折立からてっぺん目指してテント泊5日間

2020.08.03(月) 5 DAYS
デラ坊や
デラ坊や

活動データ

タイム

46:32

距離

59.7km

上り

5165m

下り

5423m

活動詳細

もっと見る

2020年最大の山行「雲ノ平縦走」行ってきました!遠くに見える「てっぺん」を目指し、最後にそこを極めて下山する単独行のテント泊5日間です。 62Kmの歩行距離、重量24Kgも自己最高、はたして無事縦走し「てっぺん」に立てたでしょうか? 長いレポになりますが、お付き合いください。 8月3日(月)1日目 毎日あるぺん号にて折立へ、6:00前は林道のゲートが開かないため工事関係車両とともに渋滞して待ちます。定刻6:40着。準備して出発。樹林帯を抜けていくと名物「アラレちゃん」。もうしばらくしたら見えなくなりそうです。周りが開けると景色・道が一変し、お花畑と木道・岩の道になります。太郎平小屋前はベンチもあり広く眺望もよく多くの人が休憩していました。テント受付を申し出ると「現地で」とのことで予約なしのサイトなので取り急ぎ木道を下りテント場へ。しかし、受け付けは15:00以降とのことで、平日のわりに結構賑わっている中いい位置に設営。 時間的にもまだ余裕があったので、薬師岳へのピストン決行。沢沿いの急登を登ると稜線が見えお花畑が見事です。小屋から避難小屋までが浮石が多く見えるのに着かず結構きつい登り。山頂では何も見えず早々に撤退してきました。 テントサイトの水場は無料、トイレは少し離れていますがまずまず、ビールは見慣れないモルツ缶で賞味期限を見たら切れていました。 8月4日(火)2日目 5時出発。太郎平小屋への木道で「てっぺん」確認。まだまだ遠いです。小屋を過ぎると谷を隔てて今日向かう雲ノ平が見えるが、一度降りて登らなければならない。下り降りると木道のお花畑が続く道、花に癒され薬師沢小屋へ。ここでしっかり休憩してこれからの急登に備えます。 つり橋を渡ると長い下りハシゴ、実際こっちの方がスリルありました。急登は大きな岩が点在し、ストックなしの四つん這いの方が登りやすい所が多くあります。兎に角、今回は24Kgの荷物の重さに苦しめられます。木道になると緩やかになりアラスカ庭園。北アルプス北部の山々が迎えてくれます。特に水晶岳は圧巻の美しさで、祖母岳からみる雲ノ平山荘を挟んでの風景は素晴らしいです。 雲ノ平のテントサイトは祖父岳の麓にありますが、広いようで実際は岩が多く、また雨や沢の水の捌けが悪く張れる場所が限定されるので、早めの到着が望ましいと思った。 設営後も時間があったので、山荘近辺やスイス庭園などを散歩。山荘からコロナ観測所へ向かう途中の岩の上は携帯の電波が入りるので、天気予報などもチェック。お花畑、雷鳥にも会え2日目終了。 8月5日(水)3日目 5時出発。西の空に月が北の俣岳か赤城岳の上にありキレイ。祖父岳では今まで来たところと、これから向かうところが両方見え、まさに中間点といった感じ。「てっぺん」が近くなってきました。 予定では水晶岳へピストンする予定でしたが、昨日の急登の疲労が取れずどうにも体が動かないのでパス。水晶岳に向かう人はワリモ北分岐でザックをデポしていました。 鷲羽岳はなんとかクリアしましたが、三俣山荘で大休止。それでも三俣蓮華岳への何でもない登りに疲労困憊。双六岳方面の雲行きも怪しくなってきたので、巻き道経由で双六小屋を目指します。距離も長く小さなアップダウンはありますが、お花畑が見事で次第に体調も回復し、なんとか着きました。 双六小屋のテントサイトは池に向かって南に広くとってあり、下は砂地で環境もいいです。水は有料、今回のテント泊で初めてお金払いました。 8月6日(木)4日目 槍ヶ岳のテントサイトは予約制でなく早いもの勝ち、しかも広くないとの情報だったので、3時40分に出発。ヘッドライトをつけ暗闇を登ると程なくして樅沢岳。朝日に槍ヶ岳が浮かびます。硫黄乗越を過ぎ日が出ると、鏡平山荘の後ろに構える笠が岳の稜線が大きく見え、向かう槍ヶ岳がいよいよ大きくなります。 左俣岳からヘルメット着用で西鎌尾根の核心部に向かいますが、思ったほど険しくありませんでした。千丈沢乗越を過ぎ、最後の登りとなり小屋が見えるがなかなか着きません。小屋を巻いて上がるとついに「てっぺん」が目の前に! ナント!5時間というコースタイム通りで着きました。はやる気持ちを抑えてテント受付すると2番着。設営してさっそく「てっぺん」へ。ヘリの荷揚げが続き、合間を縫って山頂へ向かいます。 さすがに人気の頂です。これでもか!というほど整備されていて、これなら初心者でも登れます。最後の垂直のハシゴを登ると社が見えます。ついに「てっぺん」に立ちました。 コロナの影響か、真夏のこの時期は渋滞する山頂が余裕の人数、しばらくいましたが最低で2人でした。 山荘に下りてもまだ11時前。ご褒美いただき、絶景を眺めテントサイトでゆっくりした時を過ごしました。 8月7日(金)5日目 前夜から風は強かったですが、朝を迎えると横殴りの雨。3000m稜線のテント泊、飛ばされないよう注意して撤収し5時50分出発。千丈沢乗越を過ぎるまでは強風に悩まされますが、以降はひたすら雨の中の山行。運よくこの5日間晴天に恵まれ最終日の下山の日が雨となりラッキーでした。 とはいえ、雨の中標高約2000mを正味6時間半で降りるわけで5日間の疲労もあり体は悲鳴を上げていました。 南沢や滝谷の渡渉は水量に恐怖感があり、増水時は絶対に通っては行けないと感じた。槍平小屋のHPにも出ていた通り滝谷小屋近辺の登山道崩落が激しく、う回路が作られていましたが結構厳しいルートになっていました。 奥穂高登山口からは林道歩き、穂高平小屋からのショートカットは通行止めのため引き続き林道歩きで新穂高温泉へ向かいます。 ロープウェイもあり登山基地ですが、意外とこじんまりしており拍子抜け。中崎山荘で温泉に入り路線バスで平湯から東京に戻る予定でしたが、ナント!予定の路線バスがこの日に限り運休、しかもそのあとのバスも工事のため遅れるとのことで、急遽予定のバスを2本遅らせてなんとか帰ってきました。 自己最長の5日間、最重量24Kgで不安もありましたが、何とか無事に踏破でき天気にも恵まれ絶景にどっぷり浸った大満足の5日間でした。このエリアは広すぎるので、今回行けなかった水晶岳・黒部五郎岳そして高天原温泉とあと2~3会は訪れることになりそうです。

水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 平日でも駐車場はほぼ満車状態
平日でも駐車場はほぼ満車状態
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 キャンプ場にもいくつかのテントがありました
キャンプ場にもいくつかのテントがありました
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 立派なトイレ、この先登山道入り口にもあります
立派なトイレ、この先登山道入り口にもあります
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 名物「アラレちゃん」
名物「アラレちゃん」
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 昭和・平成と過ごしてきた感が
昭和・平成と過ごしてきた感が
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 行く先はガスに覆われている
行く先はガスに覆われている
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 木道を歩きます
木道を歩きます
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 太郎平小屋が見える
太郎平小屋が見える
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 広く多くの人が休憩しています。
広く多くの人が休憩しています。
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 先に見える薬師が岳はガスの中
先に見える薬師が岳はガスの中
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 約1000m登りました。明日行く雲の平が先に見えます。
約1000m登りました。明日行く雲の平が先に見えます。
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 お花畑
お花畑
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 薬師岳の稜線が見えました
薬師岳の稜線が見えました
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 花の量がスゴイです
花の量がスゴイです
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 雲の中、目指す「てっぺん」が見えました。
雲の中、目指す「てっぺん」が見えました。
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 避難小屋への道。ザレている上になかなか着きません。
避難小屋への道。ザレている上になかなか着きません。
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 何も見えず。
何も見えず。
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 太郎平からの道
太郎平からの道
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 薬師峠テントサイト
薬師峠テントサイト
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 満月過ぎたばかりの明るい月
満月過ぎたばかりの明るい月
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 カシオペア
カシオペア
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 月明かりに浮かぶテントサイト
月明かりに浮かぶテントサイト
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 なんか幻想的
なんか幻想的
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 目指す「てっぺん」が見えます。
目指す「てっぺん」が見えます。
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 まだまだ遠い。
まだまだ遠い。
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 黒部五郎岳方面
黒部五郎岳方面
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 今日の目的地雲ノ平。下りてあの高さまで登るんです、ハイ。
今日の目的地雲ノ平。下りてあの高さまで登るんです、ハイ。
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 振り返って太郎平小屋
振り返って太郎平小屋
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 水晶岳方面
水晶岳方面
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 木道沿いのお花畑
木道沿いのお花畑
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 名物!?吊り橋
名物!?吊り橋
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 実際はこのハシゴの方が吊り橋より怖かった。
実際はこのハシゴの方が吊り橋より怖かった。
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 急登バンバレ!って応援されています。
急登バンバレ!って応援されています。
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 アラスカ庭園より
薬師岳の稜線
アラスカ庭園より 薬師岳の稜線
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 アラスカ庭園より
黒部五郎岳
アラスカ庭園より 黒部五郎岳
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 アラスカ庭園より
三俣蓮華方面
アラスカ庭園より 三俣蓮華方面
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 水晶岳
水晶岳
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 槍ヶ岳
槍ヶ岳
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 三俣方面
三俣方面
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 剱岳
剱岳
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 薬師岳
薬師岳
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 薬師岳の稜線、北から南へ、以下3枚連続
薬師岳の稜線、北から南へ、以下3枚連続
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 太郎平小屋が見えます
太郎平小屋が見えます
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 奥日本庭園付近より
奥日本庭園付近より
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 祖父岳と雲ノ平
祖父岳と雲ノ平
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 ザックをデポして山頂へ
ザックをデポして山頂へ
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 水晶岳と雲ノ平小屋。絵になる風景。
水晶岳と雲ノ平小屋。絵になる風景。
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 槍ヶ岳を確認
槍ヶ岳を確認
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 剱岳
剱岳
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 雲の平小屋。特徴的な建物。
雲の平小屋。特徴的な建物。
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 祖父岳とテントサイト
祖父岳とテントサイト
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 テントサイト分岐より水晶岳
テントサイト分岐より水晶岳
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 高天原小屋が見えます。
高天原小屋が見えます。
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 水晶岳の稜線、南より北へ、以下6枚連続
水晶岳の稜線、南より北へ、以下6枚連続
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 雷鳥に遭遇
雷鳥に遭遇
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 水晶岳とお花畑
水晶岳とお花畑
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 コロナ観測所への途中の岩山から
コロナ観測所への途中の岩山から
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 テントサイトのそばでも雷鳥。
テントサイトのそばでも雷鳥。
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 月に照らされる北の俣岳?赤木岳?
月に照らされる北の俣岳?赤木岳?
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 西側、月が残ります
西側、月が残ります
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 テントサイトからの道が通れるとここまで早いんだが。
テントサイトからの道が通れるとここまで早いんだが。
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 「てっぺん」が近くなってきました。
「てっぺん」が近くなってきました。
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 三俣蓮華岳・双六岳
三俣蓮華岳・双六岳
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 三俣山荘・双六小屋・西鎌尾根、その奥に穂高連峰。今日、明日行くルートが見える。
三俣山荘・双六小屋・西鎌尾根、その奥に穂高連峰。今日、明日行くルートが見える。
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 槍ヶ岳と穂高連峰
槍ヶ岳と穂高連峰
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 笠が岳
笠が岳
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 黒部五郎岳
黒部五郎岳
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 薬師岳
薬師岳
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 鷲羽岳
鷲羽岳
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 遠くに剱・立山
遠くに剱・立山
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 雲ノ平山荘が遠くに
雲ノ平山荘が遠くに
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 薬師岳の稜線、以下北へ連続3枚
薬師岳の稜線、以下北へ連続3枚
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 水晶小屋へヘリで荷揚げ中
水晶小屋へヘリで荷揚げ中
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 ワリモ北分岐より岩苔乗越
ワリモ北分岐より岩苔乗越
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 祖父岳の奥に黒部五郎岳。以下北へ連続6枚
祖父岳の奥に黒部五郎岳。以下北へ連続6枚
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 黒部五郎岳の稜線
黒部五郎岳の稜線
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 太郎平小屋が見えます。歩いてきたなあと実感
太郎平小屋が見えます。歩いてきたなあと実感
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 薬師岳の稜線
薬師岳の稜線
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 水晶岳
水晶岳
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 水晶小屋が見えます。
水晶小屋が見えます。
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 これから向かうワリモ岳・鷲羽岳
これから向かうワリモ岳・鷲羽岳
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 鷲羽池と槍ヶ岳
鷲羽池と槍ヶ岳
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 常念??ちょっとわかりません。
常念??ちょっとわかりません。
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 槍・武尊の稜線
槍・武尊の稜線
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 双六岳の奥に笠が岳、左側は焼岳とさらに奥は乗鞍?
双六岳の奥に笠が岳、左側は焼岳とさらに奥は乗鞍?
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 三俣蓮華岳から黒部五郎岳の稜線へ、以下3枚連続
三俣蓮華岳から黒部五郎岳の稜線へ、以下3枚連続
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 黒部五郎岳の稜線
黒部五郎岳の稜線
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 水晶方面
水晶方面
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 水晶岳から野口五郎岳の稜線へ、以下4枚連続
水晶岳から野口五郎岳の稜線へ、以下4枚連続
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 巻き道のお花畑
巻き道のお花畑
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 双六小屋と樅沢岳
双六小屋と樅沢岳
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 夜明け前の槍ヶ岳
夜明け前の槍ヶ岳
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 硫黄乗越を過ぎて日が出る
硫黄乗越を過ぎて日が出る
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 鏡平小屋と笠が岳の稜線
鏡平小屋と笠が岳の稜線
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 左俣岳を過ぎたあたりから
左俣岳を過ぎたあたりから
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 西鎌尾根の来た道を振り返る。以下4枚連続
西鎌尾根の来た道を振り返る。以下4枚連続
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 いよいよターゲット、ロックオン!
いよいよターゲット、ロックオン!
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 登りと下りは一方通行
登りと下りは一方通行
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 荷揚げ中、終わらないと通行できません
荷揚げ中、終わらないと通行できません
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 空に向かう!って感じ
空に向かう!って感じ
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 最後のハシゴ
最後のハシゴ
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 「てっぺん」に立つ!
「てっぺん」に立つ!
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 テントサイトにオレンジの「我が家」確認
テントサイトにオレンジの「我が家」確認
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 笠が岳稜線を西から北へ、以下6枚連続
笠が岳稜線を西から北へ、以下6枚連続
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 今まで歩いてきた山々が一望できます
今まで歩いてきた山々が一望できます
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 穂高方面を南から東へ、以下6枚連続
穂高方面を南から東へ、以下6枚連続
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 南へ 穂高へ続く稜線。いづれは挑戦したい。
南へ 穂高へ続く稜線。いづれは挑戦したい。
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 山頂から直下の眺め
山頂から直下の眺め
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 今日歩いた西鎌尾根の全容
今日歩いた西鎌尾根の全容
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 殺生ヒュッテとヒュッテ大槍
殺生ヒュッテとヒュッテ大槍
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 ご褒美、いただきます!
ご褒美、いただきます!
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 テントサイトからの槍ヶ岳
テントサイトからの槍ヶ岳
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 テントサイトと槍ヶ岳山荘
テントサイトと槍ヶ岳山荘
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 南岳方面
南岳方面
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 常念?
常念?
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 月明かりに浮かぶ槍ヶ岳
月明かりに浮かぶ槍ヶ岳
水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳 槍ヶ岳の上にカシオペア
槍ヶ岳の上にカシオペア

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす