山陰海岸つぎはぎカヤック 賀露~浦富海岸

2020.08.11(火) 日帰り

 昨夜は、熱帯夜、何度も目が覚めた。今日は、天気予報では、波がやや高そうということで、朝、まずは、ゴール予定の浦富海岸に行って波の様子を見てみる。思ったより穏やか、これなら大丈夫そう。駐車スペースにもどり、ここから自転車で、賀露の海岸へ向かう。途中、鳥取砂丘に寄ってみる、何度見てもなかなかのスケール感。今日は、カヤックで海から上陸する予定。賀露に到着。さっそく波の様子を見てみる。ここも、思ったよりは波がなく安心。準備をして、出艇。とは言っても、沖に出ると、昨日の波よりも高く複雑。慎重に漕ぎ進めていく。  鳥取砂丘は、遠くからでもよくわかる。そこを目指して進む。ここは波があり、上陸するとき、ちょっとしたサーフィン状態。これもまた、楽しい。ここで、しばし、砂丘の様子を楽しむ。出艇するとき、波に対して垂直に出るのだが、ちょっとバランスを崩し、失敗しかけ、だいぶ艇の中に海水が入る。沖に出て安定したところで、ポンプで水を出す。  浦富海岸に向かう途中、何やら水しぶきが・・・アジか何かが飛び跳ねている。そして、その後ろに三角の背びれが・・・小型ではあったが、確かにサメ。カヤックを始めて初めてのサメ遭遇。大きいのもいるのかちょっと不安になるが、それ以後、サメ出没せず。  その後、浦富海岸の絶景コースに突入。どこに行っても絶景と言う感じ。波がやや高かったが、それでもゆっくりと景色を楽しみながら進む。ここはお勧め。遊覧船も頻繁に通るので、ニアミスしないように、遊覧船の通れないような狭いところを進む。(こういうところが実は面白い)  途中の海岸に上陸し、ランチタイム&シュノーケリング。  しっかり楽しんで、再びスタート。後半も、絶景巡り。いい!!  浦富海岸に到着。明日も、ここからスタートするので、カヤックを引き上げ流されないようなところに置いてロープでつないでおく。ここから、1.5キロ徒歩で、自動車のところへ行く。  駐車した場所につくと、他にも何台か停まっていた。ここから、自転車をとりに、再び賀露の海水浴場へ向かう。  その後、最終日のゴール場所を決めるため・・・・こういうアバウトさ、いや、臨機応変さが大事! グーグルアースで海岸線を探す。最初は、余部が候補になったが、さすがに最終日にしては遠すぎると考え、結局浜坂あたりにすることにした。夕食と、温泉に入ってその後、実際に駐車スペースと砂浜の両方があるような場所を探しながら車で移動した。結局、諸寄に決定。なんと、この時期なのに、海水浴場のすぐ横にある駐車場が無料だったし、トイレも完備していた。これはありがたい。ここが最終のゴール、そして、ここで車中泊をすることにした。前の晩ほどではないが、この日も結構暑く寝苦しかったが、なんとか就寝。朝方は逆に涼しくなってブランケットをかけた。 最終日も楽しみだ。

昨夜は暑かった~~

昨夜は暑かった~~

昨夜は暑かった~~

道の駅にお礼のトイレットペーパーを置いておく。

道の駅にお礼のトイレットペーパーを置いておく。

道の駅にお礼のトイレットペーパーを置いておく。

海の様子を確認してから浦富海岸から1.5キロのところの駐車スペースに到着。ここから自転車で賀露に向かう。

海の様子を確認してから浦富海岸から1.5キロのところの駐車スペースに到着。ここから自転車で賀露に向かう。

海の様子を確認してから浦富海岸から1.5キロのところの駐車スペースに到着。ここから自転車で賀露に向かう。

自転車用の道路の表示。

自転車用の道路の表示。

自転車用の道路の表示。

福部のマンホール。

福部のマンホール。

福部のマンホール。

鳥取砂丘。

鳥取砂丘。

鳥取砂丘。

やっぱり広い。

やっぱり広い。

やっぱり広い。

賀露に到着。

賀露に到着。

賀露に到着。

ここに自転車を置かせてもらう。

ここに自転車を置かせてもらう。

ここに自転車を置かせてもらう。

カヤックスタート。

カヤックスタート。

カヤックスタート。

灯台も絵になる。

灯台も絵になる。

灯台も絵になる。

鳥取砂丘が見えてきた。

鳥取砂丘が見えてきた。

鳥取砂丘が見えてきた。

波の様子もこれなら上陸できそう。

波の様子もこれなら上陸できそう。

波の様子もこれなら上陸できそう。

いつものポーズ。

いつものポーズ。

いつものポーズ。

綺麗だ~

綺麗だ~

綺麗だ~

海から鳥取砂丘を見てみる。人が小さく見える。

海から鳥取砂丘を見てみる。人が小さく見える。

海から鳥取砂丘を見てみる。人が小さく見える。

サメとの遭遇。感覚をたよりに動画をアップで撮ったので、画面の中に入っていなかった。これがちょっとだけ入った画像。

サメとの遭遇。感覚をたよりに動画をアップで撮ったので、画面の中に入っていなかった。これがちょっとだけ入った画像。

サメとの遭遇。感覚をたよりに動画をアップで撮ったので、画面の中に入っていなかった。これがちょっとだけ入った画像。

ここから絶景コース・

ここから絶景コース・

ここから絶景コース・

綺麗~~

綺麗~~

綺麗~~

いい!

いい!

いい!

自撮り~

自撮り~

自撮り~

遊覧船に配慮しながら進む。

遊覧船に配慮しながら進む。

遊覧船に配慮しながら進む。

綺麗だ~

綺麗だ~

綺麗だ~

洞門があれば、当然通過!気持ちいい。

洞門があれば、当然通過!気持ちいい。

洞門があれば、当然通過!気持ちいい。

波は結構ある。

波は結構ある。

波は結構ある。

入りに行くでしょう。

入りに行くでしょう。

入りに行くでしょう。

楽しい!!

楽しい!!

楽しい!!

ここも。

ここも。

ここも。

シーカヤックには最高なロケーション。

シーカヤックには最高なロケーション。

シーカヤックには最高なロケーション。

癒される~~

癒される~~

癒される~~

グレイト!!

グレイト!!

グレイト!!

のんびりのんびり進む。

のんびりのんびり進む。

のんびりのんびり進む。

何枚も写真を撮る。

何枚も写真を撮る。

何枚も写真を撮る。

洞門が多い。

洞門が多い。

洞門が多い。

ここも行ってみよう。

ここも行ってみよう。

ここも行ってみよう。

綺麗な空間が広がる。

綺麗な空間が広がる。

綺麗な空間が広がる。

癒される~~

癒される~~

癒される~~

上陸。

上陸。

上陸。

ランチタイム。

ランチタイム。

ランチタイム。

再びカヤックでスタート

再びカヤックでスタート

再びカヤックでスタート

三角な岩が並ぶ。

三角な岩が並ぶ。

三角な岩が並ぶ。

狭いところを通るのが面白い。

狭いところを通るのが面白い。

狭いところを通るのが面白い。

こんなところも。

こんなところも。

こんなところも。

洞門に入る。

洞門に入る。

洞門に入る。

ゴール近くも絶景。

ゴール近くも絶景。

ゴール近くも絶景。

浦富海水浴場に到着。今年は閉鎖で、海水浴客はほとんどいない。

浦富海水浴場に到着。今年は閉鎖で、海水浴客はほとんどいない。

浦富海水浴場に到着。今年は閉鎖で、海水浴客はほとんどいない。

岩美町のマンホール。

岩美町のマンホール。

岩美町のマンホール。

駐車スペースまで歩く。

駐車スペースまで歩く。

駐車スペースまで歩く。

本日の軌跡。
49/49

本日の軌跡。

本日の軌跡。

昨夜は暑かった~~

道の駅にお礼のトイレットペーパーを置いておく。

海の様子を確認してから浦富海岸から1.5キロのところの駐車スペースに到着。ここから自転車で賀露に向かう。

自転車用の道路の表示。

福部のマンホール。

鳥取砂丘。

やっぱり広い。

賀露に到着。

ここに自転車を置かせてもらう。

カヤックスタート。

灯台も絵になる。

鳥取砂丘が見えてきた。

波の様子もこれなら上陸できそう。

いつものポーズ。

綺麗だ~

海から鳥取砂丘を見てみる。人が小さく見える。

サメとの遭遇。感覚をたよりに動画をアップで撮ったので、画面の中に入っていなかった。これがちょっとだけ入った画像。

ここから絶景コース・

綺麗~~

いい!

自撮り~

遊覧船に配慮しながら進む。

綺麗だ~

洞門があれば、当然通過!気持ちいい。

波は結構ある。

入りに行くでしょう。

楽しい!!

ここも。

シーカヤックには最高なロケーション。

癒される~~

グレイト!!

のんびりのんびり進む。

何枚も写真を撮る。

洞門が多い。

ここも行ってみよう。

綺麗な空間が広がる。

癒される~~

上陸。

ランチタイム。

再びカヤックでスタート

三角な岩が並ぶ。

狭いところを通るのが面白い。

こんなところも。

洞門に入る。

ゴール近くも絶景。

浦富海水浴場に到着。今年は閉鎖で、海水浴客はほとんどいない。

岩美町のマンホール。

駐車スペースまで歩く。

本日の軌跡。