Ride the Ishikari river

2020.08.25(火) 日帰り
てふてふ
てふてふ

度々、投稿にも出てくるミニマリストの彼 (分藍山で書いてます) が、私を石狩川に乗せてくれるという。 いきなり、一級河川の本流? 北海道で1番長い、大きな川を、最初に ご馳走になるなんて贅沢すぎない? と、思ったが、川は支流よりも 本流の方が水量があり、乗りやすい ようだ。 欲を言えば、武四郎のように天塩川を 下ってみたかったけど 彼にとっては、川は問題ではなく カヌー技術が問題なわけで、 いつか、カヌーに乗せます!って言って くれたのは、確か2年前くらいだったと思う。 私は、この日まで、カヌーを 漕ぐ人は忙しいけれど、自分は優雅に 乗ってるだけでいいと思っていた。 ピクニック気分で、朝から特製サンドイッチ を作り、髪を巻き巻きして、真新しい短パンに スカーフは何色にしようかしら。なんて、 ウキウキしてたけど、 集合場所に着くなり、乗り方、降り方、 パドルの使い方。 漕ぎ方、合図、注意事項、 万が一の時のための練習。 すでに、汗がだくだく。 そして、言われるまま、沢履に膝パット、 救命胴衣にパドル姿に変身。 楽しみが、どんどん恐怖に変わっていく。 いざ、川に入ると、携帯なんて出す暇もなく、 キャプテンの指示に従い、パドルを漕いで 漕いで漕ぎまくる。 (そんなに、私の仕事がある予定では なかったらしいけれど、水量が少なすぎて 危険回避するため、私の出番も増えたようです) 激突、座礁、沈没しないために 腕がちぎれるほど、動かしました。 (もし落ちても、慌てず、流されてって 下さい。言われたのが怖すぎて、どうしても 落ちたくなかった) どれだけ、川の中を歩いて(水量が少なすぎて) どれだけ、難所をこえたかわからない。 心臓もカラダもボロボロになり (怖すぎて、記憶もとぎれとぎれ) 石狩川に乗れたと言うのに、石狩川を 感じる暇もありませんでした。 それでも、川のしくみや、流れや地形を 読むこと等を教わり、帰りの車中は 川を見る目が変わりました。 そう。山を見る目がヤラシクなったように 川を見る目もヤラシクなってしまいました。 山も川も、なんと罪なことでしょう。 ※ 先日、気がついたのだけど「沢山 (たくさん)」 って「沢」と「山」から、できたのですね。 そりゃ、確かに沢山あるわぁ〜! 山にも沢にも、触れられる私たちは、 人生を何倍も楽しめますね!うふふ。 早く、水源の石狩岳に登りたいです!

川辺でレクチャーを受ける💦
暑い💦

川辺でレクチャーを受ける💦 暑い💦

川辺でレクチャーを受ける💦 暑い💦

用意してくれた沢履。
初めて履いたのだけど、素晴らしいですね!
苔コケの川の中でも、全く滑らない😳
どこまでも歩けます!

用意してくれた沢履。 初めて履いたのだけど、素晴らしいですね! 苔コケの川の中でも、全く滑らない😳 どこまでも歩けます!

用意してくれた沢履。 初めて履いたのだけど、素晴らしいですね! 苔コケの川の中でも、全く滑らない😳 どこまでも歩けます!

写真は、降りて歩いてる時か
川の流れがゆっくりで素直な、
漕がない僅かな時しか、写せないので
残念でした😢
荒々しい川を撮りたかった。
川で溺れる。ってことが、よくわかりました

写真は、降りて歩いてる時か 川の流れがゆっくりで素直な、 漕がない僅かな時しか、写せないので 残念でした😢 荒々しい川を撮りたかった。 川で溺れる。ってことが、よくわかりました

写真は、降りて歩いてる時か 川の流れがゆっくりで素直な、 漕がない僅かな時しか、写せないので 残念でした😢 荒々しい川を撮りたかった。 川で溺れる。ってことが、よくわかりました

漕がない時って、本当に僅かです。
すぐに、滝みたいな音が聞こえて来る
(次なる障害)
音で、かなり川の様子がわかります。

漕がない時って、本当に僅かです。 すぐに、滝みたいな音が聞こえて来る (次なる障害) 音で、かなり川の様子がわかります。

漕がない時って、本当に僅かです。 すぐに、滝みたいな音が聞こえて来る (次なる障害) 音で、かなり川の様子がわかります。

音がしだすと、キャプテンが
様子を早くキャッチしようと
後ろに立ちます。
カヌーに立つのは、体幹使うので
それだけでも、練習が必要だと思う💦

音がしだすと、キャプテンが 様子を早くキャッチしようと 後ろに立ちます。 カヌーに立つのは、体幹使うので それだけでも、練習が必要だと思う💦

音がしだすと、キャプテンが 様子を早くキャッチしようと 後ろに立ちます。 カヌーに立つのは、体幹使うので それだけでも、練習が必要だと思う💦

空が青くて気持ちいいのだけど
それをゆっくり味わう暇もないです。
そして、川は山より怖いことも
知りました。
五感を山より、必要とする。
頭もかなり使う。体力も😔
まず、女1人では、重いカヌーを
持てないので、そこからして過酷。

空が青くて気持ちいいのだけど それをゆっくり味わう暇もないです。 そして、川は山より怖いことも 知りました。 五感を山より、必要とする。 頭もかなり使う。体力も😔 まず、女1人では、重いカヌーを 持てないので、そこからして過酷。

空が青くて気持ちいいのだけど それをゆっくり味わう暇もないです。 そして、川は山より怖いことも 知りました。 五感を山より、必要とする。 頭もかなり使う。体力も😔 まず、女1人では、重いカヌーを 持てないので、そこからして過酷。

浅瀬で歩いてきたのだけど
再び、カヌーに乗るために
川の流れを読むキャプテン。
川の流れを知ると、これから応用
できそうです。
勉強になりました。

浅瀬で歩いてきたのだけど 再び、カヌーに乗るために 川の流れを読むキャプテン。 川の流れを知ると、これから応用 できそうです。 勉強になりました。

浅瀬で歩いてきたのだけど 再び、カヌーに乗るために 川の流れを読むキャプテン。 川の流れを知ると、これから応用 できそうです。 勉強になりました。

こんなスリリングなことを
楽しむなんて、もう上級者なのね?と聞くと
初心者😓って。
上級者は、どんなけクレイジー
なんだ?
命がいくつあっても足りないな😔

こんなスリリングなことを 楽しむなんて、もう上級者なのね?と聞くと 初心者😓って。 上級者は、どんなけクレイジー なんだ? 命がいくつあっても足りないな😔

こんなスリリングなことを 楽しむなんて、もう上級者なのね?と聞くと 初心者😓って。 上級者は、どんなけクレイジー なんだ? 命がいくつあっても足りないな😔

川は、二股に別れたり、
支流と合流して、いきなり
勢いを増したりするので
少しでも、早い判断(ルートどり)が
必要です。
じゃないと死んじゃう💦

川は、二股に別れたり、 支流と合流して、いきなり 勢いを増したりするので 少しでも、早い判断(ルートどり)が 必要です。 じゃないと死んじゃう💦

川は、二股に別れたり、 支流と合流して、いきなり 勢いを増したりするので 少しでも、早い判断(ルートどり)が 必要です。 じゃないと死んじゃう💦

川岸で、一度だけ休憩しました。
もう、私は怖すぎて
あと何回、難所ある?ばかり
聞いてます。
生きた心地がしてないんです😭

川岸で、一度だけ休憩しました。 もう、私は怖すぎて あと何回、難所ある?ばかり 聞いてます。 生きた心地がしてないんです😭

川岸で、一度だけ休憩しました。 もう、私は怖すぎて あと何回、難所ある?ばかり 聞いてます。 生きた心地がしてないんです😭

これは、予期せぬ岩が現れた時のもの。
キャプテンが岩に飛び降りて
助かったけど、このままなら
ひっくり返ってたと思う。
でも、進むもできない。戻ることも
出来ない状態😭

これは、予期せぬ岩が現れた時のもの。 キャプテンが岩に飛び降りて 助かったけど、このままなら ひっくり返ってたと思う。 でも、進むもできない。戻ることも 出来ない状態😭

これは、予期せぬ岩が現れた時のもの。 キャプテンが岩に飛び降りて 助かったけど、このままなら ひっくり返ってたと思う。 でも、進むもできない。戻ることも 出来ない状態😭

岩は大きくて、沢山あるけど
岩の横は、深い。
流されると、こーゆーところで
足が挟まって、折れるそうです。
なので、流されたら立とうとしたら
危ないそうです💦

結局、ここからカヌーに乗りました😱

岩は大きくて、沢山あるけど 岩の横は、深い。 流されると、こーゆーところで 足が挟まって、折れるそうです。 なので、流されたら立とうとしたら 危ないそうです💦 結局、ここからカヌーに乗りました😱

岩は大きくて、沢山あるけど 岩の横は、深い。 流されると、こーゆーところで 足が挟まって、折れるそうです。 なので、流されたら立とうとしたら 危ないそうです💦 結局、ここからカヌーに乗りました😱

キャプテン😊
俺に命を預けてくれ!って。
まだまだしたいことが沢山あります😭

キャプテン😊 俺に命を預けてくれ!って。 まだまだしたいことが沢山あります😭

キャプテン😊 俺に命を預けてくれ!って。 まだまだしたいことが沢山あります😭

何度も、カヌーを止めては
歩きました。
彼は、アウトドア、何でもするので
色々誘ってはくれるのだけど、私は
約束ごとが苦手なので、
スノーボードさえ、一緒に
滑ったことはないです。
でも、石狩川は、欲望が勝ってしまいました。
最初で最後のチャンスだと思った。

何度も、カヌーを止めては 歩きました。 彼は、アウトドア、何でもするので 色々誘ってはくれるのだけど、私は 約束ごとが苦手なので、 スノーボードさえ、一緒に 滑ったことはないです。 でも、石狩川は、欲望が勝ってしまいました。 最初で最後のチャンスだと思った。

何度も、カヌーを止めては 歩きました。 彼は、アウトドア、何でもするので 色々誘ってはくれるのだけど、私は 約束ごとが苦手なので、 スノーボードさえ、一緒に 滑ったことはないです。 でも、石狩川は、欲望が勝ってしまいました。 最初で最後のチャンスだと思った。

彼の趣味はフィッシングなので
忠別川に、よくいます。
カヌーは釣りのための道具らしいです。
カヌーで川を降りながら、釣り場を
見つけるのかな。
カヌー乗りながら、あそこは絶対
魚いる!とか言ってた。

彼の趣味はフィッシングなので 忠別川に、よくいます。 カヌーは釣りのための道具らしいです。 カヌーで川を降りながら、釣り場を 見つけるのかな。 カヌー乗りながら、あそこは絶対 魚いる!とか言ってた。

彼の趣味はフィッシングなので 忠別川に、よくいます。 カヌーは釣りのための道具らしいです。 カヌーで川を降りながら、釣り場を 見つけるのかな。 カヌー乗りながら、あそこは絶対 魚いる!とか言ってた。

キャプテンは、2日前、日高の歴舟川に
風呂に入るために、カヌーにドラム缶
積んで、仲間と4人でキャンプに行ったようで
その時の写真。
(歴舟川は日高のコイカクシュサツナイ岳水源の川
だけど、水が日本一綺麗みたいです)
人が写ってるやつは、とてもお見せできる
ものはなく、唯一、一枚だけ人物
入ってないのがあった😓
男だけのキャンプって、野生(野蛮)ですね😔
女なんて、邪魔くさいだろうなぁって
つくづく思いました。

キャプテンは、2日前、日高の歴舟川に 風呂に入るために、カヌーにドラム缶 積んで、仲間と4人でキャンプに行ったようで その時の写真。 (歴舟川は日高のコイカクシュサツナイ岳水源の川 だけど、水が日本一綺麗みたいです) 人が写ってるやつは、とてもお見せできる ものはなく、唯一、一枚だけ人物 入ってないのがあった😓 男だけのキャンプって、野生(野蛮)ですね😔 女なんて、邪魔くさいだろうなぁって つくづく思いました。

キャプテンは、2日前、日高の歴舟川に 風呂に入るために、カヌーにドラム缶 積んで、仲間と4人でキャンプに行ったようで その時の写真。 (歴舟川は日高のコイカクシュサツナイ岳水源の川 だけど、水が日本一綺麗みたいです) 人が写ってるやつは、とてもお見せできる ものはなく、唯一、一枚だけ人物 入ってないのがあった😓 男だけのキャンプって、野生(野蛮)ですね😔 女なんて、邪魔くさいだろうなぁって つくづく思いました。

川辺でレクチャーを受ける💦 暑い💦

用意してくれた沢履。 初めて履いたのだけど、素晴らしいですね! 苔コケの川の中でも、全く滑らない😳 どこまでも歩けます!

写真は、降りて歩いてる時か 川の流れがゆっくりで素直な、 漕がない僅かな時しか、写せないので 残念でした😢 荒々しい川を撮りたかった。 川で溺れる。ってことが、よくわかりました

漕がない時って、本当に僅かです。 すぐに、滝みたいな音が聞こえて来る (次なる障害) 音で、かなり川の様子がわかります。

音がしだすと、キャプテンが 様子を早くキャッチしようと 後ろに立ちます。 カヌーに立つのは、体幹使うので それだけでも、練習が必要だと思う💦

空が青くて気持ちいいのだけど それをゆっくり味わう暇もないです。 そして、川は山より怖いことも 知りました。 五感を山より、必要とする。 頭もかなり使う。体力も😔 まず、女1人では、重いカヌーを 持てないので、そこからして過酷。

浅瀬で歩いてきたのだけど 再び、カヌーに乗るために 川の流れを読むキャプテン。 川の流れを知ると、これから応用 できそうです。 勉強になりました。

こんなスリリングなことを 楽しむなんて、もう上級者なのね?と聞くと 初心者😓って。 上級者は、どんなけクレイジー なんだ? 命がいくつあっても足りないな😔

川は、二股に別れたり、 支流と合流して、いきなり 勢いを増したりするので 少しでも、早い判断(ルートどり)が 必要です。 じゃないと死んじゃう💦

川岸で、一度だけ休憩しました。 もう、私は怖すぎて あと何回、難所ある?ばかり 聞いてます。 生きた心地がしてないんです😭

これは、予期せぬ岩が現れた時のもの。 キャプテンが岩に飛び降りて 助かったけど、このままなら ひっくり返ってたと思う。 でも、進むもできない。戻ることも 出来ない状態😭

岩は大きくて、沢山あるけど 岩の横は、深い。 流されると、こーゆーところで 足が挟まって、折れるそうです。 なので、流されたら立とうとしたら 危ないそうです💦 結局、ここからカヌーに乗りました😱

キャプテン😊 俺に命を預けてくれ!って。 まだまだしたいことが沢山あります😭

何度も、カヌーを止めては 歩きました。 彼は、アウトドア、何でもするので 色々誘ってはくれるのだけど、私は 約束ごとが苦手なので、 スノーボードさえ、一緒に 滑ったことはないです。 でも、石狩川は、欲望が勝ってしまいました。 最初で最後のチャンスだと思った。

彼の趣味はフィッシングなので 忠別川に、よくいます。 カヌーは釣りのための道具らしいです。 カヌーで川を降りながら、釣り場を 見つけるのかな。 カヌー乗りながら、あそこは絶対 魚いる!とか言ってた。

キャプテンは、2日前、日高の歴舟川に 風呂に入るために、カヌーにドラム缶 積んで、仲間と4人でキャンプに行ったようで その時の写真。 (歴舟川は日高のコイカクシュサツナイ岳水源の川 だけど、水が日本一綺麗みたいです) 人が写ってるやつは、とてもお見せできる ものはなく、唯一、一枚だけ人物 入ってないのがあった😓 男だけのキャンプって、野生(野蛮)ですね😔 女なんて、邪魔くさいだろうなぁって つくづく思いました。