大菩薩嶺~牛奥ノ雁ガ腹摺山縦走@ソロ

2020.08.22(土) 日帰り
shu-5
shu-5

活動データ

タイム

06:32

距離

16.4km

上り

1330m

下り

1327m

活動詳細

もっと見る

《グレーディング(目安)》 CT:9h(Compass) 体力:4相当(ルート定数:34.7) 技術:A ※今回から、参考として標準タイムとコースのグレーディング記載してみました。(過去の山行についても、順次追記します。) 詳しくは最後に記載しています。 最近、ロケット団に入るか、鷹の爪団に入るか、真剣にチビに相談しているshu-5です。 さて、いい加減、ハードな岩場とかロングコースじゃない山に行きたい!ってことで、よくレポでお見かけする大菩薩嶺へ。ただ登るだけじゃ自分らしくないので、そこからモリモリ縦走!!(結局、ロングルートなのね、、、) と思ったんですが、天気予報では昼から雨。単なる雨じゃなくて雷雲の予報まで、、、熊🐻くらいならアルゼンチンバックブリーカーで倒せる気がするんですが、雷⚡=ゴッドエネルとなると、ゴムゴムの実を食ったルフィ以外無理! ってことで、日本で一番長い名前の山、その名も牛奥、、、(いまだに読めない、、、😭) ジュゲムジュゲム山まで行くことに。12時下山必達! なんですけど~、、、登る前からお腹が、、、 昨日人間ドックで下剤入りのバリウム飲まされまして、、、しかも、レントゲン担当のキュートなおね~さんが、「ちょっと写り悪いんでぇ~、、、炭酸もう一本いけちゃいますぅ?(テヘペロ)」なんて言うので、「も~、一本でも二本でも♥️」なんて。さらに、逆立ちの状態から「膝ついたまま、お尻持ち上げてぇ♥️」なんて、まさかの逆さ女豹ポーズのおねだりまで、、、(*/□\*) あれ?何の話だ、、、? な訳で、お腹敏感な小生、山に着く前からお腹キュルキュル言ってます。仕方ないので、、、まさかの、、、下剤vsストッパの、ガチリアルほこたてバトルしてみました🤣 午前中は眺めさいこ~!! 大菩薩峠から先の稜線は貸し切り! ひゃっほ~、田中陽希ばりに走っちゃうぜ~♪ しかし、罠が、、、足元見えない程の熊笹with朝露。冷たくて気持ちいい~、と調子こいてたら、靴の中が、、、びちゃびちゃ、、、 小学生が水溜まりで遊んだ長靴レベル、、、 しかも、普段は予備の靴下持ってるのに、今回に限って置いてきた、、、😭 ジュゲムジュゲム山頂で靴脱いで靴下絞るもどうにもならず、諦メロン🍈。(冬なら凍傷必須、夏でもマメ、靴擦れの原因になる致命的なミスです。反省) そのまま、びちゃびちゃ言いながら下山しました。 今回の登山は、ちょうど良い感じ♪ 林道まで降りたところで元気余ってたので、そのままランしながら帰還。山小屋飛び込んでカレー食ってフィニッシュ♪ PS 道中、一人だけ早い人に道を譲ったのですが、、、☆ひいらぎ様だったみたい、、、😆 気がつかず、小金沢山頂でノンビリタバコ吸っちゃってました。残念、、、 バスで戻れるんだったら、追いかければ良かったかも~ 【グレーディングについて】 いくつかの県で、山の難易度を統一基準で示すために導入したもので、体力(1~10)と技術(A~E)で表します。体力は標準タイム、距離、累積アップダウンから計算するルート定数に基づいて決まります。公式に発表されていますが、ピッタリ同じルートにならないので、自分でルート定数弾いてみました。標準タイムは、コンパスで算出してますが、コンパスに無いルートはYAMAP使用してます。 技術は、基本的に公式に発表されているものを流用していますが、一部推定で記載しています。 体力の数字が大きい程スタミナ必要もしくは泊まり推奨、技術がEに近い程危ないと思ってください。

大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 まずは福ちゃん荘
まずは福ちゃん荘
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 唐松尾根から大菩薩嶺山頂目指します。よって、←へ
唐松尾根から大菩薩嶺山頂目指します。よって、←へ
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 しばらく樹林帯を登り、見晴らしの良い場所まで来ると、、、
しばらく樹林帯を登り、見晴らしの良い場所まで来ると、、、
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 絶景が広がります。
絶景が広がります。
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 すっかり雪も無くなりましたね。
すっかり雪も無くなりましたね。
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 サクッと山頂。展望はありません。早々に大菩薩峠向かいます。
サクッと山頂。展望はありません。早々に大菩薩峠向かいます。
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 大菩薩峠に向かう道からは、ずっとこの景色が見えます。
大菩薩峠に向かう道からは、ずっとこの景色が見えます。
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 これから向かう方向
これから向かう方向
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 岩に立つトレイルランナー
岩に立つトレイルランナー
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 なかなか前に進まない、、、
なかなか前に進まない、、、
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 振り替えるとこんな道
振り替えるとこんな道
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 大菩薩嶺
大菩薩嶺
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 次の山小屋見えてきました。
次の山小屋見えてきました。
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 到着。ここまで来て降りる人が大半かな?
到着。ここまで来て降りる人が大半かな?
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 ここを抜けて、縦走へ
ここを抜けて、縦走へ
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 誰もいない貸し切りの稜線が
誰もいない貸し切りの稜線が
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 南アルプス
南アルプス
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 走りたくなるアルヨ
走りたくなるアルヨ
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 突如、草原が!!このど真ん中で雉撃ちしたくなりますよね?
突如、草原が!!このど真ん中で雉撃ちしたくなりますよね?
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 小金沢山頂着
小金沢山頂着
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 少し雲が出始めました
少し雲が出始めました
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 こんな道を進みます。一応、道らしきものはわかりますので、迷いはしませんが、、、良い子のみんなは、ゲイター装着しましょう。
こんな道を進みます。一応、道らしきものはわかりますので、迷いはしませんが、、、良い子のみんなは、ゲイター装着しましょう。
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 日本1長い名前の山到着です。まだ名前言えません、、、
日本1長い名前の山到着です。まだ名前言えません、、、
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 ここにテント張りたい、、、
ここにテント張りたい、、、
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 帰る前に山頂の反対側で用を足そうと覗いてみたら、、、黄色いお花畑が
帰る前に山頂の反対側で用を足そうと覗いてみたら、、、黄色いお花畑が
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 ここから先は、また今度!
さあ、お昼までに戻るぞ。
ここから先は、また今度! さあ、お昼までに戻るぞ。
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 これだけ名前わかるかも!
あ、あ、アザミ、、、?(違う?)
これだけ名前わかるかも! あ、あ、アザミ、、、?(違う?)
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 駐車場戻る手前の沢で、ノンビリだらだら、、、
駐車場戻る手前の沢で、ノンビリだらだら、、、

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす