沼津アルプス踏破(原木→沼津)

2020.08.07(金) 日帰り
kio725
kio725

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

青春18切符を使って沼津へ。 三島から伊豆箱根鉄道に乗り換えてたどり着いた原木からスタート。小鮒釣りしかの川を越えてしばらく車道を歩くと右手に登山口。 幅は狭く傾斜はそこそこあるが、下草は比較的少なく歩きやすい。くぬぎの臭いが充満し、カブトムシ発見の期待も高まる。 一方で登りで歩みが遅くなると耳の周りに虫が寄ってきて、登るのと虫を追い払うのでてんやわんや。タオルを帽子と頭の間にはさんで耳の横に垂らして耳をガードしたら即解決。 標高が低いわりに急斜面が多く、この暑さも合間って大平山までの奥沼津アルプスですでにヘロヘロ。大平山からの沼津アルプスは、意識もうろうとしながら気力で乗り切る。 またロープ場が多いのが特徴だが、ロープに頼ると無理な体勢になりがちなので、危ないとき以外はなるべく持たないように注意。 地図では、横山から香貫山へ住宅街を迂回するようなルートだったが、ショートカットの標識を見つけ、体力温存。香貫山では念願の水呑場もあったので、懸念の水不足解消。 香貫山から沼津駅はのんびり歩く予定だったが、熱海からアクティーに乗るため急遽小走りに変更。汗をだらだら流しながら駅到着。 山々の標高と移動距離以上に充実した登山となりました。

活動の装備

  • 登山靴・トレッキングシューズ キャラバン C1_02S 0010106
    キャラバン(caravan)

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす