🐻平標山・仙ノ倉山 2020年8月18日(火)

2020.08.18(火) 日帰り
mikan
mikan

活動データ

タイム

07:17

距離

14.8km

上り

1368m

下り

1367m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

今日はAM2時半集合。こういう時、前日は早く布団に入るのに 必ず、必ず眠れない。遅刻しないように というプレッシャーなのか今回も30分しか眠れなかった・・・。(T.T) 平標山の好きな所は見事な稜線とお花畑。 下界が快晴でも、仙ノ倉へと導く場所はガスっていました。 この場所だけは風が強くて寒いくらい。 でも、時おり雲の流れが止まりカーテンが開くかのようにパーッと見える稜線に、景色に魅了されてしまいます。 終盤は平標山乃家を通り、ひたすら木の階段を下って林道へのゲートへ。 ゲートからの林道で小熊が。 約80m先で、左の川がある林から右の山の林へかけていきました。 一瞬固まってしまいました。 それからsasaさんと笛を吹いて通り、通り過ぎてから少し震えてしまいました。 山の中で熊に遭ったのは初めて。 改めてソロだったら とか、大きい熊だったら とか、いろいろ想像してしまいました。 もともとビビりなので、怖いなー と。 これから秋はなおさらかぁ。 駐車場の係の方へ話したら、よくそこらへんで出るんだよね と。 前日もいたらしい。遊んでいるのかな。 3回目の平標山。2回目は稜線に出たらガスガスと強風で撤退。結構 いつも天気に恵まれていたので、強風と撤退は良い経験になりました。 日々 経験。 今日は手袋(軍手1号)を忘れ、夏とはいえ 標高が高く風のある場所は寒いので必要。 陽ざしが強いので、手の甲だけ こんがり焼けました。 前回の月山では 首回りが少し広いウェア、日焼け止めを塗らなかったから皮がむけるほど焼けました。 年をとるとなかなか再生しないから気を付けないと。 魅了する稜線、また見たくなる 登りたくなる そんな平標山でした。

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす