【五色ヶ原】お花畑と熱燗とテント泊

2020.08.01(土) 2 DAYS
random walker
random walker

活動詳細

もっと見る

《アプローチ》 車=1時間38分(金沢-立山駅)、立山ケーブルカー=7分(立山駅-美女平)、高原バス=50分(美女平-室堂) 《登山コース》 ・1日目(8月1日) 9:23室堂-10:46浄土山北峰-10:56/11:12浄土山南峰(食事)-11:22龍王岳-12:59/13:10獅子岳-14:03ザラ峠-14:52五色ヶ原キャンプ場 ・2日目(8月2日) 7:05五色ヶ原キャンプ場-7:18/7:23五色ヶ原山荘-7:59ザラ峠-9:15/9:28獅子岳-11:03/11:10龍王岳-11:22/11:43浄土山南峰(食事)-12:08/12:19一ノ越-13:01室堂 ・1日目(8月1日) 数日前、会社から帰宅すると"BACK TO HIKE"と記された大きな未晒クラフトの荷物が届いていた。すぐにピンときた。約4ヶ月前に注文しておいたザックである。人気ガレージブランドである山と道のULバックバック「ONE」。本格的な夏山シーズンが到来し、いつ届くのかなと心待ちにしていたのだ。 ONEを購入したのは、四角大輔の『バックパッキング登山入門』に感化されてテント泊に挑戦したくなったからだ。僕の場合、障害になりそうなのが体力の衰え。足腰への負担を軽減するには、持ち物を徹底して軽量化する必要がある。 そう考えて、Locus Gearの超軽量テント「Khufu HB」と山と道のONEを買った。重量はKhufu HBが934g(シェルター+インナーメッシュ+ペグ16本)、ONEが750g(容量は50-55L)。こうなるとテントやザックを早く使いたくて仕方がない。週末に梅雨が明けそうな気配だったので、思い切って五色ヶ原へ行くことにした。今の季節ならさまざまな高山植物も楽しめるはずだ。 午前3時50分に金沢を車で出発。自宅を出る前にザックとサコッシュの重量を計ったら、それぞれ9.65kgと0.75kgだった。これぐらいなら何とか許容範囲だろう。山でのテント泊は初めて。目的地に近づくにつれ、気持ちが昂ってくる。5時28分、立山駅の駐車場に到着。 立山黒部アルペンルートは6月19日から営業を再開したが、今夏は乗車定員を減らし、営業時間も短縮する。立山駅のケーブルカーの始発は7時40分になった(例年は7時)。ネット予約を受け付けないので、当日、切符売り場に並ばなければならない。 5時45分頃から並び始めたが、すでに切符売り場は40人以上の長蛇の列。ようやく7時から販売が始まり、僕は8時発の臨時便の切符を購入できた。始発の次の次である。ケーブルカーもバスも定員は通常の半分程度。高原バスは霧の中を走り、9時10分に室堂に到着。室堂の天気は晴れたり曇ったり。早朝まで雨が降っていたことを考えれば、御の字だろう。 9時23分、室堂をスタート。五色ヶ原までの道のりは予想以上に長く、つらかった。登頂した浄土山(標高2,831m)、龍王岳(同2,872m)、獅子岳(同2,714m)の3座は、いずれも急峻な岩場やガレ場が続き、宿泊地を雷鳥沢にしておけばよかったと何度も後悔した。運動不足に加え、いつもより重いザックを担いだのが堪えたようだ。 しかし、後から振り返れば、登山道沿いのお花畑はきれいだし、ライチョウの親子には2度も遭遇した。この季節に歩くコースとしては最高である。午後2時52分、五色ヶ原キャンプ場に到着。テント場はチングルマのお花畑の中にあった。 さっそくテントを設営し、チングルマ荘と名づける。山岳テントにはめずらしい形状が異彩を放っている。5時頃からインスタントラーメンで腹ごしらえ。日が暮れて冷えてくると、日本酒をバーナーで温める。居酒屋チングルマの開店である。絶景と行動食のナッツをつまみに熱燗を飲む。ああ、何という幸せ。あっという間に酔いが回り、千鳥足で寝袋の中に潜り込む。その後の記憶はない。 ・2日目(8月2日) 疲労のせいか、酔いのせいか、それともチングルマ荘の寝心地がよほどよかったのか、午前3時近くまでぐっすり眠った。その頃からテントの周囲が騒がしくなり、4時30分に起床した。驚いたことに、昨晩、30張近くあったテントの約半分が撤収されていた。いつもながら山の朝は早い。 天気は快晴。周囲の山々がすべて見渡せる。朝食は「リゾッタ」。お湯を注いでかき混ぜ、わずか3分でリゾットができるというスグレモノだ。5時過ぎ、赤沢岳の方角から日が昇り、キャンプ場に生気が戻る。 キャンプは朝起きてから撤収するまでが特に楽しい。夜露に濡れたテントを乾かしながら、のんびりとコーヒーを淹れる。至福の時間。ザックを軽量化するためにいつもより持ち物を減らしたが、日本酒とコーヒーは省かなかった。僕にとってお酒とコーヒーのないキャンプは考えられない。 テントを撤収し、7時5分、五色ヶ原キャンプ場を出発。室堂へ向かう前に五色ヶ原山荘に立ち寄り、700円のキャンプ場使用料を支払う。ザラ峠まで下り、獅子岳への急峻なガレ場を登り返す。ここが今日いちばんの難所。振り返れば、昨日は霧の中に隠れていた五色ヶ原や薬師岳が目に飛び込んでくる。 獅子岳山頂で休憩し、鬼岳を巻き、龍王岳山頂へ足を伸ばし、浄土山南峰で立山連峰を見ながら昼食を取る。昼食といっても、行動食を食べているからアンパン1個で十分。北アルプスの山々を眺めながらの道中は楽しかった。浄土山南峰から一ノ越を経由し、午後1時1分に室堂に帰還。高原バスと立山ケーブルカーを乗り継ぎ、2時27分に立山駅に到着した。 今までテント泊をしなかったことが悔やまれるぐらい、充実した2日間となった。天候に恵まれた上に、目的地の選択も結果オーライだった。ただひとつ、背もたれのある軽量の椅子があれば、居酒屋タイムとコーヒータイムをもっとくつろいで過ごせただろう。次に買う登山グッズは椅子で決まり、である。

立山・雄山・浄土山 数日前、自宅にONEが届いた。
数日前、自宅にONEが届いた。
立山・雄山・浄土山 本書を読んで、テント泊がしたいと思ったのがきっかけ。僕の好奇心と冒険心に火をつけてくれた。
本書を読んで、テント泊がしたいと思ったのがきっかけ。僕の好奇心と冒険心に火をつけてくれた。
立山・雄山・浄土山 早朝の立山駅。
早朝の立山駅。
立山・雄山・浄土山 40人以上並んでいる。
40人以上並んでいる。
立山・雄山・浄土山 8時発の立山ケーブルカーに乗る。
8時発の立山ケーブルカーに乗る。
立山・雄山・浄土山 出発前の立山室堂は晴れたり曇ったり(2:8ぐらい)。
出発前の立山室堂は晴れたり曇ったり(2:8ぐらい)。
立山・雄山・浄土山 いざ出発。
いざ出発。
立山・雄山・浄土山 ミヤマタンポポ。
ミヤマタンポポ。
立山・雄山・浄土山 ミヤマキンポウゲ。
ミヤマキンポウゲ。
立山・雄山・浄土山 ヨツバシオガマ。
ヨツバシオガマ。
立山・雄山・浄土山 立山室堂山荘前の分岐を浄土山方面へ。
立山室堂山荘前の分岐を浄土山方面へ。
立山・雄山・浄土山 立山室堂山荘の向こうに大日岳、奥大日岳。
立山室堂山荘の向こうに大日岳、奥大日岳。
立山・雄山・浄土山 立山。
立山。
立山・雄山・浄土山 浄土山を目指す。
浄土山を目指す。
立山・雄山・浄土山 コイワカガミ。
コイワカガミ。
立山・雄山・浄土山 チングルマ。
チングルマ。
立山・雄山・浄土山 登山道から室堂ターミナルを見下ろす。
登山道から室堂ターミナルを見下ろす。
立山・雄山・浄土山 アオノツガザクラ。
アオノツガザクラ。
立山・雄山・浄土山 ツガザクラ。
ツガザクラ。
立山・雄山・浄土山 浄土山登山口。石畳はここまで。
浄土山登山口。石畳はここまで。
立山・雄山・浄土山 ここから急登が始まる。
ここから急登が始まる。
立山・雄山・浄土山 ご年配のパーティー。
ご年配のパーティー。
立山・雄山・浄土山 ハクサンイチゲ。
ハクサンイチゲ。
立山・雄山・浄土山 早くも息が上がる。
早くも息が上がる。
立山・雄山・浄土山 ヨツバシオガマ。
ヨツバシオガマ。
立山・雄山・浄土山 ハクサンイチゲ。
ハクサンイチゲ。
立山・雄山・浄土山 ミヤマキンポウゲ。
ミヤマキンポウゲ。
立山・雄山・浄土山 もうひと息。
もうひと息。
立山・雄山・浄土山 ファイト!
ファイト!
立山・雄山・浄土山 社跡の石垣。
社跡の石垣。
立山・雄山・浄土山 ライチョウの親子(親1、子2)に遭遇。
ライチョウの親子(親1、子2)に遭遇。
立山・雄山・浄土山 YAMAPの地図では、この辺りが浄土山北峰のはず。
YAMAPの地図では、この辺りが浄土山北峰のはず。
立山・雄山・浄土山 イワツメクサ。
イワツメクサ。
立山・雄山・浄土山 一ノ越への尾根。
一ノ越への尾根。
立山・雄山・浄土山 ハイマツの花?実?
ハイマツの花?実?
立山・雄山・浄土山 チングルマ。
チングルマ。
立山・雄山・浄土山 ハクサンイチゲ。
ハクサンイチゲ。
立山・雄山・浄土山 浄土山南峰にある富山大学立山研究所。
浄土山南峰にある富山大学立山研究所。
立山・雄山・浄土山 ここで昼食。ザック軽量化のため、今日も明日もランチはパン。
ここで昼食。ザック軽量化のため、今日も明日もランチはパン。
立山・雄山・浄土山 以前から登りたかった龍王岳へ。雄山
以前から登りたかった龍王岳へ。雄山
立山・雄山・浄土山 雄山の山頂がかろうじて見える。
雄山の山頂がかろうじて見える。
立山・雄山・浄土山 龍王岳山頂で自撮り。背景は、雲に隠れて残念な雄山。
龍王岳山頂で自撮り。背景は、雲に隠れて残念な雄山。
立山・雄山・浄土山 黒部湖。雲が多くて眺望は今ひとつ。
黒部湖。雲が多くて眺望は今ひとつ。
立山・雄山・浄土山 薬師岳、五色ヶ原方面は雲の中。
薬師岳、五色ヶ原方面は雲の中。
立山・雄山・浄土山 浄土山と北面のカール。
浄土山と北面のカール。
立山・雄山・浄土山 龍王岳を下り、鬼岳方面へ。
龍王岳を下り、鬼岳方面へ。
立山・雄山・浄土山 ミヤマタンポポ。
ミヤマタンポポ。
立山・雄山・浄土山 妖艶なクルマユリ。
妖艶なクルマユリ。
立山・雄山・浄土山 ハクサンフウロ。
ハクサンフウロ。
立山・雄山・浄土山 雪渓の上部を歩く。ヒンヤリと涼しい。
雪渓の上部を歩く。ヒンヤリと涼しい。
立山・雄山・浄土山 雪渓を振り返る。
雪渓を振り返る。
立山・雄山・浄土山 雄山。
雄山。
立山・雄山・浄土山 鬼岳東面。
鬼岳東面。
立山・雄山・浄土山 あれが鬼岳か。
あれが鬼岳か。
立山・雄山・浄土山 獅子岳。雪渓を人が歩いているのが見える。
獅子岳。雪渓を人が歩いているのが見える。
立山・雄山・浄土山 ズーム!
ズーム!
立山・雄山・浄土山 ハシゴあり。
ハシゴあり。
立山・雄山・浄土山 雪渓は小さくなっており、アイゼンや軽アイゼンは不要。
雪渓は小さくなっており、アイゼンや軽アイゼンは不要。
立山・雄山・浄土山 かなり溶けている。
かなり溶けている。
立山・雄山・浄土山 ミヤマキンバイ。
ミヤマキンバイ。
立山・雄山・浄土山 獅子岳と雪渓。
獅子岳と雪渓。
立山・雄山・浄土山 この辺りは一面お花畑。歩いていて楽しい。
この辺りは一面お花畑。歩いていて楽しい。
立山・雄山・浄土山 ハクサンボウフウとハクサンフウロ。
ハクサンボウフウとハクサンフウロ。
立山・雄山・浄土山 ウサギギク。
ウサギギク。
立山・雄山・浄土山 ハクサントリカブト。
ハクサントリカブト。
立山・雄山・浄土山 コバイケソウの彼方に針ノ木岳。
コバイケソウの彼方に針ノ木岳。
立山・雄山・浄土山 ミヤマアキノキリンソウ。
ミヤマアキノキリンソウ。
立山・雄山・浄土山 クロユリ。
クロユリ。
立山・雄山・浄土山 ミヤマダイモンジソウ。
ミヤマダイモンジソウ。
立山・雄山・浄土山 あの山肌に刻まれた筋は東一ノ越への登山道?
あの山肌に刻まれた筋は東一ノ越への登山道?
立山・雄山・浄土山 あそこが獅子岳山頂か。
あそこが獅子岳山頂か。
立山・雄山・浄土山 シャクナゲ。
シャクナゲ。
立山・雄山・浄土山 ゴゼンタチバナ。
ゴゼンタチバナ。
立山・雄山・浄土山 黒部湖。
黒部湖。
立山・雄山・浄土山 スバリ岳、針ノ木岳とチングルマ。
スバリ岳、針ノ木岳とチングルマ。
立山・雄山・浄土山 可憐なイワツメクサ。
可憐なイワツメクサ。
立山・雄山・浄土山 獅子岳山頂。
獅子岳山頂。
立山・雄山・浄土山 赤沢岳~スバリ岳~針ノ木岳を背景に自撮り。
赤沢岳~スバリ岳~針ノ木岳を背景に自撮り。
立山・雄山・浄土山 ヨツバシオガマ。
ヨツバシオガマ。
立山・雄山・浄土山 この辺りもお花畑。
この辺りもお花畑。
立山・雄山・浄土山 ミヤマリンドウ。
ミヤマリンドウ。
立山・雄山・浄土山 ツガザクラ。
ツガザクラ。
立山・雄山・浄土山 この先に急勾配の下り坂が待ち受ける。
この先に急勾配の下り坂が待ち受ける。
立山・雄山・浄土山 鎖場あり。
鎖場あり。
立山・雄山・浄土山 この尾根は通らない。
この尾根は通らない。
立山・雄山・浄土山 またしてもライチョウの親子!
またしてもライチョウの親子!
立山・雄山・浄土山 ライチョウと赤牛岳。
ライチョウと赤牛岳。
立山・雄山・浄土山 ザラ峠が見えてきた。
ザラ峠が見えてきた。
立山・雄山・浄土山 ハシゴの連続。
ハシゴの連続。
立山・雄山・浄土山 急勾配の下り。
急勾配の下り。
立山・雄山・浄土山 あれが五色ヶ原か。
あれが五色ヶ原か。
立山・雄山・浄土山 右手に見えるのは常願寺川か?
右手に見えるのは常願寺川か?
立山・雄山・浄土山 イワギキョウ。
イワギキョウ。
立山・雄山・浄土山 この急な下りは足に堪えた。
この急な下りは足に堪えた。
立山・雄山・浄土山 ザラ峠。
ザラ峠。
立山・雄山・浄土山 ザラ峠の標識。
ザラ峠の標識。
立山・雄山・浄土山 五色ヶ原への登り返し。
五色ヶ原への登り返し。
立山・雄山・浄土山 獅子岳を振り返る。
獅子岳を振り返る。
立山・雄山・浄土山 ミヤマホツツジ。
ミヤマホツツジ。
立山・雄山・浄土山 五色ヶ原までもうすぐ。
五色ヶ原までもうすぐ。
立山・雄山・浄土山 五色ヶ原山荘との分岐。キャンプ場は左へ。
五色ヶ原山荘との分岐。キャンプ場は左へ。
立山・雄山・浄土山 天気もよくなってきた。
天気もよくなってきた。
立山・雄山・浄土山 コイワカガミ。
コイワカガミ。
立山・雄山・浄土山 木道がテント場まで続いている。
木道がテント場まで続いている。
立山・雄山・浄土山 ここがテント場。正面奥に槍の穂先が見える。
ここがテント場。正面奥に槍の穂先が見える。
立山・雄山・浄土山 テント(Khufu HB)を設営。登山用ではめずらしいティピー型の形状が異彩を放つ。
テント(Khufu HB)を設営。登山用ではめずらしいティピー型の形状が異彩を放つ。
立山・雄山・浄土山 水場。
水場。
立山・雄山・浄土山 奥の建物はトイレ。
奥の建物はトイレ。
立山・雄山・浄土山 五色ヶ原キャンプ場のパノラマ。
五色ヶ原キャンプ場のパノラマ。
立山・雄山・浄土山 ざっと数えたところ、テントは30張近く。
ざっと数えたところ、テントは30張近く。
立山・雄山・浄土山 ハクサンイチゲ。
ハクサンイチゲ。
立山・雄山・浄土山 チングルマ荘と命名。
チングルマ荘と命名。
立山・雄山・浄土山 メスティンで、サッポロ一番のゆで卵とベーコンのせ。
メスティンで、サッポロ一番のゆで卵とベーコンのせ。
立山・雄山・浄土山 日が沈むと寒くなってきた。日本酒を熱燗で飲むしかない。
日が沈むと寒くなってきた。日本酒を熱燗で飲むしかない。
立山・雄山・浄土山 ダウンジャケットを着て、居酒屋チングルマを開店。
ダウンジャケットを着て、居酒屋チングルマを開店。
立山・雄山・浄土山 あー、天国。
あー、天国。
立山・雄山・浄土山 空が晴れてきて槍ヶ岳もはっきり。
空が晴れてきて槍ヶ岳もはっきり。
立山・雄山・浄土山 テントの真上に月が上がる。
テントの真上に月が上がる。
立山・雄山・浄土山 疲労と酔いでそろそろ限界。
疲労と酔いでそろそろ限界。
立山・雄山・浄土山 快晴のマジックアワー。
快晴のマジックアワー。
立山・雄山・浄土山 すでに半分ぐらいのテントが撤収されていてビックリ。
すでに半分ぐらいのテントが撤収されていてビックリ。
立山・雄山・浄土山 朝食はこれ。
朝食はこれ。
立山・雄山・浄土山 お湯を入れてかき混ぜて3分。
お湯を入れてかき混ぜて3分。
立山・雄山・浄土山 赤沢岳の方角から日が昇る。
赤沢岳の方角から日が昇る。
立山・雄山・浄土山 キャンプ場が赤く染まる。
キャンプ場が赤く染まる。
立山・雄山・浄土山 撤収までのんびりと。
撤収までのんびりと。
立山・雄山・浄土山 五色ヶ原山荘へ。
五色ヶ原山荘へ。
立山・雄山・浄土山 五色ヶ原山荘で受付をし、使用料700円を支払う。
五色ヶ原山荘で受付をし、使用料700円を支払う。
立山・雄山・浄土山 そして出発。
そして出発。
立山・雄山・浄土山 五色ヶ原山荘と鳶山。まさに天空の楽園。
五色ヶ原山荘と鳶山。まさに天空の楽園。
立山・雄山・浄土山 名残惜しい…。
名残惜しい…。
立山・雄山・浄土山 向かう先には急峻な峰々。
向かう先には急峻な峰々。
立山・雄山・浄土山 至るところお花畑。
至るところお花畑。
立山・雄山・浄土山 手前から獅子岳、鬼岳、龍王岳、雄山。
手前から獅子岳、鬼岳、龍王岳、雄山。
立山・雄山・浄土山 振り返れば、五色ヶ原の向こうに野口五郎岳、槍ヶ岳、赤牛岳、笠ヶ岳…。
振り返れば、五色ヶ原の向こうに野口五郎岳、槍ヶ岳、赤牛岳、笠ヶ岳…。
立山・雄山・浄土山 ザラ峠と獅子岳。
ザラ峠と獅子岳。
立山・雄山・浄土山 この急登はつらそう。
この急登はつらそう。
立山・雄山・浄土山 その前にザラ峠で水分補給。
その前にザラ峠で水分補給。
立山・雄山・浄土山 イワギキョウ。
イワギキョウ。
立山・雄山・浄土山 来た道を振り返る。
来た道を振り返る。
立山・雄山・浄土山 ミヤマダイコンソウ。
ミヤマダイコンソウ。
立山・雄山・浄土山 昨日は見えなかった薬師岳。雲の形もいい感じ。
昨日は見えなかった薬師岳。雲の形もいい感じ。
立山・雄山・浄土山 ハクサンボウフウと薬師岳。
ハクサンボウフウと薬師岳。
立山・雄山・浄土山 ミヤマアキノキリンソウ。
ミヤマアキノキリンソウ。
立山・雄山・浄土山 何度も振り返る。
何度も振り返る。
立山・雄山・浄土山 ハシゴ。
ハシゴ。
立山・雄山・浄土山 そして鎖場。
そして鎖場。
立山・雄山・浄土山 五色ヶ原山荘も小さく見える。
五色ヶ原山荘も小さく見える。
立山・雄山・浄土山 今日は槍の穂先もよりはっきり見える。
今日は槍の穂先もよりはっきり見える。
立山・雄山・浄土山 イワツメクサ。
イワツメクサ。
立山・雄山・浄土山 ハクサンイチゲのお花畑。
ハクサンイチゲのお花畑。
立山・雄山・浄土山 鹿島槍ヶ岳~爺ヶ岳~スバリ岳~針ノ木岳~三ツ岳~野口五郎岳~槍ヶ岳~赤牛岳~笠ヶ岳~黒部五郎岳~薬師岳のパノラマ。
鹿島槍ヶ岳~爺ヶ岳~スバリ岳~針ノ木岳~三ツ岳~野口五郎岳~槍ヶ岳~赤牛岳~笠ヶ岳~黒部五郎岳~薬師岳のパノラマ。
立山・雄山・浄土山 獅子岳山頂までもう少し。
獅子岳山頂までもう少し。
立山・雄山・浄土山 獅子岳から赤牛岳、笠ヶ岳、黒部五郎岳、薬師岳、五色ヶ原を背景に。
獅子岳から赤牛岳、笠ヶ岳、黒部五郎岳、薬師岳、五色ヶ原を背景に。
立山・雄山・浄土山 獅子岳から雄山、五竜岳、鹿島槍ヶ岳、爺ヶ岳を背景に。
獅子岳から雄山、五竜岳、鹿島槍ヶ岳、爺ヶ岳を背景に。
立山・雄山・浄土山 獅子岳からスバリ岳、針ノ木岳、
獅子岳からスバリ岳、針ノ木岳、
立山・雄山・浄土山 獅子岳山頂からのパノラマ。
獅子岳山頂からのパノラマ。
立山・雄山・浄土山 鬼岳、龍王岳、雄山。
鬼岳、龍王岳、雄山。
立山・雄山・浄土山 クロユリとハクサンイチゲ。
クロユリとハクサンイチゲ。
立山・雄山・浄土山 再び雪渓を渡る。
再び雪渓を渡る。
立山・雄山・浄土山 コイワカガミ。
コイワカガミ。
立山・雄山・浄土山 獅子岳。
獅子岳。
立山・雄山・浄土山 また雪渓がある。
また雪渓がある。
立山・雄山・浄土山 鬼岳東面からの龍王岳。
鬼岳東面からの龍王岳。
立山・雄山・浄土山 龍王岳。
龍王岳。
立山・雄山・浄土山 五色ヶ原が遠ざかる。
五色ヶ原が遠ざかる。
立山・雄山・浄土山 浄土山南峰が見えてきた。
浄土山南峰が見えてきた。
立山・雄山・浄土山 龍王岳への分岐に人だかり。
龍王岳への分岐に人だかり。
立山・雄山・浄土山 昨日は見えなかった剱岳。
昨日は見えなかった剱岳。
立山・雄山・浄土山 雄山を背景に龍王岳山頂にて。
雄山を背景に龍王岳山頂にて。
立山・雄山・浄土山 龍王岳からの剱岳~別山~真砂岳~立山。
龍王岳からの剱岳~別山~真砂岳~立山。
立山・雄山・浄土山 僕のズボンにとまったヤマキマダラヒカゲ。
僕のズボンにとまったヤマキマダラヒカゲ。
立山・雄山・浄土山 浄土山。
浄土山。
立山・雄山・浄土山 浄土山~剱岳~別山~真砂岳~立山のパノラマ。
浄土山~剱岳~別山~真砂岳~立山のパノラマ。
立山・雄山・浄土山 浄土山南峰からの立山。
浄土山南峰からの立山。
立山・雄山・浄土山 立山を正面に見ながらアンパンで昼食。
立山を正面に見ながらアンパンで昼食。
立山・雄山・浄土山 一ノ越から雄山への尾根道。
一ノ越から雄山への尾根道。
立山・雄山・浄土山 今日は一ノ越経由で。
今日は一ノ越経由で。
立山・雄山・浄土山 龍王岳。雲が出てきた。
龍王岳。雲が出てきた。
立山・雄山・浄土山 東一ノ越へ道が伸びている。
東一ノ越へ道が伸びている。
立山・雄山・浄土山 イブキノトラノオ。
イブキノトラノオ。
立山・雄山・浄土山 一ノ越からの雄山。
一ノ越からの雄山。
立山・雄山・浄土山 一ノ越山荘。
一ノ越山荘。
立山・雄山・浄土山 室堂への石畳の道。
室堂への石畳の道。
立山・雄山・浄土山 祓堂。
祓堂。
立山・雄山・浄土山 観光用の雪渓?
観光用の雪渓?
立山・雄山・浄土山 立山室堂山荘の向こうに大日岳、奥大日岳。
立山室堂山荘の向こうに大日岳、奥大日岳。
立山・雄山・浄土山 左手に浄土山。
左手に浄土山。
立山・雄山・浄土山 浄土山への分岐。
浄土山への分岐。
立山・雄山・浄土山 笑顔だが足腰はフラフラ。
笑顔だが足腰はフラフラ。
立山・雄山・浄土山 室堂ターミナル。
室堂ターミナル。
立山・雄山・浄土山 初テント泊から室堂に帰還。
初テント泊から室堂に帰還。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす