真夏の廃キング 小串硫黄鉱山 この状況はもしかして遭難なのか

2020.08.14(金) 日帰り
Bushmaster
Bushmaster

活動詳細

もっと見る

廃キングは、通常冬枯れの時期に行くものなのですが、例年の夏の軍事イベントは今年は皆無。長梅雨の影響か釣り場の状況も芳しくない。何となく思い付きで小串鉱山跡に行くことにしてしまいました。前々から攻略ルートをシミュレーションはしていたのですが、ここ最近のルート状況の情報が判らないままの山行となってしましました。YAMAPの趣旨からすると、やっちゃいけない行動の範疇にはいるのではないかと思います。山中をさ迷ったわけではないですが、車を停めた場所に予定通り戻れなかったのは、やはり遭難なんかな・・・廃キングは夏場にやるものではありませんね。

破風岳・土鍋山 パルコール嬬恋に車を停めて、ゴンドラで上がります。ゴンドラは朝8時から営業。片道1400円
パルコール嬬恋に車を停めて、ゴンドラで上がります。ゴンドラは朝8時から営業。片道1400円
破風岳・土鍋山 ゴンドラから。おはよう浅間山。
ゴンドラから。おはよう浅間山。
破風岳・土鍋山 パルコール嬬恋の周辺にはハイキングコースがあります。が、この標識から先、土鍋山方面は、初心者にはお勧めできません。
パルコール嬬恋の周辺にはハイキングコースがあります。が、この標識から先、土鍋山方面は、初心者にはお勧めできません。
破風岳・土鍋山 土鍋山。
土鍋山。
破風岳・土鍋山 一応地理院地図には破線表記の道が記されていますが、足元が見えないほど草ボーボーで、ルートファインディングが苦手な人は注意していきましょう。
一応地理院地図には破線表記の道が記されていますが、足元が見えないほど草ボーボーで、ルートファインディングが苦手な人は注意していきましょう。
破風岳・土鍋山 道中、唯一の標識。他に標識は見当たりませんでした。GPSは必携です。意外にも電話が通じるので、多少安心できます。
道中、唯一の標識。他に標識は見当たりませんでした。GPSは必携です。意外にも電話が通じるので、多少安心できます。
破風岳・土鍋山 途中に長野側が良く見える場所がありました。雲が多すぎてなんだかわかりませんが、方向的には左端に御嶽山、中央が穂高、右端は白馬あたりでしょうか。
途中に長野側が良く見える場所がありました。雲が多すぎてなんだかわかりませんが、方向的には左端に御嶽山、中央が穂高、右端は白馬あたりでしょうか。
破風岳・土鍋山 土鍋山に到着。標識はコレだけで素っ気ない。
土鍋山に到着。標識はコレだけで素っ気ない。
破風岳・土鍋山 少し眺めの良い場所に、もう一つ山頂の標識がありました。
少し眺めの良い場所に、もう一つ山頂の標識がありました。
破風岳・土鍋山 おおーっ。毛無峠が見えます。
おおーっ。毛無峠が見えます。
破風岳・土鍋山 そして・・・超有名廃物件「小串硫黄鉱山跡」山頂から少し下ったところの方が良く見えます。
そして・・・超有名廃物件「小串硫黄鉱山跡」山頂から少し下ったところの方が良く見えます。
破風岳・土鍋山 続きまして、隣の破風山に。
続きまして、隣の破風山に。
破風岳・土鍋山 破風山からの小串硫黄鉱山跡。サイコーです。
破風山からの小串硫黄鉱山跡。サイコーです。
破風岳・土鍋山 毛無峠に下って破風山(右端のとんがった部分)を望む。
毛無峠に下って破風山(右端のとんがった部分)を望む。
破風岳・土鍋山 毛無峠から長野側。ここから高山村の高井まで延々と索道が続いていたそうです。
毛無峠から長野側。ここから高山村の高井まで延々と索道が続いていたそうです。
破風岳・土鍋山 有名な毛無峠の索道鉄塔
有名な毛無峠の索道鉄塔
破風岳・土鍋山 しばし愛でる。
しばし愛でる。
破風岳・土鍋山 もちろんここで終わりではありません。鉱山跡に下ります。
もちろんここで終わりではありません。鉱山跡に下ります。
破風岳・土鍋山 意外なパーティーに遭遇。かつての鉱山関係者の親族らしい。慰霊碑まで行ってきたそうです。未就学児らしき小さな子も懸命に歩いてました。
意外なパーティーに遭遇。かつての鉱山関係者の親族らしい。慰霊碑まで行ってきたそうです。未就学児らしき小さな子も懸命に歩いてました。
破風岳・土鍋山 で、その慰霊碑。
昭和12年(1937)大規模な地滑があり、この付近にあった旧作業員宿舎に押し寄せ、245名が亡くなる大事故があったそうです。
で、その慰霊碑。 昭和12年(1937)大規模な地滑があり、この付近にあった旧作業員宿舎に押し寄せ、245名が亡くなる大事故があったそうです。
破風岳・土鍋山 かつての鉱山の様子を刻んだレリーフ。
かつての鉱山の様子を刻んだレリーフ。
破風岳・土鍋山 慰霊碑の近くにある変電所跡。この辺りから毛無峠の下を貫通して、長野側に抜けるトンネルがあるらしいです。
慰霊碑の近くにある変電所跡。この辺りから毛無峠の下を貫通して、長野側に抜けるトンネルがあるらしいです。
破風岳・土鍋山 家族でピクニックな方々も居ました。
家族でピクニックな方々も居ました。
破風岳・土鍋山 坑道跡
坑道跡
破風岳・土鍋山 鉱山から破風山方向。荒廃した鉱山跡と緑の稜線のコントラストが強烈です。
鉱山から破風山方向。荒廃した鉱山跡と緑の稜線のコントラストが強烈です。
破風岳・土鍋山 !!コンクリート工作物が見えます。
!!コンクリート工作物が見えます。
破風岳・土鍋山 キタ――(゚∀゚)――!!選鉱所跡と呼ばれる遺構です。
キタ――(゚∀゚)――!!選鉱所跡と呼ばれる遺構です。
破風岳・土鍋山 谷を挟んでシックナー跡も見えます。シックナーとは、汚泥を分離する装置です。あそこまで行ってみます。
谷を挟んでシックナー跡も見えます。シックナーとは、汚泥を分離する装置です。あそこまで行ってみます。
破風岳・土鍋山 昭和な廃トラックが。
昭和な廃トラックが。
破風岳・土鍋山 シックナー跡そばのタンク
シックナー跡そばのタンク
破風岳・土鍋山 シックナー跡に到達。でかすぎてなんだかわかりませんね。
シックナー跡に到達。でかすぎてなんだかわかりませんね。
破風岳・土鍋山 選鉱所跡まで行ってみます。蟻地獄のような崩れやすい斜面を下り・・・
選鉱所跡まで行ってみます。蟻地獄のような崩れやすい斜面を下り・・・
破風岳・土鍋山 選鉱所跡まで到達。鉄筋コンクリートの梁が崩壊しています。硫黄成分の影響でしょうか。
選鉱所跡まで到達。鉄筋コンクリートの梁が崩壊しています。硫黄成分の影響でしょうか。
破風岳・土鍋山 上の方から。
上の方から。
破風岳・土鍋山 最上部付近の穴
最上部付近の穴
破風岳・土鍋山 選鉱所跡の最上部に到達。
選鉱所跡の最上部に到達。
破風岳・土鍋山 選鉱所跡からシックナー跡。こちらから見ると、シックナー跡は2つあり、かなり大規模なことが判ります。
選鉱所跡からシックナー跡。こちらから見ると、シックナー跡は2つあり、かなり大規模なことが判ります。
破風岳・土鍋山 一応記念撮影。
一応記念撮影。
破風岳・土鍋山 かつての鉱山町の跡。最盛期には従業員とその家族が2000人以上住まわれていたそうです。
かつての鉱山町の跡。最盛期には従業員とその家族が2000人以上住まわれていたそうです。
破風岳・土鍋山 建物は皆倒壊し、瓦礫の山が残るのみ。本当は小学校跡とか、迎賓館跡を探してみたかったのですが、選鉱所跡で時間をかけすぎました。
建物は皆倒壊し、瓦礫の山が残るのみ。本当は小学校跡とか、迎賓館跡を探してみたかったのですが、選鉱所跡で時間をかけすぎました。
破風岳・土鍋山 地理院の地図は、小串鉱山跡から、不動沢川に沿って破線表記の道記載されています。この道を探しているんですが・・・
地理院の地図は、小串鉱山跡から、不動沢川に沿って破線表記の道記載されています。この道を探しているんですが・・・
破風岳・土鍋山 瓦礫の山はありますが、道が判りません。いや正確には道はあった。が、笹が生い茂って進めませんでした。こういう時は旧道とは別に登山者がつけた道があるものなのですが・・
瓦礫の山はありますが、道が判りません。いや正確には道はあった。が、笹が生い茂って進めませんでした。こういう時は旧道とは別に登山者がつけた道があるものなのですが・・
破風岳・土鍋山 道は見つかりません。沢沿いに下ろうかと試みましたが、時間的に途中で暗くなると判断しました。
道は見つかりません。沢沿いに下ろうかと試みましたが、時間的に途中で暗くなると判断しました。
破風岳・土鍋山 あきらめて毛無峠に戻ることにしました。
あきらめて毛無峠に戻ることにしました。
破風岳・土鍋山 廃車。80年代のクレスタか?
廃車。80年代のクレスタか?
破風岳・土鍋山 地図や航空写真を見ると、うねうねと道の記載がありますが、崩落で歩行も困難です。
地図や航空写真を見ると、うねうねと道の記載がありますが、崩落で歩行も困難です。
破風岳・土鍋山 どうにか毛無峠に生還。携帯でタクシーを呼ぶも、まさかの迎車拒否。ドライバーが居ないらしい。マズイ非常にまずい。周りに人は大勢いますが、自分の車に戻れない。水も食糧も無いこの状況は、もしかして遭難と呼ぶのではないか?
どうにか毛無峠に生還。携帯でタクシーを呼ぶも、まさかの迎車拒否。ドライバーが居ないらしい。マズイ非常にまずい。周りに人は大勢いますが、自分の車に戻れない。水も食糧も無いこの状況は、もしかして遭難と呼ぶのではないか?
破風岳・土鍋山 日が暮れる・・・この後万座温泉まで歩く。途中の水場で補給できましたが、事情を説明しても温泉宿はどこも予約無しでは宿泊不可。みんな遭難者に冷たいな。店もなければ自販機も無い。プリンスホテルのロビーの自販機で水を購入させてもらった。結局温泉地の片隅の小屋先で野宿して翌朝タクシーでパルコール嬬恋に戻りました。標高1800mの野宿は、防寒着+カッパ+ビニールシートでも寒かった。
日が暮れる・・・この後万座温泉まで歩く。途中の水場で補給できましたが、事情を説明しても温泉宿はどこも予約無しでは宿泊不可。みんな遭難者に冷たいな。店もなければ自販機も無い。プリンスホテルのロビーの自販機で水を購入させてもらった。結局温泉地の片隅の小屋先で野宿して翌朝タクシーでパルコール嬬恋に戻りました。標高1800mの野宿は、防寒着+カッパ+ビニールシートでも寒かった。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす