霊山の謎

2020.08.02(日) 日帰り
よもぎもち
よもぎもち

活動データ

タイム

04:21

距離

8.8km

上り

661m

下り

660m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

伊賀市にある霊山寺におまいりして、霊山にのぼりました。山頂からは伊賀盆地を見晴らすことができました。ついでに、大平池のほうにおりてみました。いろいろおもしろい発見がありました。 ①霊山寺の謎 霊山寺は伝教大師 最澄さまの創建で、もともとは霊山の山頂に大伽藍があったそうです。でも、現在は黄檗宗のお寺。境内にはたくさんの石仏があって、そのうち弘法大師 空海さまとおもわれるものもたくさんあります。いったい、どういう変遷があったんでしょうね。寺伝とか縁起とかちゃんとかかれてないので、よくわかりませんでした。 ②大平池の謎 霊山から大平池のほうへおりる途中、ヒノキ林のなかに「大阪市」の境界杭がありました。大平池のほとりにある記念碑をみると、池の改修にも大阪市が協力しているようです。また、大平池と田代湖の周辺にある廃墟は、かつては伊賀青少年野外活動センターという施設だったところで、大阪市のもののようです。ここは淀川水系なので、たぶん大阪市が水源林としてこのあたりの山林を所有、管理しているんでしょうね。廃墟ができるまでに、いったいどういう経緯があったんでしょうね。 ③忍者トレイルの謎 伊賀といえば忍者。田代湖から霊山を経由して霊山寺へいたるコースは忍者トレイルとして整備されているようです。調べてみたら、忍者トレイルランというイベントのためのコースのようです。でも、くわしいコースはよくわかりませんでした。歩くことを想定して整備されていないのかな。ちなみに、このあたりは東海自然歩道もとおっているみたいですけど、標識が手入れされてなくて、コースがよくわかりませんでした。やっぱり、環境省は自然歩道を整備する気がないみたいですね。

霊山 霊山寺の駐車場。午前中は軽トラがたくさんとまってて満車でした。地元のひとたちが草刈りをしていたみたいでした。
霊山寺の駐車場。午前中は軽トラがたくさんとまってて満車でした。地元のひとたちが草刈りをしていたみたいでした。
霊山 公衆トイレ。
公衆トイレ。
霊山 石仏がたくさん。たぶん、もともとの参道はこちらです。
石仏がたくさん。たぶん、もともとの参道はこちらです。
霊山 弘法大師さまのように見えます。プチ四国八十八ヶ所なのかな。
弘法大師さまのように見えます。プチ四国八十八ヶ所なのかな。
霊山 霊山寺の本堂。
霊山寺の本堂。
霊山 八重咲きのクチナシの花。
八重咲きのクチナシの花。
霊山 大きなイチョウの木。お葉つきイチョウは天然記念物に指定されています。
大きなイチョウの木。お葉つきイチョウは天然記念物に指定されています。
霊山 石仏。文字が読めれば、謎がわかるのかも。
石仏。文字が読めれば、謎がわかるのかも。
霊山 是ヨリ嶽へ十八丁。
是ヨリ嶽へ十八丁。
霊山 苔むした石仏。
苔むした石仏。
霊山 一丁石。このあと丁石がつづくのかとおもったら、十六丁までありません。
一丁石。このあと丁石がつづくのかとおもったら、十六丁までありません。
霊山 お寺をショートカットする道と合流。
お寺をショートカットする道と合流。
霊山 登山口。一合目。
登山口。一合目。
霊山 桜地堂。お地蔵さまの首が切れてるのは廃仏毀釈の後遺症かな。ここから尾根に沿ってのぼります。
桜地堂。お地蔵さまの首が切れてるのは廃仏毀釈の後遺症かな。ここから尾根に沿ってのぼります。
霊山 二合目。
二合目。
霊山 三合目。
三合目。
霊山 道がくずれないように、きれいに石積みされています。
道がくずれないように、きれいに石積みされています。
霊山 五合目。
五合目。
霊山 アセビのトンネル。もともとは低木なので、ここまでおおきくなるのはめずらしいです。
アセビのトンネル。もともとは低木なので、ここまでおおきくなるのはめずらしいです。
霊山 七合目。
七合目。
霊山 リョウブの花。
リョウブの花。
霊山 原地堂。標識はあるけど、何のことを指してるのかはわかりませんでした。
原地堂。標識はあるけど、何のことを指してるのかはわかりませんでした。
霊山 八合目。
八合目。
霊山 南のピークが見えているようです。リョウブの花が咲いているように見えます。
南のピークが見えているようです。リョウブの花が咲いているように見えます。
霊山 下柘植の街が見えているのかな。右手奥の山は笹ヶ岳かな。
下柘植の街が見えているのかな。右手奥の山は笹ヶ岳かな。
霊山 たいこ岩。
たいこ岩。
霊山 ヤブデマリ?の実。ガマズミ属にちがいないとはおもうんですけどね。
ヤブデマリ?の実。ガマズミ属にちがいないとはおもうんですけどね。
霊山 分岐。書かれてる距離は10kmとか13kmとかふつうのハイキングではありえない数字ですね。山頂まで0.5kmもないから、そもそもまちがってるのかも。
分岐。書かれてる距離は10kmとか13kmとかふつうのハイキングではありえない数字ですね。山頂まで0.5kmもないから、そもそもまちがってるのかも。
霊山 十六丁石。これまで丁石がなかったのは、整備されたときに撤去されたのかな。
十六丁石。これまで丁石がなかったのは、整備されたときに撤去されたのかな。
霊山 小ピークに五輪塔がたくさん。墓地だったのかな。
小ピークに五輪塔がたくさん。墓地だったのかな。
霊山 九合目。
九合目。
霊山 リョウブの森。
リョウブの森。
霊山 あとちょっとらしいです。
あとちょっとらしいです。
霊山 霊山山頂遺跡。もともとは霊山寺の伽藍があったそうです。
霊山山頂遺跡。もともとは霊山寺の伽藍があったそうです。
霊山 伊賀盆地を見晴らせます。
伊賀盆地を見晴らせます。
霊山 伊賀町のころに埋められたタイムカプセルだそうです。
伊賀町のころに埋められたタイムカプセルだそうです。
霊山 たぶん、南東の方。
たぶん、南東の方。
霊山 雲がきれい。
雲がきれい。
霊山 祠には観音さまがおまつりされています。
祠には観音さまがおまつりされています。
霊山 国土交通省の無線中継所。コンクリート舗装の道をくだって、大平池へむかいます。
国土交通省の無線中継所。コンクリート舗装の道をくだって、大平池へむかいます。
霊山 山頂付近のアセビ、イヌツゲ群落は天然記念物に指定されてるそうです。でも、アセビばっかりで、イヌツゲが見あたらないです。
山頂付近のアセビ、イヌツゲ群落は天然記念物に指定されてるそうです。でも、アセビばっかりで、イヌツゲが見あたらないです。
霊山 天然記念物なのに、こんなに切り刻んでもいいんでしょうか。電線をまもるためなんでしょうけどね。
天然記念物なのに、こんなに切り刻んでもいいんでしょうか。電線をまもるためなんでしょうけどね。
霊山 NTTの廃墟です。
NTTの廃墟です。
霊山 東海自然歩道だったところ。どの道が自然歩道として設定されてるのか、よくわかりません。
東海自然歩道だったところ。どの道が自然歩道として設定されてるのか、よくわかりません。
霊山 車道をそれて、南の尾根を歩きます。
車道をそれて、南の尾根を歩きます。
霊山 小ピークのあたりにはアカマツが群生してます。
小ピークのあたりにはアカマツが群生してます。
霊山 道標。この先、ビニールテープとか道標らしい道標はありません。
道標。この先、ビニールテープとか道標らしい道標はありません。
霊山 市の境界。右は伊賀市、左は亀山市です。
市の境界。右は伊賀市、左は亀山市です。
霊山 大阪市の境界杭。たぶん、淀川の水源林として大阪市がこのあたりの山林を所有しているんでしょうね。このときは意味がわかりませんでした。
大阪市の境界杭。たぶん、淀川の水源林として大阪市がこのあたりの山林を所有しているんでしょうね。このときは意味がわかりませんでした。
霊山 分岐。ヤマップのコース図ではここが分岐点になっています。
分岐。ヤマップのコース図ではここが分岐点になっています。
霊山 右の分岐。こちらを進みました。
右の分岐。こちらを進みました。
霊山 左の分岐。あとから考えたら、こちらを進んでおけばよかったかもしれません。
左の分岐。あとから考えたら、こちらを進んでおけばよかったかもしれません。
霊山 境界杭。
境界杭。
霊山 ヒノキ林。尾根のどちら側もきれいに間伐されています。捨て切り間伐なんですけど、よく見ると、枝もきれいに切り落とされています。幹は2mくらいに小切られて、斜面に対して横に寝かされています。土砂が流出しないように配慮されているんでしょうね。かなり手間がかかっているとおもわれます。
ヒノキ林。尾根のどちら側もきれいに間伐されています。捨て切り間伐なんですけど、よく見ると、枝もきれいに切り落とされています。幹は2mくらいに小切られて、斜面に対して横に寝かされています。土砂が流出しないように配慮されているんでしょうね。かなり手間がかかっているとおもわれます。
霊山 尾根はきれいにかたづけられていて道になっています。
尾根はきれいにかたづけられていて道になっています。
霊山 でも、池におりる道はありませんでした。ヤマップのコース図でも過去ログでもここをおりるようになってるんですけど、道はありません。間伐で消えてしまったのか、もともとなかったのか。間伐材の上を飛び渡りながらおりました。
でも、池におりる道はありませんでした。ヤマップのコース図でも過去ログでもここをおりるようになってるんですけど、道はありません。間伐で消えてしまったのか、もともとなかったのか。間伐材の上を飛び渡りながらおりました。
霊山 謎の木製建造物。あとから考えたら、アスレチックかなにかだったのかもしれません。
謎の木製建造物。あとから考えたら、アスレチックかなにかだったのかもしれません。
霊山 車道にでました。地図上のコースからはずれています。
車道にでました。地図上のコースからはずれています。
霊山 登山口のはずのところ。ヤマップのコース図では登山口になっていますけど、そんなふうには整備されていません。
登山口のはずのところ。ヤマップのコース図では登山口になっていますけど、そんなふうには整備されていません。
霊山 間伐作業をしていた人たちはここに車をとめて山のなかにはいっていたのかも。ちゃんと探せば、山林作業をするための道があるはずです。
間伐作業をしていた人たちはここに車をとめて山のなかにはいっていたのかも。ちゃんと探せば、山林作業をするための道があるはずです。
霊山 あすなろ広場。
あすなろ広場。
霊山 大平池。改修記念碑によると、昭和55年に竣工していて、工事主体は三重県ですけど、大阪市も協力しているようです。
大平池。改修記念碑によると、昭和55年に竣工していて、工事主体は三重県ですけど、大阪市も協力しているようです。
霊山 アスレチックの入り口だったんでしょうか。
アスレチックの入り口だったんでしょうか。
霊山 パターゴルフ場かなにかあったんでしょうか。
パターゴルフ場かなにかあったんでしょうか。
霊山 どう見ても廃墟ですね。受付棟のようです。
どう見ても廃墟ですね。受付棟のようです。
霊山 こちらも廃墟です。管理棟みたいです。調べてみたら、大阪市立伊賀青少年野外活動センターという施設だったそうです。昭和51年から平成26年まで営業していたそうです。大平池の改修工事をしている最中に開設されたようですね。
こちらも廃墟です。管理棟みたいです。調べてみたら、大阪市立伊賀青少年野外活動センターという施設だったそうです。昭和51年から平成26年まで営業していたそうです。大平池の改修工事をしている最中に開設されたようですね。
霊山 信号機の残骸。センターに行き来する車はこの道を交互通行でとおっていたんでしょうか。
信号機の残骸。センターに行き来する車はこの道を交互通行でとおっていたんでしょうか。
霊山 湖畔の広場。生徒たちはここで合唱とかさせられたんでしょうか。イヤな苦い思い出がつまってそうな場所ですね。
湖畔の広場。生徒たちはここで合唱とかさせられたんでしょうか。イヤな苦い思い出がつまってそうな場所ですね。
霊山 田代湖。風がきもちいいです。
田代湖。風がきもちいいです。
霊山 白いきのこ。
白いきのこ。
霊山 遊歩道が整備されていたようです。
遊歩道が整備されていたようです。
霊山 東海自然歩道だったところ。環境省のやる気のなさがかんじられます。
東海自然歩道だったところ。環境省のやる気のなさがかんじられます。
霊山 登山口。忍者トレイルとして整備されているようです。トレイルランのイベントのために整備されたみたいです。調べてみても、ハイキングコースとしての地図は見つけられませんでした。
登山口。忍者トレイルとして整備されているようです。トレイルランのイベントのために整備されたみたいです。調べてみても、ハイキングコースとしての地図は見つけられませんでした。
霊山 東海自然歩道だったところ。このあたりにも廃墟があります。宿泊棟のようです、。
東海自然歩道だったところ。このあたりにも廃墟があります。宿泊棟のようです、。
霊山 谷。水がきれいです。
谷。水がきれいです。
霊山 階段が整備されています。まわりの杉林はきれいに間伐されています。あちらのヒノキ林と同時期に間伐されたんでしょうか。
階段が整備されています。まわりの杉林はきれいに間伐されています。あちらのヒノキ林と同時期に間伐されたんでしょうか。
霊山 アセビの森。尾根という尾根にアセビが群生しているようです。天然記念物に指定されているのはこのあたり全域なんでしょうか。それとも、山頂付近だけなんでしょうか。
アセビの森。尾根という尾根にアセビが群生しているようです。天然記念物に指定されているのはこのあたり全域なんでしょうか。それとも、山頂付近だけなんでしょうか。
霊山 炭焼き窯の跡のようです。たぶん。
炭焼き窯の跡のようです。たぶん。
霊山 谷。
谷。
霊山 水がきれいです。
水がきれいです。
霊山 朽ちかけた道標。
朽ちかけた道標。
霊山 きれいに間伐された杉林。
きれいに間伐された杉林。
霊山 アセビのトンネル。
アセビのトンネル。
霊山 東海自然歩道の遺跡。かつては灰皿だったんでしょうね。山火事をふせぐために灰皿が設置されてたんでしょうけど、山の中でタバコを吸うとか今では考えられないですよね。
東海自然歩道の遺跡。かつては灰皿だったんでしょうね。山火事をふせぐために灰皿が設置されてたんでしょうけど、山の中でタバコを吸うとか今では考えられないですよね。
霊山 スイカ。木を切り倒すときに、受け口を切るんですけど、そのときに切り落とされた木っ端です。
スイカ。木を切り倒すときに、受け口を切るんですけど、そのときに切り落とされた木っ端です。
霊山 山頂への分岐点にもどってきました。山頂へはいかずに、お寺にもどります。
山頂への分岐点にもどってきました。山頂へはいかずに、お寺にもどります。
霊山 木もれびがきれい。のぼるときはくもりがちでしたけど、晴れてきました。
木もれびがきれい。のぼるときはくもりがちでしたけど、晴れてきました。
霊山 六地蔵さま。
六地蔵さま。
霊山 ツタウルシ。
ツタウルシ。
霊山 霊山寺にもどってきました。
霊山寺にもどってきました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす