2020_富良野なまこ山

2020.07.24(金) 日帰り
TOM
TOM

活動データ

タイム

00:32

距離

1.5km

上り

49m

下り

49m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

「いつもパパばっかり山に行って」というので嫁と富良野へドライブに行く。 嫁と富良野に訪れるのは娘を連れてアンパンマンショップに行った以来で、その娘も高校生になった。 目的はラベンダー鑑賞と今更だが北の国から観光で、嫁からのリクエスト。 二人とも蛍と同じ学年で、北の国からと供に育って来た世代。 ロケ地巡りも何度か巡っているが、だいぶ記憶も薄れて来たので再度訪問することにした。 ニングルテラスのオープンまで、まだ早いので五郎が純と蛍を連れて夜景を見た高台に行くことにする。 この高台は紅白歌合戦を観れなかった純と蛍を不憫に思った五郎が大晦日の夜に連れてきたあの高台だ。 実際の場所は朝日ヶ丘公園の駐車場からなまこ山へと続く散策路の途中にある。 ついでなので、なまこ山にも登ることにする。 管理事務所のある駐車場まで車で上がる。 9:10ハイキングスタート。 舗装された散策路を緩やかに登っていく。 公園内は八十八ヶ所もあるようで、散策路の脇に仏像が並んでいる。 立派な平和祈念塔や富良野にゆかりのある人物の銅像が建っている。 お目当ての高台は兜谷徳平翁の胸像がある場所にあった。 今は「朝日ヶ丘」の看板標識が立てられている。 この場所で五郎と純、蛍の3人は「1980年、さよ~なら~」と叫ぶ。 残念ながら今は木々の葉に遮られ富良野の街並みを見下ろすことはできなかった。 葉が落ちた冬であれば、富良野の街と遠望には富良野岳を望むことができるらしい。 さらに進み9:28三角点のある、なまこ山山頂に到着。 ここも眺望なし、特に目ぼしいものも無いので車道に下りて9:48駐車場に戻った。 [この後の行動記録]  麓郷に行き歴代の五郎の家を見学→北時計(現あかなら)で一服→フラノマルシェでショッピング→ハイランドふらのでラベンダー鑑賞→帰札。※ショッピングに時間を要してしまったのでニングルテラス訪問は次回に繰り越し。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす