八ヶ岳連峰縦走 初日で撤退(笑)

2020.08.13(木) 日帰り
たか
たか

活動データ

タイム

08:50

距離

14.2km

上り

1618m

下り

1109m

活動詳細

もっと見る

今夏の一大イベントと計画した、『八ヶ岳連峰北から南まで大縦走❗️』体調不良なのか、ザックの重さにか、はたまた序盤のコース仕様でか、呆気なく初日で撤退してきました。 計画は、 DAY1 蓼科山登山口ー蓼科山ー大河原峠ー双子池ー大岳ー北横岳ー三ッ岳ー縞枯山ー茶臼山ー麦草峠ー高見石(テン泊) DAY2 中山ーにゅうー東西天狗岳ー硫黄岳ー横岳ー地蔵の頭ー行者小屋ー阿弥陀岳ー行者小屋(テン泊) DAY3 行者小屋ー地蔵の頭ー赤岳ー権現岳ー編笠山ー屏風山ー観音平 でしたが、結局、北横岳から三ッ岳分岐の時点で、前日うかつに軽い熱中症🥵になった影響?と、約15キロになったザックでアスレチックばりの大岩の岩石帯の登り降りの動きにちょっと疲労が溜まっていた膝も悲鳴をあげつつあり、今後の行程に影響すると判断して横岳で撤退となりました。 一番は、双子池から大岳のルートで心が折れた事が撤退の原因でしょうか。🤣 急登の巨石帯が延々と続き、時にマーカーを見失いルート上を右往左往、重いザックに振られて体力消耗。そのくせ、頭の上はガスガスで眺望も望めず、途中で「なんでこんな事やってるんだろう?」と自問自答でネガティブな考えしか出なくなり初めて山登りが嫌になりました。^_^ 大岳を過ぎて、人とすれ違ったり、人の気配を感じると少し元気がでてきて本日の目的地をコースカットしてでも目指そうと考えましたが、岩石帯でのザックを背負ってのスクワットばりの膝の屈伸運動の繰り返しに、途中での膝のトラブルを考えるとロープウェイで下山するのが最終エスケープ決断ポイントと考え北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅で自分の八ヶ岳連峰縦走は終わりました。(はやっ❗️) また、高負荷トレーニングを積んでリベンジしたいと思います。 また、コロナがなければ山小屋の営業などエイドステーションも充実して歩きやすくなるだろうしコロナ沈静化に期待です。 (山での登山者同士のお喋り自粛ムードや、山小屋での接客など、日常から離れた場所での人とのコミュニケーションが元気を回復する重要な事だと実感の山行でした)

蓼科山・横岳・縞枯山 2泊3日の荷物。
ギアの軽量化はいいんだけれど、食料がどうしても嵩張る。^_^
2泊3日の荷物。 ギアの軽量化はいいんだけれど、食料がどうしても嵩張る。^_^
蓼科山・横岳・縞枯山 で、結局いつも使っている軽量な20リッターザックに収まらず、カリマーの、リッジ(30リッター)になった。ザックの重さも加わり、15キロくらい。
で、結局いつも使っている軽量な20リッターザックに収まらず、カリマーの、リッジ(30リッター)になった。ザックの重さも加わり、15キロくらい。
蓼科山・横岳・縞枯山 6時出発が遅れ。これも、敗因のひとつ?
蓼科山登山口
6時出発が遅れ。これも、敗因のひとつ? 蓼科山登山口
蓼科山・横岳・縞枯山 登山口からイン。初めは、こんな感じでザックの重さに慣れるには良かった。
登山口からイン。初めは、こんな感じでザックの重さに慣れるには良かった。
蓼科山・横岳・縞枯山 まだまだ、朝の清々しさと心ウキウキで足どり軽い。
まだまだ、朝の清々しさと心ウキウキで足どり軽い。
蓼科山・横岳・縞枯山 でたよ、蓼科山は何処からもこんな感じ。
でたよ、蓼科山は何処からもこんな感じ。
蓼科山・横岳・縞枯山 苔むしても、急登と巨岩は同じ。
もう、坦々と無心で登る。
苔むしても、急登と巨岩は同じ。 もう、坦々と無心で登る。
蓼科山・横岳・縞枯山 この看板を置いた子供達は、また蓼科山に登ったのかな〜?
この看板を置いた子供達は、また蓼科山に登ったのかな〜?
蓼科山・横岳・縞枯山 いったん、平になりますが…
いったん、平になりますが…
蓼科山・横岳・縞枯山 また、急登が待っている。
また、急登が待っている。
蓼科山・横岳・縞枯山 山頂が見えてきた〜。
そして、岩場。^_^
山頂が見えてきた〜。 そして、岩場。^_^
蓼科山・横岳・縞枯山 蓼科山山頂〜
ガスガス〜
蓼科山山頂〜 ガスガス〜
蓼科山・横岳・縞枯山 将軍平へ降りる途中。
見えていた、蓼科山荘もガスであっと言う間に見えなくなる。
将軍平へ降りる途中。 見えていた、蓼科山荘もガスであっと言う間に見えなくなる。
蓼科山・横岳・縞枯山 この日は、2,400メートルより上空は常に雲の中といった感じ。
この日は、2,400メートルより上空は常に雲の中といった感じ。
蓼科山・横岳・縞枯山 大河原峠へ向かいます。
大河原峠へ向かいます。
蓼科山・横岳・縞枯山 台風の影響?
倒木と縞枯れ、風の通り道?
自然は奥が深い。
台風の影響? 倒木と縞枯れ、風の通り道? 自然は奥が深い。
蓼科山・横岳・縞枯山 大河原峠を経て双子山山頂に。
こういう足場なら、ペース上がるんだけど…
大河原峠を経て双子山山頂に。 こういう足場なら、ペース上がるんだけど…
蓼科山・横岳・縞枯山 双子池1
双子池1
蓼科山・横岳・縞枯山 双子池2(雄池)
双子池2(雄池)
蓼科山・横岳・縞枯山 双子池ヒュッテ
売店やってました。
双子池ヒュッテ 売店やってました。
蓼科山・横岳・縞枯山 大岳方面へ。
大岳方面へ。
蓼科山・横岳・縞枯山 ひたすらこの岩を乗り越え、飛び越え登る。
コースマーキングを時折り見失いタイムロスも大きかった。
ひたすらこの岩を乗り越え、飛び越え登る。 コースマーキングを時折り見失いタイムロスも大きかった。
蓼科山・横岳・縞枯山 天狗👺の露地
岩石越えは続く。
天狗👺の露地 岩石越えは続く。
蓼科山・横岳・縞枯山 大岳、遠い〜
大岳、遠い〜
蓼科山・横岳・縞枯山 ガスと風の大岳山頂
ガスと風の大岳山頂
蓼科山・横岳・縞枯山 巨石地獄から漸く離脱。
北横岳北峰
巨石地獄から漸く離脱。 北横岳北峰
蓼科山・横岳・縞枯山 首なし地蔵さんにここまでの無事をお礼。
首なし地蔵さんにここまでの無事をお礼。
蓼科山・横岳・縞枯山 南峰。
誰もいな〜い。
南峰。 誰もいな〜い。
蓼科山・横岳・縞枯山 下ってきて、北横岳ヒュッテ近くの七ッ池へ。
下ってきて、北横岳ヒュッテ近くの七ッ池へ。
蓼科山・横岳・縞枯山 今日は、何処もガスでイマイチ。
今日は、何処もガスでイマイチ。
蓼科山・横岳・縞枯山 ここで、まったりし過ぎたかな〜
ここで、まったりし過ぎたかな〜
蓼科山・横岳・縞枯山 当初は、三ッ岳方面に行く予定だったけれど、看板の「岩場で危険です」にあっさり諦める。^_^
当初は、三ッ岳方面に行く予定だったけれど、看板の「岩場で危険です」にあっさり諦める。^_^
蓼科山・横岳・縞枯山 こんな道ならまだまだ歩けるのにな〜っと、歩く。
こんな道ならまだまだ歩けるのにな〜っと、歩く。
蓼科山・横岳・縞枯山 ロープウェイとの分岐。
お迎えを呼んで時間があるので行けるところまで行くことに。
ロープウェイとの分岐。 お迎えを呼んで時間があるので行けるところまで行くことに。
蓼科山・横岳・縞枯山 坪庭散策しながら縞枯山方面に。
坪庭散策しながら縞枯山方面に。
蓼科山・横岳・縞枯山 とりあえず左側へ。
とりあえず左側へ。
蓼科山・横岳・縞枯山 縞枯山荘見える。
いい感じのところだな〜。こんなところでノンビリしたい。
縞枯山荘見える。 いい感じのところだな〜。こんなところでノンビリしたい。
蓼科山・横岳・縞枯山 帰りにコーヒーでも飲もうと思っていたけど、帰る時には閉まってました。
帰りにコーヒーでも飲もうと思っていたけど、帰る時には閉まってました。
蓼科山・横岳・縞枯山 雨池峠に到着。
雨池峠に到着。
蓼科山・横岳・縞枯山 人も来そうもないので、ザックをデポして身一つで雨池山へ。
人も来そうもないので、ザックをデポして身一つで雨池山へ。
蓼科山・横岳・縞枯山 片道15分の道のり、荷物無ければあっという間。軽量と言うことはどこまで行けるということか。
片道15分の道のり、荷物無ければあっという間。軽量と言うことはどこまで行けるということか。
蓼科山・横岳・縞枯山 雨池峠に再び到着。見える登山道は縞枯山へのルート。この先のコース状況リサーチしておいて、巨石帯が無ければ高見石まで行けたかも。と、帰ってから軽く悔やむ🤣
雨池峠に再び到着。見える登山道は縞枯山へのルート。この先のコース状況リサーチしておいて、巨石帯が無ければ高見石まで行けたかも。と、帰ってから軽く悔やむ🤣
蓼科山・横岳・縞枯山 後ろ髪を引かれる思いでロープウェイの山頂駅に。
この時点では、お迎え車で麦草峠までワープする事も考えたが…
後ろ髪を引かれる思いでロープウェイの山頂駅に。 この時点では、お迎え車で麦草峠までワープする事も考えたが…
蓼科山・横岳・縞枯山 一週間後の白山も考えとりあえず今日は帰ることとする。
一週間後の白山も考えとりあえず今日は帰ることとする。
蓼科山・横岳・縞枯山 しかし、お迎えが道に迷いなかなかこないので麓駅でコケモモソフトいただく。
おつかれ山❗️
しかし、お迎えが道に迷いなかなかこないので麓駅でコケモモソフトいただく。 おつかれ山❗️

活動の装備

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす