20200718野塚岳・野塚岳西峰(ニオベツ川南西面直登沢~ポン三ノ沢西コルルート)

2020.07.18(土) 日帰り
ゆゆゆ
ゆゆゆ

活動データ

タイム

07:22

距離

6.3km

上り

946m

下り

906m

活動詳細

もっと見る

ニオベツ川は、私が沢を始めてから二本目の沢として来たところ。今回は二回目になる。 下降の沢は、行きたいと思っていた沢と勘違いしてチョイスしたもので、このコースとなったわけなんだけど、感想としてピーク二つ踏めるし、登りにしても下りにしても自分の力でどうにかできるし(ガバだらけなのであまり恐怖感なく上り下りできる)、なんだかいろいろとよかった。 新人の頃よりはちょっとは成長してたんだなという振り返りにもなった。 気軽に日帰りで遊びたい人には強くおすすめしたいコースです。 トンネルも一時間ちょっとで歩いて抜けられそうなので、車二台とか自転車デポとかしなくてもなんとかなるでしょう。

ピリカヌプリ・トヨニ岳 翠明橋公園で前泊
トイレは夜間でも使えるが、電気はつかない
朝五時くらいに見回りの人が来ていた
翠明橋公園で前泊 トイレは夜間でも使えるが、電気はつかない 朝五時くらいに見回りの人が来ていた
ピリカヌプリ・トヨニ岳 野塚トンネルの浦河側に車停める
あらかじめ反対側の駐車スペースに自転車デポ
野塚トンネルの浦河側に車停める あらかじめ反対側の駐車スペースに自転車デポ
ピリカヌプリ・トヨニ岳 建物を回り込んでちょっと進むと下降点にはしごが取り付けてありました
懸垂はともかく、ここを最後にゴボウで登るのが大変きつかったんだけど、これでもう安心
建物を回り込んでちょっと進むと下降点にはしごが取り付けてありました 懸垂はともかく、ここを最後にゴボウで登るのが大変きつかったんだけど、これでもう安心
ピリカヌプリ・トヨニ岳 大きな安定した岩の河原歩きは快適
大きな安定した岩の河原歩きは快適
ピリカヌプリ・トヨニ岳 時々出てくる小滝はすべて簡単に登れるし、水に浸からないで行くこともできる
時々出てくる小滝はすべて簡単に登れるし、水に浸からないで行くこともできる
ピリカヌプリ・トヨニ岳 この大きめの滝が始まり
この大きめの滝が始まり
ピリカヌプリ・トヨニ岳 左岸から行きました
右岸は草付きで、上の方に灌木を利用してトラバースできそうなルートがあった
左岸から行きました 右岸は草付きで、上の方に灌木を利用してトラバースできそうなルートがあった
ピリカヌプリ・トヨニ岳 すぐに小滝が次々に現れて、どんどん高度を稼いでいく
このルートの魅力だと思う
すぐに小滝が次々に現れて、どんどん高度を稼いでいく このルートの魅力だと思う
ピリカヌプリ・トヨニ岳 小滝一つ一つは三メートル位なんだけど、連続しているので一つの大滝を登っている気分
落ちても止まるスペースがなさそうな感じなので注意する
小滝一つ一つは三メートル位なんだけど、連続しているので一つの大滝を登っている気分 落ちても止まるスペースがなさそうな感じなので注意する
ピリカヌプリ・トヨニ岳 左に取りました
左に取りました
ピリカヌプリ・トヨニ岳 気の抜けない急登が続く
気の抜けない急登が続く
ピリカヌプリ・トヨニ岳 源頭の雰囲気
源頭の雰囲気
ピリカヌプリ・トヨニ岳 なんともののけ姫と山犬の家が!!
前に来たときはガスガスだったので、こんなところがあるとは初めて知りました
なんともののけ姫と山犬の家が!! 前に来たときはガスガスだったので、こんなところがあるとは初めて知りました
ピリカヌプリ・トヨニ岳 ビバークできそうなスペースあった
ビバークできそうなスペースあった
ピリカヌプリ・トヨニ岳 スタート地点が遠くに
スタート地点が遠くに
ピリカヌプリ・トヨニ岳 すごく鹿くさいなーと思ったら、うんちもいっぱい落ちていたし、鹿道がたくさんあって登山道のようでした
すごく鹿くさいなーと思ったら、うんちもいっぱい落ちていたし、鹿道がたくさんあって登山道のようでした
ピリカヌプリ・トヨニ岳 この山域の鹿のうんちは、ほかと比べてちょっと大きい気がする
この山域の鹿のうんちは、ほかと比べてちょっと大きい気がする
ピリカヌプリ・トヨニ岳 野塚岳ピーク
天気よくゆっくりしたかったけど、虫がすごくて早々に退散
なんかノミみたいな小さくてぴょんぴょん跳ぶ虫がいてめっちゃキモかった
野塚岳ピーク 天気よくゆっくりしたかったけど、虫がすごくて早々に退散 なんかノミみたいな小さくてぴょんぴょん跳ぶ虫がいてめっちゃキモかった
ピリカヌプリ・トヨニ岳 西峰へ
西峰へ
ピリカヌプリ・トヨニ岳 稜線には顕著な踏み跡というか鹿道?があった
チロロ林道から稜線を伝って幌尻に行く、あの道位に歩きやすかった
稜線には顕著な踏み跡というか鹿道?があった チロロ林道から稜線を伝って幌尻に行く、あの道位に歩きやすかった
ピリカヌプリ・トヨニ岳 ここの日高はなんだか穏やかで、日高じゃないみたいだ
ここの日高はなんだか穏やかで、日高じゃないみたいだ
ピリカヌプリ・トヨニ岳 このように鹿道が
このように鹿道が
ピリカヌプリ・トヨニ岳 西峰への道のり、最後が一瞬ハイマツ漕ぎでした
西峰への道のり、最後が一瞬ハイマツ漕ぎでした
ピリカヌプリ・トヨニ岳 西峰にも三角点が
西峰にも三角点が
ピリカヌプリ・トヨニ岳 この葉っぱよく見るけど、花が咲いてるところを初めて見た
この葉っぱよく見るけど、花が咲いてるところを初めて見た
ピリカヌプリ・トヨニ岳 西峰と本峰のコルのところの崖は恐ろしく切れ落ちていた
西峰と本峰のコルのところの崖は恐ろしく切れ落ちていた
ピリカヌプリ・トヨニ岳 さて下降の沢を目指す
さて下降の沢を目指す
ピリカヌプリ・トヨニ岳 細ーい笹を軽く漕いでしばらく行くと、源頭部が草原になったところから自然に沢型に入れた
細ーい笹を軽く漕いでしばらく行くと、源頭部が草原になったところから自然に沢型に入れた
ピリカヌプリ・トヨニ岳 水は少ないがこちらにも結構立った滝地形がある
ほとんど前を向いて下りれるので(立ってるがスタンスが豊富)、登りも簡単に楽しめるのだろう
水は少ないがこちらにも結構立った滝地形がある ほとんど前を向いて下りれるので(立ってるがスタンスが豊富)、登りも簡単に楽しめるのだろう
ピリカヌプリ・トヨニ岳 右に進むと多分西峰側の沢型に出るのかな
右に進むと多分西峰側の沢型に出るのかな
ピリカヌプリ・トヨニ岳 暑かったので水に入ってみたら、雪渓もないのに驚くほど水が冷たかったです
暑かったので水に入ってみたら、雪渓もないのに驚くほど水が冷たかったです
ピリカヌプリ・トヨニ岳 滝行
滝行
ピリカヌプリ・トヨニ岳 ニオベツ川に比べると沢が小さいけど、雰囲気は抜群によくて私は結構好き
ニオベツ川に比べると沢が小さいけど、雰囲気は抜群によくて私は結構好き
ピリカヌプリ・トヨニ岳 この滝だけ唯一後ろ向きでクライムダウンしました
この滝だけ唯一後ろ向きでクライムダウンしました
ピリカヌプリ・トヨニ岳 だんだん倒木で荒れてくる
水は時々伏流
だんだん倒木で荒れてくる 水は時々伏流
ピリカヌプリ・トヨニ岳 あの稜線からおりてきたのだなぁ…
あの稜線からおりてきたのだなぁ…
ピリカヌプリ・トヨニ岳 この辺りは岩盤がほかとちょっと違っていて、日本庭園のような渓相でした
とても美しかった
この辺りは岩盤がほかとちょっと違っていて、日本庭園のような渓相でした とても美しかった
ピリカヌプリ・トヨニ岳 また水に浸かる
また水に浸かる
ピリカヌプリ・トヨニ岳 濡れたところをみて頂くと、岩盤にマーブル模様が入っているのが分かると思いますが、この辺の岩はみんなこんな感じだったのです
濡れたところをみて頂くと、岩盤にマーブル模様が入っているのが分かると思いますが、この辺の岩はみんなこんな感じだったのです
ピリカヌプリ・トヨニ岳 飛び込んで浮き上がってきたところ
飛び込んで浮き上がってきたところ
ピリカヌプリ・トヨニ岳 なんとこんな下に巨大雪渓が!
上の方には全くなかったのに、ここだけにあった
なんとこんな下に巨大雪渓が! 上の方には全くなかったのに、ここだけにあった
ピリカヌプリ・トヨニ岳 トンネルの真上辺り
沢の下にトンネルを掘ったのだなぁ…
トンネルの真上辺り 沢の下にトンネルを掘ったのだなぁ…
ピリカヌプリ・トヨニ岳 遠くに野塚岳と西峰
遠くに野塚岳と西峰
ピリカヌプリ・トヨニ岳 沢伝いに自然に道路に合流する
沢伝いに自然に道路に合流する
ピリカヌプリ・トヨニ岳 野塚トンネル十勝側についてゴール
ここから自転車で車をとりにいったところ、距離は五キロくらいで、下りなので10分ほどで車についたそうです
トンネルってすばらしく便利ですね
野塚トンネル十勝側についてゴール ここから自転車で車をとりにいったところ、距離は五キロくらいで、下りなので10分ほどで車についたそうです トンネルってすばらしく便利ですね
ピリカヌプリ・トヨニ岳 トップ画像
トップ画像

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす