遠征ハイク 白砂山

2020.08.02(日) 日帰り
もみ
もみ

活動データ

タイム

06:24

距離

9.4km

上り

916m

下り

914m

活動詳細

もっと見る

今日は車で3時間の白砂山に。 前回から変わったことは髪を切ったこと。 後頭部がスースーする。 前回、登りの途中から頭がオーバーヒート状態だったので、髪を切りに行った。 美容師のお兄さんに頭が暑すぎることを訴えた。 気持ちはタラちゃんぐらいになっても構わないと言ったのだが断られる。 妥協点を見つけてヘアカット。 これが意外と周囲の評判が良く気分を良くする。 しかし、いつものお気に入りの登山キャップをかぶるとどうだろう。 まるで少年兵士だ。 思わず鏡に向かって敬礼する。 だいぶ脇道に逸れた。 いろいろ行きの車でやらかしたが、いちばんショックなことは携帯を忘れた。 YAMAPの安心感を失うこともそうだが、終わった後のおつかれ山と消費カロリーの表示がモチベーションだからだ。 (ルートは同行者のを頂いた) そんな下がり気味のテンションでも、イカの煮汁と帆立の貝柱で炊いたおにぎりに気分を良くする。 さらに現地に近づき野反湖を望み、綺麗な景色は心を洗い。。 これで気分はルンルンだ。 山道は、程よい湿気と冷気に包まれていて、様々な苔を見ることができる。 苔をみると撫でたくなるのはぼくだけではないはずだ。 そんな森にはいろいろな鳥も。 鳥の声を聴きながら道を進む。 さらに進むと稜線に出る。 そうだ今回はこの稜線を見にきたのだ。 景色のいいところでごはんを食べたかったので、猟師の頭まで歩く。 ここで今日のランチ。 先程のおにぎりの残りと、餃子スープ。 デザートはキウイ🥝 充分満喫したので、帰る。 帰りといえば、苦手なくだり。 でも今日は少し違う。 トレッキングポールを手に入れたのだ。 何が違うって安定感。 おかげでいつもより早い。 だが、早いせいか疲労感でよくつまづく。 結果的にいつもよりは転んだ。 少し練習が必要だ。 このトレッキングポールという名前。 長い。 よってぼくの中で音の響きがかわいいので、 ステッキと名付けることにする。 今日は帰りにアイスが食べたい。 そう思っていたのだが、身体がタンパク質を欲していたので、ナナチキになる。 目に止まった小倉アイス最中は次回にお預け。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす