嵯峨山から小鋸山・鋸山

2020.08.03(月) 日帰り

ようやく梅雨明け\(^o^)/ 先月バスの関係で逃した嵯峨山に行ってきました。 嵯峨山からは一度歩いてみたかったマイナールートの郡界尾根を歩いて白狐峠に下り、そこからは何度も歩いた小鋸山、小鋸山稜、林道口から鋸山と歩いて車力道を下山しました。 満を持してのリトライでしたが、予想を越えるアドベンチャーと暑さでヘロヘロになりながらの山歩きとなりました_(_ _)_ツカレタヨ ・小保田バス停~郡界尾根出合  嵯峨山登山口までは車道、林道歩きで問題はありません。分岐には小さいが道標もあるので迷うことはないと思います。登山口となっている小さな空き地あたりが迷うポイント。今の時期はヤブが茂っているので踏み跡を頼りに沢沿いを進むと、沢を渡って尾根に取付くので、そこから先は随所につけられたピンクテープを目印に登ります。道は荒れているのでピンクテープを見逃さないように。 ・郡界尾根~嵯峨山  踏み跡はありますが多数の倒木で途切れがちです。特にスイセンピークへの登りは、踏み跡らしきものをたどりますがルート不明で、倒木を巻いたりくぐったりしながらとにかく上を目指しました。山頂部近くなると踏み跡もはっきりしてきます。コブを二つ越えると石碑の建つスイセンピークに着きますが展望はありません。 嵯峨山への登りは倒木地帯の先から、トラロープの張られた急斜面になります。踏み跡は不明瞭ですが上を目指せば迷うことはないと思います。登り切った嵯峨山山頂も展望はありませんが、少し進んだところに小さな祠が置かれていて、倒木のせいで展望が開けます。 注意を要するのは嵯峨山からの下りです。倒木などでルート不明瞭のため尾根から外れないように下ります。この時は小保田への分岐に気がつかないまま、送電線鉄塔に着いてしまいました。次回機会があれば確認したいと思います。 ・郡界尾根~白狐峠  郡界尾根は昔の千葉国体の登山競技ルートだったようですが、地形図に登山道はなく、歩く人も少ないようです。去年の台風で郡界尾根も大きな被害を受けました。多数の倒木は地元の方がずいぶん処理してくださったのでほぼ問題なく歩けると思います。 郡界尾根ルートは小さなアップダウンが多く、なかなかあなどれません。房総特有の入り組んだ尾根のせいで、大きく曲がる箇所があり、道標やピンクテープを見逃さないように注意が必要です。 郡界尾根から下って、白狐峠に出る手前で少し迷いました。小さな空き地に出ましたが、背の高いカヤに阻まれ、踏み跡をロスト。結局カヤを強引にかき分けてキャニオンの上に出て縁に沿って歩きました。ここにも踏み跡があったので同じような経験をした人がいたのかもしれません。 ・白狐峠~小鋸山~林道口~鋸山~車力道 前回と同じコースです。小鋸山稜に注意すれば問題はないと思います。 梅雨明け直後で気温が高く、嵯峨山ピストンのダメージもあったのか、特に郡界尾根のアップダウンはこたえました。水1.5リットル消費は久しぶりです。 郡界尾根は大丈夫ですが、嵯峨山周辺は、今だ整備の手がほとんど入っておらず、多数の倒木の多くは去年の台風被害そのままです。冬には山麓のスイセンで人気の山ですが、コースが安定するまでしばらくは入山は難しいと思います。 バテバテとはいえ、念願のルートを制覇(^o^) 郡界尾根も涼しい時期なら面白そうなので、冬にリトライしたいと思ってます。とはいえ、今のところは体中がキシんでます(笑) 小保田バス停0809・・・嵯峨山登山口0830・・・郡界尾根出合0851・・・スイセンピーク0921・・・嵯峨山0939[休憩16分]・・・スイセンピーク1017・・・郡界尾根送電線鉄塔1047[休憩5分]・・・屈曲点1102・・・下降点1154・・・白狐峠1209[休憩22分]・・・小鋸山1245[休憩10分]・・・切通1314・・・林道口1352[休憩13分]・・・東ノ肩1434・・・鋸山1453[休憩9分]・・・展望台下1518・・・車力道分岐1526・・・車力道入口1546・・・かぢや旅館1559[休憩46分]・・・浜金谷1651 <歩行10.0km/6時間53分> 往路:津田沼0548発総武内房線快速・・・君津0645着0648発内房線普通・・・保田0734着0757発鋸南町巡回バス青バス・・・小保田0808着 復路:浜金谷1744発内房線普通・・・君津1819着1825発内房総武線快速・・・津田沼1926

ようやく梅雨明け\(^o^)/

ようやく梅雨明け\(^o^)/

ようやく梅雨明け\(^o^)/

保田駅からしゅっぱーつ!

保田駅からしゅっぱーつ!

保田駅からしゅっぱーつ!

きょうは無事に青バスに乗れました(^^)v

きょうは無事に青バスに乗れました(^^)v

きょうは無事に青バスに乗れました(^^)v

小保田のバス停から歩きます

小保田のバス停から歩きます

小保田のバス停から歩きます

バス停の中に手作り案内板(^^)

バス停の中に手作り案内板(^^)

バス停の中に手作り案内板(^^)

去年の台風被害がまだ残っています

去年の台風被害がまだ残っています

去年の台風被害がまだ残っています

車道を歩いて分岐は左へ

車道を歩いて分岐は左へ

車道を歩いて分岐は左へ

小さな道標があります(^^;

小さな道標があります(^^;

小さな道標があります(^^;

小川に沿って上流へ

小川に沿って上流へ

小川に沿って上流へ

この先の二股は左へ

この先の二股は左へ

この先の二股は左へ

ここですね(^^)

ここですね(^^)

ここですね(^^)

アキノタムラソウ(シソ科)はコースのあちこちで見られました

アキノタムラソウ(シソ科)はコースのあちこちで見られました

アキノタムラソウ(シソ科)はコースのあちこちで見られました

再び分岐
ここは右の林道へ

再び分岐 ここは右の林道へ

再び分岐 ここは右の林道へ

わかりずらい道標があります(^^;

わかりずらい道標があります(^^;

わかりずらい道標があります(^^;

その先の空き地が登山口

その先の空き地が登山口

その先の空き地が登山口

登山口の道標
「嵯峨山」以外読めません(^^;

登山口の道標 「嵯峨山」以外読めません(^^;

登山口の道標 「嵯峨山」以外読めません(^^;

小さな沢に沿って多少強引にヤブヤブを進みます(==;

小さな沢に沿って多少強引にヤブヤブを進みます(==;

小さな沢に沿って多少強引にヤブヤブを進みます(==;

崩壊地の先で沢を渡って尾根に取り付きます

崩壊地の先で沢を渡って尾根に取り付きます

崩壊地の先で沢を渡って尾根に取り付きます

水が流れた跡か道かわかりません(^^;

水が流れた跡か道かわかりません(^^;

水が流れた跡か道かわかりません(^^;

踏み跡とピンクテープが頼りです

踏み跡とピンクテープが頼りです

踏み跡とピンクテープが頼りです

まだまだ荒れてますね

まだまだ荒れてますね

まだまだ荒れてますね

尾根に合流したあたりから嵯峨山をピストンします(^o^)ノ

尾根に合流したあたりから嵯峨山をピストンします(^o^)ノ

尾根に合流したあたりから嵯峨山をピストンします(^o^)ノ

嵯峨山までは倒木多数でルート不明瞭(==;

嵯峨山までは倒木多数でルート不明瞭(==;

嵯峨山までは倒木多数でルート不明瞭(==;

小さな道標でもちょっとホッとします(^^;

小さな道標でもちょっとホッとします(^^;

小さな道標でもちょっとホッとします(^^;

急斜面とコブを越えて・・・

急斜面とコブを越えて・・・

急斜面とコブを越えて・・・

石碑の建つスイセンピーク

石碑の建つスイセンピーク

石碑の建つスイセンピーク

さらに倒木地帯を越えて・・・

さらに倒木地帯を越えて・・・

さらに倒木地帯を越えて・・・

嵯峨山とうちゃこ~♪

嵯峨山とうちゃこ~♪

嵯峨山とうちゃこ~♪

三角点げっとぉ!

三角点げっとぉ!

三角点げっとぉ!

少し先に展望の開ける場所があります

少し先に展望の開ける場所があります

少し先に展望の開ける場所があります

小さな祠が置かれています
石碑の文字から金平神社だそうです

小さな祠が置かれています 石碑の文字から金平神社だそうです

小さな祠が置かれています 石碑の文字から金平神社だそうです

きょうはよろしくお願いしますね
(ー人ー)ナムナム

きょうはよろしくお願いしますね (ー人ー)ナムナム

きょうはよろしくお願いしますね (ー人ー)ナムナム

なかなかのアドベンチャーコースだねぇ

なかなかのアドベンチャーコースだねぇ

なかなかのアドベンチャーコースだねぇ

鋸山が見えました
あそこまで歩くんだよ(==;フアン

鋸山が見えました あそこまで歩くんだよ(==;フアン

鋸山が見えました あそこまで歩くんだよ(==;フアン

海も見えました

海も見えました

海も見えました

南側には山が重なります
房総おそるべし(笑)

南側には山が重なります 房総おそるべし(笑)

南側には山が重なります 房総おそるべし(笑)

来た道を戻ります

来た道を戻ります

来た道を戻ります

途中で振り返って嵯峨山
あちこちに台風の爪痕が・・・
(-_-;

途中で振り返って嵯峨山 あちこちに台風の爪痕が・・・ (-_-;

途中で振り返って嵯峨山 あちこちに台風の爪痕が・・・ (-_-;

倒木地帯でルートをロスト
尾根を外れないように進みます

倒木地帯でルートをロスト 尾根を外れないように進みます

倒木地帯でルートをロスト 尾根を外れないように進みます

・・・で気がついたら送電線鉄塔に着いてました(^^?アレッ

・・・で気がついたら送電線鉄塔に着いてました(^^?アレッ

・・・で気がついたら送電線鉄塔に着いてました(^^?アレッ

振り返って嵯峨山
アドベンチャーな山でした(^^;

振り返って嵯峨山 アドベンチャーな山でした(^^;

振り返って嵯峨山 アドベンチャーな山でした(^^;

気を取り直して郡界尾根にチャレンジ!

気を取り直して郡界尾根にチャレンジ!

気を取り直して郡界尾根にチャレンジ!

郡界尾根も倒木多数ですが処理されていて問題なく歩けます
処理していただいた方に感謝ですね(^^)ドウモデス

郡界尾根も倒木多数ですが処理されていて問題なく歩けます 処理していただいた方に感謝ですね(^^)ドウモデス

郡界尾根も倒木多数ですが処理されていて問題なく歩けます 処理していただいた方に感謝ですね(^^)ドウモデス

ときおり展望が開けて鋸山が見えました
台風の置き土産ですね

ときおり展望が開けて鋸山が見えました 台風の置き土産ですね

ときおり展望が開けて鋸山が見えました 台風の置き土産ですね

郡界尾根のコースはかなり入り組んでいます

郡界尾根のコースはかなり入り組んでいます

郡界尾根のコースはかなり入り組んでいます

V字に曲がる箇所もあります

V字に曲がる箇所もあります

V字に曲がる箇所もあります

小さなコブも多数

小さなコブも多数

小さなコブも多数

岩の斜面もあります
あなどれないコースです(^^;

岩の斜面もあります あなどれないコースです(^^;

岩の斜面もあります あなどれないコースです(^^;

倒木処理をしていただいたやまっぺさんのサイン?(笑)

倒木処理をしていただいたやまっぺさんのサイン?(笑)

倒木処理をしていただいたやまっぺさんのサイン?(笑)

展望が開けると鋸山が近くなってきました(^^)

展望が開けると鋸山が近くなってきました(^^)

展望が開けると鋸山が近くなってきました(^^)

下降点
右から来て左に下ります

下降点 右から来て左に下ります

下降点 右から来て左に下ります

白狐峠までかなりの急斜面です

白狐峠までかなりの急斜面です

白狐峠までかなりの急斜面です

キャニオンの上に出ました
ここからのキャニオンもいいですね(^^)

キャニオンの上に出ました ここからのキャニオンもいいですね(^^)

キャニオンの上に出ました ここからのキャニオンもいいですね(^^)

白狐峠からまずは小鋸山へ

白狐峠からまずは小鋸山へ

白狐峠からまずは小鋸山へ

・・・で小鋸山とうちゃこ~♪

・・・で小鋸山とうちゃこ~♪

・・・で小鋸山とうちゃこ~♪

山頂から嵯峨山
けっこうなコースでした(^^;

山頂から嵯峨山 けっこうなコースでした(^^;

山頂から嵯峨山 けっこうなコースでした(^^;

小鋸山稜を林道口に下ります
ここは途中の切通(^^)

小鋸山稜を林道口に下ります ここは途中の切通(^^)

小鋸山稜を林道口に下ります ここは途中の切通(^^)

途中で振り返れば嵯峨山が遠くなりました

途中で振り返れば嵯峨山が遠くなりました

途中で振り返れば嵯峨山が遠くなりました

林道口から鋸山を目指します

林道口から鋸山を目指します

林道口から鋸山を目指します

緑陰が気持ちいいです

緑陰が気持ちいいです

緑陰が気持ちいいです

鋸山への尾根道から嵯峨山

鋸山への尾根道から嵯峨山

鋸山への尾根道から嵯峨山

ヘロヘロになりながら鋸山まできました(^^;

ヘロヘロになりながら鋸山まできました(^^;

ヘロヘロになりながら鋸山まできました(^^;

三角点げっとぉ♪

三角点げっとぉ♪

三角点げっとぉ♪

今回数少ない花のひとつ
マツカゼソウ(ミカン科)

今回数少ない花のひとつ マツカゼソウ(ミカン科)

今回数少ない花のひとつ マツカゼソウ(ミカン科)

バテバテで展望台には寄らず(苦笑)

バテバテで展望台には寄らず(苦笑)

バテバテで展望台には寄らず(苦笑)

石切場も見上げるだけで・・・

石切場も見上げるだけで・・・

石切場も見上げるだけで・・・

車力道で下山しました_(_ _)_

車力道で下山しました_(_ _)_

車力道で下山しました_(_ _)_

車道沿いで
シンミズヒキ(タデ科)

車道沿いで シンミズヒキ(タデ科)

車道沿いで シンミズヒキ(タデ科)

葉っぱに模様がありません

葉っぱに模様がありません

葉っぱに模様がありません

ミズヒキ(タデ科)は葉っぱに模様が入ります

ミズヒキ(タデ科)は葉っぱに模様が入ります

ミズヒキ(タデ科)は葉っぱに模様が入ります

いつものかぢや旅館さんでお風呂いただきました(^o^)ノ

いつものかぢや旅館さんでお風呂いただきました(^o^)ノ

いつものかぢや旅館さんでお風呂いただきました(^o^)ノ

サッパリして浜金谷でおしまい♪
電車50分待ちで帰りましたとさ(^^;

サッパリして浜金谷でおしまい♪ 電車50分待ちで帰りましたとさ(^^;

サッパリして浜金谷でおしまい♪ 電車50分待ちで帰りましたとさ(^^;

ようやく梅雨明け\(^o^)/

保田駅からしゅっぱーつ!

きょうは無事に青バスに乗れました(^^)v

小保田のバス停から歩きます

バス停の中に手作り案内板(^^)

去年の台風被害がまだ残っています

車道を歩いて分岐は左へ

小さな道標があります(^^;

小川に沿って上流へ

この先の二股は左へ

ここですね(^^)

アキノタムラソウ(シソ科)はコースのあちこちで見られました

再び分岐 ここは右の林道へ

わかりずらい道標があります(^^;

その先の空き地が登山口

登山口の道標 「嵯峨山」以外読めません(^^;

小さな沢に沿って多少強引にヤブヤブを進みます(==;

崩壊地の先で沢を渡って尾根に取り付きます

水が流れた跡か道かわかりません(^^;

踏み跡とピンクテープが頼りです

まだまだ荒れてますね

尾根に合流したあたりから嵯峨山をピストンします(^o^)ノ

嵯峨山までは倒木多数でルート不明瞭(==;

小さな道標でもちょっとホッとします(^^;

急斜面とコブを越えて・・・

石碑の建つスイセンピーク

さらに倒木地帯を越えて・・・

嵯峨山とうちゃこ~♪

三角点げっとぉ!

少し先に展望の開ける場所があります

小さな祠が置かれています 石碑の文字から金平神社だそうです

きょうはよろしくお願いしますね (ー人ー)ナムナム

なかなかのアドベンチャーコースだねぇ

鋸山が見えました あそこまで歩くんだよ(==;フアン

海も見えました

南側には山が重なります 房総おそるべし(笑)

来た道を戻ります

途中で振り返って嵯峨山 あちこちに台風の爪痕が・・・ (-_-;

倒木地帯でルートをロスト 尾根を外れないように進みます

・・・で気がついたら送電線鉄塔に着いてました(^^?アレッ

振り返って嵯峨山 アドベンチャーな山でした(^^;

気を取り直して郡界尾根にチャレンジ!

郡界尾根も倒木多数ですが処理されていて問題なく歩けます 処理していただいた方に感謝ですね(^^)ドウモデス

ときおり展望が開けて鋸山が見えました 台風の置き土産ですね

郡界尾根のコースはかなり入り組んでいます

V字に曲がる箇所もあります

小さなコブも多数

岩の斜面もあります あなどれないコースです(^^;

倒木処理をしていただいたやまっぺさんのサイン?(笑)

展望が開けると鋸山が近くなってきました(^^)

下降点 右から来て左に下ります

白狐峠までかなりの急斜面です

キャニオンの上に出ました ここからのキャニオンもいいですね(^^)

白狐峠からまずは小鋸山へ

・・・で小鋸山とうちゃこ~♪

山頂から嵯峨山 けっこうなコースでした(^^;

小鋸山稜を林道口に下ります ここは途中の切通(^^)

途中で振り返れば嵯峨山が遠くなりました

林道口から鋸山を目指します

緑陰が気持ちいいです

鋸山への尾根道から嵯峨山

ヘロヘロになりながら鋸山まできました(^^;

三角点げっとぉ♪

今回数少ない花のひとつ マツカゼソウ(ミカン科)

バテバテで展望台には寄らず(苦笑)

石切場も見上げるだけで・・・

車力道で下山しました_(_ _)_

車道沿いで シンミズヒキ(タデ科)

葉っぱに模様がありません

ミズヒキ(タデ科)は葉っぱに模様が入ります

いつものかぢや旅館さんでお風呂いただきました(^o^)ノ

サッパリして浜金谷でおしまい♪ 電車50分待ちで帰りましたとさ(^^;

類似するルートを通った活動日記