常光寺山~三森まで周回 ~静かでうるさい山行

2020.08.21(金) 日帰り
コロ助
コロ助

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

メジャーな山の山行が続いていたため、この日は静かな山歩きが楽しめ、且つ南アの景色が見られる山、ということで常光寺山を目指しました。 家老平の駐車場に着くと、温度とCO2に反応したアブが大歓迎。いきなりテンションが下がるものの、アブのせいでの登山口敗退は嫌なので、予定通りの縦走を行いました。ただ、今回ほど立ち止まって休憩したり写真が撮り難かった山行は経験がありませんでした・・苦笑 アブの生態に詳しくないので、この日特有の状況なのか、今後もしばらく続くのか良く分かりませんが、殆どの行程を大量のアブに囲まれて歩くことになるため、落ち着くまでは入山は全くおススメできません。でも、それでもという方は、厚手の長袖長ズボン着用や虫除けなどが必須と思います。 (私は薄手の長袖長ズボンでしたが、服の上からもガンガン刺してきます。強めにチクっとしますのですぐ分かります。幸い今のところ刺された(アブは正確には”噛む”ですかね)のは1か所だけのようです) あとは、時期的にも人の少ない状況のため、登山道や林道上に熊のフンの痕跡が何か所かありましたので、熊鈴等 対策は必要ではないかと思います。 登山口にはヒル注意の看板がありましたが、右足首を1か所やられていました。ただ、ヒルへの注意が全く向いていなかったので、ルート上、ここかな?という場所が全く思い当たりません・・ 予想通り人はおらずとても静かで、一方でかなり五月蠅い山行となりましたが、森に拡がる大木や常光寺山山頂からの展望、野鳥の案内表示など、見所が非常に多かったため、季節を変え是非とも再訪問したいと思います。 【コース状況】 ルートは、常光寺山までの区間で、一部ログが飛んでしまっています。 扇平山→ナダクマシロ山 間で一箇所大規模な崩落個所のすぐ横を通りますが、足元をきちんと見ていれば問題ありません。 今回通ったルートのうち、ナダクマシロ山→テタア山→林道出合までがバリエーションルートとなりますが、さほど分かり難い箇所は無い印象でしたので、地図が読める方であれば苦労はしないのではと思います。 ただ、写真のコメントにも書きましたが、テタア山から林道に降り立つ最後の細尾根が下りるのに苦労しましたので、不安な方はテタア山はパスしても良いのではないかと思います。 野鳥の森が整備されていた頃は歩きやすい散策路だったと思いますが、人の手が入らなくなり久しくなっていますので、倒木や道が分かり辛い所が所々あります。

常光寺山 元カモシカと森の体験館の駐車場に車を停め、早々にスタート、と行きたいところが、車の窓やボディにアブがガンガン当たってきており、出るのをためらう状況・・
登山口にはヒル注意の看板がありましたが、アブが凄すぎるのでそれどころではありません。
元カモシカと森の体験館の駐車場に車を停め、早々にスタート、と行きたいところが、車の窓やボディにアブがガンガン当たってきており、出るのをためらう状況・・ 登山口にはヒル注意の看板がありましたが、アブが凄すぎるのでそれどころではありません。
常光寺山 まだ序盤ですがかなり早足で歩きました。扇平山がどこだったのか全く分かりませんでした・・
まだ序盤ですがかなり早足で歩きました。扇平山がどこだったのか全く分かりませんでした・・
常光寺山 モノラックのレールがありましたが、登山道に架かる部分は外されていました。
モノラックのレールがありましたが、登山道に架かる部分は外されていました。
常光寺山 ナダクマシロ山頂付近。急ぎ足で歩いていたら、急に踏み跡が薄くなり、地図を見ると方向が違っていました。ここをこのまま進んで行くと、北東に伸びる尾根に行ってしまいます。
写真正面の木に一応標識があったみたい。
ナダクマシロ山頂付近。急ぎ足で歩いていたら、急に踏み跡が薄くなり、地図を見ると方向が違っていました。ここをこのまま進んで行くと、北東に伸びる尾根に行ってしまいます。 写真正面の木に一応標識があったみたい。
常光寺山 唯一の崩落個所。右側は切れ落ちており、その脇を通ります。
唯一の崩落個所。右側は切れ落ちており、その脇を通ります。
常光寺山 語源がめちゃ気になるナダクマシロ山登頂!
語源がめちゃ気になるナダクマシロ山登頂!
常光寺山 常光寺山へは100m程度登り返しあり。
少し道が細い所もありましたが、尾根沿いに行けばOK。
常光寺山へは100m程度登り返しあり。 少し道が細い所もありましたが、尾根沿いに行けばOK。
常光寺山 山頂直下で赤色チャートが!!
赤石山系ですもんねぇ。
山頂直下で赤色チャートが!! 赤石山系ですもんねぇ。
常光寺山 急ぎ足のおかげで早めに登頂!
でもここも大変な数のアブの襲来が。。
急ぎ足のおかげで早めに登頂! でもここも大変な数のアブの襲来が。。
常光寺山 三等三角点があるようですが、見る余裕なし。
三等三角点があるようですが、見る余裕なし。
常光寺山 今日はこの景色見て まったりするために来たのになぁ・・
下栗の里によく似た集落が見えます。浜松のマチュピチュと呼ばれているとか。
今日はこの景色見て まったりするために来たのになぁ・・ 下栗の里によく似た集落が見えます。浜松のマチュピチュと呼ばれているとか。
常光寺山 麻布山と前黒法師の間に見えるのは不動岳かな?
懐かしのバラ谷の頭から黒法師の尾根も見えました。
深南部の山々はなかなか行けていませんが、もっと足を運んで堪能したいです。
麻布山と前黒法師の間に見えるのは不動岳かな? 懐かしのバラ谷の頭から黒法師の尾根も見えました。 深南部の山々はなかなか行けていませんが、もっと足を運んで堪能したいです。
常光寺山 山頂部はこんな感じ。北側の視界が綺麗に開けているので素晴らしい!
次は刺す虫がいない時期に絶対来ようと心に誓う。
山頂部はこんな感じ。北側の視界が綺麗に開けているので素晴らしい! 次は刺す虫がいない時期に絶対来ようと心に誓う。
常光寺山 次はテタア山に向かいます。地形図を見ると林道からは崖になっていて登れなさそうなので、尾根沿いで行くことに。
次はテタア山に向かいます。地形図を見ると林道からは崖になっていて登れなさそうなので、尾根沿いで行くことに。
常光寺山 1312Pから登山道を外れバリルートへ。
といっても、モノラックが尾根沿いに下っており、これ沿いに行けばOKなのですが、この先で1か所激下りがあります。
1312Pから登山道を外れバリルートへ。 といっても、モノラックが尾根沿いに下っており、これ沿いに行けばOKなのですが、この先で1か所激下りがあります。
常光寺山 モノラックは林道へ降りて行ってしまいますが、ここは真っすぐ。
モノラックは林道へ降りて行ってしまいますが、ここは真っすぐ。
常光寺山 程なくしてテタア山登頂!
8割くらいの人が、”テアー”、とか ”出たー” とか心の中で叫んでると思うw
程なくしてテタア山登頂! 8割くらいの人が、”テアー”、とか ”出たー” とか心の中で叫んでると思うw
常光寺山 五丁坂頭山へ
五丁坂頭山へ
常光寺山 林道に出る最後の最後で難所が!
ココ右に落ちたらアウト感あったので、一旦下がって左側の樹林帯を行くことに。
ここがこの日の一番の難所でした。
林道に出る最後の最後で難所が! ココ右に落ちたらアウト感あったので、一旦下がって左側の樹林帯を行くことに。 ここがこの日の一番の難所でした。
常光寺山 無事林道に降りました。やれやれ。
下りてきた細尾根を振り返って撮影。
無事林道に降りました。やれやれ。 下りてきた細尾根を振り返って撮影。
常光寺山 この辺りはトンボが飛んでいてアブが少なかったので、ようやく休憩できました。
この辺りはトンボが飛んでいてアブが少なかったので、ようやく休憩できました。
常光寺山 さっきまでいたナダクマシロ山が結構遠くに。
崩落個所がハッキリ見えますね。
さっきまでいたナダクマシロ山が結構遠くに。 崩落個所がハッキリ見えますね。
常光寺山 ヤマガラの門から再度登山道へ。
ヤマガラの門から再度登山道へ。
常光寺山 竜頭山にもあった、和菓子屋みたいな名前の木。
竜頭山にもあった、和菓子屋みたいな名前の木。
常光寺山 こちらは常光寺山方面と比べると、周囲を飛び回るアブの数が5~6匹程度に減りました。あちらは20匹くらい飛んでたと思います・・
こちらは常光寺山方面と比べると、周囲を飛び回るアブの数が5~6匹程度に減りました。あちらは20匹くらい飛んでたと思います・・
常光寺山 五丁坂頭山登頂!
山頂部はあっさりし過ぎていて、かなり拍子抜け。
五丁坂頭山登頂! 山頂部はあっさりし過ぎていて、かなり拍子抜け。
常光寺山 倒木もあり。やはり整備されていないと、こうなってしまいますね。
倒木もあり。やはり整備されていないと、こうなってしまいますね。
常光寺山 原始の森。
名前の通り大木が多く見応えがありました。
原始の森。 名前の通り大木が多く見応えがありました。
常光寺山 大ハカ山登頂!
標識に濁点を付けたくなりましたが、大人なので自重。
大ハカ山登頂! 標識に濁点を付けたくなりましたが、大人なので自重。
常光寺山 昔はバードウォッチング用に使用していたと思われる施設もありました。
昔はバードウォッチング用に使用していたと思われる施設もありました。
常光寺山 このコースは鳥の解説がたくさんあり、私は野鳥が好きなのでとても楽しめました。
このコースは鳥の解説がたくさんあり、私は野鳥が好きなのでとても楽しめました。
常光寺山 林道脇を進む
林道脇を進む
常光寺山 ヒメシャラが多い!
ヒメシャラが多い!
常光寺山 ここも!
ここも!
常光寺山 門桁山登頂!
今日一番立派な標識でした。
門桁山登頂! 今日一番立派な標識でした。
常光寺山 奥に展望台?がありましたが、恵那山以上に何も見えません。
昔は周りの木々が低かったのかな。もしくは展望台ではなく野鳥観察用?
奥に展望台?がありましたが、恵那山以上に何も見えません。 昔は周りの木々が低かったのかな。もしくは展望台ではなく野鳥観察用?
常光寺山 五丁坂頭山以降、ヘリが周辺の尾根を縫うように飛んでいて非常に気になります。何もないと良いのですが・・
五丁坂頭山以降、ヘリが周辺の尾根を縫うように飛んでいて非常に気になります。何もないと良いのですが・・
常光寺山 麻布山登山口となる林道に出ました。
脇にトイレのある建物がありますが、明確な意思を持ったピンクテープが張られています。
麻布山登山口となる林道に出ました。 脇にトイレのある建物がありますが、明確な意思を持ったピンクテープが張られています。
常光寺山 登ってすぐのところに三森というピークがあるようなので、行ってみることに。
登ってすぐのところに三森というピークがあるようなので、行ってみることに。
常光寺山 さっきのヘリはこれかな?
訓練であることを願います。
さっきのヘリはこれかな? 訓練であることを願います。
常光寺山 三森登頂!
標識は見当たりませんでした。ちょっとずるい感ありますが、これで一応8座登頂ですw
三森登頂! 標識は見当たりませんでした。ちょっとずるい感ありますが、これで一応8座登頂ですw
常光寺山 家老平までひたすら林道歩き。
家老平までひたすら林道歩き。
常光寺山 水窪湖方面は通行止め
水窪湖方面は通行止め
常光寺山 一番難所と感じた、テタア山からの細尾根を見上げてパシャリ。
一番難所と感じた、テタア山からの細尾根を見上げてパシャリ。
常光寺山 林道は所々土砂流出がありますが、車は通れる状態でした。
(振り返って撮影)
林道は所々土砂流出がありますが、車は通れる状態でした。 (振り返って撮影)
常光寺山 モノラックは5人乗りのようです。あの急傾斜を上がっていくなんて凄い!
ラックレールの鉄道と同じですね。
モノラックは5人乗りのようです。あの急傾斜を上がっていくなんて凄い! ラックレールの鉄道と同じですね。
常光寺山 無事下山!
駐車場は自車のみ。
無事下山! 駐車場は自車のみ。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす