山陰海岸つぎはぎカヤック 浦富海岸~諸寄

2020.08.12(水) 日帰り
ハマKBT
ハマKBT

 最終3日目。昨夜は諸寄の駐車場で車中泊。感謝。いつものようにお礼のトイレットペーパーを置いていく。ここから自転車で、浦富海岸へ。地図で見てもそうとうぐねぐねした道だったので、覚悟をしていたが、なかなかの坂。ただ、思ったほどではなくクリア。日頃のトレーニングのおかげ? 景色は昨日と同じぐらいいい感じだ。  浦富に到着。ここに自転車を置いて、カヤックでスタート。  浦富海岸の有名な絶景に負けず、今日のルートの岩壁も素晴らしかった。最終日ということで、距離は短めだったので、景色を楽しみながらゆっくり進んだ。大満足。漁船も多く、挨拶しながら進む。洞窟も何か所かあり、入ってみる。やっぱり面白い。昨日よりも波は穏やかだったので、昨日以上に岩場は近くまでいけ、しっかり楽しめた。  思ったよりも早くゴール近くまで来たので、近くの砂浜に上陸し、ここで、昼食&シュノーケリング。やっぱりこれがいい。近くにジェットスキーの業者があるのだろう、砂浜にジェットスキーにお客さんを乗せて何人か上陸してきた。これはこれで、面白そう。   ゴールの諸寄の海岸に到着。駐車場のすぐ近くなので、片付けも効率がよい。  まだ時間が早かったので、次回のために、車で余部まで行ってみることにした。ここからカヤックが出入りできるか 車中泊ができそうな駐車場はあるかを現地に行って確かめてみたかったのだ。行ってみると、道の駅があったり、カヤックが出艇できそうなスロープもあったりと、次回はここになりそう。余部と言えば、余部鉄橋。しかし、鉄橋は古くなったため、コンクリートの新しい橋になっていた。せっかくなので、鉄道写真も撮ることにした。昔の鉄橋の時に撮りたかった~。  その後、自転車をとりに浦富海岸に行く。その後、昨日と同じ鳥取市内の温泉に入ろうと行ってみると、お休みだった。仕方がないので、益田への帰りの途中羽合温泉によって汗をながした。今回3日間『山陰海岸つぎはぎカヤック』をして、ついに、鳥取県の海岸線をクリアして、兵庫県に入ることができた。次はいつになるか、まだ未定だが・・・(天候、海の状況、休みがぴったりと合わないといけない)今からとても楽しみ。  コロナ騒動で、なかなか遠征や、人の多いところには行きにくい夏だったが、『山陰海岸つぎはぎカヤック』は基本ソロであるし、車中泊でもあるので密になることはほとんどないので、この夏はカヤックザンマイだった。この夏もう一回ぐらいあるかも・・・(笑)

 諸寄の無料駐車場 感謝

 諸寄の無料駐車場 感謝

 諸寄の無料駐車場 感謝

いつもの感謝のしるし。トイレットペーパーを置いておく。。

いつもの感謝のしるし。トイレットペーパーを置いておく。。

いつもの感謝のしるし。トイレットペーパーを置いておく。。

今日の海は、3日間で一番穏やか。

今日の海は、3日間で一番穏やか。

今日の海は、3日間で一番穏やか。

自転車で、浦富海岸まで行く途中、気になる建物・・・。

自転車で、浦富海岸まで行く途中、気になる建物・・・。

自転車で、浦富海岸まで行く途中、気になる建物・・・。

道路からみる景色もいい。

道路からみる景色もいい。

道路からみる景色もいい。

自撮り~

自撮り~

自撮り~

浜坂のマンホール。

浜坂のマンホール。

浜坂のマンホール。

地図で見たらぐねぐねの道。実際にもぐねぐねだが、思ったより普通に上れた。

地図で見たらぐねぐねの道。実際にもぐねぐねだが、思ったより普通に上れた。

地図で見たらぐねぐねの道。実際にもぐねぐねだが、思ったより普通に上れた。

綺麗な港。

綺麗な港。

綺麗な港。

浦富海岸に到着。ここに自転車を置いておく。

浦富海岸に到着。ここに自転車を置いておく。

浦富海岸に到着。ここに自転車を置いておく。

カヤックのスタート。

カヤックのスタート。

カヤックのスタート。

さあ、最終日、出発!!

さあ、最終日、出発!!

さあ、最終日、出発!!

昨日の浦富海岸にも負けないぐらいの絶景岩壁が続く。

昨日の浦富海岸にも負けないぐらいの絶景岩壁が続く。

昨日の浦富海岸にも負けないぐらいの絶景岩壁が続く。

今日は、距離が短いので、いつも以上にのんびり進み、景色を楽しむ。

今日は、距離が短いので、いつも以上にのんびり進み、景色を楽しむ。

今日は、距離が短いので、いつも以上にのんびり進み、景色を楽しむ。

いい

いい

いい

漁船があちこちに泊まっている。挨拶をして、奥の洞門に入らせてもらう。

漁船があちこちに泊まっている。挨拶をして、奥の洞門に入らせてもらう。

漁船があちこちに泊まっている。挨拶をして、奥の洞門に入らせてもらう。

いい感じ。

いい感じ。

いい感じ。

結構奥が深い。

結構奥が深い。

結構奥が深い。

奥はこうなっていた。何かの神殿のよう。

奥はこうなっていた。何かの神殿のよう。

奥はこうなっていた。何かの神殿のよう。

出口に向かう。

出口に向かう。

出口に向かう。

ここにも漁船。

ここにも漁船。

ここにも漁船。

絶景~

絶景~

絶景~

絶景~

絶景~

絶景~

人の横顔にも見える。

人の横顔にも見える。

人の横顔にも見える。

いやされる~

いやされる~

いやされる~

自撮り~

自撮り~

自撮り~

ここもいい。

ここもいい。

ここもいい。

探検のよう。

探検のよう。

探検のよう。

ここにも漁船。

ここにも漁船。

ここにも漁船。

やっぱり岩壁が面白い。

やっぱり岩壁が面白い。

やっぱり岩壁が面白い。

狭いところを通るのも面白い。

狭いところを通るのも面白い。

狭いところを通るのも面白い。

自撮り~

自撮り~

自撮り~

洞門にも入る。

洞門にも入る。

洞門にも入る。

中で二つに分かれている。

中で二つに分かれている。

中で二つに分かれている。

綺麗だ~

綺麗だ~

綺麗だ~

ここも。

ここも。

ここも。

こんな感じの岩の島が多い。

こんな感じの岩の島が多い。

こんな感じの岩の島が多い。

ここも綺麗。

ここも綺麗。

ここも綺麗。

絶景スポットを行く。

絶景スポットを行く。

絶景スポットを行く。

楽しい。

楽しい。

楽しい。

ここにも洞門。

ここにも洞門。

ここにも洞門。

にわかプライベートビーチに上陸。

にわかプライベートビーチに上陸。

にわかプライベートビーチに上陸。

ここも綺麗な浜だ。

ここも綺麗な浜だ。

ここも綺麗な浜だ。

ランチタイム。

ランチタイム。

ランチタイム。

近くのジェットスキーの業者がお客さんをつれて上陸してきた。

近くのジェットスキーの業者がお客さんをつれて上陸してきた。

近くのジェットスキーの業者がお客さんをつれて上陸してきた。

本日の軌跡。
46/46

本日の軌跡。

本日の軌跡。

 諸寄の無料駐車場 感謝

いつもの感謝のしるし。トイレットペーパーを置いておく。。

今日の海は、3日間で一番穏やか。

自転車で、浦富海岸まで行く途中、気になる建物・・・。

道路からみる景色もいい。

自撮り~

浜坂のマンホール。

地図で見たらぐねぐねの道。実際にもぐねぐねだが、思ったより普通に上れた。

綺麗な港。

浦富海岸に到着。ここに自転車を置いておく。

カヤックのスタート。

さあ、最終日、出発!!

昨日の浦富海岸にも負けないぐらいの絶景岩壁が続く。

今日は、距離が短いので、いつも以上にのんびり進み、景色を楽しむ。

いい

漁船があちこちに泊まっている。挨拶をして、奥の洞門に入らせてもらう。

いい感じ。

結構奥が深い。

奥はこうなっていた。何かの神殿のよう。

出口に向かう。

ここにも漁船。

絶景~

絶景~

人の横顔にも見える。

いやされる~

自撮り~

ここもいい。

探検のよう。

ここにも漁船。

やっぱり岩壁が面白い。

狭いところを通るのも面白い。

自撮り~

洞門にも入る。

中で二つに分かれている。

綺麗だ~

ここも。

こんな感じの岩の島が多い。

ここも綺麗。

絶景スポットを行く。

楽しい。

ここにも洞門。

にわかプライベートビーチに上陸。

ここも綺麗な浜だ。

ランチタイム。

近くのジェットスキーの業者がお客さんをつれて上陸してきた。

本日の軌跡。