東六甲縦走路で宝塚駅から六甲最高峰へ

2020.08.22(土) 日帰り
K80
K80

活動データ

タイム

10:47

距離

18.2km

上り

1713m

下り

1145m

活動詳細

もっと見る

宝塚駅からスタート。起点の看板的なものでもないかと思って探し回ってみたが見当たらない。 湯本台広場。夏休みは子供たちのラジオ体操をする場所として使われている。さっさと三角点だけ撮影してすすむ。 宝塚駅から塩尾寺までは舗装道路。自販機はこの途中にあるものが最後。次は最高峰のすぐ横ちょまで無い。 塩尾寺の門の前に六甲全山縦走路の36番の道標。ここから西へ番号が小さくなっていく。 山道を登っていくと祠的なものがある。砂山権現。ここまでは急な坂だが、あとはユルユルとした上りが最高峰まで続く。 岩原山は、縦走路から少し離れているが、宝塚市最高峰ということで寄っていく。特に眺望はない。 大平山へも寄っていこうとしたが、山頂への取り付きを見つけられなかった。 水無山はYAMAPの地図には山頂マークはあれど、特に現地には山頂を示すものは見当たらなかった。道の途中だし、眺望もないし、休める所もあるわけでもないので、普通に通り過ぎるだけでいいよね。 県道16号まで出れば、あとは舗装道路だけでも六甲ガーデンテラスまで行けるので安心。 六甲最高峰には、昼だというのに人が少ない。暑いから、みんな一軒茶屋のところで休憩してた。 六甲ガーデンテラスは、自販機で飲み物だけ買ってすぐに出発した。 ゴルフ場のあたりから縦走路をはずれて、ケーブルカーの六甲山上駅へ。油コブシを通って下山。天気予報の確認を怠っていたので、ここで雨に降られたが何の準備もしてなかった。ラッキーなことに、本降りになるまでに展望所にある屋根付きの休憩所にたどりついた。ここで1時間ほど休憩。スマホの電池がなくなったので記録はここで終わっているが、JRの六甲道まで歩いてゴール。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。