烏帽子岳・白倉岳・白倉南岳

2020.07.24(金) 日帰り
ひとみん
ひとみん

この日、皆子山登山を予定していましたが、パッとしないお天気のおかげで延期としました。しかし雨の登山練習も必要なので、皆子山の近くで探し当てた白倉岳に登る事にしました。 先達の方々のレポートに目を通し、いざ! いきなり生きの良いヒルに迎えられ、元気よくスタート。 (その後ヒルに出会う事はなかったけれど、知らぬ間に1匹だけ持ち帰っていた模様…) レポートで見聞きしていた通り眺望は無かったものの、烏帽子岳〜白倉岳〜中岳〜南岳と初めて訪れた山の森林歩きを楽しむ。 見所である中岳の芦生杉(伏状台杉)巨木に圧倒された。 樹齢400年の堂々たる姿。 雨の登山練習のつもりが、なかなか降らない…。 足元はとても滑りやすい状態が続くので、歩き方の練習となった。 滑って膝を痛める事が何より恐怖の今日この頃なので、最後の延々と続く激下りはしんどかった(汗💦) トドメのアスファルト歩きが優しく感じられた程。。。 今度は紅葉の頃に来たいです!

標識が無いな〜言いながら寺院の横から入山しましたが、後に登山道の入り口を見つけました。

標識が無いな〜言いながら寺院の横から入山しましたが、後に登山道の入り口を見つけました。

標識が無いな〜言いながら寺院の横から入山しましたが、後に登山道の入り口を見つけました。

しばらく林道を歩きます。

しばらく林道を歩きます。

しばらく林道を歩きます。

あー
登山道はこっち側に有りましたか…

あー 登山道はこっち側に有りましたか…

あー 登山道はこっち側に有りましたか…

おや?右方向にも道が。白倉岳とも書いてある。

おや?右方向にも道が。白倉岳とも書いてある。

おや?右方向にも道が。白倉岳とも書いてある。

右方向に進んだ先はここ。登山道に戻るのが大変なので、こちらは避けた方がいいかも。(素直に左手へ進んだ方がいいでしょう。)

右方向に進んだ先はここ。登山道に戻るのが大変なので、こちらは避けた方がいいかも。(素直に左手へ進んだ方がいいでしょう。)

右方向に進んだ先はここ。登山道に戻るのが大変なので、こちらは避けた方がいいかも。(素直に左手へ進んだ方がいいでしょう。)

ナニコレ…

ナニコレ…

ナニコレ…

展望無し

展望無し

展望無し

そして白倉岳到着。展望無し。

そして白倉岳到着。展望無し。

そして白倉岳到着。展望無し。

ここで🍙休憩。

ここで🍙休憩。

ここで🍙休憩。

行動開始後、杉巨木と出会う。

行動開始後、杉巨木と出会う。

行動開始後、杉巨木と出会う。

シダ、苔と共生。

シダ、苔と共生。

シダ、苔と共生。

本日の見所。伏状台芦生杉の巨木(樹齢400年)@中岳

本日の見所。伏状台芦生杉の巨木(樹齢400年)@中岳

本日の見所。伏状台芦生杉の巨木(樹齢400年)@中岳

パワーを頂きます。

パワーを頂きます。

パワーを頂きます。

南岳にはブナの巨木。

南岳にはブナの巨木。

南岳にはブナの巨木。

なんと、杉の木足元に広がるこれはシャクナゲ?

なんと、杉の木足元に広がるこれはシャクナゲ?

なんと、杉の木足元に広がるこれはシャクナゲ?

下山完了。アスファルト道路歩きは退屈ですが、あの激下りに比べれば…

下山完了。アスファルト道路歩きは退屈ですが、あの激下りに比べれば…

下山完了。アスファルト道路歩きは退屈ですが、あの激下りに比べれば…

行き過ぎて気がついた登山口。ここから登るんですね。
次回はここから入りましょう。

行き過ぎて気がついた登山口。ここから登るんですね。 次回はここから入りましょう。

行き過ぎて気がついた登山口。ここから登るんですね。 次回はここから入りましょう。

標識が無いな〜言いながら寺院の横から入山しましたが、後に登山道の入り口を見つけました。

しばらく林道を歩きます。

あー 登山道はこっち側に有りましたか…

おや?右方向にも道が。白倉岳とも書いてある。

右方向に進んだ先はここ。登山道に戻るのが大変なので、こちらは避けた方がいいかも。(素直に左手へ進んだ方がいいでしょう。)

ナニコレ…

展望無し

そして白倉岳到着。展望無し。

ここで🍙休憩。

行動開始後、杉巨木と出会う。

シダ、苔と共生。

本日の見所。伏状台芦生杉の巨木(樹齢400年)@中岳

パワーを頂きます。

南岳にはブナの巨木。

なんと、杉の木足元に広がるこれはシャクナゲ?

下山完了。アスファルト道路歩きは退屈ですが、あの激下りに比べれば…

行き過ぎて気がついた登山口。ここから登るんですね。 次回はここから入りましょう。

類似するルートを通った活動日記