石の鼻からあのあたりを見てみた。

2020.08.16(日) 日帰り
よもぎもち
よもぎもち

大普賢岳の中腹にある石の鼻へのぼりました。 家にいても暑いだけなので、標高の高いすずしいところへ行きたくて。 ほんとは大普賢岳までのぼって、その北にある経函石分岐の森でぼーっとしたかったんですけど、午前中は遭難救助で行者還岳の登山道へいってたから、あんまり時間がなかったんです。なので、石の鼻でぼーっとしてました。 登山口にある和佐又山ヒュッテが閉まったのは知ってたけど、もう解体作業がはじまってたんですね。ちょっとだけ、せつなかったです。

駐車場。10台ほど停められます。ついたころには、ほとんどうまっていました。
和佐又山ヒュッテの解体工事をしているからなのか、その前にある駐車場も閉鎖されています。ヒュッテからちょっとおりた、ここが駐車場になっていました。

駐車場。10台ほど停められます。ついたころには、ほとんどうまっていました。 和佐又山ヒュッテの解体工事をしているからなのか、その前にある駐車場も閉鎖されています。ヒュッテからちょっとおりた、ここが駐車場になっていました。

駐車場。10台ほど停められます。ついたころには、ほとんどうまっていました。 和佐又山ヒュッテの解体工事をしているからなのか、その前にある駐車場も閉鎖されています。ヒュッテからちょっとおりた、ここが駐車場になっていました。

クサギの花。黒いアゲハチョウがとびまわっていました。

クサギの花。黒いアゲハチョウがとびまわっていました。

クサギの花。黒いアゲハチョウがとびまわっていました。

こもれびがきれい。山の中にはいらなくても、車道のこもれびだけで満足かも。

こもれびがきれい。山の中にはいらなくても、車道のこもれびだけで満足かも。

こもれびがきれい。山の中にはいらなくても、車道のこもれびだけで満足かも。

和佐又山ヒュッテは解体されている途中でした。駐車場もキャンプ場も閉鎖されています。

和佐又山ヒュッテは解体されている途中でした。駐車場もキャンプ場も閉鎖されています。

和佐又山ヒュッテは解体されている途中でした。駐車場もキャンプ場も閉鎖されています。

トレイも閉鎖されていました。環境省のものなので、ヒュッテは関係ないはず。環境省は相変わらずやる気がないですね。

トレイも閉鎖されていました。環境省のものなので、ヒュッテは関係ないはず。環境省は相変わらずやる気がないですね。

トレイも閉鎖されていました。環境省のものなので、ヒュッテは関係ないはず。環境省は相変わらずやる気がないですね。

登山口まで車道を歩きます。

登山口まで車道を歩きます。

登山口まで車道を歩きます。

キャンプ場。誰もいません。この季節にしては寂しい光景かも。

キャンプ場。誰もいません。この季節にしては寂しい光景かも。

キャンプ場。誰もいません。この季節にしては寂しい光景かも。

登山口へ。

登山口へ。

登山口へ。

登山口。日本遺産の看板が立っています。世界遺産の方がすごいとおもうけど、そのことは書かれてません。

登山口。日本遺産の看板が立っています。世界遺産の方がすごいとおもうけど、そのことは書かれてません。

登山口。日本遺産の看板が立っています。世界遺産の方がすごいとおもうけど、そのことは書かれてません。

歌碑。木々の上にかろうじて見えてるのは大普賢岳。昔はもっと見えてたような気がするけど、木が育ったのかな。

歌碑。木々の上にかろうじて見えてるのは大普賢岳。昔はもっと見えてたような気がするけど、木が育ったのかな。

歌碑。木々の上にかろうじて見えてるのは大普賢岳。昔はもっと見えてたような気がするけど、木が育ったのかな。

森の中はすずしいです。

森の中はすずしいです。

森の中はすずしいです。

コハウチワカエデ。

コハウチワカエデ。

コハウチワカエデ。

おおきなトチノキ。

おおきなトチノキ。

おおきなトチノキ。

ブナの木。

ブナの木。

ブナの木。

和佐又のコル。

和佐又のコル。

和佐又のコル。

分岐。左は無双洞、水簾の滝へおりる道です。岩本新道を経由して笙の窟へいくこともできます。右の尾根道へいきます。

分岐。左は無双洞、水簾の滝へおりる道です。岩本新道を経由して笙の窟へいくこともできます。右の尾根道へいきます。

分岐。左は無双洞、水簾の滝へおりる道です。岩本新道を経由して笙の窟へいくこともできます。右の尾根道へいきます。

巨樹ふれあいルートへの分岐。何年か前に村役場がつけた道みたいですけど、ちゃんとのこってるのかな?手入れされてるのかな?
以前、和佐又山ヒュッテの人に聞いたら、そんな道はしらないといわれてしまいました。

巨樹ふれあいルートへの分岐。何年か前に村役場がつけた道みたいですけど、ちゃんとのこってるのかな?手入れされてるのかな? 以前、和佐又山ヒュッテの人に聞いたら、そんな道はしらないといわれてしまいました。

巨樹ふれあいルートへの分岐。何年か前に村役場がつけた道みたいですけど、ちゃんとのこってるのかな?手入れされてるのかな? 以前、和佐又山ヒュッテの人に聞いたら、そんな道はしらないといわれてしまいました。

快適な尾根道です。

快適な尾根道です。

快適な尾根道です。

ゆるやかな区間。

ゆるやかな区間。

ゆるやかな区間。

和佐又北周遊ルートへの分岐。これも村がきまぐれにつけた道の残骸なのかな。ウェブサイトに地図も載ってないし、どんな道なんでしょうね。こんどちゃんと調べてみようかな。

和佐又北周遊ルートへの分岐。これも村がきまぐれにつけた道の残骸なのかな。ウェブサイトに地図も載ってないし、どんな道なんでしょうね。こんどちゃんと調べてみようかな。

和佐又北周遊ルートへの分岐。これも村がきまぐれにつけた道の残骸なのかな。ウェブサイトに地図も載ってないし、どんな道なんでしょうね。こんどちゃんと調べてみようかな。

大峯奥駈道の稜線。手前は国見岳、七曜岳、行者還岳。奥には弥山、八経ヶ岳が見えます。

大峯奥駈道の稜線。手前は国見岳、七曜岳、行者還岳。奥には弥山、八経ヶ岳が見えます。

大峯奥駈道の稜線。手前は国見岳、七曜岳、行者還岳。奥には弥山、八経ヶ岳が見えます。

ここから尾根をはずれます。

ここから尾根をはずれます。

ここから尾根をはずれます。

岩の上からはえてるミズナラの木。

岩の上からはえてるミズナラの木。

岩の上からはえてるミズナラの木。

シタンの窟。

シタンの窟。

シタンの窟。

石を削った石段とその先に鉄階段があります。

石を削った石段とその先に鉄階段があります。

石を削った石段とその先に鉄階段があります。

コウモリソウ属のなにか?

コウモリソウ属のなにか?

コウモリソウ属のなにか?

あそこがナメゴ谷でその手前の尾根が午前中に歩いたところ。だから、その上に遭難者がいたみたい。
奥には孔雀岳や釈迦ヶ岳が見えています。

あそこがナメゴ谷でその手前の尾根が午前中に歩いたところ。だから、その上に遭難者がいたみたい。 奥には孔雀岳や釈迦ヶ岳が見えています。

あそこがナメゴ谷でその手前の尾根が午前中に歩いたところ。だから、その上に遭難者がいたみたい。 奥には孔雀岳や釈迦ヶ岳が見えています。

ミカエリソウの群落。

ミカエリソウの群落。

ミカエリソウの群落。

朝日窟。

朝日窟。

朝日窟。

笙の窟。ここからが世界遺産です。

笙の窟。ここからが世界遺産です。

笙の窟。ここからが世界遺産です。

鷲の窟。

鷲の窟。

鷲の窟。

役行者さまがおまつりされています。

役行者さまがおまつりされています。

役行者さまがおまつりされています。

分岐。下へおりると、岩本新道をとおって、和佐又へもどるか無双洞へおりれます。

分岐。下へおりると、岩本新道をとおって、和佐又へもどるか無双洞へおりれます。

分岐。下へおりると、岩本新道をとおって、和佐又へもどるか無双洞へおりれます。

この岩場をのぼります。道はついてるけど、ちょっとこわいです。

この岩場をのぼります。道はついてるけど、ちょっとこわいです。

この岩場をのぼります。道はついてるけど、ちょっとこわいです。

おおきな倒木。ウラジロモミかな。

おおきな倒木。ウラジロモミかな。

おおきな倒木。ウラジロモミかな。

日本岳のコル。

日本岳のコル。

日本岳のコル。

ツルリンドウ?

ツルリンドウ?

ツルリンドウ?

ミヤマママコナ。

ミヤマママコナ。

ミヤマママコナ。

尾根道というより岩の道です。

尾根道というより岩の道です。

尾根道というより岩の道です。

石の鼻からの展望、北西から南東にかけて。北西には大普賢岳がそびえています。

石の鼻からの展望、北西から南東にかけて。北西には大普賢岳がそびえています。

石の鼻からの展望、北西から南東にかけて。北西には大普賢岳がそびえています。

南の方。午前中に遭難救助にいったところも見えています。

南の方。午前中に遭難救助にいったところも見えています。

南の方。午前中に遭難救助にいったところも見えています。

南東の方。手前は日本岳。和佐又山も見えてます。奥には大台ヶ原。今年は例年になく混んでいるそうです。密を避けてきた都会の人たちが密になっているんでしょうね。

南東の方。手前は日本岳。和佐又山も見えてます。奥には大台ヶ原。今年は例年になく混んでいるそうです。密を避けてきた都会の人たちが密になっているんでしょうね。

南東の方。手前は日本岳。和佐又山も見えてます。奥には大台ヶ原。今年は例年になく混んでいるそうです。密を避けてきた都会の人たちが密になっているんでしょうね。

北(ちょっと東寄り?)の方。

北(ちょっと東寄り?)の方。

北(ちょっと東寄り?)の方。

石の鼻の看板。大普賢岳までいく時間もないし、途中ののぼりおりがしんどいから、ここで帰ります。

石の鼻の看板。大普賢岳までいく時間もないし、途中ののぼりおりがしんどいから、ここで帰ります。

石の鼻の看板。大普賢岳までいく時間もないし、途中ののぼりおりがしんどいから、ここで帰ります。

イワタバコの花。おわりかけです。

イワタバコの花。おわりかけです。

イワタバコの花。おわりかけです。

ソバナ?の花。

ソバナ?の花。

ソバナ?の花。

ナガバノコウヤボウキ?の花。

ナガバノコウヤボウキ?の花。

ナガバノコウヤボウキ?の花。

笙の窟にもどってきました。お不動さまがおまつりされています。

笙の窟にもどってきました。お不動さまがおまつりされています。

笙の窟にもどってきました。お不動さまがおまつりされています。

ヒメシャラ?の幹のウロから木がはえています。

ヒメシャラ?の幹のウロから木がはえています。

ヒメシャラ?の幹のウロから木がはえています。

朝日窟。

朝日窟。

朝日窟。

ミカエリソウのつぼみ。花はこれからです。

ミカエリソウのつぼみ。花はこれからです。

ミカエリソウのつぼみ。花はこれからです。

ヤマアジサイ? 花はおわってるけど、装飾花がのこっています。

ヤマアジサイ? 花はおわってるけど、装飾花がのこっています。

ヤマアジサイ? 花はおわってるけど、装飾花がのこっています。

カワチブシの花。まだ咲きはじめ。つぼみがたくさんあります。

カワチブシの花。まだ咲きはじめ。つぼみがたくさんあります。

カワチブシの花。まだ咲きはじめ。つぼみがたくさんあります。

ガマズミの葉っぱ。虫食いの形がおもしろいです。

ガマズミの葉っぱ。虫食いの形がおもしろいです。

ガマズミの葉っぱ。虫食いの形がおもしろいです。

絡みあった木々。

絡みあった木々。

絡みあった木々。

日が傾いてきました。この時間帯のこの尾根が好きです。

日が傾いてきました。この時間帯のこの尾根が好きです。

日が傾いてきました。この時間帯のこの尾根が好きです。

こもれび。上を見ても下を見てもきれいです。

こもれび。上を見ても下を見てもきれいです。

こもれび。上を見ても下を見てもきれいです。

意味ありげな形の岩。

意味ありげな形の岩。

意味ありげな形の岩。

和佐又のコルにもどってきました。

和佐又のコルにもどってきました。

和佐又のコルにもどってきました。

伯母峰の稜線。ちょっと下を大台ヶ原ドライブウェイがとおっています。

伯母峰の稜線。ちょっと下を大台ヶ原ドライブウェイがとおっています。

伯母峰の稜線。ちょっと下を大台ヶ原ドライブウェイがとおっています。

シラカバの木が2本だけ。こんなところにはえてるのが不思議です。

シラカバの木が2本だけ。こんなところにはえてるのが不思議です。

シラカバの木が2本だけ。こんなところにはえてるのが不思議です。

ナナカマドの実。

ナナカマドの実。

ナナカマドの実。

和佐又山ヒュッテ。

和佐又山ヒュッテ。

和佐又山ヒュッテ。

駐車場へもどってきました。ほかの車はほとんどのこってませんでした。

駐車場へもどってきました。ほかの車はほとんどのこってませんでした。

駐車場へもどってきました。ほかの車はほとんどのこってませんでした。

駐車場。10台ほど停められます。ついたころには、ほとんどうまっていました。 和佐又山ヒュッテの解体工事をしているからなのか、その前にある駐車場も閉鎖されています。ヒュッテからちょっとおりた、ここが駐車場になっていました。

クサギの花。黒いアゲハチョウがとびまわっていました。

こもれびがきれい。山の中にはいらなくても、車道のこもれびだけで満足かも。

和佐又山ヒュッテは解体されている途中でした。駐車場もキャンプ場も閉鎖されています。

トレイも閉鎖されていました。環境省のものなので、ヒュッテは関係ないはず。環境省は相変わらずやる気がないですね。

登山口まで車道を歩きます。

キャンプ場。誰もいません。この季節にしては寂しい光景かも。

登山口へ。

登山口。日本遺産の看板が立っています。世界遺産の方がすごいとおもうけど、そのことは書かれてません。

歌碑。木々の上にかろうじて見えてるのは大普賢岳。昔はもっと見えてたような気がするけど、木が育ったのかな。

森の中はすずしいです。

コハウチワカエデ。

おおきなトチノキ。

ブナの木。

和佐又のコル。

分岐。左は無双洞、水簾の滝へおりる道です。岩本新道を経由して笙の窟へいくこともできます。右の尾根道へいきます。

巨樹ふれあいルートへの分岐。何年か前に村役場がつけた道みたいですけど、ちゃんとのこってるのかな?手入れされてるのかな? 以前、和佐又山ヒュッテの人に聞いたら、そんな道はしらないといわれてしまいました。

快適な尾根道です。

ゆるやかな区間。

和佐又北周遊ルートへの分岐。これも村がきまぐれにつけた道の残骸なのかな。ウェブサイトに地図も載ってないし、どんな道なんでしょうね。こんどちゃんと調べてみようかな。

大峯奥駈道の稜線。手前は国見岳、七曜岳、行者還岳。奥には弥山、八経ヶ岳が見えます。

ここから尾根をはずれます。

岩の上からはえてるミズナラの木。

シタンの窟。

石を削った石段とその先に鉄階段があります。

コウモリソウ属のなにか?

あそこがナメゴ谷でその手前の尾根が午前中に歩いたところ。だから、その上に遭難者がいたみたい。 奥には孔雀岳や釈迦ヶ岳が見えています。

ミカエリソウの群落。

朝日窟。

笙の窟。ここからが世界遺産です。

鷲の窟。

役行者さまがおまつりされています。

分岐。下へおりると、岩本新道をとおって、和佐又へもどるか無双洞へおりれます。

この岩場をのぼります。道はついてるけど、ちょっとこわいです。

おおきな倒木。ウラジロモミかな。

日本岳のコル。

ツルリンドウ?

ミヤマママコナ。

尾根道というより岩の道です。

石の鼻からの展望、北西から南東にかけて。北西には大普賢岳がそびえています。

南の方。午前中に遭難救助にいったところも見えています。

南東の方。手前は日本岳。和佐又山も見えてます。奥には大台ヶ原。今年は例年になく混んでいるそうです。密を避けてきた都会の人たちが密になっているんでしょうね。

北(ちょっと東寄り?)の方。

石の鼻の看板。大普賢岳までいく時間もないし、途中ののぼりおりがしんどいから、ここで帰ります。

イワタバコの花。おわりかけです。

ソバナ?の花。

ナガバノコウヤボウキ?の花。

笙の窟にもどってきました。お不動さまがおまつりされています。

ヒメシャラ?の幹のウロから木がはえています。

朝日窟。

ミカエリソウのつぼみ。花はこれからです。

ヤマアジサイ? 花はおわってるけど、装飾花がのこっています。

カワチブシの花。まだ咲きはじめ。つぼみがたくさんあります。

ガマズミの葉っぱ。虫食いの形がおもしろいです。

絡みあった木々。

日が傾いてきました。この時間帯のこの尾根が好きです。

こもれび。上を見ても下を見てもきれいです。

意味ありげな形の岩。

和佐又のコルにもどってきました。

伯母峰の稜線。ちょっと下を大台ヶ原ドライブウェイがとおっています。

シラカバの木が2本だけ。こんなところにはえてるのが不思議です。

ナナカマドの実。

和佐又山ヒュッテ。

駐車場へもどってきました。ほかの車はほとんどのこってませんでした。

類似するルートを通った活動日記