野登呂山で平和に感謝し、茶臼山・螺山。霊泉チョー気持ちE!

2020.08.09(日) 日帰り
takechamps
takechamps

皆さまお疲れ山です。 今日も暑さが気になるので、体調に気を使いながら活動です。 先ずは昨日も登った野登呂山。通ってない登山道から登り、岡田へ下りました。山頂では11時2分まで待って下山しました。 茶臼山と螺山はいずれは阿武山とつなげようと思っていましたが、単独でも十分体力使います。 特に螺山は急な登りは少ないけど、登りっぱなしでメンタルやられてしまいました。 下山中の霊泉気持ちよかったです。もう少し案内板があればいいのにな。 岡田に下山して筒瀬に行く感は運動公園工事中で本来通行止めです。注意してください。 明日は山の日かぁ。3日連続はちょっとむりかな。

今日はここから、上安駅

今日はここから、上安駅

今日はここから、上安駅

グーグルマップのナビだとこの階段を登れと。

グーグルマップのナビだとこの階段を登れと。

グーグルマップのナビだとこの階段を登れと。

階段の途中です。

階段の途中です。

階段の途中です。

登山道に入る前にこの公園で、頭を洗う。

登山道に入る前にこの公園で、頭を洗う。

登山道に入る前にこの公園で、頭を洗う。

キュートなバス。これに乗ってきてもよかったかな。

キュートなバス。これに乗ってきてもよかったかな。

キュートなバス。これに乗ってきてもよかったかな。

この右の道が登山口のようです。

この右の道が登山口のようです。

この右の道が登山口のようです。

登り少し急です。

登り少し急です。

登り少し急です。

尾根に上がるとなだらかで気持ちよい。

尾根に上がるとなだらかで気持ちよい。

尾根に上がるとなだらかで気持ちよい。

Mの前はLです。

Mの前はLです。

Mの前はLです。

鉄塔越しの武田山。

鉄塔越しの武田山。

鉄塔越しの武田山。

山登り当初は、このアングル感動していました。

山登り当初は、このアングル感動していました。

山登り当初は、このアングル感動していました。

最後の登りがんばれ。

最後の登りがんばれ。

最後の登りがんばれ。

ソーシャルディスタンスを守れます。

ソーシャルディスタンスを守れます。

ソーシャルディスタンスを守れます。

野登呂山山頂

野登呂山山頂

野登呂山山頂

昨日は何も見えなかったなぁ。

昨日は何も見えなかったなぁ。

昨日は何も見えなかったなぁ。

三角点。
11時2分になるまで待って西に向けて黙とう。

三角点。 11時2分になるまで待って西に向けて黙とう。

三角点。 11時2分になるまで待って西に向けて黙とう。

「尾根道 岡田へ20分」側に下ります。

「尾根道 岡田へ20分」側に下ります。

「尾根道 岡田へ20分」側に下ります。

葉っぱ多めですが、緩やかに下りていきます。̪この後鹿と出会うもすぐ逃走していきました。

葉っぱ多めですが、緩やかに下りていきます。̪この後鹿と出会うもすぐ逃走していきました。

葉っぱ多めですが、緩やかに下りていきます。̪この後鹿と出会うもすぐ逃走していきました。

ここに出ました。
もっと筒瀬側に出るかと思いました。

ここに出ました。 もっと筒瀬側に出るかと思いました。

ここに出ました。 もっと筒瀬側に出るかと思いました。

舗装道路をかなり歩き、ここで頭を洗う。その2

舗装道路をかなり歩き、ここで頭を洗う。その2

舗装道路をかなり歩き、ここで頭を洗う。その2

太田川まで出ました。
たぶん右が茶臼山、左が螺山。

太田川まで出ました。 たぶん右が茶臼山、左が螺山。

太田川まで出ました。 たぶん右が茶臼山、左が螺山。

柳瀬キャンプ場当たりに登山口がありますが、この看板を通り過ぎそうになります。

柳瀬キャンプ場当たりに登山口がありますが、この看板を通り過ぎそうになります。

柳瀬キャンプ場当たりに登山口がありますが、この看板を通り過ぎそうになります。

登り口からは急な坂ですが、尾根に出てからは緩やかです。

登り口からは急な坂ですが、尾根に出てからは緩やかです。

登り口からは急な坂ですが、尾根に出てからは緩やかです。

分岐です。もちろん山頂に。

分岐です。もちろん山頂に。

分岐です。もちろん山頂に。

茶臼山山頂。

茶臼山山頂。

茶臼山山頂。

三角点

三角点

三角点

可部方面が見えます。

可部方面が見えます。

可部方面が見えます。

ヤマップの赤線はこの斜面を下りるのも登山道になっていますが、パスして元の道を戻ります。

ヤマップの赤線はこの斜面を下りるのも登山道になっていますが、パスして元の道を戻ります。

ヤマップの赤線はこの斜面を下りるのも登山道になっていますが、パスして元の道を戻ります。

分岐を折り返すと。

分岐を折り返すと。

分岐を折り返すと。

石ががんじがらめに。

石ががんじがらめに。

石ががんじがらめに。

ここに出てきました。

ここに出てきました。

ここに出てきました。

ラスボス螺山

ラスボス螺山

ラスボス螺山

すぐ近くに登山口

すぐ近くに登山口

すぐ近くに登山口

はじめはダラダラ坂。

はじめはダラダラ坂。

はじめはダラダラ坂。

喝を入れられました。

喝を入れられました。

喝を入れられました。

水場、枯れています。

水場、枯れています。

水場、枯れています。

少し開けた場所に出ました。
たぶん左から、茶臼山、北あぶさん、あぶさん。

少し開けた場所に出ました。 たぶん左から、茶臼山、北あぶさん、あぶさん。

少し開けた場所に出ました。 たぶん左から、茶臼山、北あぶさん、あぶさん。

もうヘロヘロですが、頑張ります。

もうヘロヘロですが、頑張ります。

もうヘロヘロですが、頑張ります。

ボルトなら10秒かかりません。

ボルトなら10秒かかりません。

ボルトなら10秒かかりません。

やっと到着。

やっと到着。

やっと到着。

三角点

三角点

三角点

申し訳ないが、この絵よくわかりませんし、眺望もありません。

申し訳ないが、この絵よくわかりませんし、眺望もありません。

申し訳ないが、この絵よくわかりませんし、眺望もありません。

あるのは気に括りつけられたマウス。

さあ、木をつけて下山。家に帰るまでが遠足です。

あるのは気に括りつけられたマウス。 さあ、木をつけて下山。家に帰るまでが遠足です。

あるのは気に括りつけられたマウス。 さあ、木をつけて下山。家に帰るまでが遠足です。

湯の山霊泉?
こちらに曲がります。

湯の山霊泉? こちらに曲がります。

湯の山霊泉? こちらに曲がります。

読みにくいが、まっすぐ進めば勝木台団地。

読みにくいが、まっすぐ進めば勝木台団地。

読みにくいが、まっすぐ進めば勝木台団地。

ここも霊泉をめざします。

ここも霊泉をめざします。

ここも霊泉をめざします。

左に進めばすぐ団地のようですが、右に進んで

左に進めばすぐ団地のようですが、右に進んで

左に進めばすぐ団地のようですが、右に進んで

あった。霊泉。
ここで頭を洗う。その3

あった。霊泉。 ここで頭を洗う。その3

あった。霊泉。 ここで頭を洗う。その3

祠もあります。

祠もあります。

祠もあります。

たぶん鉄塔作業用の道を進みます。

たぶん鉄塔作業用の道を進みます。

たぶん鉄塔作業用の道を進みます。

ここに出てきました。

ここに出てきました。

ここに出てきました。

きたあぶさん、あぶさん

きたあぶさん、あぶさん

きたあぶさん、あぶさん

茶臼山、螺山

茶臼山、螺山

茶臼山、螺山

ここで終了。
よく頑張りました。

ここで終了。 よく頑張りました。

ここで終了。 よく頑張りました。

今日はここから、上安駅

グーグルマップのナビだとこの階段を登れと。

階段の途中です。

登山道に入る前にこの公園で、頭を洗う。

キュートなバス。これに乗ってきてもよかったかな。

この右の道が登山口のようです。

登り少し急です。

尾根に上がるとなだらかで気持ちよい。

Mの前はLです。

鉄塔越しの武田山。

山登り当初は、このアングル感動していました。

最後の登りがんばれ。

ソーシャルディスタンスを守れます。

野登呂山山頂

昨日は何も見えなかったなぁ。

三角点。 11時2分になるまで待って西に向けて黙とう。

「尾根道 岡田へ20分」側に下ります。

葉っぱ多めですが、緩やかに下りていきます。̪この後鹿と出会うもすぐ逃走していきました。

ここに出ました。 もっと筒瀬側に出るかと思いました。

舗装道路をかなり歩き、ここで頭を洗う。その2

太田川まで出ました。 たぶん右が茶臼山、左が螺山。

柳瀬キャンプ場当たりに登山口がありますが、この看板を通り過ぎそうになります。

登り口からは急な坂ですが、尾根に出てからは緩やかです。

分岐です。もちろん山頂に。

茶臼山山頂。

三角点

可部方面が見えます。

ヤマップの赤線はこの斜面を下りるのも登山道になっていますが、パスして元の道を戻ります。

分岐を折り返すと。

石ががんじがらめに。

ここに出てきました。

ラスボス螺山

すぐ近くに登山口

はじめはダラダラ坂。

喝を入れられました。

水場、枯れています。

少し開けた場所に出ました。 たぶん左から、茶臼山、北あぶさん、あぶさん。

もうヘロヘロですが、頑張ります。

ボルトなら10秒かかりません。

やっと到着。

三角点

申し訳ないが、この絵よくわかりませんし、眺望もありません。

あるのは気に括りつけられたマウス。 さあ、木をつけて下山。家に帰るまでが遠足です。

湯の山霊泉? こちらに曲がります。

読みにくいが、まっすぐ進めば勝木台団地。

ここも霊泉をめざします。

左に進めばすぐ団地のようですが、右に進んで

あった。霊泉。 ここで頭を洗う。その3

祠もあります。

たぶん鉄塔作業用の道を進みます。

ここに出てきました。

きたあぶさん、あぶさん

茶臼山、螺山

ここで終了。 よく頑張りました。