石立山・北谷遡行と幻の北滝

2020.08.08(土) 日帰り
sanrei30
sanrei30

活動詳細

もっと見る

2011年12月以来、9年ぶりの石立山・北谷❗️ 今回はTさんの希望(自分も気になっていた)により、TさんとYキャプテン、自分の3人にAさんを加えた〔三嶺さんぽくらぶ〕の主要メンバー4人(4人しかいない😅)で決行した。 前回は「ノーヘルに丸腰」で特に問題なかったが、今回は梅雨明け直後で水量が多いと思われること、そして、ここ数年の豪雨や台風による斜面の崩落や谷筋の侵食などが心配されることなどから、ヘルメット、ハーネス、120cmスリング(またはランヤード)、ビレイ器(ATCなど)、安全環付カラビナを個人装備として用意した(カムやロープはYキャプテンにお願い)。 そして、薄日の差す別府峡で前回のトレースと薄れつつある記憶を再確認して、7時39分に駐車場をスタート。次々と現れる岩や壁でボルダリングとクライミングの基礎的な訓練を繰り返しながら山頂を目指した。 北谷を源流へと辿るルートは、深い谷の彼方此方に白い石灰岩が露出し、緑の濃い谷筋は意外と明るく、冷たい水と沢風が蒸し暑さを和らげてくれた。 いくつかの分岐や岩場などのポイントは概ね記憶どおりで迷うことはなかったが、最上部の二股になった核心部は、前回の右俣より山頂に近い左股の北谷源流(源頭部)を攀じ登って稜線に出た。 久しぶりの北谷は適度な緊張感と清涼感で沢登りと岩登りを楽しませてくれた。 そして、何と言っても今回の目玉は、遡行途中の分岐①からオプションで寄り道した左俣支流で初めて目にした幻の滝「(*) 北滝(仮称)」❗️ 丸く削られた滝壺に流れ落ちる優美な瀑布は想定外のサプライズだった❗️ 山頂到着後、お疲れ会のスタート時間が迫っていたので、このメンバーとしては珍しく別府峡側の一般ルートを下山した。 これが良かったのは、コースタムポイントの〔岩場〕を15時過ぎに登る高齢男性を現認して早めの下山を進めると同時にYキャプテンが消防に一報入れておいたこと。 「今晩は待機やね〜😄」などと冗談を言いつつ下山したのだが、冗談抜きで、道に迷って遭難した男性の目撃情報として役立ったようだ。 (その晩は一時強い雨が降ったが、香美市消防が救助に向かい午前3時頃に下山)。 (*)北滝の本当の名称をご存知の方は教えて下さい ■行先・位置 石立山(二等三角点 [石立山] 1707.68m) 高知県香美市・徳島県那賀町/北緯33度47分5秒・東経134度3分18秒 ■コースタイム 別府峡駐車場 550m 7:39(5分)→ 別府峡登山口 560m 7:44(6分)→ 北谷分岐 610m 7:50(8分)→ 竜頭谷 650m 7:58(5分)→ 北谷650m地点 8:03/8:05(7分)→ 690m地点 8:12(登攀具装着)/8:18(2分)→ 700m地点(岩)8:20/8:24(4+5分)→ 720m地点(岩)8:29/8:36(7+3分)→ 760m地点(岩場)8:39/8:43(4+2分)→ 780m地点(滝・ゴルジュ)8:45/8:50(5+2分)→ 800m地点 8:52(休憩)/9:01(11分)→ 840m地点(谷・岩)9:12/9:14(2+12分)→ 910m地点 9:26(休憩)/9:32(13分)→ 分岐①1010m 9:45/9:50(15分)→ 北滝1100m 10:05/10:18(7分)→ 1040m地点 10:25(休憩)/10:40(8分) → 分岐②1080m 10:48/10:49(3分)→ 1120m地点(岩場)10:52/11:03(11 +1分)→ 分岐③1150m 11:04(5分)→ 1180m地点(岩場)11:09/11:23(14+0分)→ 1180m地点(岩の上)11:23(昼食)/12:00(18分)→ 分岐④1350m 12:18/12:20(1分)→ 1390m(岩場)12:21/12:34(13+17分)→ 1490m地点(2011年昼食場所)12:51/13:05(6分)→ 1530m地点 9:54(ルート確認)13:11/13:17(1分)→ 分岐⑤1560m(岩場)13:18/13:35(17+13分)→ 北谷源流点(登山道)1660m 13:48/13:57(4分)→ 石立山 14:01/14:08(10分)→ 西峰 14:18/14:23(17分)→ 標高点1472m 14:40/14:41(14分)→ 1250m地点 14:55/14:57(1分)→ 岩場 1220m 14:58/15:15(26分)→ 竜頭谷渡渉点 850m 15:41(17分)→ 北谷分岐 610m 15:58(4分)→ 別府峡登山口 560m 16:02(4分)→ 別府峡駐車場 550m 16:06 【(*)行き 4時間17分 帰り 1時間33分 計 5時間50分】 *休憩中など移動していない時間は含まない ■コース水平距離:11.3km ■天気:曇り時々晴れ ■楽しさ:★★★★★(満点!)

三嶺・天狗塚・石立山 別府峡の駐車場(標高550m)
石立山の登山者は少ない
別府峡の駐車場(標高550m) 石立山の登山者は少ない
三嶺・天狗塚・石立山 北谷出合を右に見ながら登山口へ(標高560m)
北谷出合を右に見ながら登山口へ(標高560m)
三嶺・天狗塚・石立山 登り始めてすぐの分岐を直進(標高610m)
登り始めてすぐの分岐を直進(標高610m)
三嶺・天狗塚・石立山 竜頭谷を横切る(標高650m)
〔百間滝〕は100mほど上流
竜頭谷を横切る(標高650m) 〔百間滝〕は100mほど上流
三嶺・天狗塚・石立山 北谷遡行スタート!(標高650m)
北谷遡行スタート!(標高650m)
三嶺・天狗塚・石立山 登攀具を準備(標高690m)
ハーネスは軽量なシットハーネスがおすすめ
登攀具を準備(標高690m) ハーネスは軽量なシットハーネスがおすすめ
三嶺・天狗塚・石立山 早速岩登りの練習(標高700m)
早速岩登りの練習(標高700m)
三嶺・天狗塚・石立山 ロープやスリングも使って訓練
ロープやスリングも使って訓練
三嶺・天狗塚・石立山 わざわざ登りにくい所を登る(標高720m)
わざわざ登りにくい所を登る(標高720m)
三嶺・天狗塚・石立山 正面突破がY隊長のルール😅
正面突破がY隊長のルール😅
三嶺・天狗塚・石立山 スリングを使用
スリングを使用
三嶺・天狗塚・石立山 小さな壁(標高760m)
ホーリド、スタンスは十分
小さな壁(標高760m) ホーリド、スタンスは十分
三嶺・天狗塚・石立山 ここは、一応ロープを使っている
ここは、一応ロープを使っている
三嶺・天狗塚・石立山 イワタバコが群生
イワタバコが群生
三嶺・天狗塚・石立山 小さな三段の滝は見覚えがある(標高780m)
小さな三段の滝は見覚えがある(標高780m)
三嶺・天狗塚・石立山 ここは左岸を登る
(uxga)
ここは左岸を登る (uxga)
三嶺・天狗塚・石立山 難しくはない
難しくはない
三嶺・天狗塚・石立山 一段目のゴルジュ
一段目のゴルジュ
三嶺・天狗塚・石立山 深山幽谷の雰囲気
深山幽谷の雰囲気
三嶺・天狗塚・石立山 ゴルジュの先で一休み(標高800m)
ゴルジュの先で一休み(標高800m)
三嶺・天狗塚・石立山 前にもあったような気が・・・
奧にはカツラが見える
前にもあったような気が・・・ 奧にはカツラが見える
三嶺・天狗塚・石立山 激流に痛めつけられたカツラ
激流に痛めつけられたカツラ
三嶺・天狗塚・石立山 通れそう?(標高840m)
通れそう?(標高840m)
三嶺・天狗塚・石立山 苔むす石ころの斜面
苔むす石ころの斜面
三嶺・天狗塚・石立山 ホワイトバレーだな
ホワイトバレーだな
三嶺・天狗塚・石立山 石灰岩のガリー
石灰岩のガリー
三嶺・天狗塚・石立山 ギンバイソウ(銀梅草)は、アジサイ科ギンバイソウ属の多年草
ギンバイソウ(銀梅草)は、アジサイ科ギンバイソウ属の多年草
三嶺・天狗塚・石立山 名前の由来は花の色と形が梅の花に似ているから
名前の由来は花の色と形が梅の花に似ているから
三嶺・天狗塚・石立山 分岐①は石がゴロゴロ
右俣(本流)は右に45度
左俣は左に90度折れて尾根に突き上げる
分岐①は石がゴロゴロ 右俣(本流)は右に45度 左俣は左に90度折れて尾根に突き上げる
三嶺・天狗塚・石立山 左俣を偵察に行くことにした
左俣を偵察に行くことにした
三嶺・天狗塚・石立山 滝❗️❓
滝❗️❓
三嶺・天狗塚・石立山 滝壺は大きなルンゼの中
滝壺は大きなルンゼの中
三嶺・天狗塚・石立山 五段になっている
五段になっている
三嶺・天狗塚・石立山 見上げてパチリ!
見上げてパチリ!
三嶺・天狗塚・石立山 源頭部は標高点1472m付近のコルと西峰の尾根
滝口から稜線まで約350m
源頭部は標高点1472m付近のコルと西峰の尾根 滝口から稜線まで約350m
三嶺・天狗塚・石立山 滝壺の奥から
滝壺の奥から
三嶺・天狗塚・石立山 すごい❗️
すごい❗️
三嶺・天狗塚・石立山 岩が大好きな隊長
滝の周辺の岩肌は脆いようだ
岩が大好きな隊長 滝の周辺の岩肌は脆いようだ
三嶺・天狗塚・石立山 初めての滝壺で記念写真
初めての滝壺で記念写真
三嶺・天狗塚・石立山 ローアングルで滝口を
ローアングルで滝口を
三嶺・天狗塚・石立山 (こんな滝があったとは・・・)
(こんな滝があったとは・・・)
三嶺・天狗塚・石立山 分岐へ引き返す
分岐へ引き返す
三嶺・天狗塚・石立山 再び本流を遡行
再び本流を遡行
三嶺・天狗塚・石立山 分岐②は左俣へ(1080m)
分岐②は左俣へ(1080m)
三嶺・天狗塚・石立山 分岐のすぐ先は見覚えのある岩場
分岐のすぐ先は見覚えのある岩場
三嶺・天狗塚・石立山 最後がちょっと・・・
最後がちょっと・・・
三嶺・天狗塚・石立山 ランヤードはペツルの「デュアル アジャスト コネクト」
ランヤードはペツルの「デュアル アジャスト コネクト」
三嶺・天狗塚・石立山 分岐③は右
分岐③は右
三嶺・天狗塚・石立山 雨が降ると滝になりそうな岩場(標高1180m)
雨が降ると滝になりそうな岩場(標高1180m)
三嶺・天狗塚・石立山 ここも最後かちょっとね・・・
ここも最後かちょっとね・・・
三嶺・天狗塚・石立山 スタンスが取れないので肩を踏んで通過してもらった👌
スタンスが取れないので肩を踏んで通過してもらった👌
三嶺・天狗塚・石立山 岩の上でランチタイム🥤
岩の上でランチタイム🥤
三嶺・天狗塚・石立山 分岐④を右俣へすすむ
分岐④を右俣へすすむ
三嶺・天狗塚・石立山 最後の岩場?
最後の岩場?
三嶺・天狗塚・石立山 ここも上部のホールドが・・・
ここも上部のホールドが・・・
三嶺・天狗塚・石立山 爪先が少しかかる程度のスタンスはある
爪先が少しかかる程度のスタンスはある
三嶺・天狗塚・石立山 前回はループを使わなかったが、あると安心
前回はループを使わなかったが、あると安心
三嶺・天狗塚・石立山 上から見るとけっこう高いゾ💦
上から見るとけっこう高いゾ💦
三嶺・天狗塚・石立山 腰掛け見つけた!
腰掛け見つけた!
三嶺・天狗塚・石立山 谷全体が岩
谷全体が岩
三嶺・天狗塚・石立山 コケが削られて白い
コケが削られて白い
三嶺・天狗塚・石立山 見覚えのある場所に着いた
9年前の昼食会場だ(1490m)
見覚えのある場所に着いた 9年前の昼食会場だ(1490m)
三嶺・天狗塚・石立山 可愛いゲンノショウコが一輪
可愛いゲンノショウコが一輪
三嶺・天狗塚・石立山 もう稜線は近いはず・・・
もう稜線は近いはず・・・
三嶺・天狗塚・石立山 メタカラコウの群生地
メタカラコウの群生地
三嶺・天狗塚・石立山 分岐⑤は前回右俣を登ったが・・・(ブレた)
分岐⑤は前回右俣を登ったが・・・(ブレた)
三嶺・天狗塚・石立山 右俣から左俣を偵察
これを通過したら大丈夫だ
右俣から左俣を偵察 これを通過したら大丈夫だ
三嶺・天狗塚・石立山 ここが最後の核心部か?
ここが最後の核心部か?
三嶺・天狗塚・石立山 Y隊長のギア
Y隊長のギア
三嶺・天狗塚・石立山 上から見ると高い💦
下りは懸垂しないと無理
上から見ると高い💦 下りは懸垂しないと無理
三嶺・天狗塚・石立山 オトギリソウ
オトギリソウ
三嶺・天狗塚・石立山 北谷の「源流点」に到達❗️
北谷の「源流点」に到達❗️
三嶺・天狗塚・石立山 もうすぐ稜線に出る
もうすぐ稜線に出る
三嶺・天狗塚・石立山 前回は少し下方に出た
前回は少し下方に出た
三嶺・天狗塚・石立山 5分で石立山山頂
5分で石立山山頂
三嶺・天狗塚・石立山 さあどこ下る?
さあどこ下る?
三嶺・天狗塚・石立山 時間がないので普通のコースで!
時間がないので普通のコースで!
三嶺・天狗塚・石立山 ゴヨウツツジの紅葉は早い
ゴヨウツツジの紅葉は早い
三嶺・天狗塚・石立山 イケマ❓
同じガガイモ科のイシダテクサタチバナによく似ている❗️
イケマ❓ 同じガガイモ科のイシダテクサタチバナによく似ている❗️
三嶺・天狗塚・石立山 シコクフウロ
シコクフウロ
三嶺・天狗塚・石立山 テバコマンテマ
テバコマンテマ
三嶺・天狗塚・石立山 西峰
西峰
三嶺・天狗塚・石立山 イシダテクサタチバナが繁茂
イシダテクサタチバナが繁茂
三嶺・天狗塚・石立山 アサギマダラがいた
アサギマダラがいた
三嶺・天狗塚・石立山 標高点1472m付近が〔北滝〕の上
標高点1472m付近が〔北滝〕の上
三嶺・天狗塚・石立山 岩場で休んでいると高齢の男性が登ってきた(もう3時だよ・・・)
結局、道迷い遭難で消防が救出することになった
岩場で休んでいると高齢の男性が登ってきた(もう3時だよ・・・) 結局、道迷い遭難で消防が救出することになった
三嶺・天狗塚・石立山 北谷ルート分岐
北谷ルート分岐
三嶺・天狗塚・石立山 4時を少し回ってしまった💦
4時を少し回ってしまった💦
三嶺・天狗塚・石立山 今日もこちらで・・・
今日もこちらで・・・
三嶺・天狗塚・石立山 お疲れ〜❗️
お疲れ〜❗️
三嶺・天狗塚・石立山 よさ恋バナナヴァイツェン
よさ恋バナナヴァイツェン
三嶺・天狗塚・石立山 毎回お願いするピザ🍕
毎回お願いするピザ🍕
三嶺・天狗塚・石立山 お疲れ様でした❗️
お疲れ様でした❗️
三嶺・天狗塚・石立山 桂月 相州誉 山廃純米酒
桂月 相州誉 山廃純米酒
三嶺・天狗塚・石立山 文佳人 純米大吟醸原酒
文佳人 純米大吟醸原酒
三嶺・天狗塚・石立山 鏡野 純米 無濾過生原酒
鏡野 純米 無濾過生原酒

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。