夏の星座が囁く夜空と、珊瑚の海に魅せられて…in海陽町-2020-08-23

2020.08.23(日) 日帰り
ネイ・ビー
ネイ・ビー

活動詳細

もっと見る

今回のレポートは二部構成に(←懲りずに💧)。まずは第一部。日頃からお世話になっておりますお隣香川県のYAMAPの先輩に、“空が近くてすこぶる素敵なんですよ✨✨”とのお勧めに居ても立っても居られなくなり、果たして標高の高い峠では天の川やや流れ星🌠等の天体ショーがどのように観れるのかという期待も追い風に、未だかつて訪れたことのない県西部の落合峠に行ってまいりました。黄昏時の落合峠に到着するや否や、日の暮れぬうちにとまずはパチリ📸 その後Google映像で知り得た駐車場に降りていくと、最も奥のスペースに愛媛ナンバーの車が1台停まってて、椅子やテーブルやタープを設営中の初老の紳士にお目通りが叶いました。お話を伺うとなんでも避暑を兼ねて二泊の御予定らしく、「初めて訪れたのですが、下界の暑さを忘れてしまうほど涼しくていいところですね」と切り出せばすぐに話が弾んで、あれが天狗塚であれが三嶺でと指差しながら教えて頂けました。そしてこちらはテント持参で天体観測に来たのですが…と打ち明ければ、工夫すればテントを張るのも可能なので天体観測するなら峠の方が条件は良いよと勧めて頂きました。 そうこうするうちに周囲の稜線がダウンパープルに染まりかけたので急いで峠に戻ってあたふたとテントを設営し、夕御飯もそこそこにベンチにレジャーシートをかけて天体観測に備えました。 そして見上げた頭上の空には、南北に流れる広大な天の川を挟んで夏の大三角を構成する白鳥座のデネブ、こと座のベガ(織姫)、わし座のアルタイル(牽牛)をはじめ、南天には蠍座のアンタレス、北天には少し遅れてケフェウスにカシオペアや四角形のペガサス座等々めくるめく星座の物語が繰り広げれられ、流れ星🌠も8個観測することが出来ました✨またいつの日か訪れる機会がくることを願いつつ、白々と夜が明けていく落合峠をあとにしました。 ところ換わりまして…先週の夕方のニュースにて、県最南端竹ケ島のシンボルの一つエダミドリイシサンゴが集団産卵するという圧巻の映像を観たネイめは、命を繋ぐ神秘の一大イベントが繰り広げられたその海と、そこに棲む様々な海の生き物達に会いたくて… さらに前回登頂することが叶わなかった千羽ヶ岳の全貌や、南阿波サンラインの第二第~四展望台からの眺望や、来るべきヤッコソウ観測に備えての鈴ケ峰の調査も兼ねて、お盆を過ぎても尚猛暑の続く県南の山及び海へ行って参りました。 ちなみに今回もお約束の番外編がございますればその舞台は果たしていずこ❓続きは本編を見てのお楽しみということで☝️😉 それでははじまりはじまり~☺️

四国遍路その3 黄昏迫る深渕。ここから先に待ち受ける未知の世界へ、期待と不安が入り交じる。
黄昏迫る深渕。ここから先に待ち受ける未知の世界へ、期待と不安が入り交じる。
四国遍路その3 50センチはあろうかと思われる巨大化したアメゴが潜むという、県西部最大のリザーバー松尾川ダム・別名深渕に到着。真夏でも手足を浸けると痺れるような冷たい湖水に棲むピュアなブラックバスを釣らんと過去に何度か訪れたことがあります。なんでも地元の方は刺身で食べるのだと聞いたことが😋
50センチはあろうかと思われる巨大化したアメゴが潜むという、県西部最大のリザーバー松尾川ダム・別名深渕に到着。真夏でも手足を浸けると痺れるような冷たい湖水に棲むピュアなブラックバスを釣らんと過去に何度か訪れたことがあります。なんでも地元の方は刺身で食べるのだと聞いたことが😋
四国遍路その3 夕闇迫る落合峠。日没🌇までになんとか間に合いました😅
まずは記念にパチリ📸
夕闇迫る落合峠。日没🌇までになんとか間に合いました😅 まずは記念にパチリ📸
四国遍路その3 路面と笹原との間の狭いスペースにぶっつけ本番の初テント設営。辺りがすっかり暗くなってしまい内心焦るネイなのであった🙀💦
路面と笹原との間の狭いスペースにぶっつけ本番の初テント設営。辺りがすっかり暗くなってしまい内心焦るネイなのであった🙀💦
四国遍路その3 終戦記念日でもあるお盆最後の日が落ちて、静寂と漆黒の闇に包まれる頃、うっすらと南北に浮かび上がった天の川の回りに星座を構成する星達が今宵も繰り広げられる天体ショーに備えて輝き始める✨いかんせんスマホ📱なのでこれが限界か😓💧
終戦記念日でもあるお盆最後の日が落ちて、静寂と漆黒の闇に包まれる頃、うっすらと南北に浮かび上がった天の川の回りに星座を構成する星達が今宵も繰り広げられる天体ショーに備えて輝き始める✨いかんせんスマホ📱なのでこれが限界か😓💧
四国遍路その3 白々と明け始める矢筈山方面とその上空には上弦の月🌙❓(いやいや💦大きさからして明けの明星か⁉️)
白々と明け始める矢筈山方面とその上空には上弦の月🌙❓(いやいや💦大きさからして明けの明星か⁉️)
四国遍路その3 吉野川をはるかに越えた讃岐山脈の向こうの讃岐平野には雲海(なのか🤔❓)が広がっていました✨
吉野川をはるかに越えた讃岐山脈の向こうの讃岐平野には雲海(なのか🤔❓)が広がっていました✨
四国遍路その3 なだらかで女性的な千羽富士とは違い、矢筈型に連なる鋭利で男性的な稜線と切り立った斜面が迫力満点の千羽ヶ岳❗必ずや行かねば…
なだらかで女性的な千羽富士とは違い、矢筈型に連なる鋭利で男性的な稜線と切り立った斜面が迫力満点の千羽ヶ岳❗必ずや行かねば…
四国遍路その3 お気に入りの第一展望台。
お気に入りの第一展望台。
四国遍路その3 第一展望台南端から南方に、牟岐三島(出羽島、津島、大島)のボス、大島を望む
第一展望台南端から南方に、牟岐三島(出羽島、津島、大島)のボス、大島を望む
四国遍路その3 第四展望台にて。
路面コンディションはこんな感じ。人間が立ち並ぶスペース自体は第一展望台よりも広いので初日の出の御来光を拝むとか、牟岐三島を眺めるには良いかもです☺️🎵
第四展望台にて。 路面コンディションはこんな感じ。人間が立ち並ぶスペース自体は第一展望台よりも広いので初日の出の御来光を拝むとか、牟岐三島を眺めるには良いかもです☺️🎵
四国遍路その3 宍喰のセブンを右折し、しばらく進むと右手にこの日のもう一つの調査対象の鈴ケ峰がそびえていました。一応登山口までたどり着く事は出来ましたが、ちょっと降りてみようかなと駐車スペースに停車すると間髪を入れず、どこからともなく数匹の大型のウシアブが飛んでくるや否や、サイドガラスに次々に張りつくのを見て心はポッキリ折れてしまいトーンダウン⤵️
山行はあっさり諦めました😅💧
気を取り直して次の目的地へ🚗➰
宍喰のセブンを右折し、しばらく進むと右手にこの日のもう一つの調査対象の鈴ケ峰がそびえていました。一応登山口までたどり着く事は出来ましたが、ちょっと降りてみようかなと駐車スペースに停車すると間髪を入れず、どこからともなく数匹の大型のウシアブが飛んでくるや否や、サイドガラスに次々に張りつくのを見て心はポッキリ折れてしまいトーンダウン⤵️ 山行はあっさり諦めました😅💧 気を取り直して次の目的地へ🚗➰
四国遍路その3 そして本日のメインイベントは6月号のタウトクの特集“展望台へGO!”に載っていたここ、「竹ケ島休憩所」☝️😀タウトクの推奨ルートは道の駅宍喰から竹ケ島休憩所まで徒歩で往復となっていましたが、道の駅には長時間の駐車はお断りの案内板が設置されていた為、それならばと直接竹ケ島に向かいました。
そして本日のメインイベントは6月号のタウトクの特集“展望台へGO!”に載っていたここ、「竹ケ島休憩所」☝️😀タウトクの推奨ルートは道の駅宍喰から竹ケ島休憩所まで徒歩で往復となっていましたが、道の駅には長時間の駐車はお断りの案内板が設置されていた為、それならばと直接竹ケ島に向かいました。
四国遍路その3 出発後間もなく、数日前にエダミドリイシサンゴ一斉産卵の一大イベントがあったという竹ケ島海中公園近くの竹ケ島漁港に到着。
出発後間もなく、数日前にエダミドリイシサンゴ一斉産卵の一大イベントがあったという竹ケ島海中公園近くの竹ケ島漁港に到着。
四国遍路その3 エメラルドグリーンの海水を湛える港を眺めながらタウトクの地図とにらめっこしていると、そこに仲が良さそうにお喋りしながら集落へと向かう陽気なお二人の地元の方にお会い出来たので、かくかくしかじかと打ち明けると、かの展望台への登り口は向こうに見える竹ケ島神社の鳥居の横にあるとお聞きする事が出来ました。そしてくれぐれも蜂には気をつけるようにと水も忘れずにと…そして最後に「暑いけん気ぃつけて行てきなよ」と日焼けした顔で微笑みながら温かいエールを頂きました☺️🍀
エメラルドグリーンの海水を湛える港を眺めながらタウトクの地図とにらめっこしていると、そこに仲が良さそうにお喋りしながら集落へと向かう陽気なお二人の地元の方にお会い出来たので、かくかくしかじかと打ち明けると、かの展望台への登り口は向こうに見える竹ケ島神社の鳥居の横にあるとお聞きする事が出来ました。そしてくれぐれも蜂には気をつけるようにと水も忘れずにと…そして最後に「暑いけん気ぃつけて行てきなよ」と日焼けした顔で微笑みながら温かいエールを頂きました☺️🍀
四国遍路その3 竹ケ島神社に向かう途中の港の中の漁船の係留ロープの下に、早速何やらお魚らしき生き物を発見❗️
竹ケ島神社に向かう途中の港の中の漁船の係留ロープの下に、早速何やらお魚らしき生き物を発見❗️
四国遍路その3 ここ竹ケ島だけでなく、海部の海でもよく目にしたことのある、鮮やかなソラスズメダイの群れが泳いでいました🐟️。
そして画面には写っていませんが、少し下の中層にも黒い縦じま模様がちょっぴりサンバソウ(磯の王者イシダイの子供)に似てるオヤビッチャ、そして外道で釣れてもどこか憎めない愛嬌のあるおちょぼ口のキタマクラ達が悠々とくつろいでいました🐠🐡🤭
ここ竹ケ島だけでなく、海部の海でもよく目にしたことのある、鮮やかなソラスズメダイの群れが泳いでいました🐟️。 そして画面には写っていませんが、少し下の中層にも黒い縦じま模様がちょっぴりサンバソウ(磯の王者イシダイの子供)に似てるオヤビッチャ、そして外道で釣れてもどこか憎めない愛嬌のあるおちょぼ口のキタマクラ達が悠々とくつろいでいました🐠🐡🤭
四国遍路その3 登り口前の案内板
登り口前の案内板
四国遍路その3 竹ケ島神社の鳥居。決して大きくはないけど、まるで日頃から地元の方々に丁寧に磨かれているかのように清らかで美しくて立派です✨
竹ケ島神社の鳥居。決して大きくはないけど、まるで日頃から地元の方々に丁寧に磨かれているかのように清らかで美しくて立派です✨
四国遍路その3 土台に貝殻をまぶしているだなんて初めて目にして驚きマンボー‼️なんてお洒落な手水でしょ😉🎶
土台に貝殻をまぶしているだなんて初めて目にして驚きマンボー‼️なんてお洒落な手水でしょ😉🎶
四国遍路その3 竹ケ島神社の本殿。しめ縄もまっサラピンピンみたいに艶やか✨✨地元の方々の真摯な信仰心が伺えます☺️✨
竹ケ島神社の本殿。しめ縄もまっサラピンピンみたいに艶やか✨✨地元の方々の真摯な信仰心が伺えます☺️✨
四国遍路その3 正午を知らせるチャイムが鳴り終わり、ふと頭上を見上げると御神木の枝ごしに木漏れ日が優しく降り注ぐ。
正午を知らせるチャイムが鳴り終わり、ふと頭上を見上げると御神木の枝ごしに木漏れ日が優しく降り注ぐ。
四国遍路その3 まるで社殿と一体化したかのようないでたちの御神木。なんとも立派です😉✨
まるで社殿と一体化したかのようないでたちの御神木。なんとも立派です😉✨
四国遍路その3 一旦下に戻って今度は登り口へ。竹ケ島展望台(休憩所)へ向けていよいよスタートです🚶
一旦下に戻って今度は登り口へ。竹ケ島展望台(休憩所)へ向けていよいよスタートです🚶
四国遍路その3 登り始めるや否やしっかりした石段がお出迎え😅竹ケ島の歴史を噛みしめるかのように一段一段ゆっくり登って行きます。
登り始めるや否やしっかりした石段がお出迎え😅竹ケ島の歴史を噛みしめるかのように一段一段ゆっくり登って行きます。
四国遍路その3 行程は殆ど木陰で所々日向もあり。正午を過ぎたこともあり陽射しは強くて汗は際限なく吹き出すものの、海から吹き上がってくる風が涼しくて予想していたほど不快感はありませんでした🌬️➰😚
そして特筆すべきはありがたいことに何とこのエリアではあのアブ君達は現れなかったのです😉🍀
行程は殆ど木陰で所々日向もあり。正午を過ぎたこともあり陽射しは強くて汗は際限なく吹き出すものの、海から吹き上がってくる風が涼しくて予想していたほど不快感はありませんでした🌬️➰😚 そして特筆すべきはありがたいことに何とこのエリアではあのアブ君達は現れなかったのです😉🍀
四国遍路その3 にわかに視界が開けたと思ったら目的地の東屋が見えてきましたよ🎶
にわかに視界が開けたと思ったら目的地の東屋が見えてきましたよ🎶
四国遍路その3 へぇ~ここも四国のみちに指定されているんだなぁ😃
へぇ~ここも四国のみちに指定されているんだなぁ😃
四国遍路その3 東屋内部。テーブルの上もイスの上も一面鳥のフンだらけですが🙀(汗)気にしない~気にしない~気にしない~😅(笑)
東屋内部。テーブルの上もイスの上も一面鳥のフンだらけですが🙀(汗)気にしない~気にしない~気にしない~😅(笑)
四国遍路その3 タウトクの説明には「モグラの鼻のような半島」とあった名礁クラセの磯、手前に突き出てるのは冬季の寒グレシーズンに真価を発揮する中マメ磯。
タウトクの説明には「モグラの鼻のような半島」とあった名礁クラセの磯、手前に突き出てるのは冬季の寒グレシーズンに真価を発揮する中マメ磯。
四国遍路その3 先端にはパラソルを立てて暑さを凌ぐ釣り人達が見えました。季節的に底物師(イシダイイ&シガキダイ)かな🤔⁉️
先端にはパラソルを立てて暑さを凌ぐ釣り人達が見えました。季節的に底物師(イシダイイ&シガキダイ)かな🤔⁉️
四国遍路その3 真夏の光線に熱せられてホッティな三角点にタッチ❗️指先がアッチッチ😵💦ヤックルも熱そうです😭💦
真夏の光線に熱せられてホッティな三角点にタッチ❗️指先がアッチッチ😵💦ヤックルも熱そうです😭💦
四国遍路その3 この日はおやつだけ。安定の栗どらと新作の抹茶ミルク餡まん。
この日はおやつだけ。安定の栗どらと新作の抹茶ミルク餡まん。
四国遍路その3 ドリンクは自宅からキンキンに凍らせたまま持参した緑茶がほどよく融けて、渇いた喉を潤してくれました😉👌ヤックルも御満悦☺️✨
ドリンクは自宅からキンキンに凍らせたまま持参した緑茶がほどよく融けて、渇いた喉を潤してくれました😉👌ヤックルも御満悦☺️✨
四国遍路その3 ヤックル放牧(アイシング)中☃️
ヤックル放牧(アイシング)中☃️
四国遍路その3 あ~れ~😱出来ることならせめて一分だけでも代わって欲しいわ😭💦
あ~れ~😱出来ることならせめて一分だけでも代わって欲しいわ😭💦
四国遍路その3 まさかの灯台発見🧐❗どうする🤔❓
まさかの灯台発見🧐❗どうする🤔❓
四国遍路その3 徳島のアイアンマンを自称したいならやっぱり行くっきゃないだろー😅‼️
徳島のアイアンマンを自称したいならやっぱり行くっきゃないだろー😅‼️
四国遍路その3 思わぬ収穫。遅まきながらキノコミッションクリア🤭👌
思わぬ収穫。遅まきながらキノコミッションクリア🤭👌
四国遍路その3 見た目よりも意外と近くてすんなり竹ケ島灯台到着。
まるで昔のマグマ大使か何かで登場するロケットかと見間違えるような…
汚れのないとまではいかないビミョーな紅白💧
やっぱり眺(展)望が欲しかった😭
見た目よりも意外と近くてすんなり竹ケ島灯台到着。 まるで昔のマグマ大使か何かで登場するロケットかと見間違えるような… 汚れのないとまではいかないビミョーな紅白💧 やっぱり眺(展)望が欲しかった😭
四国遍路その3 もう一度竹ケ島休憩所の展望台に戻って遊歩道を一周せんと先へと進み、へこみ具合がこれまた歴史を感じさせる石段を降って行きます。
もう一度竹ケ島休憩所の展望台に戻って遊歩道を一周せんと先へと進み、へこみ具合がこれまた歴史を感じさせる石段を降って行きます。
四国遍路その3 しばらくすると北側の眺望が開けて、宍喰の前磯エリアを代表する良磯、鈴バエと棚バエが見えてきました。
しばらくすると北側の眺望が開けて、宍喰の前磯エリアを代表する良磯、鈴バエと棚バエが見えてきました。
四国遍路その3 里へ降り、密集したのどかな集落を抜けて港に帰ってきたら、先ほどの色々と詳しく教えて下さったお二人の内のお一人が自転車🚴で駆けつけて下さり「いけたで?あの後どなんなったんか心配しよったんよ~」とのお言葉に感激‼️ありがとうございます😭✨✨思いがけず地元の方の人情に触れる事が出来て自然にホッコリ、何だかとっても幸せな気持ちでいっぱいになりました☺️🍀
里へ降り、密集したのどかな集落を抜けて港に帰ってきたら、先ほどの色々と詳しく教えて下さったお二人の内のお一人が自転車🚴で駆けつけて下さり「いけたで?あの後どなんなったんか心配しよったんよ~」とのお言葉に感激‼️ありがとうございます😭✨✨思いがけず地元の方の人情に触れる事が出来て自然にホッコリ、何だかとっても幸せな気持ちでいっぱいになりました☺️🍀
四国遍路その3 風は心地よいものの顔も帽子も汗だく💦ほんでも今年の夏はようけ焼けたなぁ~😵
ちなみに今回は歳相応に“つるさんはまるまるむし”で(笑)
風は心地よいものの顔も帽子も汗だく💦ほんでも今年の夏はようけ焼けたなぁ~😵 ちなみに今回は歳相応に“つるさんはまるまるむし”で(笑)
四国遍路その3 ふぅ~着いた😅💦車内温度を下げる為に車のドアを全て開き、いつものようにシューズを脱いだり着替えたりしていると、何の前触れもなくパラパラパラとにわか雨が降り始め、冒険を終えて火照った身体や車や周囲の路面も冷ましてくれてすこぶる心地よかったです☺️✨
しかしながら上空を見渡してもさしたる雨雲も見当たらず、なんとも不思議な現象🤔
さながら“及慈雨”がもたらしたひとときの涼しさに竹島神社様の御祓の雨かもと思ったネイめは襟を正し、出立前に本殿に向かって二礼二拍手一礼を送りました。
そして夏の暑さを忘れるほどの清々しい数々の体験に何とも言い尽くせないほどの晴れやかな気持ちを抱きつつ、人も魚も森も豊かに息づく竹ケ島漁港をあとにしました🍀
ふぅ~着いた😅💦車内温度を下げる為に車のドアを全て開き、いつものようにシューズを脱いだり着替えたりしていると、何の前触れもなくパラパラパラとにわか雨が降り始め、冒険を終えて火照った身体や車や周囲の路面も冷ましてくれてすこぶる心地よかったです☺️✨ しかしながら上空を見渡してもさしたる雨雲も見当たらず、なんとも不思議な現象🤔 さながら“及慈雨”がもたらしたひとときの涼しさに竹島神社様の御祓の雨かもと思ったネイめは襟を正し、出立前に本殿に向かって二礼二拍手一礼を送りました。 そして夏の暑さを忘れるほどの清々しい数々の体験に何とも言い尽くせないほどの晴れやかな気持ちを抱きつつ、人も魚も森も豊かに息づく竹ケ島漁港をあとにしました🍀
四国遍路その3 本日の番外編その1は…遅くなってしまったお昼ごはんを求めてお隣高知県の“海の駅東洋町”へ
本日の番外編その1は…遅くなってしまったお昼ごはんを求めてお隣高知県の“海の駅東洋町”へ
四国遍路その3 オーダーは迷わず“海の駅カツカレー🍛✨”
何年ヵ振りにご対面しましたが、記憶を越えるなんとボリューミーなカツですこと❗️
ライスとソースを左右に従えてセンターだとは🤭
早速実食してみましたが中身のお肉が厚くてなかなか噛みきれないほどでした😵💦
オーダーは迷わず“海の駅カツカレー🍛✨” 何年ヵ振りにご対面しましたが、記憶を越えるなんとボリューミーなカツですこと❗️ ライスとソースを左右に従えてセンターだとは🤭 早速実食してみましたが中身のお肉が厚くてなかなか噛みきれないほどでした😵💦
四国遍路その3 番外編その2。お次は道の駅宍喰温泉内にある“すぎのこ市場”にて☝️
以前蒲生田岬温泉でも見覚えのある、まるおかさんの手作りアイス🍨
この日は以前から気になっていた“砂浜にうみの卵”をチョイス🎵
タウトクのレポートにもあったように、砂浜役のザラメ糖はじゃりじゃり&うみがめの卵役のマシュマロはぷにゅぷにゅの未知なる食感のコラボレーション🤭🎶
番外編その2。お次は道の駅宍喰温泉内にある“すぎのこ市場”にて☝️ 以前蒲生田岬温泉でも見覚えのある、まるおかさんの手作りアイス🍨 この日は以前から気になっていた“砂浜にうみの卵”をチョイス🎵 タウトクのレポートにもあったように、砂浜役のザラメ糖はじゃりじゃり&うみがめの卵役のマシュマロはぷにゅぷにゅの未知なる食感のコラボレーション🤭🎶
四国遍路その3 そして本日のフィナーレを飾る番外編その3は、旧海部町鞆浦漁港横にある、小規模ながら海水浴場もある、かつてはそこそこですが1キロオーバーのアオリイカやグレやアイゴ等の釣果にも恵まれた昔懐かし手倉湾公園。
突堤と前方に見える小島との間の水道に潜むアオリイカ🦑を狙ってみます🧐
そして本日のフィナーレを飾る番外編その3は、旧海部町鞆浦漁港横にある、小規模ながら海水浴場もある、かつてはそこそこですが1キロオーバーのアオリイカやグレやアイゴ等の釣果にも恵まれた昔懐かし手倉湾公園。 突堤と前方に見える小島との間の水道に潜むアオリイカ🦑を狙ってみます🧐
四国遍路その3 キャンプは禁止になってしまっているものの、今も尚トイレも広い駐車場もあり、ファミリーフィッシングのみならずシーズンインすればこんなでっかいアオリイカゲットも夢ではない好漁場でもあります🤭🎶
この日は一度だけ手応えがあったものの、さすがにまだ小さ過ぎたのか蝕腕がカンナに乗らず、墨を吐いてトンズラされちゃいました😅
豊穣の海はこれからだしまだ先は長い❗ 夢や楽しみはとっておこう😉
おそらくこの日を最後に8月の大半を過ごした南の海にしばしのさよならを告げることになり、来月からは山や森、そして寺社の参道へと、私の中の季節の情景も移り変わって行くことでしょう…
そして舞台は第三楽章🎵“豊穣の秋編”へ✨✨To be continued🍀
キャンプは禁止になってしまっているものの、今も尚トイレも広い駐車場もあり、ファミリーフィッシングのみならずシーズンインすればこんなでっかいアオリイカゲットも夢ではない好漁場でもあります🤭🎶 この日は一度だけ手応えがあったものの、さすがにまだ小さ過ぎたのか蝕腕がカンナに乗らず、墨を吐いてトンズラされちゃいました😅 豊穣の海はこれからだしまだ先は長い❗ 夢や楽しみはとっておこう😉 おそらくこの日を最後に8月の大半を過ごした南の海にしばしのさよならを告げることになり、来月からは山や森、そして寺社の参道へと、私の中の季節の情景も移り変わって行くことでしょう… そして舞台は第三楽章🎵“豊穣の秋編”へ✨✨To be continued🍀

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす