日晩山ー島根の山旅5回戦2日目

2020.07.17(金) 日帰り
かめさん
かめさん

活動データ

タイム

04:16

距離

7.5km

上り

670m

下り

669m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

夕陽がきれいだった三里ケ浜から朝早くに移動して、今日の予定の日晩山の登山口に向かう。真砂公民館の駐車場に車を停めさせてもらって日晩峠経由で日晩山三角点頂上に登り、蛇滝経由の反時計回りで周回した。峠までの道は広くて緩やかな登りで以前は主要な街道だったことを想わせる。峠から日晩山頂上までは気持ちの良い尾根歩きだった。頂上には展望台も設けられており、晴れていれば最高の眺めだろう。今日も気持ちの良い山歩きが出来た。特に尾根歩きが気持ち良い。 コースタイム:公民館7:10~猿田彦神社~日晩峠~第二展望台~日晩山~蛇滝観音~蛇滝広場~公民館

日晩山 真砂公民館の駐車場に停めさせてもらいました。
真砂公民館の駐車場に停めさせてもらいました。
日晩山 公民館横の案内標識。日晩峠経由で登ります。
公民館横の案内標識。日晩峠経由で登ります。
日晩山 登山口。
登山口。
日晩山 分岐がありますが。かなり荒れているようです。峠に向かう道は広く快適です。
分岐がありますが。かなり荒れているようです。峠に向かう道は広く快適です。
日晩山 猿田彦大神
猿田彦大神
日晩山 斗舛石の清水。湧水が出ています。
斗舛石の清水。湧水が出ています。
日晩山 まだまだ先は長いです。
まだまだ先は長いです。
日晩山 日晩峠に着きました。
日晩峠に着きました。
日晩山 日晩峠には4つの歌塚があります。
日晩峠には4つの歌塚があります。
日晩山 峠のすぐ上からの眺め。左に益田市街地が見えます。
峠のすぐ上からの眺め。左に益田市街地が見えます。
日晩山 あずまやの中を通って登ります。
あずまやの中を通って登ります。
日晩山 ようやく半分を少し過ぎました。
ようやく半分を少し過ぎました。
日晩山 雑木林の中の尾根道。快適です。
雑木林の中の尾根道。快適です。
日晩山 少し笹が茂っている場所もあります。
少し笹が茂っている場所もあります。
日晩山 急登にはロープがセットされています。
急登にはロープがセットされています。
日晩山 だいぶ近づいてきました。
だいぶ近づいてきました。
日晩山 気持ちの良い道が続きます。
気持ちの良い道が続きます。
日晩山 日晩山三角点ピーク手前のピークに着きました。第二展望台だそうです。
日晩山三角点ピーク手前のピークに着きました。第二展望台だそうです。
日晩山 第二展望台の状況。草が刈られています。
第二展望台の状況。草が刈られています。
日晩山 日晩山頂上に着きました。
日晩山頂上に着きました。
日晩山 頂上の案内板
頂上の案内板
日晩山 頂上には立派な展望台が造られています。
頂上には立派な展望台が造られています。
日晩山 展望台から下を見ました。
展望台から下を見ました。
日晩山 展望台からの眺めです。残念ながら雲とガスと靄で良く見えません。
展望台からの眺めです。残念ながら雲とガスと靄で良く見えません。
日晩山 蛇滝方面に下ります。
蛇滝方面に下ります。
日晩山 沢沿いの道を下ります。
沢沿いの道を下ります。
日晩山 何回も沢を渡ります。
何回も沢を渡ります。
日晩山 雨の後なので水量が多く滝がきれいです。
雨の後なので水量が多く滝がきれいです。
日晩山 トリアシショウマ。
トリアシショウマ。
日晩山 蛇滝観音堂との分岐。
蛇滝観音堂との分岐。
日晩山 ゴルジュに造られたこの桟敷を登ります。
ゴルジュに造られたこの桟敷を登ります。
日晩山 観音堂はこの上にあります。
観音堂はこの上にあります。
日晩山 蛇滝観音さま。
蛇滝観音さま。
日晩山 蛇滝。水量が多く立派です。
蛇滝。水量が多く立派です。
日晩山 下ります。
下ります。
日晩山 蛇滝広場に下って来ました。
蛇滝広場に下って来ました。
日晩山 蛇滝広場の休憩所。
蛇滝広場の休憩所。
日晩山 ねじり花。
ねじり花。
日晩山 広場からは管理道路を下ります。
広場からは管理道路を下ります。
日晩山 市道に出た地点には立派な歌碑があります。
市道に出た地点には立派な歌碑があります。
日晩山 市道の登山口。
市道の登山口。
日晩山 公民館に帰ります。
公民館に帰ります。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす