2020_08_小樽天狗山(地蔵コース→自然歩道→ロングラインコース)

2020.08.12(水) 日帰り
TOM
TOM

活動データ

タイム

03:33

距離

5.9km

上り

451m

下り

452m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

お盆休みに入ったが奥さんは普通に仕事。 通勤で車を使うのでコロナということもあり山に行かずにステイホームしていたが好山病の症状が現れ出した。 勤務先に送迎する条件で車を確保、終業迄に行ける山を思案する。 麓からの登ったことが無い小樽天狗山をチョイスし余裕があればジュンチンさんが整備した大曲の三角点を拝みに行く計画を立てる。 【メモ・記録】 ■奥さんを勤務先に送り届け小樽に向かうが車が多く目的地への到着に予定より時間がかかる。 ■ロープウェイを使った家族連れの観光客で賑わう中、10:50山麓駅を出発する。 ■上りは地蔵コースを進む。直ぐに小川の渡渉ある。 ■渡渉後間もなく派手な石仏群が見えてくる。ここがミニお遍路のスタートとなる。 ■派手な石仏群の一体が倒壊、崩れた破片をつなぎ合わすが復旧できなかった。 ■最初は登山道脇に直ぐ見つけることが出来た地蔵仏だったが、「あれ?番号が飛んでる、見落とした」という感じで徐々に見つけづらくなる。 ■管理者が居ない?のか巡礼者が少ないからか、ここのミニお遍路は荒れている。 ■最初は宝探しのような感覚で地蔵探しを楽しんでいたが、荒廃した地蔵さんの姿を見ていると段々悲しい気持ちになってくる。 ■変な使命感に駆られて登山そっちのけで必死に探す。 ■地蔵探しをしている最中にソロの女の子が登って来て「このおっさん、何してるんだろう?」みたいな感じで見られる。 ■順番にみつけられたのは1番~44番まで、以降は欠番があったりバラバラ。  ※17番はスズメバチの巣があった為撮影できず。 ■再び46番から53番まで順番に通り見つかり出すが54番が見つからない。 ■かなりしつこく探すがみつからず、あきらめて歩き出すと首にかけていたタオルが無いの気づく、これは「見捨てずに探してくれ」と地蔵が呼んでるのかと思い、また戻る。 ■タオルは直ぐみつかるが、やはり45番の地蔵みつからず。 ■草が繁茂し出したので58番を最後に地蔵探しをやめる。 ■地蔵コース終わってロングラインコースに合流するとモロに太陽が照り付け暑い、小樽の街並みが見え良い景色。 ■過去に何度か山頂駅は訪れているが山頂(三角点)は初となる。天狗神社脇の自然歩道に入り山頂に向かう。 ■自然歩道と言うが直ぐ隣にはスライダーの遊具があり、スライダーが滑り下りる音や利用者の歓声でうるさい。 ■13:25山頂到着、ザックを下ろし昼食をとる。眺望全く無いが木漏れ日が気持ちい。 ■休憩した後、自然歩道に戻り山頂駅に向かって環状のコースを進む、2箇所ほど休憩所あり。 ■山頂同様に第三展望台も初で、展望台からの朝里川温泉を望む眺望が新鮮でちょっと感動する。 ■さすが観光地、マジマジみるといろんなモノがあり、天狗桜なるものがあるのも初めて知る。 ■地蔵探しで時間を費やしたため大曲に行くのをやめる。 ■下山はロングラインコースを下る。引力に任せてザックザック下る。 ■ロングラインコースを下っているとソロの女の子に追いつき追い抜く。 ■14:26山麓駅到着、下山報告を兼ねて天狗の鐘を鳴らす。 ■知っていたようで知らない山頂を楽しめて晴天で良かったが暑かった。 ■ソロの女の子も下山してきてバスに乗るのかなと思ったらバスに乗らずに道路を歩いて行った。地元の子? ■奥さんを迎えに行くので余裕をもって下山したつもりだったが、お盆で道路が混んでいて自宅に戻りシャワーを浴びたらギリギリになった。

塩谷丸山・於古発山 小樽未来創造高校から望む天狗山。
小樽未来創造高校から望む天狗山。
塩谷丸山・於古発山 山麓駅からスタート。
山麓駅からスタート。
塩谷丸山・於古発山 山麓駅と天狗の鐘。
山麓駅と天狗の鐘。
塩谷丸山・於古発山 山麓駅から続く登山道に向かう。
山麓駅から続く登山道に向かう。
塩谷丸山・於古発山 【登山道の花】
盆花と呼んでいたが正式名はクロコスミア。
【登山道の花】 盆花と呼んでいたが正式名はクロコスミア。
塩谷丸山・於古発山 【登山道の花】
ヒレハリソウ。
子供の頃よくこの花の蜜を吸って遊んだのを思い出す。
【登山道の花】 ヒレハリソウ。 子供の頃よくこの花の蜜を吸って遊んだのを思い出す。
塩谷丸山・於古発山 リフト脇を進む。
リフト脇を進む。
塩谷丸山・於古発山 リフト乗り場から少し上がったところでもう海が見える。
リフト乗り場から少し上がったところでもう海が見える。
塩谷丸山・於古発山 ゲレンデから地蔵コースに入ります。
ゲレンデから地蔵コースに入ります。
塩谷丸山・於古発山 地蔵コースの始まりはこんな感じ。
地蔵コースの始まりはこんな感じ。
塩谷丸山・於古発山 渡渉場。
渡渉場。
塩谷丸山・於古発山 派手な地蔵が見えて来る。
派手な地蔵が見えて来る。
塩谷丸山・於古発山 一体バラバラに倒壊した地蔵さん。
一体バラバラに倒壊した地蔵さん。
塩谷丸山・於古発山 修復を試みるが失敗。
修復を試みるが失敗。
塩谷丸山・於古発山 派手な地蔵①
派手な地蔵①
塩谷丸山・於古発山 派手な地蔵②
派手な地蔵②
塩谷丸山・於古発山 派手な地蔵③
派手な地蔵③
塩谷丸山・於古発山 弘法大師の石像。
弘法大師の石像。
塩谷丸山・於古発山 弘法大師の足元に木仏。
弘法大師の足元に木仏。
塩谷丸山・於古発山 お遍路始まります。
お遍路始まります。
塩谷丸山・於古発山 1番。
1番。
塩谷丸山・於古発山 2番。
2番。
塩谷丸山・於古発山 ?、番号不明。
?、番号不明。
塩谷丸山・於古発山 おそらく3番。
おそらく3番。
塩谷丸山・於古発山 4番。
4番。
塩谷丸山・於古発山 5番。
5番。
塩谷丸山・於古発山 6番。
6番。
塩谷丸山・於古発山 7番。
7番。
塩谷丸山・於古発山 8番。
8番。
塩谷丸山・於古発山 9番。
9番。
塩谷丸山・於古発山 木漏れ陽差す遍路道。
木漏れ陽差す遍路道。
塩谷丸山・於古発山 10番。
10番。
塩谷丸山・於古発山 11番。
11番。
塩谷丸山・於古発山 12番。
12番。
塩谷丸山・於古発山 13番。
13番。
塩谷丸山・於古発山 おそらく14番。
おそらく14番。
塩谷丸山・於古発山 15番。
15番。
塩谷丸山・於古発山 16番。
16番。
塩谷丸山・於古発山 16番と18番の間にあったスズメバチの巣。
ご注意を。
16番と18番の間にあったスズメバチの巣。 ご注意を。
塩谷丸山・於古発山 18番。
18番。
塩谷丸山・於古発山 19番。
19番。
塩谷丸山・於古発山 20番。
20番。
塩谷丸山・於古発山 21番。
※2体存在。
21番。 ※2体存在。
塩谷丸山・於古発山 22番。
22番。
塩谷丸山・於古発山 23番
23番
塩谷丸山・於古発山 24番。
24番。
塩谷丸山・於古発山 25番。
25番。
塩谷丸山・於古発山 26番。
26番。
塩谷丸山・於古発山 27番。
27番。
塩谷丸山・於古発山 28番。
28番。
塩谷丸山・於古発山 29番。
29番。
塩谷丸山・於古発山 30番。
30番。
塩谷丸山・於古発山 31番。
31番。
塩谷丸山・於古発山 32番。
32番。
塩谷丸山・於古発山 33番。
33番。
塩谷丸山・於古発山 34番
34番
塩谷丸山・於古発山 35番。
35番。
塩谷丸山・於古発山 36番。
36番。
塩谷丸山・於古発山 37番。
37番。
塩谷丸山・於古発山 38番。
38番。
塩谷丸山・於古発山 39番。
39番。
塩谷丸山・於古発山 松尾坂番所について記した石柱と思われる。
松尾坂番所について記した石柱と思われる。
塩谷丸山・於古発山 40番。
40番。
塩谷丸山・於古発山 41番。
41番。
塩谷丸山・於古発山 42番。
42番。
塩谷丸山・於古発山 43番。
43番。
塩谷丸山・於古発山 44番。
44番。
塩谷丸山・於古発山 不明。
不明。
塩谷丸山・於古発山 番外25番。
番外25番。
塩谷丸山・於古発山 番外67番。
番外67番。
塩谷丸山・於古発山 不明。
不明。
塩谷丸山・於古発山 46番。
46番。
塩谷丸山・於古発山 47番。
47番。
塩谷丸山・於古発山 48番。
48番。
塩谷丸山・於古発山 49番。
49番。
塩谷丸山・於古発山 50番。
50番。
塩谷丸山・於古発山 笹薮の中に、、、
笹薮の中に、、、
塩谷丸山・於古発山 51番発見。
これを見つけたときは、なぜかホッとした気持ちになった。
51番発見。 これを見つけたときは、なぜかホッとした気持ちになった。
塩谷丸山・於古発山 52番。
52番。
塩谷丸山・於古発山 53番。
53番。
塩谷丸山・於古発山 56番。
56番。
塩谷丸山・於古発山 58番。
地蔵コースの地蔵尊は自分で確認とれたものでこれが最後。
以降は、スキーコースの開発の為、山頂の天狗山神社脇に移設されたらしい。
この情報を後で知ったので山頂の地蔵さんは撮影していない。
58番。 地蔵コースの地蔵尊は自分で確認とれたものでこれが最後。 以降は、スキーコースの開発の為、山頂の天狗山神社脇に移設されたらしい。 この情報を後で知ったので山頂の地蔵さんは撮影していない。
塩谷丸山・於古発山 草がボウボウになってくる。
草がボウボウになってくる。
塩谷丸山・於古発山 地蔵コースから唯一見える景色。
地蔵コースから唯一見える景色。
塩谷丸山・於古発山 ロングラインコースを食いだる上半身裸の男性。
一瞬ブッシュマンかと思った。
ロングラインコースを食いだる上半身裸の男性。 一瞬ブッシュマンかと思った。
塩谷丸山・於古発山 ロングラインコースを登ります。
ロングラインコースを登ります。
塩谷丸山・於古発山 おそらく電気ケーブルの地下埋設表記。
おそらく電気ケーブルの地下埋設表記。
塩谷丸山・於古発山 リフト山頂駅が見えて来た。
リフト山頂駅が見えて来た。
塩谷丸山・於古発山 第1展望台からの眺望。
第1展望台からの眺望。
塩谷丸山・於古発山 天狗神社。
パワースポットとのこと。
天狗神社。 パワースポットとのこと。
塩谷丸山・於古発山 弘法大師も祀っている。
この左脇に地蔵さんが複数並んでました。
弘法大師も祀っている。 この左脇に地蔵さんが複数並んでました。
塩谷丸山・於古発山 竜神も祀っている。
竜神も祀っている。
塩谷丸山・於古発山 自然歩道に入ります。
自然歩道に入ります。
塩谷丸山・於古発山 天狗神社の脇を進みます。
天狗神社の脇を進みます。
塩谷丸山・於古発山 自然歩道はこ、んな感じ
自然歩道はこ、んな感じ
塩谷丸山・於古発山 自然歩道から三角点のある山頂に向かいます。
自然歩道から三角点のある山頂に向かいます。
塩谷丸山・於古発山 天狗山山頂到着。
天狗山山頂到着。
塩谷丸山・於古発山 山頂標識。
山頂標識。
塩谷丸山・於古発山 これが噂の三角点信仰です。
自分も賽銭をして無事登頂の感謝を捧げます。
これが噂の三角点信仰です。 自分も賽銭をして無事登頂の感謝を捧げます。
塩谷丸山・於古発山 三等三角点「天狗山」
三等三角点「天狗山」
塩谷丸山・於古発山 朝里のホクレンショップで購入したパン。
本日のランチ。
朝里のホクレンショップで購入したパン。 本日のランチ。
塩谷丸山・於古発山 木漏れ陽が気持ち良い山頂。
木漏れ陽が気持ち良い山頂。
塩谷丸山・於古発山 再び自然歩道を進みます。
再び自然歩道を進みます。
塩谷丸山・於古発山 自然歩道からの眺望。
自然歩道からの眺望。
塩谷丸山・於古発山 第3展望台手前の四阿。
第3展望台手前の四阿。
塩谷丸山・於古発山 第3展望台。
第3展望台。
塩谷丸山・於古発山 第3展望台からの眺望。
第3展望台からの眺望。
塩谷丸山・於古発山 朝里川温泉が良く見える。
朝里川温泉が良く見える。
塩谷丸山・於古発山 第2展望台からの眺望。
第2展望台からの眺望。
塩谷丸山・於古発山 小樽の名士「杉江仙次郎」の銅像。
現:杉商の初代社長。
小樽の名士「杉江仙次郎」の銅像。 現:杉商の初代社長。
塩谷丸山・於古発山 2代目北海道中央バス社長「松川嘉太郎」の銅像。
ここに銅像が建ってるのは天狗山ロープウェイが中央バスグループだからかな?
2代目北海道中央バス社長「松川嘉太郎」の銅像。 ここに銅像が建ってるのは天狗山ロープウェイが中央バスグループだからかな?
塩谷丸山・於古発山 エゾヤマザクラの古木。
通称:天狗桜。
エゾヤマザクラの古木。 通称:天狗桜。
塩谷丸山・於古発山 天狗桜展望台からの眺望。
天狗桜展望台からの眺望。
塩谷丸山・於古発山 鼻をなでると御利益がると言われる「鼻なで天狗」。
コロナ対策でアルコールが設置されている。
鼻をなでると御利益がると言われる「鼻なで天狗」。 コロナ対策でアルコールが設置されている。
塩谷丸山・於古発山 ついついやりたくなる顔出し。
ついついやりたくなる顔出し。
塩谷丸山・於古発山 ロンラインコースからのロープウェイ。
ロンラインコースからのロープウェイ。
塩谷丸山・於古発山 小樽の街並みを眺めながらロングラインコースを下る。
小樽の街並みを眺めながらロングラインコースを下る。
塩谷丸山・於古発山 ロングラインコースから山頂を見上げる。
ロングラインコースから山頂を見上げる。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす