金勝アルプス 信じられない量のゴミとゴミ拾いを無視する登山者たち

2017.02.25(土) 日帰り
イトウ
イトウ

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

膝が痛かったので、2周目はゴミを拾いながら短めの歩きで。 細かいゴミを拾いながら馨冠山に到着。 下り進めて北谷線と落ヶ滝線の出合で地面からビニールがはみ出てて、気になるので枝をスコップ代わりにほじくりだしてみると・・・ 出るわ出るわ、空き缶、ビニールゴミ、酒ビンが。 何年前に埋められたものなのか、空き缶とビニールは劣化して腐ってました。 掘り出してみたもののすごい量で、手持ちのコンビニ袋では収まりきらず。 困ってしまって、ちょうど通られた御家族にビニール袋は余ってないか聞いてみたのですが、お持ちではないとのこと。 とりあえず一旦下山して、袋を持って再度登ってくるかと覚悟したところ、先ほどの御家族のお母さんがわざわざ戻ってきてくれました。 お弁当を入れていた袋があったとのこと。 お蔭さまでゴミを全部入れられました。 両手が塞がった状態で下山するのはなかなかの恐怖でしたが、とにもかくにも無事に下山できました。 マナー・・・の範疇を超えたゴミで、正直気持ちが萎えました。 こんな酷いことする輩も山に来てるんですね。 残念です。 埋められていたゴミ以外にも、捨てられほやほやのお菓子の袋やタバコの吸い殻が多数。 山のゴミは落とし物だと思いたいのですが、同じお菓子の小袋が等間隔で落ちていたらわざと捨てているとしか思えない。 吸い殻に至っては言語同断、携帯灰皿に捨てるのは常識でしょ。 そんなこともわからない奴は山で遊ぶ資格無し。 もう一つ残念だったのが、ゴミを掘り出してまとめてる自分を無視する人が結構いたこと。 挨拶も無ければ労いの言葉もなし。 ゴミを片付ける人間を横目にこれからのルートを楽しそうにおしゃべりしてた年配の男女グループには、正直腹が立ちました。 山にくる人全員にゴミを拾えとは言いません、私も毎回やってる訳ではありませんので。 手伝ってくれとも言いません。 でも皆が遊ぶ山で出たゴミを、誰かが拾ってるところに遭遇したなら何か一言ぐらいあってもいいんじゃないですかね。 色々と疲れた山でした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす