剱岳

2020.08.13(木) 2 DAYS
pal
pal

活動データ

タイム

15:31

距離

16.9km

上り

2577m

下り

2575m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

折角のお盆休み、どこかには行きたい。白馬から槍温泉への周回・・・ 通行止めで却下 針ノ木、スバリ・・・ここもアウト 今シーズン、行けない場所が多い。う~ん、どうしよう( ̄▽ ̄;) もたもたしてる間に既に予約が取れない状況になってしまった。今シーズンの受付人数はどこも少なすぎ。 コロナめ~~~ こうなったら、予約なしでテン場無料開放している早月尾根から剱岳にするか・・ 劔沢コースよりもマイナーな為、渋滞も無いだろうし、マイカーだけでアクセスできるので交通費も安価である。 スタート地点となる番場島の駐車場も無料とかなり太っ腹だ。 ただし、早月小屋が閉まってるので全行程分の水分と食料は歩荷しないと水場はどこにも無い。 初日、出発直後から激しい雨。雨雲が通り過ぎるまで車で待機。 今日は早月小屋テン場までだから余裕だろう・・そう思いながら爆睡であるzzz ものすごい豪雨と雷。これ、山頂付近は怖いだろうなぁ。 雨が止んでから再び出発 登る途中に何人か下山の人とスライドする。「もう、山頂まで行ってきたんですか?」 聞くと防風雨と雷が恐ろしくなって撤退してきたとの事。だよなぁ、もし落雷に遭ったらただじゃ済まないだろうな。 その後も度々の雨に降られながらも回復基調にあるとの予報を信じ早月小屋に着く。 ザックの中の保冷バッグに持ってきたハムや焼き鳥、そしてビール。 持ってきた6L近くの水分の内850mlはビールである。無駄な重荷を背負ってるとは思うけど止められないなぁ。 夜、星を見にテントから出る。快晴で満天の星空だ。 運よく月がまだ出てなかったので天の川もめっちゃ綺麗に見えた。 前日よりは数が少なかったかもしれないがペルセウス座流星群も見ることが出来た。 これは日帰り山行では決して見ることの出来ないご褒美である。 もっと見ていたかったが、明日の為に休息が必要なのでテントに潜り込む・・・ 時々ヘッデンの灯りがテントの横を通り過ぎる。 えっ?もうそんな時間か?時計を見るとまだ12時半だった。この時間から登るのか・・すごいな。 その後も何人もの足音を聞きながら寝ていたが、隣のテントがゴソゴソしだす。外はすっかり明るくなっていた。 そろそろ起きなきゃだなぁ。昨日炊いたご飯の残りと味噌汁で朝食を済ませサブザックに必要な物だけ詰め込んでいざ山頂へ。 昨日とはうって変わって最高の天気である。 ↑書いてて思った。 これ、写真内に書いてることと同じやん。(写真の方を先に書くので) ってことで、読んでもいいよ。って人は写真内のコメでよろしく。 一泊の山行だと下山時刻も早め設定でもちろん帰路に就くのも早め。 時間的余裕があるって疲労度も違うものだ。 これだったら帰ってから片付けや洗濯なども今日の内にやってしまえそうだ。 と、思っていたが・・・ 実際は帰るなり荷物もほったらかしのまま爆睡してしまった。 やれやれ、老化には勝てんわい・・

剱岳 意気揚々とスタート
駐車場には既に出発してる人の車が多数停まっていた
意気揚々とスタート 駐車場には既に出発してる人の車が多数停まっていた
剱岳 混雑を避けるためにここから・・
混雑を避けるためにここから・・
剱岳 皆が写真撮るヤツ
しかしこの後、激しい雨に見舞われる
皆が写真撮るヤツ しかしこの後、激しい雨に見舞われる
剱岳 こりゃダメだな。一旦車に戻って計画変更を模索するも、そんなに急にいい案が出るわけもなく・・寝る(笑)
こりゃダメだな。一旦車に戻って計画変更を模索するも、そんなに急にいい案が出るわけもなく・・寝る(笑)
剱岳 ようやくアメダスの雲が取れてきたので再び出発
ようやくアメダスの雲が取れてきたので再び出発
剱岳 遠くに長い滝が・・
あそこから登ろう。等と冗談も。
まだ余裕がある
遠くに長い滝が・・ あそこから登ろう。等と冗談も。 まだ余裕がある
剱岳 そして巨木ゾーンに差し掛かる
そして巨木ゾーンに差し掛かる
剱岳 どれもそのデカさに圧倒される
どれもそのデカさに圧倒される
剱岳 屋久杉並みの年輪形成がなされてるのではなかろうか・・
屋久杉並みの年輪形成がなされてるのではなかろうか・・
剱岳 思わず仏像化してしまう
思わず仏像化してしまう
剱岳 アメダスでは降る予想は無かったのに湿度と気温の関係かどんどん雨雲が湧いてきてそこそこしっかりとした雨に度々遭う羽目に・・
アメダスでは降る予想は無かったのに湿度と気温の関係かどんどん雨雲が湧いてきてそこそこしっかりとした雨に度々遭う羽目に・・
剱岳 下山中の人に撮って頂いた。
私たちが一度出発を止めた時間帯を登ってた人達はあまりの豪雨と雷で次々と撤退していた。
下山中の人に撮って頂いた。 私たちが一度出発を止めた時間帯を登ってた人達はあまりの豪雨と雷で次々と撤退していた。
剱岳 重いザックにフラフラになりながら登りヤマハハコを見て辛さを誤魔化す
重いザックにフラフラになりながら登りヤマハハコを見て辛さを誤魔化す
剱岳 おお!ようやく今日の幕営地が見えた。
いやぁ・・日帰りにしなくてよかったぁ~~。
早速寝床を作り・・
おお!ようやく今日の幕営地が見えた。 いやぁ・・日帰りにしなくてよかったぁ~~。 早速寝床を作り・・
剱岳 飯の用意。ビールがたまらん・・
飯の用意。ビールがたまらん・・
剱岳 しかしこの場所、ブヨがヤバい。かなりあちこちやられまくった。虫除けスプレーしてたんだけどなぁ・・控えめスプレーのおでこが一番やられた
しかしこの場所、ブヨがヤバい。かなりあちこちやられまくった。虫除けスプレーしてたんだけどなぁ・・控えめスプレーのおでこが一番やられた
剱岳 その後、段々と日が沈み・・
その後、段々と日が沈み・・
剱岳 テントの中で寝ていると・・
「星めっちゃ出てますよ」との声
マジ??慌てて外に出てみると
テントの中で寝ていると・・ 「星めっちゃ出てますよ」との声 マジ??慌てて外に出てみると
剱岳 おお!すげぇ!!!
おお!すげぇ!!!
剱岳 天の川もペルセウス座流星群もバッチリだ
流星判るかな??
天の川もペルセウス座流星群もバッチリだ 流星判るかな??
剱岳 これは・・・
流星ではなく飛行機です。
30秒も露光するとチカチカしながら飛んでる飛行機はこうなるんですな
これは・・・ 流星ではなく飛行機です。 30秒も露光するとチカチカしながら飛んでる飛行機はこうなるんですな
剱岳 星空も堪能したのでおやすみ~~
星空も堪能したのでおやすみ~~
剱岳 夜中12時過ぎ頃から登る人の足音を聞き凄いなぁ。と思いながらまた寝る。
夜中12時過ぎ頃から登る人の足音を聞き凄いなぁ。と思いながらまた寝る。
剱岳 明け方の月が今日の晴天を約束してくれてるようだった
明け方の月が今日の晴天を約束してくれてるようだった
剱岳 そろそろ準備をしテントはお留守番で出発
そろそろ準備をしテントはお留守番で出発
剱岳 まだ起ききらない身体にムチ打って登らせる。すっかり日は高いものの
まだ起ききらない身体にムチ打って登らせる。すっかり日は高いものの
剱岳 こっちは山の西側なので直射は免れる
こっちは山の西側なので直射は免れる
剱岳 明け方は寒かったが既に気温は高いので少しでも日差しが少ない方がありがたい
明け方は寒かったが既に気温は高いので少しでも日差しが少ない方がありがたい
剱岳 後ろの山の影が向こうの山にかかって目にも楽しい
後ろの山の影が向こうの山にかかって目にも楽しい
剱岳 明暗が有るほうが山の起伏の様子がはっきり判る
明暗が有るほうが山の起伏の様子がはっきり判る
剱岳 振り返って山頂方面を見上げると
ドピーカン
振り返って山頂方面を見上げると ドピーカン
剱岳 そろそろ森林限界も超えて岩稜帯が増えてくる
そろそろ森林限界も超えて岩稜帯が増えてくる
剱岳 目に入る山が少しずつ下になってくる
目に入る山が少しずつ下になってくる
剱岳 なかなか遊んでますな
なかなか遊んでますな
剱岳 引掛けないように
引掛けないように
剱岳 冬だとこの斜面恐そう~
冬だとこの斜面恐そう~
剱岳 コオニユリ・・と思ったけど多分クルマユリだな。
作り物みたいだ
コオニユリ・・と思ったけど多分クルマユリだな。 作り物みたいだ
剱岳 所々に花を発見
所々に花を発見
剱岳 マツムシソウかな?
マツムシソウかな?
剱岳 ホシガラスも元気にガーガー言っていた
ホシガラスも元気にガーガー言っていた
剱岳 微妙に違う気もするけどトリカブトなのかな??
微妙に違う気もするけどトリカブトなのかな??
剱岳 一歩一歩前進
一歩一歩前進
剱岳 上空の雲の流れがめっちゃ早い
上空の雲の流れがめっちゃ早い
剱岳 時々ガスがかかるものの風で吹き飛ばされるので滞留できずすぐに無くなり
時々ガスがかかるものの風で吹き飛ばされるので滞留できずすぐに無くなり
剱岳 また快晴となる
また快晴となる
剱岳 なので、この空である。
これ以上ないな
なので、この空である。 これ以上ないな
剱岳 例年よりかなり少ないとはいえ別山尾根から登る人はやはり多く人気のほどが伺える
例年よりかなり少ないとはいえ別山尾根から登る人はやはり多く人気のほどが伺える
剱岳 山頂でヨッ!
この真ん中の彼は今回が初アルプスで初テン泊
この最高の状態が初だったらもう間違いなく山中毒だな
山頂でヨッ! この真ん中の彼は今回が初アルプスで初テン泊 この最高の状態が初だったらもう間違いなく山中毒だな
剱岳 いつかこの源次郎尾根から登ってみたい
いつかこの源次郎尾根から登ってみたい
剱岳 広い劔沢キャンプ場もカラフルにテントの花が咲いている
広い劔沢キャンプ場もカラフルにテントの花が咲いている
剱岳 折角来たのでここだけは行っとかないと、劔沢方面に下りていく
折角来たのでここだけは行っとかないと、劔沢方面に下りていく
剱岳 よこばい渋滞(笑)
よこばい渋滞(笑)
剱岳 よこばいは足元が見えづらいところが躊躇を生むんだろうな。思い切って足を下せばちゃんと足掛はある
よこばいは足元が見えづらいところが躊躇を生むんだろうな。思い切って足を下せばちゃんと足掛はある
剱岳 そして梯子を下りて・・
そして梯子を下りて・・
剱岳 たてばいを登る
たてばいを登る
剱岳 単に遊びたいだけ。殆ど無意味な行動である
単に遊びたいだけ。殆ど無意味な行動である
剱岳 楽しいですな
楽しいですな
剱岳 たてばい側からよこばいを見たところ
たてばい側からよこばいを見たところ
剱岳 岩稜帯は楽しくて疲れを忘れるなぁ
岩稜帯は楽しくて疲れを忘れるなぁ
剱岳 イワツメグサも可愛く咲いてます
イワツメグサも可愛く咲いてます
剱岳 地獄谷の湯気かな?
地獄谷の湯気かな?
剱岳 スカイラインも綺麗に見えてる
スカイラインも綺麗に見えてる
剱岳 登るときも見かけた人
日帰りの人、凄いです
登るときも見かけた人 日帰りの人、凄いです
剱岳 太陽と飛行機と初アルプスの彼
絵になってるよ(笑)
太陽と飛行機と初アルプスの彼 絵になってるよ(笑)
剱岳 昼からはガス掛かってきて捜索も困難だろうな。大事無ければいいのだが
昼からはガス掛かってきて捜索も困難だろうな。大事無ければいいのだが
剱岳 ちょっとだけブロッケンになっていた
ちょっとだけブロッケンになっていた

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす