甲武信ヶ岳・日本百名山アタック

2020.08.10(月) 日帰り
のりちゃん
のりちゃん

活動データ

タイム

09:13

距離

16.6km

上り

1418m

下り

1416m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

本日は山の日ということで本格登山をしたく、久々に日本百名山にアタックしました☀️ コロナウイルスの問題もあるのであまり遠い山に登る訳にも行かず、一応"埼玉県でもある"甲武信ヶ岳を目指すことにしました。(登山口は長野ですがw) この甲武信ヶ岳、コースタイムが長く日帰りでは難関ですが、毛木平〜甲武信ヶ岳の往復で7.5時間と、ギリギリ行けるかなと思い、アタックすることにしました。 標高差も1000mを超えてくるため、個人的には未だかつてない苛酷なチャレンジでした。 今回はケガによる遭難はしたくないと思い、普段より慎重に進みましたが、それでも予定よりかなり早く山頂に到着できました😃 思ったより時間が余ったので、お隣にある埼玉県最高峰の「三宝山」に立ち寄り、そのままルートを変更して十文字峠まで縦走登山を行いました。 登山口から甲武信ヶ岳までは特に難所はありませんが、三宝山から十文字峠までの縦走は、鎖場や断崖、岩場など、ややスリルのある区間も登場するため、油断しないように。 慎重に行けば問題ないですが、それでも落ちると助からない区間があるのでちょっと怖いです😓 晴れていたので山頂は絶景でした!☀️ さすが百名山といった感じ、もっと甲武信ヶ岳付近の稜線歩きをしてみたかったです。 また今度来よう。今度は西沢渓谷側から上がるのもアリかな。

甲武信ヶ岳 コースタイムが長い分、5時の行動開始は必須です。
出発を確実に決めるため、前夜入りしてタイマーを4時半にセットして起床しました。
ここでもたついていると行動が遅れ、遭難のリスクが上がっていきます。
コースタイムが長い分、5時の行動開始は必須です。 出発を確実に決めるため、前夜入りしてタイマーを4時半にセットして起床しました。 ここでもたついていると行動が遅れ、遭難のリスクが上がっていきます。
甲武信ヶ岳 最初は車道幅の道です。
準備体操を忘れずに。
最初は車道幅の道です。 準備体操を忘れずに。
甲武信ヶ岳 まっすぐが十文字峠へ、右折で甲武信ヶ岳へ直接向かう⛰️
どちらからでも甲武信ヶ岳に行くことはできます。
まっすぐが十文字峠へ、右折で甲武信ヶ岳へ直接向かう⛰️ どちらからでも甲武信ヶ岳に行くことはできます。
甲武信ヶ岳 コケむした森が広かってます🌲
コケむした森が広かってます🌲
甲武信ヶ岳 気温15℃無いかもしれません。
普通に寒い😅
気温15℃無いかもしれません。 普通に寒い😅
甲武信ヶ岳 進んで行くと、千曲川の源流があるようです。
川が見えますね😃
進んで行くと、千曲川の源流があるようです。 川が見えますね😃
甲武信ヶ岳 ここからひたすら川の近くを遡上していきます。
朝早いのもあって清々しいです😃
ここからひたすら川の近くを遡上していきます。 朝早いのもあって清々しいです😃
甲武信ヶ岳 少し日が射してきました☀️
少し日が射してきました☀️
甲武信ヶ岳 渓流の雰囲気が素晴らしい…
渓流の雰囲気が素晴らしい…
甲武信ヶ岳 ナメ滝というらしいです。
ナメ滝というらしいです。
甲武信ヶ岳 これがナメ滝。岩の上を滑り落ちてますね😯
滑滝ってことかな?
これがナメ滝。岩の上を滑り落ちてますね😯 滑滝ってことかな?
甲武信ヶ岳 ウォータースライダーみたいですw
ウォータースライダーみたいですw
甲武信ヶ岳 さらにコケむした森が広がります🌳
岩についたコケが丸々しててかわいいです🙂
さらにコケむした森が広がります🌳 岩についたコケが丸々しててかわいいです🙂
甲武信ヶ岳 熊がいそうな雰囲気でした。ここで魚を捕まえているかもしれません。
熊鈴は常備しましょう😅
熊がいそうな雰囲気でした。ここで魚を捕まえているかもしれません。 熊鈴は常備しましょう😅
甲武信ヶ岳 コケと渓流、奥入瀬の森の中のよう。
日が射していると、一層雰囲気が増しそうです。
コケと渓流、奥入瀬の森の中のよう。 日が射していると、一層雰囲気が増しそうです。
甲武信ヶ岳 源流の表示がある広場に着きました。
ただ本当の源流の地点までは行けなさそうです。
源流の表示がある広場に着きました。 ただ本当の源流の地点までは行けなさそうです。
甲武信ヶ岳 稜線に出るまでの最後の登り。
斜度が上がり、このコースで一番キツいです
稜線に出るまでの最後の登り。 斜度が上がり、このコースで一番キツいです
甲武信ヶ岳 稜線に出ました!
樹林帯なので眺めは良くありませんが、木々の間から回りの景色がチラ見えしてます(笑)
国師ヶ岳のほうからも来れるみたいですね。
稜線に出ました! 樹林帯なので眺めは良くありませんが、木々の間から回りの景色がチラ見えしてます(笑) 国師ヶ岳のほうからも来れるみたいですね。
甲武信ヶ岳 途中、視界が開けている広場があります⛰️
富士山!!!
途中、視界が開けている広場があります⛰️ 富士山!!!
甲武信ヶ岳 広場はこんな感じ。
狭いですが絶景です!!
広場はこんな感じ。 狭いですが絶景です!!
甲武信ヶ岳 美しい山容ですね⛰️
ちょっと雲海っぽくなってます☀️
富士山は山頂よりこちらのほうが良く見えます。
美しい山容ですね⛰️ ちょっと雲海っぽくなってます☀️ 富士山は山頂よりこちらのほうが良く見えます。
甲武信ヶ岳 甲武信ヶ岳への最後の登りです⛰️
斜度がきつくガレているので気を付けましょう
甲武信ヶ岳への最後の登りです⛰️ 斜度がきつくガレているので気を付けましょう
甲武信ヶ岳 山頂に着きました⛰️
絶景!!
山頂に着きました⛰️ 絶景!!
甲武信ヶ岳 9時前の景色です☀️
久々にこういう山岳風景見れましたなあ😃
9時前の景色です☀️ 久々にこういう山岳風景見れましたなあ😃
甲武信ヶ岳 富士山も見えます⛰️
富士山も見えます⛰️
甲武信ヶ岳 甲武信岳の表示。標高2475m
いやー、1000mの標高差はキツかった😅
甲武信岳の表示。標高2475m いやー、1000mの標高差はキツかった😅
甲武信ヶ岳 分岐表示です。三宝山は右側、手前が甲武信小屋、西沢渓谷方面。奥は登ってきた道です。
分岐表示です。三宝山は右側、手前が甲武信小屋、西沢渓谷方面。奥は登ってきた道です。
甲武信ヶ岳 三宝山を目指します。
樹林帯で視界は悪くなります。
三宝山を目指します。 樹林帯で視界は悪くなります。
甲武信ヶ岳 三宝山に着きました⛰️
ここが埼玉県の最高峰(2483m)です!
埼玉県民なら一度は来てみたい!
三宝山に着きました⛰️ ここが埼玉県の最高峰(2483m)です! 埼玉県民なら一度は来てみたい!
甲武信ヶ岳 山頂はこんな感じで何もありませんし、見えませんw
普通の広場ですね。
山頂はこんな感じで何もありませんし、見えませんw 普通の広場ですね。
甲武信ヶ岳 他の登山者と情報交換し、ルート変更して稜線歩きをしてみることにしました。
所々こういう倒木が邪魔してます🌲
他の登山者と情報交換し、ルート変更して稜線歩きをしてみることにしました。 所々こういう倒木が邪魔してます🌲
甲武信ヶ岳 でっかい岩がありました。
このあたり、岩山が多いです⛰️基本的にはまき道で横を通れますが
でっかい岩がありました。 このあたり、岩山が多いです⛰️基本的にはまき道で横を通れますが
甲武信ヶ岳 木々の間から景色チラ見え(笑)
木々の間から景色チラ見え(笑)
甲武信ヶ岳 いきなり梯子と鎖場です。
右に落ちると崖で、命を落としかねないので慎重に。
ちょっと怖い😓
いきなり梯子と鎖場です。 右に落ちると崖で、命を落としかねないので慎重に。 ちょっと怖い😓
甲武信ヶ岳 ここも岩場です⛰️
景色はよく見えます
ここも岩場です⛰️ 景色はよく見えます
甲武信ヶ岳 曇ってきましたね…☁️
曇ってきましたね…☁️
甲武信ヶ岳 鎖場を降ります
大したことはないです
鎖場を降ります 大したことはないです
甲武信ヶ岳 眼前にとんでもない岩山が立ち塞がります。
まさかここ登るの!?とヒヤッとしましたが、まき道で横を通れます。
だよね😅
眼前にとんでもない岩山が立ち塞がります。 まさかここ登るの!?とヒヤッとしましたが、まき道で横を通れます。 だよね😅
甲武信ヶ岳 むしろ、先ほどの岩山は表示を消されてます。
危険過ぎて登れないようにしたのかな😓
むしろ、先ほどの岩山は表示を消されてます。 危険過ぎて登れないようにしたのかな😓
甲武信ヶ岳 ここは結構怖いです😣
右が断崖ですが、まっすぐ進みます。
そこまで狭くありませんが、落ちたら即死でしょう😓
バランス崩したりしないように。
ここは結構怖いです😣 右が断崖ですが、まっすぐ進みます。 そこまで狭くありませんが、落ちたら即死でしょう😓 バランス崩したりしないように。
甲武信ヶ岳 大山というところに着きました⛰️
ちょっとだけ休憩して景色を眺めます。
埼玉の大滝方面ですね。
良く見えます☀️
大山というところに着きました⛰️ ちょっとだけ休憩して景色を眺めます。 埼玉の大滝方面ですね。 良く見えます☀️
甲武信ヶ岳 大山の山頂から。
三宝山の方向は曇ってきましたね…☁️
山頂は広めなので一息つけます。
標高は2225m
大山の山頂から。 三宝山の方向は曇ってきましたね…☁️ 山頂は広めなので一息つけます。 標高は2225m
甲武信ヶ岳 十文字峠の方向に進みます。
十文字峠の方向に進みます。
甲武信ヶ岳 鎖場。慎重に降りれば問題ありません。
シャクナゲ?が生えているので断崖の風景ではありません。
安心感があります。
鎖場。慎重に降りれば問題ありません。 シャクナゲ?が生えているので断崖の風景ではありません。 安心感があります。
甲武信ヶ岳 長い鎖場です。
こっちから登るとインパクトがあって怖いので、断念してたかもなあ😅
長い鎖場です。 こっちから登るとインパクトがあって怖いので、断念してたかもなあ😅
甲武信ヶ岳 十文字小屋に着きました。
ここまで来るとホッとする😃
時間が余ったので、かもしか展望台に寄ります。
十文字小屋に着きました。 ここまで来るとホッとする😃 時間が余ったので、かもしか展望台に寄ります。
甲武信ヶ岳 山頂からの景色程ではありませんが、よく見えます。
標高は2000mくらいの地点です。
山頂からの景色程ではありませんが、よく見えます。 標高は2000mくらいの地点です。
甲武信ヶ岳 下りてきました。
この辺の森は雰囲気良いですね🌳
下りてきました。 この辺の森は雰囲気良いですね🌳
甲武信ヶ岳 下山15時
お疲れ様でした!
下山15時 お疲れ様でした!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす