青春の馬のように 螺山〜阿武山・権現山〜カガラ山(あき亀山駅→大町駅)

2020.08.14(金) 日帰り
Alpinyue
Alpinyue

活動データ

タイム

06:38

距離

23.3km

上り

1704m

下り

1724m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

36度の最高気温、水分の流失は何んとガーミンの予測で5L。 昨日実際活動前後飲んだ水は5L超えで、一日水飲用量はなんと7L! (個体差ありますが、1日の活動で500mlしか飲まない人逆に尊敬します・・・ 私はどうやらそれなりの運動したら大量に水いるタイプです) 阿武山までは急登、急登、急登の連続でした。 権現山の下の展望地では美しい見晴らしの展望でした。 3時間くらいの睡眠、気温、それと急登にやられて、 権現山の下の展望地で、 計画完成の気持ちが緩んでしまっいました。 そんなに人いないですが(1日阿武山以降5〜6名とあうくらい)、 美しい展望を堪能したいこともあり、 2名に話しかけられて、ゆっくり風景を堪能しながら、 1時間半くらい(間隔を保ちながら)面白くて興味深い話をいただきました。 (最近の半年、人と話す機会大変減少していて、話したい気分でもあったか) それで武田山〜火山〜己斐峠断念したが、 そのままアウトレットに行くのは早すぎて、 諦めの悪い性格なので、やはりカガラ山に釣られてまた山へ。 これはのちに間違った選択だなと思いました。 まず相田からのYAMAP赤線を探したら、いろいろ柵で封鎖され藪深い状態。 だいぶ時間ロスして、本来諦めたらいいですが、 適当に入れる場所で藪のない斜面を取り付いてカガラ山西尾根へ。 カガラ山で着替えて、風に浴びながら、労いの夕陽を楽しんでいたら、 計画変更の故に電車と歩き時間のチェックをしていないと気づき、 調べたら 「わぁー19:01の大町発に乗らないと映画に間に合わないかも!」という状況になりました。 それで18:41分から、カガラ山山頂から走って20分で大町駅まで、 19:01発の電車にギリギリ間に合ったプチ奇跡がありました。 駅付近の赤信号の待ちはとても焦りましたが💧 しかもマスクで走りながらICOCA・PASPYの準備しないと行けないから、 同乗の人にちょっと申し訳ないが、 山頂で着替えたがまた汗をかいでしまいました。 乗車率20%くらいで助かりました。(良い子は真似しないで😅) +++++++++++++++++ 雑談: そもそも大抵の人が諦めてしまう場面で、 走ったら電車に間に合ったとか、こういう経験これまで何回もあったから、 走ったら行けるかもと判断しました。 (もっと余裕を持って計画を立つことに懲りない人ですね😅) 一番印象に残ったのは、中国でバスが渋滞となって、重い荷物も背負いながら、 10分で太原駅から1キロくらい離れたところから全力疾走で列車に間に合ったことでした。 次の電車に乗ればいいじゃんと思う都市圏の人もいるかもしれませんし、 日本人には理解しにくいかもしれませんが、説明すると: 中国の鉄道は基本、大都市を結ぶ長距離輸送(運転走行距離平均1500キロ超え?)です。 基本99%以上が指定席制で、駅間距離大体25キロ以上(ほぼ全ての旅客輸送列車が停車しない駅を除くなら50キロ以上かも?)。 駅構内は日本に比べると巨大で、全ての人が並んで、 荷物と身分証明書のセキュリティーチェックなどがいります。 それが終わっても待ち合わせホールやホームまで歩くのに、 10分くらいかかるのは一般的です。 (例えば太原駅は主要都市駅では小さい方ですが、 4面7+3線で10000人を収容できる待合室があります。) なので一部小さい町を除いて、 基本最低でも発車前の12〜15分くらいに駅の入り口くらいに着かないと、 列車に間に合わないことがほぼ確定です。 (今は高速鉄道がメインになった時代で短縮したかもしれませんが) 一般人の習慣としては、渋滞なども考えて、 発車前の30分〜1時間半までに駅に着くことです。 ++++++++++++++ でもなんだか、その後見た「3年目のデビュー」の「青春の馬」とも、通じ合ったような気がします。 「無謀と言われて 笑われてもいい 立てなくなるまで 走り続けばいい 本能のままに生きてゆく ・・・ 夢が叶う 叶わないかは ずっと先のことだ 今は何も考えずに 無我夢中 目指すんだ 青春の馬」 +++++++++++++++++++++ 一日中、蜘蛛の巣との戦いでもありました。 新しく(古い)Walkingシューズを投入してみたら、防水性はいいですが、 とても黒くて厚い素材で暑いし、落ち葉と砂土の急登に滑りやすいソールで、 今後は冬のハイキングぐらいに使うことにしましょう・・・ ちょっと山とあんまり関連のしない個人趣味が写真に一部含まれています。

阿武山(広島県)・野登呂山 いつも通り、あき亀山駅へはほぼ貸し切り(そもそも通学の便利さを考えた駅と思うが)
いつも通り、あき亀山駅へはほぼ貸し切り(そもそも通学の便利さを考えた駅と思うが)
阿武山(広島県)・野登呂山 ストッパー。電車で三段峡(駅)へ行きたいなー
ストッパー。電車で三段峡(駅)へ行きたいなー
阿武山(広島県)・野登呂山 弘法大師のゆかりの地です
弘法大師のゆかりの地です
阿武山(広島県)・野登呂山 旧三段峡線河戸駅
旧三段峡線河戸駅
阿武山(広島県)・野登呂山 坂を登り始めた途中、白木山。
朝から早々太陽の位置が高いし、気温は28度。
坂を登り始めた途中、白木山。 朝から早々太陽の位置が高いし、気温は28度。
阿武山(広島県)・野登呂山 福王寺山
福王寺山
阿武山(広島県)・野登呂山 これから登る螺山(にしやま)、相当な急登を予想できる
これから登る螺山(にしやま)、相当な急登を予想できる
阿武山(広島県)・野登呂山 全然読めないが、地図からは道なので入りました
全然読めないが、地図からは道なので入りました
阿武山(広島県)・野登呂山 とりあえず結構急登です
とりあえず結構急登です
阿武山(広島県)・野登呂山 倒木の連続、まぁ、通過はそれほど困難ではない
倒木の連続、まぁ、通過はそれほど困難ではない
阿武山(広島県)・野登呂山 螺山にはこういう小さいカエル本当に多いですね
螺山にはこういう小さいカエル本当に多いですね
阿武山(広島県)・野登呂山 頂上
頂上
阿武山(広島県)・野登呂山 案内にある風景はほぼ木にブロック
案内にある風景はほぼ木にブロック
阿武山(広島県)・野登呂山 それの代わり白木山は見える
それの代わり白木山は見える
阿武山(広島県)・野登呂山 プチガレ場
プチガレ場
阿武山(広島県)・野登呂山 注意しないと行き過ぎしそうな入山口
注意しないと行き過ぎしそうな入山口
阿武山(広島県)・野登呂山 写真では伝わりにくいが、この斜面の登り(一応YAMAP赤線ルート)本当に勾配きつくて滑りやすい。両手併用しないと非常に難しい。渕から登った感じ少しありますね😅
写真では伝わりにくいが、この斜面の登り(一応YAMAP赤線ルート)本当に勾配きつくて滑りやすい。両手併用しないと非常に難しい。渕から登った感じ少しありますね😅
阿武山(広島県)・野登呂山 茶臼山も展望少しあります。
茶臼山も展望少しあります。
阿武山(広島県)・野登呂山 城跡です
城跡です
阿武山(広島県)・野登呂山 広島市の山を歩くさん、もちろんここにもいます
広島市の山を歩くさん、もちろんここにもいます
阿武山(広島県)・野登呂山 迷宮気分
迷宮気分
阿武山(広島県)・野登呂山 なんとなく遠回りしました。
ここら辺水泳で人気そう。
このあたり車やバイクめっちゃ飛ばして車道のよそを歩くのはちょっと怖い。クルマレーシング・バイク・自転車の試合・練習ルートにもなっているらしい。
なんとなく遠回りしました。 ここら辺水泳で人気そう。 このあたり車やバイクめっちゃ飛ばして車道のよそを歩くのはちょっと怖い。クルマレーシング・バイク・自転車の試合・練習ルートにもなっているらしい。
阿武山(広島県)・野登呂山 採石・採鉱?なんとなくすごい。
付近の道沿いに、綺麗で大きいニホントカゲ多いが、速い車両が多いので立ち止まって撮るのも怖くなった。
採石・採鉱?なんとなくすごい。 付近の道沿いに、綺麗で大きいニホントカゲ多いが、速い車両が多いので立ち止まって撮るのも怖くなった。
阿武山(広島県)・野登呂山 バス停もなんもないところに多い(水泳・釣り用?)。
バス停もなんもないところに多い(水泳・釣り用?)。
阿武山(広島県)・野登呂山 阿武山登山口
阿武山登山口
阿武山(広島県)・野登呂山 とりあえず、急登
とりあえず、急登
阿武山(広島県)・野登呂山 渓流沿いの急登
渓流沿いの急登
阿武山(広島県)・野登呂山 写真にあるのは、厚くて熱いシューズ。
写真にあるのは、厚くて熱いシューズ。
阿武山(広島県)・野登呂山 切れそうなロープ、要注意です
切れそうなロープ、要注意です
阿武山(広島県)・野登呂山 休憩
休憩
阿武山(広島県)・野登呂山 ようやくついた。もうなんだか疲れを感じたが、頑張るぞ
ようやくついた。もうなんだか疲れを感じたが、頑張るぞ
阿武山(広島県)・野登呂山 スペーシャルゲストの登場です
スペーシャルゲストの登場です
阿武山(広島県)・野登呂山 カバン重いのも疲れの原因なのかな。でもこの天気だと最悪2.5L持って行かないと、逆に浄水器と水場を細く把握しないと・・・
カバン重いのも疲れの原因なのかな。でもこの天気だと最悪2.5L持って行かないと、逆に浄水器と水場を細く把握しないと・・・
阿武山(広島県)・野登呂山 平坦な尾根は得意分野なので、
29分で北阿武山から阿武山到着
平坦な尾根は得意分野なので、 29分で北阿武山から阿武山到着
阿武山(広島県)・野登呂山 八咫烏3のご登場
八咫烏3のご登場
阿武山(広島県)・野登呂山 ツーショット
ツーショット
阿武山(広島県)・野登呂山 阿武山からの展望
阿武山からの展望
阿武山(広島県)・野登呂山 貴船神社
貴船神社
阿武山(広島県)・野登呂山 鳥越峠
鳥越峠
阿武山(広島県)・野登呂山 権現山山頂ちょっと下の休憩場。風強くて気持ちいい。横になって寝たい
権現山山頂ちょっと下の休憩場。風強くて気持ちいい。横になって寝たい
阿武山(広島県)・野登呂山 権現山頂上
権現山頂上
阿武山(広島県)・野登呂山 頂上付近の展望、西中国山地核心部の山見えます
頂上付近の展望、西中国山地核心部の山見えます
阿武山(広島県)・野登呂山 展望地からの眺望、二が城山と松笠山方面。その後ろの左に呉さそう山、右には灰ヶ峰と絵下山(野呂山も)
展望地からの眺望、二が城山と松笠山方面。その後ろの左に呉さそう山、右には灰ヶ峰と絵下山(野呂山も)
阿武山(広島県)・野登呂山 パノラマ、白木山ギリギリで見えません
パノラマ、白木山ギリギリで見えません
阿武山(広島県)・野登呂山 広島市街地の中心と江田島の島山方面
広島市街地の中心と江田島の島山方面
阿武山(広島県)・野登呂山 呉娑々宇山方面
呉娑々宇山方面
阿武山(広島県)・野登呂山 高鉢山方面
高鉢山方面
阿武山(広島県)・野登呂山 広島南アルプス方面、武田山と火山
広島南アルプス方面、武田山と火山
阿武山(広島県)・野登呂山 毘沙門天お参り
毘沙門天お参り
阿武山(広島県)・野登呂山 参道です
参道です
阿武山(広島県)・野登呂山 毘沙門子ねこ
毘沙門子ねこ
阿武山(広島県)・野登呂山 熊注意
熊注意
阿武山(広島県)・野登呂山 毘沙門台駅通過中
毘沙門台駅通過中
阿武山(広島県)・野登呂山 カガラ山の尾根
カガラ山の尾根
阿武山(広島県)・野登呂山 登頂
登頂
阿武山(広島県)・野登呂山 カガラ山頂上、いい雰囲気。
カガラ山頂上、いい雰囲気。
阿武山(広島県)・野登呂山 武田山方面、今日は断念しました。
武田山方面、今日は断念しました。
阿武山(広島県)・野登呂山 何かいます
何かいます
阿武山(広島県)・野登呂山 八咫烏3
八咫烏3
阿武山(広島県)・野登呂山 八咫烏3
八咫烏3
阿武山(広島県)・野登呂山 今日縦走してきた方向、阿武山と白木山のセット。白木山塊の右側に安駄山、一番右は高鉢山の山体。その山体に深い色の部分は、恐らく白木山塊が作った影
今日縦走してきた方向、阿武山と白木山のセット。白木山塊の右側に安駄山、一番右は高鉢山の山体。その山体に深い色の部分は、恐らく白木山塊が作った影
阿武山(広島県)・野登呂山 日の入り
日の入り
阿武山(広島県)・野登呂山 下山前に、頂上を振り返って
下山前に、頂上を振り返って
阿武山(広島県)・野登呂山 下山中(心の声:写真撮っている暇がないの!早く走れ)
(山行本体終わり)
下山中(心の声:写真撮っている暇がないの!早く走れ) (山行本体終わり)
阿武山(広島県)・野登呂山 無事に
無事に
阿武山(広島県)・野登呂山 ジ・アウトレット(ツ)
ジ・アウトレット(ツ)
阿武山(広島県)・野登呂山 電車に乗る?点字ブロックまでお下がりくださいね。
電車に乗る?点字ブロックまでお下がりくださいね。
阿武山(広島県)・野登呂山 やはりガーミンは細かいジッグザッグを入れているので、YAMAPの距離よりはいつも2%〜5%上回り
やはりガーミンは細かいジッグザッグを入れているので、YAMAPの距離よりはいつも2%〜5%上回り
阿武山(広島県)・野登呂山 急登に伴うジッグザッグの例(阿武山北、太田川登山口から)
急登に伴うジッグザッグの例(阿武山北、太田川登山口から)
阿武山(広島県)・野登呂山 汗5L😅💧💦
汗5L😅💧💦

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす