に「ラーメンどうやった?」と聞かれたもので、「滅茶苦茶旨かったですよー!」と答えたら、厨房裏で燻製を作ってるところを見せてくれたり、最後は握手で別れたりと、なんてフレンドリーなお人(笑)。 この人の人柄でファンが増えてるんだろうねー。 この日はテント泊の皆さん(常連さん?)と昼から酒盛りをしていらっしゃった(笑)。 いつか泊りで来たいわー。

高城山(徳島県) 何というか、実に分かりやすい登山口。
何というか、実に分かりやすい登山口。
高城山(徳島県) 序盤。実に楽しい森林浴。
序盤。実に楽しい森林浴。
高城山(徳島県) たまに除く山々が美しい。
たまに除く山々が美しい。
高城山(徳島県) 若干ガレてくる。
若干ガレてくる。
高城山(徳島県) 苔むしたこの美しさよ。
苔むしたこの美しさよ。
高城山(徳島県) 白骨。死してなお、美しい木々よ。
白骨。死してなお、美しい木々よ。
高城山(徳島県) 雄大だわ。
雄大だわ。
高城山(徳島県) 唐突に、原っぱに飛び出る。地図を見るとよくわかるけど、楕円形の等高線が何か所かあって、そこは皆、こんな感じ。踏み跡は比較的はっきりしているけど、所により判然としない。
唐突に、原っぱに飛び出る。地図を見るとよくわかるけど、楕円形の等高線が何か所かあって、そこは皆、こんな感じ。踏み跡は比較的はっきりしているけど、所により判然としない。
高城山(徳島県) トンビの親子かな。大小、三羽が飛んでいる。
トンビの親子かな。大小、三羽が飛んでいる。
高城山(徳島県) あまり人が入っていない感じ。
あまり人が入っていない感じ。
高城山(徳島県) 道っぽくなっているのでこの辺りは分かりやすい。
道っぽくなっているのでこの辺りは分かりやすい。
高城山(徳島県) 周り一面、大量のクモの巣。
周り一面、大量のクモの巣。
高城山(徳島県) ヌタ場。隣で、「アタシが体を洗うところ」と言っている相方がいる。あえてツッコミ。
ヌタ場。隣で、「アタシが体を洗うところ」と言っている相方がいる。あえてツッコミ。
高城山(徳島県) とにかく、細い木々の倒木がいたるところに。
とにかく、細い木々の倒木がいたるところに。
高城山(徳島県) 道を外れたところに巨大な腰掛。道はこの右方向へ。
道を外れたところに巨大な腰掛。道はこの右方向へ。
高城山(徳島県) 漕ぎます。
漕ぎます。
高城山(徳島県) ひとまず当野石山。あはれ、通過点に過ぎず(笑)。
ひとまず当野石山。あはれ、通過点に過ぎず(笑)。
高城山(徳島県) 何とか道は分かるけど、鬱蒼としている。
何とか道は分かるけど、鬱蒼としている。
高城山(徳島県) 当野石峠。一瞬、本当か?……と。ヤマップの地図からは離れた場所。
当野石峠。一瞬、本当か?……と。ヤマップの地図からは離れた場所。
高城山(徳島県) 苦手な道が多くて、このあたりで相方に置いて行かれる。先般のトラバースを考えると、突っ走って遭難が怖くないのかと、心配になる。まあ、のんびりと自分のペースで行きましょうか。
苦手な道が多くて、このあたりで相方に置いて行かれる。先般のトラバースを考えると、突っ走って遭難が怖くないのかと、心配になる。まあ、のんびりと自分のペースで行きましょうか。
高城山(徳島県) 道を一瞬ロスト。よく観察したら分かる。
道を一瞬ロスト。よく観察したら分かる。
高城山(徳島県) 唯一の癒し。
唯一の癒し。
高城山(徳島県) ピンクテープ、神。
ピンクテープ、神。
高城山(徳島県) 本当にこの山、不思議な光景。岩と苔と木々のコラボが実に美しい。
本当にこの山、不思議な光景。岩と苔と木々のコラボが実に美しい。
高城山(徳島県) フツーに岩が道。
フツーに岩が道。
高城山(徳島県) 逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃ……(高所恐怖症)
逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃ……(高所恐怖症)
高城山(徳島県) 遠くを見て心を静める。
遠くを見て心を静める。
高城山(徳島県) ひょっとしたらここは人間が入ってはいけないのかもしれない。前方、崖。
ひょっとしたらここは人間が入ってはいけないのかもしれない。前方、崖。
高城山(徳島県) 先の写真を下から。真っ逆さまでお陀仏。
先の写真を下から。真っ逆さまでお陀仏。
高城山(徳島県) ウホッ!天神丸の標識!んが、ここからが結構急登。。。
ウホッ!天神丸の標識!んが、ここからが結構急登。。。
高城山(徳島県) 斜めになってしまったベンチ。いつ作られたのだろうか。
斜めになってしまったベンチ。いつ作られたのだろうか。
高城山(徳島県) 山頂近くになるとシャクナゲがたくさん。
山頂近くになるとシャクナゲがたくさん。
高城山(徳島県) ここまで来ればもう一息。
ここまで来ればもう一息。
高城山(徳島県) 到着。
到着。
高城山(徳島県) 三角点様。
三角点様。
高城山(徳島県) モサっとした山頂。
モサっとした山頂。
高城山(徳島県) 一ノ森が見える。北側は最高の景色。戻ります。
一ノ森が見える。北側は最高の景色。戻ります。
高城山(徳島県) 地図によれば、ここから南の沢沿いに下山。
地図によれば、ここから南の沢沿いに下山。
高城山(徳島県) 踏み跡あり。おそらくココから。
踏み跡あり。おそらくココから。
高城山(徳島県) 赤テープあり。尾根ではなく、沢沿いに道があるのも珍しい。
赤テープあり。尾根ではなく、沢沿いに道があるのも珍しい。
高城山(徳島県) ちゃんと標識あり。
ちゃんと標識あり。
高城山(徳島県) 歩きやすい処ばかりではないけれども、比較的楽に下山。
歩きやすい処ばかりではないけれども、比較的楽に下山。
高城山(徳島県) 登山口の休憩所。すぐ南に広い駐車スペースあり。天神丸のみを目指すなら、マイカーでも困らない。
登山口の休憩所。すぐ南に広い駐車スペースあり。天神丸のみを目指すなら、マイカーでも困らない。
高城山(徳島県) 下りてきた道の横の沢。水が枯れているが、雨が降れば川となろう。
下りてきた道の横の沢。水が枯れているが、雨が降れば川となろう。
高城山(徳島県) 今回の傷跡。ポールの石突カバーが、一つはどこかの泥に持っていかれ、一つは貫通。嵐の伊予富士途中撤退時、笹の中に持っていかれたことはあったけど、貫通は初めて。安い中華だけど、レビューは良い品だし、問題なくかなりの期間使っていたのだが。
今回の傷跡。ポールの石突カバーが、一つはどこかの泥に持っていかれ、一つは貫通。嵐の伊予富士途中撤退時、笹の中に持っていかれたことはあったけど、貫通は初めて。安い中華だけど、レビューは良い品だし、問題なくかなりの期間使っていたのだが。
高城山(徳島県) スーパー林道を歩く。標高のおかげで死ぬほどの暑さではないけれども、これがキツい。美しい地層を見て気分を変える。
スーパー林道を歩く。標高のおかげで死ぬほどの暑さではないけれども、これがキツい。美しい地層を見て気分を変える。
高城山(徳島県) 落石が破壊したガードレール。ここいらの地盤は全体的に脆く、いつ崩落してもおかしくない場所。大雨や嵐の際は立ち入り禁物か。
落石が破壊したガードレール。ここいらの地盤は全体的に脆く、いつ崩落してもおかしくない場所。大雨や嵐の際は立ち入り禁物か。
高城山(徳島県) 下山後、しばらく緩い下りと登りの繰り返しだったけど、途中の分岐から登り。やっと着いた峠でホッとする。
下山後、しばらく緩い下りと登りの繰り返しだったけど、途中の分岐から登り。やっと着いた峠でホッとする。
高城山(徳島県) 今日のご褒美。ファガスの森のラーメン&ミニカレーセット(1,000円!)。
チャーシューの代わりに入っている燻製の香りがスープにまで移り、スモーキーで実に旨いラーメン。カレーも絶品。鹿はやっぱり旨いね。
今日のご褒美。ファガスの森のラーメン&ミニカレーセット(1,000円!)。 チャーシューの代わりに入っている燻製の香りがスープにまで移り、スモーキーで実に旨いラーメン。カレーも絶品。鹿はやっぱり旨いね。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす